So-net無料ブログ作成

フロン、中国東部で大量放出 [環境]


「モントリオール議定書」の下で全廃したはずのフロン類。

中国東部で13年ごろから放出量が増え、14~17年の年間平均放出量は
08~12年の平均より7000トン増加していた。中国東部の中でも山東省と
河北省からの放出増加が目立つという。

---
2019年5月24日
増加する日韓のオゾン層破壊物質 中国企業数十社による違法行為が元凶
newsweekjapan

科学誌ネイチャーに掲載された研究で、2013年以来、オゾン層を破壊するとして
国際的に禁止されているトリクロロフルオロメタン(CFC-11)が増加している
現象について、大半が中国由来だったことが分かった。
国内の企業が国際規制に違反しているという。

---
2019/05/23
条約規制で全廃のフロン、中国東部で大量放出 新規に製造可能性
headlines.yahoo

オゾン層保護のための「モントリオール議定書」の下で全廃したはずのフロン類
が中国東部で大量放出されているとの研究結果を、国立環境研究所(茨城県つく
ば市)などの国際研究チームが、23日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

大気中の濃度観測に基づく解析で判明したもので、同議定書で認めていない新規
製造の可能性が高いという。


フロン類はエアコンなど空調の冷媒や断熱材に使われていたが、1989年発効の
同議定書で生産・消費を規制。フロン類の一種「クロロフルオロカーボン(CFC)
」は、途上国も含めて2010年に全廃することを決めた。

だが、このうち「CFC―11」が東アジアで新たに製造されている可能性が最近の
研究で指摘されていた。

研究チームは、沖縄・波照間島と韓国・済州島の大気観測施設で測ったCFC―11
濃度を基に、大気の動きを再現するコンピューターシミュレーションで放出量や
地域を推定した。

その結果、中国東部で13年ごろから放出量が増え、14~17年の年間平均放出量は
08~12年の平均より7000トン増加していた。中国東部の中でも山東省と河北省か
らの放出増加が目立つという。

CFC―11は主に断熱材用の発泡剤として使われることが多かったが、現在も製造し
続けている理由や用途は不明だという。

10年の全廃以前に製造された断熱材などから漏れ出ることもあるが、放出量は
使用中の製品からすべて漏れたと想定した量よりも多かった。

チームの斉藤拓也・国立環境研究所主任研究員は「漏出率が急増したとは考えに
くく、新規製造の可能性が高い。今回の結果を同議定書に基づく調査に役立てて
ほしい」と話す。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人間の遺体を堆肥に 合法化 米ワシントン州 [環境]


人間の遺体の堆肥化はすでにスウェーデンで合法化されているが
米ワシントン州でも人間の遺体の堆肥化を認める州法が施行された。

--
環境にやさしい埋葬の形は、ますます人気が出てきている。

墓地用の土地がどんどん増えていく中、何時かは何とかしなければ
ならない問題。都市部において顕著だ。

「堆肥化のための再合成は、死体防腐処理や土葬あるいは火葬に取って代わる、
自然で安全で持続可能な方法を提供するほか、二酸化炭素排出量や土地利用の
大幅な削減につながる」としている。

--
世界の潮流となるのか分からないが日本人の感覚から考えて、シンプルな葬儀
への兆しはあるものの、堆肥化というのは受け入れられるだろうか・・

---
2019/05/22
人間の遺体を堆肥に 米国内で初めて合法化
news.goo

米ワシントン州で21日、人間の遺体の堆肥化を認める州法が施行された。
アメリカ国内で初めて。これにより、同州の住民は死後、自分の遺体を堆肥にす
るかどうかを選択することができる。

ワシントン州の州議会が先月可決した法案に、ジェイ・インズリー知事が21日、
署名した。

堆肥化は火葬や土葬に代わる遺体の埋葬方法として位置づけられているほか、
墓地用の土地が不足する都市部において、実用的な選択肢になるとみられる。

堆肥化が終わると、遺族には土が渡され、花や野菜、木を植えることができる。

法案の審議を求めて活動してきたカトリーナ・スペード氏は、堆肥化のサービス
を提供する会社を設立した。

スペード氏はAFP通信に対し、「堆肥化のための再合成は、死体防腐処理や土葬
あるいは火葬に取って代わる、自然で安全で持続可能な方法を提供するほか、
二酸化炭素排出量や土地利用の大幅な削減につながる」と述べた。

