So-net無料ブログ作成

猫の驚き [動物]


猫のジャンプしての驚きは何とも・・
思わず吹き出してしまう!

قناة المعرفة | Almarefa channel
2017/12/16

شاهد الفيديو لتعرف حقيقة القطط


猫の真実を知るためにビデオを見なさい



















コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飽くことなき魚泥棒 アオサギ [動物]


まさかと思いきや・・なんと!
体の大きさに比べて驚くべき貪欲な飽食家
高価な魚を丸飲み・・

見掛けによらないとは、このことか・・

Graureiher - Jäger-Räuber-Unersättlicher Fischdieb-Plage
der Fischzucht - Erfurt 2018 - Kurzfassung


アオサギ -
魚のハンター - レイダー -
飽くことのない魚 - 泥棒 -
プラージュ - エアフルト2018年 - ショートバージョン


アオサギが保護されているので、だれも強盗を止めることができません。
養魚家はそれに耐えなければなりません・・




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

盲目の犬を助ける小犬 [動物]


人に対する盲導犬ではなく、
犬に対しての盲導犬の役目を担う小犬。

緑内障で両目の視力を失った11歳のゴールデンレットリバー、チャーリー。

チャーリーの遊び相手としてのベビー、マベリックが
元気を失い、生きる力もなくなったように見えたチャーリーを
目が見えないという苦痛から和らげ、チャーリーのために生きている。

---
2019/5/13
盲目の犬を助ける小犬の「話」
vpoint

感動的な.JPG

いかに素晴らしい文を書いたとしても、1枚の写真に負けてしまうことがある。
メディアの世界でもそうだろう。今回紹介する写真には、「今年最高の感動的な
写真」という賞があれば贈りたい、と当方は勝手に考えている。

初めて見た瞬間、感動して何も言えなかった。撮影したカメラマンに拍手を贈り
たい。それだけではない。その被写体の動物の仕草は名俳優だって出来ないだろ
うと思うほど、素晴らしく自然体なのだ。

あまりにも素晴らしい写真だったので新聞から切り抜いて部屋の戸に張り付けて
いる。気分が塞ぐ時や嫌なことがあった時、その写真を見て元気を取り戻すため
だ。

この世界にもこんな素晴らしい存在がいる、というだけで希望が出てくるからだ。
申し訳ないが、ここでは「復活したイエス」の話ではなく、「犬」の話だ。



前口上はこれまでにして、話はその写真の主人公の犬に入る。


オーストリア日刊紙クローネン日曜版に掲載されていた盲目の犬(11歳、ゴー
ルデンレットリバー、チャーリー)とそれをお世話する小犬(マベリック)の日
々の姿を撮ったものだ。舞台は米国のノースカロライナ州だ。

目が見えないということはやはり苦痛だ。人生の喜びの多くは視覚からくるから
だ。美しい山、川、夕日、香りを放つ花など、全ては目を通じてキャッチする。

その目が見えないということは考えられないほどの十字架だろう。人間だけでは
ない、犬も同じだ。チャーリーは緑内障で両目の視力を失った。それ以後、元気
を失い、生きる力もなくなったように見えたという。

当然だろう。その姿を見た飼い主がチャーリーの遊び相手としてベビーのマベリ
ックを連れてきたのだ。

元気を失いかけていたチャーリーはマベリックが来ると、次第に生きる力を取り
戻し、一緒に散歩にも出かけるようになった。マベリックは盲目のチャーリーの
紐を口にくわえ、散歩する。

彼は眠ると傍で一緒に眠る。そのような姿をカメラマンが撮ったのだ。

チャーリーが自分より小さなマベリックに連れられている姿を見るたびに,
「良かったね」と言いたくなる。一方、マベリックにはただただ頭が下がる。

「どうして君はそんなことができるのか」と聞いてみたくなる。

マベリックは「為に生きる」ことを実践している。自慢もせず、奢ることもない。
それこそ為に生きる極地を行く姿だ。オーストラリアの哲学者ピーター・シンガ
ー氏は「他の為に生きる」のは自分の為になるからだ、という`効率的利他主義`
を提唱している。