堆肥化の仕組み

スペード氏によると、同氏の会社「リコンポーズ(Recompose)」では、ムラサ
キウマゴヤシや木材チップ、わらが入った六角形の鉄鋼製容器に遺体を入れる
方法で堆肥化する。遺体は30日以内に自然に分解され、荷車2つ分に相当する量の
土になるという。

環境にやさしい埋葬の形は、ますます人気が出てきている。

今月初めには、3月に死去した米俳優ルーク・ペリーさんが、「マッシュルーム
・スーツ」と呼ばれる、きのこを用いた埋葬用スーツを使って埋葬されたことが
明らかになった。

このスーツには特殊なきのこや微生物が組み込まれており、遺体の分解を助ける
というもの。環境に有害な物質を無害化できるという。

ペリーさんは、米ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」や「リバーデイル」などで
人気を得ていた。

人間の遺体の堆肥化はすでにスウェーデンで合法化されている。
一方でイギリスでは、遺体を直接埋葬することや、地中で分解されない棺に入れ
て埋葬することが認められている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水道水から有害物質検出 那覇 [環境]


16年以前から、県民に供給されていた水道水に有害物質が流出していた可能性。
県内の汚染は基地由来である可能性を指摘。

PFOS・PFOAは泡消火剤や油圧作動油などに利用されていた残留性の
有機フッ素化合物。

--
「有害物質の汚染は、発生から市民が問題を認識するまでに時間がかかる場合が
ある。県は、まだ明らかになっていない有害物質の実態も考慮し、危機感を持つ
べきだ」

地位協定や密約などがあるため米軍に何を言っても始まらない可能性が
あるが言うべきことは言わないと・・

---
2019/05/23
水道水から有害物質検出 那覇新都心で26・86ナノグラム 
名護の100倍 2007年に岩手の研究所が調査 原因、米軍基地の可能性も
headlines.yahoo

2007年に全国124カ所で実施された水道水調査で、北谷浄水場が給水元となる
那覇市新都心公園の水道水の有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)とPFOA
(ピーホア)の合計値が1リットル当たり26・86ナノグラムとなり、名護浄水場
が給水する名護市久志の同0・25ナノグラムの約100倍だったことが分かった。

浄水場を管理する県企業局がPFOS・PFOAの計測を始めた16年以前から、県民に
供給されていた水道水に有害物質が流出していた可能性がある。



PFOS・PFOA汚染調査で、家庭に近い水道水の調査は珍しい。

保健や衛生に関する試験検査を実施している岩手県環境保健研究センターが、
全国の水道水中の有機フッ素化合物を調査。北海道から東北ではPFOSの値が低く
、関東以南の都市で汚染が進行していた。
近畿のある都市はPFOAが同35・1ナノグラムだった。


環境調査団体「インフォームド・パブリック・プロジェクト」の河村雅美代表が
情報開示請求し入手した。

県内では、北中城村のキャンプ瑞慶覧、那覇市おもろまちの新都心公園、名護市
久志、糸満市摩文仁の県平和祈念公園の4カ所を計測。新都心公園と同じく北谷浄
水場から給水するキャンプ瑞慶覧は同16・62ナノグラム、西原浄水場から給水す
る平和祈念公園は同0・42ナノグラムで、北谷浄水場からの水道水が比較的高濃度
だった。

県内では、企業局が16年1月に米軍嘉手納基地周辺を流れる河川を水源とするポ
ンプ場や北谷浄水場からPFOSが高濃度で検出されたと発表し、汚染が発覚。

企業局は17年度、約1億7千万円をかけてPFOSやPFOAの吸着効果がある活性炭フィ
ルターを設置した。

フィルター設置前(15年度)の北谷浄水場などの最高値は同120ナノグラムだった
が、18年度は同63ナノグラムとなっている。

河村代表はPFOS・PFOAが含まれた消火剤が1970年代から県内の米軍基地で使われ
ていたことを挙げ、県内の汚染は基地由来である可能性を指摘。

「有害物質の汚染は、発生から市民が問題を認識するまでに時間がかかる場合が
ある。県は、まだ明らかになっていない有害物質の実態も考慮し、危機感を持つ
べきだ」と話した。


PFOS・PFOA 泡消火剤や油圧作動油などに利用されていた残留性の有機フッ素化
合物。2000年ごろから体内がんや胎児・乳児の発育障害の原因となる恐れが指摘
され、国内で製造・使用が禁止された。

一方、水道水などの汚染の規制値は国内にはない。県内では企業局が16年1月、
米軍嘉手納基地周辺を流れる河川を水源とするポンプ場や浄水場から高濃度で検
出されたと発表した。

同年2月には普天間飛行場周辺の湧き水からも検出されている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グリーンランドに異変 [環境]


氷河が融け大きな池が
もっとも寒冷な地域でさえ、気温は15度にまで上昇。

グリーンランドは、ここ20年での氷の融解ペースが
加速的に速まっている。

「人工衛星によってグリーンランドの観察が開始されたのは1980年代のこと。
それ以降、氷の喪失速度は6倍にも加速してしまった」

---
2019年05月11日
グリーンランドに異変。
国内最大の氷河が融け大きな池が観察される
karapaia

先日、NASAがグリーンランドを上空から観察した際にそれは発見された。
国内最大の氷河が融け、大量の水が流れだし、巨大な池ができていたのだ。

氷河が融けるにはまだ早すぎる。通常なら夏の到来してからだ。また、もっとも
寒冷な地域でさえ、気温は15度にまで上昇していることも確認された。

この調査は、極地にある氷の変化を監視するNASAオペレーション・アイスブリッ
ジの一環として実施されたもので、グリーンランドは、ここ20年での氷の融解ペ
ースが加速的に速まっているという。

もっとも寒冷な地域でさえ、気温は15度にまで上昇

「2019年の夏の物語はまだですが、すでに心配な兆候が表れています」と
オペレーション・アイスブリッジのジョー・マクレガー氏は話す。

氷が解けて大きな水たまりができている様子は、twitterに投稿された。

このように早い時期から氷が解け出すケースはこれまでにもあったとはいえ、
普通は5月下旬から6月初旬にかけて解け始めるものだ。

だが、今年の春はかなり暖かかった。地球上でもっとも寒冷な地域にあたるグリ
ーンランドにおいてすら、先週の気温は10~15.6度にまで達したのである。

グリーンランド全体が例年に比べてかなりの暖かさだったのだが、これはもは
や特に驚かれなくなっている。

このあたりは今、地球上で一番速く温暖化が進んでいる地域なのだ。


栓のように氷をせき止めるヤコブスハブン氷河

今回報告されたのはグリーンランド中西部でのこと。ここには「ヤコブスハブン
氷河」という、一番速く移動する巨大な氷河がある地域だ。

1.6キロもの厚みがあり、グリーンランドの奥深くまで貫通しているヤコブスハ
ブン氷河の将来が専門家から注視されているのは、これがちょうどビンの栓のよ
うな役割を果たしているからだ。

この氷河の海に接した末端の部分は、長い運河にたまっている膨大な量の氷をせ
き止めているのである。

「ここは冗談ではなく、氷床の残りの部分の氷が流れ出る可能性があるところな
んです」とNASAの海洋学者ジョシュ・ウィリス氏はいう。

この氷河の河口は、海の気温の変化に非常に敏感であることが判明している。


池の形成が氷の融解を加速させる

大きく見るとグリーンランドには2つの動向がある。

1つは、ヤコブスハブン氷河のような河口にある氷河の海へ解け出す速度が加速
していること。そして、もう1つは、陸上の気温が上昇することで内陸部の氷が
解けていることだ。

このために、グリーンランドの氷は縮小を続け、かわりに海面の水位は少しずつ
上昇している。

今の時点で、グリーンランド氷床の氷は毎年2500億トンほど失われている。

人工衛星によってグリーンランドの観察が開始されたのは1980年代のこと。
それ以降、氷の喪失速度は6倍にも加速してしまった。


今回紹介したような青黒い池は、こうした状況をさらに悪化させる。
池のほうが氷よりも色が濃く、それだけ日光を吸収しやすいからだ。

しかも解けた雪の下にある氷もまた、地表の雪原より黒っぽい。

この結果、太陽からの熱はよりいっそう吸収され、氷の融解が進むことになる。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

環境保護のDNAを持つスロベニア [環境]


人口はわずか200万人という小さな面積の国であるが
スロベニア人は環境保護のDNAを持っている。

・自然破壊が最も悪いことだと考えられているスロベニア
・世界で最も持続可能な目的地に選ばれたスロベニア
・自然保護の世界的なリーダーの座に君臨
・人口約200万の小国には共同体意識と土地を大切にする価値
 観が深く根付いている