為に生きるのは決して英雄的な行為ではなく、自分の為になるからだというわけ
だ。

人は為に生きるためには教育と自己規制、そして時には宗教が必要だが、マベリ
ックはいつそれらを学んできたのだろうか。当方は心的外傷後障害(PTSD)
に悩んでいたゴールデンレットリバーの雄犬を知っている。

ボスニア紛争から拾われてウィーンに運ばれた犬も知っている。人間の世界でも
そうだが、犬の世界でも生まれてから現在まで幸せ一杯だったという犬は少ない
だろう。何らかの痛み、悲しみ、時には恨み、つらみをもって生きている

その痛みが少しづつ緩和され、本然の姿を取り戻すプロセスを見るほど美しい
瞬間はない。ひょっとしたら、マベリックはそのプロセスを肌で感じるから
「為に生きる」ための力を得ているのだろうか。

生きるためにはパワーが必要だ。そのエネルギーは自己発電ではなく、他との
関係から得る、という宇宙の原則から考えると、マベリックはきっとチャーリー
から「為に生きる力」を得ているはずだ。

人間の世界では、それを「愛」と呼び、動物の世界では「本能」と呼んでいるわ
けだ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふ化は明日と予想 [動物]


5月1日の記事で紹介した「ツバメの子育てライブ」
ふ化は明日と予想

ライブのチャットでも皆さん楽しみにしているようです。
チャットでは今夜という話も・・

★ Swallow Live 24 hours ★ 5個抱卵中 ★ ふ化は明日と予想


---
2019-05-01
ツバメの子育てライブ voice74

昨年紹介したツバメの子育てライブ。
今年も巣立ちまで見守っていけそうです。

平均5個くらい卵を生むツバメ
抱卵2週間位で次々と孵化し
育雛に入る。

このライブでは5個抱卵中、5月11日に孵化予定となっている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1995年14匹の狼が放たれ23年後・・ [動物]


1995年14匹の狼が放たれた。
23年後人々は目を見張った。

狼のおかげで国立公園の
生態系だけでなく
地形まで
改善された

--
このような事は知られていないが
この効用を実際に応用しようとすると
周りは果たして・・


---
オオカミってやっぱすごい!
ほんの少数のオオカミの群れが自然に奇跡をもたらすまで
(米イエローストーン国立公園)
karapaia

自然とは繊細なる生命体のようなものだ。ほんの少しの変化が生態系に大きな
影響を及ぼすこともある。

実際、バタフライ効果(※ 初期値のわずかな変化が時間の経過と共に大幅な影響
を及ぼす現象のことで、蝶が羽を動かすだけで遠くの気象が変化するといった比喩
的、寓話的な表現。)が最も顕著に現れるのが自然界である。

アメリカのイエローストーン国立公園。この大きな自然保護区には長い間オオカミ
がいなかった。70年前に絶滅してしまったのだ。だがこの地に再びオオカミが住み
始めると、自然の景観は劇的な変化を遂げた。なんと川の形を変え、緑豊かな森を
よみがえらせたのだ。

たった1つのオオカミの群れ(ウルフパック)がこのような劇的な変化をもたらす
とは実に信じがたいことである。だがこれが本来あるべき姿だったのかもしれない。

---
1995年14匹の狼が放たれた。23年後人々は目を見張った。


狼は多くの動物にとって脅威となります。
しかし同時に、多くの生命を救っているということは
あまり知られていません。


コメント紹介

よー よー
自然を人間の力でコントロール
しようとする事が
どんなに愚かだか良く解りますね


水飲み教の教祖
日本狼も絶滅してから鹿の問題が出たからね。
生物多様性は凄いと思う。


Ghost painter
オオカミの導入案に拒否反応する人の本音は、オオカミが「なんとなく怖い」、
ただそれだけだと思う。

自分の行動範囲の野山はタヌキとキツネとリスと野鳥がいればいい・・・・
オオカミがいるかもしれないと考えただけでも不安じゃないか・・・・ってね。

彼らは祖国の自然を次世代に橋渡しする義務意識とか自己犠牲なんて生まれてこ
の方一度も考えた事も無いし自分の生活圏以外がどうなろうが知ったこっちゃー
ないんだ、自分と自分の家族の身の安全と銭儲けしか眼中にないから、危険な生
き物は要らない、クマも要らないし、ましてオオカミを放すなんてマジやめて欲
しいわ・・・・これが本音だよ。