---
スロベニア wiki

スロベニア、スロヴェニアは、中央ヨーロッパに位置する国で、
主要なヨーロッパの文化や交易の交差路

スロベニアは西はイタリア、北はオーストリア、南や南東はクロアチア、
北東でハンガリーとそれぞれ国境を接している。

---
2019.05.18
「世界で最も持続可能な国」スロベニアの絶景20点
未来の世代のために大切に守られてきた歴史ある風景の宝庫
ナショジオ

現在のスロベニア共和国を含む地域は数世紀にわたり、ローマ帝国、東ローマ
帝国、オーストリア=ハンガリー帝国など、ヨーロッパの列強に支配されてきた。

その小国(面積は日本の四国とほぼ同じ)が近年、自然保護の世界的なリーダー
の座に君臨している。

2016年、「世界緑の日会議(Global Green Destinations Day conference)」で
世界で最も持続可能な目的地に選ばれたスロベニアは、国土の半分以上が森に
覆われ、起伏のある土地に保護区や公園が点在。

記録されているだけで2万2000種もの動植物が生息する


「スロベニア人は今も昔も、土地と密接につながっています」と語るのは、
首都リュブリャナの旅行代理店で、持続可能な観光についての研究所も併設する
「グッドプレイス」のパートナー兼創業者ジャナ・アピフ氏だ。

「私たちは歴史を通じて、おおむね農民でした。土地は生き抜くための鍵でした。
スロベニア人は環境保護のDNAを持っているというのが私の口癖です。

スロベニアでは、自然破壊が最も悪いことだと考えられているためです。
だからこそ、国土の40%近くが何らかの形で保護されているのです」

北西をアルプス山脈、南をディナル・アルプス山脈、南西をアドリア海、東をカ
ルパチア盆地(パンノニア平原)に囲まれた多彩な風景がスロベニアにあるのは
、ちょうどユーラシアプレートの端にあり、アドリア海に突き出たアフリカプレ
ートによって北東に押し込まれているためだ。

国土の半分近くの土地が多孔質のカルスト地形で、石灰岩の洞窟が迷路を成して
いる。

この地形のおかげで、人口約200万の小国には共同体意識と土地を大切にする価値
観が深く根付いている。

人々のそうした意欲と土地への敬意は、スロベニアのどこに行っても、アウトド
アアドベンチャーや新鮮な食材でつくられた料理を旅行者に約束する。

さらに付け加えるならば、どのブドウ園でもほぼ間違いなく素晴らしいワインを
飲むことができる。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

創世記から考える害人?とは [環境]


「害」とか「益」というのは、「人間にとって」が判断の基準になっています。
ということは、人間も地球上の動植物等に対して「害」や「益」になっているこ
ともたくさんあります。

経済の繁栄を求めるが故の人間活動が地球上の動植物等に対して「害」や「益」
になっていることもある。

--
現代は車社会であり、それによる「害」や「益」もある。人間の生活に直接また
は間接に害を与えることがあっても、それを用いる人間、社会、環境の問題とし
て対処してきている。

車の事故がやけに多い今日、人間の考えて作ったものがブーメランとなって
人間に害をもたらしているが
この創世記の文言を改めて考えさせられる昨今の世の中である。

---
2019/5/17
害人?  vpoint

神は彼らを祝福して言われた、
「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、
地に動くすべての生き物とを治めよ」。
(創世記 1:28 口語訳)


「害虫」の定義は

「人間の生活に直接または間接に害を与える昆虫。蚊・ノミ・ハエ・ウンカ・
アブラムシなど。ダニや人体寄生虫など昆虫でないものも含めていうこともある」

一方、害虫防除に役立つ寄生蜂やトンボ・カマキリ、花粉を媒介するミツバチな
ど、人間の生活に直接・間接に利益をもたらす昆虫を「益虫」といいます。

同様に、「直接・間接に人間に有益な生物,特に農作物,果樹,養魚などを食べ
る鳥」として害鳥もあれば、逆に、ムクドリ・ツバメなどのように害虫を捕食す
る鳥など、人間の生活に直接・間接に役立つ鳥」として「益鳥」もあります。

「害」とか「益」というのは、「人間にとって」が判断の基準になっています。
ということは、人間も地球上の動植物等に対して「害」や「益」になっているこ
ともたくさんあります。

うちの庭に体長0.2〜0.5mmぐらいの小さな赤いアリが無数にいることに先週気づきました。
あまりにも小さいので家の中にも入ってきます。
ネットで調べると「アリメツ」という殺蟻剤がよく効くとあったので、早速取り寄せて昨日試してみました。
アリが行き来しているところ数か所に置いたのですが、なかなか寄ってきてくれません。
しばらくして何匹か近づいてきましたが、とても用心深くてなめません。そのうち、液の上に登り上を歩き回るのですが、やはりなめないのです。
「失敗!」

アリにしてみれば、自分たちを「害虫」として殺そうとする私は「殺蟻者」、いわば「害人」です。
以前このブログでも一度取り上げた動画を紹介します。



動植物や自然を平気で破壊している人間の傲慢さを象徴している、考えさせられ
る動画です。

それでは冒頭の聖書の言葉、神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、
地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物
とを治めよ」はどうなんでしょう?

ここで言われている「治めよ」は、自分たちの思いどおり好き勝手にほかの生き
物を「支配」し、殺してもいいと言っているのではありません。
言い換えると「管理せよ」という意味です。

ということは、私たち人間は地球上の生き物(動植物すべて)を賢く管理する責任が神から与えられているということです。
その前の創世記1:27に「神は自分のかたちに人を創造された」とありますが、この「神のかたち」というのは、「姿かたち」という意味ではありません。
「神は霊である」(ヨハネによる福音書4:24)とあるからです。

神の「ご性質」というような意味です。
神は天地宇宙万物の創造主ですから、被造物を支配する特権をお持ちです。

ですから、地球上のみならず宇宙に存在する一切の被造物を管理する責任が私た
ち人間に与えられているのです。

私たち人間には私利私欲で被造物を支配、搾取、破壊することは決して許されて
いません。

地球を、さらに宇宙を汚すこと(たとえば宇宙ゴミ)も許されていません。
「害人」になってはいけないのです。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エコなハエトラップ [環境]


殺虫剤を使いたくない場合に
オススメのエコなハエトラップ

ペットボトルに酒、砂糖、酢をそれぞれ大さじ3杯で
エコなハエトラップを・・

---
殺虫剤よりも効果絶大 
身近な物で簡単に作れる“ハエトラップ”
weathernews

これからハエやコバエがうっとうしい季節になりますね。ハエは6~7月が発生の
ピークになるので、個体数が激増する前の今の時期から駆除することがポイント
です。

そこで、愛媛県東予家畜保健衛生所オススメの「ハエ取りペットボトル」を作っ
てみませんか。

ペットボトルを再利用したエコトラップで作り方も簡単、しかも同所によると
「トラップ設置後、2017年7月以降は都市部に近い養鶏・養豚農場のハエに対す
る近隣住民からの苦情がなくなった」など抜群の効果があったそうです。


ハエは気温上昇とともに成長が速くなる
ハエは成虫になって5日後くらいから産卵し、1度に50~100個の卵を産みます。
卵から成虫になる期間は、気温が上がると短くなります。

気温20℃では約20日かかりますが、気温30℃では7~10日で成虫になります。
放っておくと、どんどん増えていきます。

ペットボトルと家庭にある調味料だけで作れる
ペットボトル(1L程度のもの)は、できれば凹凸のない、炭酸飲料用が丈夫で
作りやすいようです。誘引剤として酒、砂糖、酢を同量で用意します。
ハエトラップ.JPG


【ハエ取りペットボトルの作り方】

(1)ペットボトルにカッターで縦2cm、横5cm程度、下側の横一辺を残して切り、
   残った一辺を折り返してハエが止まれるようにする。

(2)誘引剤の匂いがより拡散するように、ボトルの何ヵ所かに千枚通しなどで
   穴をあける。

(3)酒、砂糖、酢をそれぞれ大さじ3杯を混ぜ合わせ、ボトルに入れてフタをし
   てできあがり!