今どきの日本人ってのは、街中にニホンザル一匹現れただけで「やれ 警察だ」
「機動隊を呼べ」ってキチガイ沙汰、東京の調布市だけど、数年前に道端で1m
くらいのアオダイショウが現れたら通りがかりの予備校生みたいなお兄さん腰抜
かして過呼吸で道路にへたり込んで救急車で運ばれたんだから。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツバメの子育てライブ [動物]


昨年紹介したツバメの子育てライブ。
今年も巣立ちまで見守っていけそうです。

平均5個くらい卵を生むツバメ
抱卵2週間位で次々と孵化し
育雛に入る。

このライブでは5個抱卵中、5月11日に孵化予定となっている。

---
swallow_lover
2019/04/21
メイン ★ Swallow Live 24 hours ★ 5個抱卵中 ★ 5/11ふ化予定




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大西洋沿岸でイルカの死骸が急増 仏 [動物]


仏大西洋沿岸に打ち上げられたイルカの死骸が過去数か月間で記録的な数に上
っている。その多くに漁網に捕らえられた痕跡。

この海域は特に冬季に、スズキやタラ科の魚を追ってきたイルカやネズミイルカが
、漁船が仕掛けた網に掛かり窒息死することがある

2月半ばと3月半ばに死骸の数が急増しており、この時期に低気圧の影響で海流が
強かったことと関連している。

---
2019年4月26日
仏大西洋沿岸でイルカの死骸が急増、数か月で約1200頭
AFP

フランスの海洋観測機関「ぺラジ観測所(Pelagis Observatory)」は25日、
同国大西洋沿岸に打ち上げられたイルカの死骸が過去数か月間で記録的な数に上っ
ていると明らかにした。その多くに漁網に捕らえられた痕跡があったという。

ペラジ観測所の生物学者であるオリビエ・バンキャネット(Olivier Van Canneyt)
氏はAFPに対し「ビスケー湾(Bay of Biscay)沿岸で約1200頭のイルカ(の死骸)
を発見した」と語った。その9割以上がマイルカだったという。

イルカの死骸は2017年以降毎年増加しており、この地域からイルカがいなくなる可
能性があると同観測所は警鐘を鳴らしている。

海洋哺乳類・鳥類の専門家であるバンキャネット氏によると、2月半ばと3月半ばに
死骸の数が急増しており、この時期に低気圧の影響で海流が強かったことと関連し
ている。

同観測所によると、検視が行われたイルカのおよそ85%に偶発的に捕獲された痕跡
があった。また、沿岸まで到達しなかったイルカの死骸の数は最大で3倍近くにな
るとみられるという。

この海域は特に冬季に、スズキやタラ科の魚を追ってきたイルカやネズミイルカが
、漁船が仕掛けた網に掛かり窒息死することがあるという。

同観測所は音響信号発振器「ピンガー」を使ってイルカに人間の存在を知らせる取
り組みをしているが、今年に入って海岸に打ち上げられるイルカの数は増えている


フランスのフランソワ・ドルジ(Francois de Rugy)環境相は3月、このようなイ
ルカの死を食い止めるための計画を「年内に」発表すると表明した。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳩の子育て [動物]


鳩の子育てライブがあっても良さそうだけれど
鳩は絶壁の壁に営巣することが多いらしくて難しいらしい。
都会などではマンションのベランダなど目立たない所に営巣するとか・・