殺虫剤を使いたくない場合にオススメ
飛び回っているハエに殺虫剤を吹きかけるのでは、一時的に減らすだけで、
次々と発生するハエと追いかけっこをしているだけです。

また赤ちゃんやペットがいるご家庭では、できれば殺虫剤は避けたいところ
ですね。

ハエ取りペットボトルは、家にいるハエを安全に駆除できるオススメの方法です。
ハエにお困りの方は、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CO₂を吸い取れ 温暖化対策の「フェーズ2」 [環境]


空気中のCO2を科学の力で取り除く装置。

その取り除いたCO2を用い炭酸水を作るなど、回収したCO2は
作物の光合成を活発化させる「肥料」になると温暖化対策の「フェーズ2」
が始動し始めている。

更には回収したCO2を地下700メートルで鉱物化することも可能だとか。

1トンの回収に600ドルかかる高コストが課題だが、コカコーラの発売する炭酸水
「VALSER」に回収したCO2が使われるなど付加価値を高める試みも始まっている。

---
2019.03.07
CO₂を吸い取れ 
世界のスタートアップが続々参戦、温暖化対策の「フェーズ2」
globe.asahi

大気中に排出するCO₂(二酸化炭素)の量を抑えるだけでは、予測を超える気候
変動のスピードには追いつけない。科学の力で取り除こう――。

従来の気候変動対策を「フェーズ1」とすれば、「フェーズ2」に相当する新たな
試みが始まっている。

少し前までは理論的な可能性に過ぎなかった「空気中の二酸化炭素を直接取り除
く技術」は「ダイレクトエアキャプチャー=DAC」として、すでに商業用プラント
が稼働しており、「砂漠に人工的な洪水を起こし緑化する」などさらに大
胆なプランもある。

新たな技術は、気候変動に歯止めをかける切り札となりうるか。


回収したCO₂が炭酸水に

空気中のCO2を取り除くDACで最先端を走るのが、スイスのスタートアップ「クラ
イムワークス」だ。チューリヒ近郊では、同社が世界で初めて開発・製造に成功
した商業用CO2除去プラントが、すでに稼働を始めている。

スイス・チューリヒ空港から車で約30分。田園地帯にあるごみ焼却施設の屋上に、
エアコンの室外機のようなファンを積み重ねた装置が据えつけられていた。

18機のファンが吸い込んだ空気を約100度に加熱し、特殊なフィルターでCO2を吸
着する。1年で回収できるCO2は約900トンで、1機が数千本の樹木に相当。回収し
たCO2は約400メートル先にある畑の温室にパイプで送り、作物の光合成を活発化
させる「肥料」になる。トマトやキュウリなどの収穫量が最大20%増えるという。

クライムワークスは、アイスランドでは回収したCO2を地下700メートルで鉱物化
して、固定化する実験プラントを稼働させている。ほかにも欧州だけで14の計画
があり、数年後には年間数千トンの回収を見込んでいる。

広報部長のルイーズ・チャールズは「2025年には地球全体で排出されるCO2総量の
1%を回収したい」と意気込む。1トンの回収に600ドルかかる高コストが課題だが
、コカコーラの発売する炭酸水「VALSER」に回収したCO2が使われるなど、付加価
値を高める試みも始まっている。


大気中からCO2を取り除こうという試みでは、「木を植えること」が一般的で、
機械的に回収する試みは、5年ほど前まで「成層圏にまいたエーロゾル(浮遊粒子
状物質)を太陽光を反射させて地球を冷やす」といった方法とともに、専門家の間
では「気候工学」に分類され、危険視されてきた。

それが、最近ではバイオマス燃焼からCO2を回収・貯留する「バイオCCS」などと
ともに、不可欠な技術として期待され始めている。

きっかけはパリ協定の発効。「産業革命以降の気温上昇を2度未満に抑える」など
の険しい目標を達成するため、見込みのある技術はなんでも試す機運が広がった。
EUの長期戦略では、CO2除去技術を使うことがすでに前提となっている。

CO2除去技術の発展を支援する米国のNGO「カーボン180」代表、ノア・ダイヒは
言う。「30年前は太陽光発電も非常に高コストだったが、技術の進歩でコストが
下がり、それが投資を呼び込み、さらなる技術の発展を促すというサイクルで、
100分の1にまで下がった。この好循環が起これば、CO2除去技術で地球環境を改善
できる日も近い」


砂漠に人工洪水? まるでSFの「プランB」

数多くのスタートアップを成功へと導いてきた米国・シリコンバレーの投資会社
「Yコンビネーター」は昨秋、革新的なCO2除去技術の公募に踏み切った。

予測を超える気候変動を前に「現実的対策である『プランA』に加え、一見実現不
可能と思える『プランB』も準備する時が来た」とする。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プラゴミ問題を解決する技術とアイデア [環境]