鳩はツバメやスズメと違って体が大き目。
でも孵化から巣立ちまでは2週間位と、大きな体にしては育ちが早い。

公園や神社などで小鳩を見掛けてもいいはずだけれど親と変わらない大きさなので
見分けるのも難しいとか・・。

育ちが早いのは、鳩の子育ては親鳩が餌を運んで給餌するのではなく
栄養たっぷりなミルク?(ピジョンミルク)なので育ちが早いとか・・

「キジバトの繁殖-営巣から雛の巣立ちまで」では口移しでミルク?を与えている
のが分かります。このミルク?(ピジョンミルク)給餌は両親からもらえるようです。



KOJI283
野鳥:キジバトの繁殖-営巣から雛の巣立ちまで-


このビデオは、我が家の庭で高さ約2.3 mのポーチに水平に這わしたモッコウバラの
茂みで営巣したキジバトの繁殖の様子を雛の巣立ちまで記録したものです。

営巣の位置がポーチの端の方でしたので二階の窓から巣を見下ろすことができ、
下からでは観察困難な親鳥の行動を詳細に撮影することが出来ました。

2015年8月10日に小枝を運ぶ雄の姿を初めて観察した後8月14日(少なくとも4日間の
営巣活動後)から産卵が始まり翌日に2個目(最後)を産卵しました。

抱卵は1個目の産卵時から始まり、15日目(8月28日)と16日目(8月29日)にそれぞれ
1羽の雛が誕生しましたので、抱卵期間は14日間ということになります。

その後、育雛開始から16日目(9月12日)の早朝に2羽の雛が揃って元気に巣立って
いきました。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凶暴になった愛犬たちを救う訓練士 [動物]


ペットブームの陰で
なぜ?凶暴になった愛犬たち

危険行動にはしる犬たちは殺処分されている

こんな犬たちの命を救うため真正面から向き合う
一人の男がいる。

社会復帰困難とされる犬を専門に受け入れる訓練士
更生した犬たちは20年間で700頭に及ぶ

とことんやらなかったら
命が終わってしまうと・・・

この方は過去、警察犬を訓練していた方だ。

--
何かが切っ掛けで凶暴化し
それがトラウマとなって人を寄せ付けなくなり
危険行動にでるそんな愛犬たち。
--

Professional ワンちゃんSP 訓練士



コメント紹介

星ヒカル

鞭打ち、体罰訓練の批判はまともな判断が出来る人間なら
噛み犬の末路がどうなるか?
答えがすぐにわかる問題。この人は愛情深いと感じる。

ここまで噛み癖が酷い犬を
放棄せず全力で、犬が好き過ぎる人間でしか出来ない。

この人を尊敬出来る一番の素晴らしいと感じる事は噛み癖が治らなかった場合、
引き取って天命を全うするまで自身が飼育する。

大半が飼い主が問題犬にしたのに、飼い主が天命を全うするまで飼わないに対して
何の責任も無いこの人が飼うのは犬への愛情以外何者でも無い。

批判する人はそれなら貴方が噛み犬を里親として迎えて飼えば良い。
それさえ出来ないのに口だけ出して批判は理にかなわない。


豚汁

言葉のわかる人間ですら教育難しいからな


花田光喜

この人は自分が、むかついたから暴力をふるっているわけではないです。
そこが虐待との大きな差だと思います。


latias314

まめ蔵の飼い主もいい人だよな。
捨てるんじゃなくてどうにかしてやりたいから調べて中村さんに
辿りついたんだろうな。
こんな飼い主が増えればいいのにな。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

越冬ツバメの子育てライブ [動物]

越冬ツバメの子育てライブ
夫婦で越冬して子育てする珍しいケースだとか・・

今日から【ライブ配信】開始のようです。
巣立ちが近くなってきたとか
巣立ちまで楽しませていただきます。

---
鹿児島のkei
ツバメさんを見守る放送#70【ライブ配信】2019/04/15 LIVE


天気は、晴れ。巣立ちが近くなってきました。
12月から居る越冬したツバメさんです。
給餌中・・・。
音声有ったり無かったり。玄関なのでヒナの声が聞こえたらラッキーく
らいに思っておいてください・・・。

巣の中までは見えません・・・。
ネット回線が貧弱なので、たまにクルクルなる時や切断されるときがある
かと思います。

安定するまでお待ちください。
また、更新するなどしてみてください。


孵化
2〜5羽 3/29
1羽目 3/28

産卵
5個目 3/13
4個目 3/12
3個目 3/11
2個目 3/10
1個目 3/09

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感