東京湾のカタクチイワシの8割が、お腹にプラスチックを溜めている
ことがわかりました。

海に流出し、食物連鎖で私たちのお腹に戻って来ていてもおかしくないのです。」

--
プラスチックゴミ問題を受けて
近年世界中で、使い捨てのプラスチック製品の廃止が進んでいる。

EUは、コーヒーカップなど使い捨てプラスチック製品の使用を廃止。
バングラデシュが率先して使い捨てレジ袋をを廃止。

日本でも、すかいらーくが2020年までにプラスチック製ストローの使用を廃止す
ることを発表した他スーパーなどでも独自のスタイルで取り組みが始まっている

---
2018.12.17
プラスチックゴミ問題を解決する技術とアイデア 
アジアから続々発信中
globe.asahi

2050年には、重さで言うと海に魚よりプラスチックゴミの方が多くなるかもしれ
ない、と言われていることをご存知ですか?

約3年前に、世界経済フォーラムで2050年の予測が発表されてから、海ごみやプラ
スチック問題はみるみるうちに、世界中で取り上げられるようになりました。

最近は、プラスチック関連のニュースを見ない日はないほどまでに、この問題に
対する世界の感度は高まっています。

人間はこれまでに、足首ほどの高さに広げて並べたら、世界で8番目に面積の広
い国、アルゼンチンを埋め尽くすほどのプラスチックゴミを製造してきました。

しかし、その中でリサイクルされたものはごくわずかで、8割は埋立地や街、海
など自然の中に、未だにそのままの形で存在します。

海に流れ出たゴミは海流にのり、海上には吹きだまりのようにゴミが集まる場所
ができます。太平洋の真ん中に、そんな場所が見つかったのは実は30年も前のこ
と。そして現在、その大きさはなんと、フランスの面積の3倍あると言われてい
ます。

飲むのには5分くらいしかかからないペットボトルですが、海ゴミとして海に残
る期間は450年。

プラスチック問題は今、地球規模の問題です。


日本にとっても他人事ではない!?

私が住むインドネシアは、世界で2番目に海ごみを排出している国で、街中、
田んぼのあぜ道、川、海、日常生活のそこら中で、プラスチックゴミを目にしま
す。

日本にいると、あまり街中でプラスチックゴミが散乱しているところを見ません
が、実は日本人にとっても、他人事ではもうないのです。

2年前の調査では、東京湾のカタクチイワシの8割が、お腹にプラスチックを溜め
ていることがわかりました。これらは、大きさが5ミリ以下の微細プラスチック
「マイクロプラスチック」ですが、その1割が、スクラブのような洗顔料に入っ
ているマイクロビーズ。

私たちが毎朝顔を洗う時、まさかその流れた水が下水処理場を通り抜けて海に流
出し、魚が食べているとは思いませんが、もしかすると、食べ物となって私たち
のお腹に戻って来ていてもおかしくないのです。

先月は、世界中の食卓塩39ブランドのうち9割から、マイクロプラスチックが検出
されました。そしてそれから間も無く、ついに人の便からも検出されたのです。

それも、調査対象となったヨーロッパ、ロシア、日本8カ国を代表する8人全員
の検体から。

それでも日本は、今年6月に開催されたG7シャルルボワ・サミットで、イギリス、
フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、EUが海洋プラスチック問題に取り組む
「海洋プラスチック憲章」に署名した中、アメリカと共に署名を拒否したのです。

「国内法が整備されていないため、社会に与える影響が現段階ではわからない」
という理由で。


世界の取り組み

近年世界中で、使い捨てのプラスチック製品の廃止が進んでいます。
今年8月にニュージーランドが使い捨てレジ袋の廃止を宣言。2002年にバングラデ
シュが率先して使い捨てレジ袋をを廃止し、ニュージーランドは15カ国目となり
ました。

EUは、コーヒーカップなど使い捨てプラスチック製品の使用を廃止する「プラスチ
ック禁止法案」を可決し、使用するプラスチック包装を2030年までに100%再生利
用可能なものとすることを宣言。イギリス、アメリカやカナダはマイクロビーズ
入りの製品の製造をすでに禁止しています。

今年に入って、大企業も挙って取り組み始めました。スターバックスは2020年ま
でにプラスチックストローの使用を廃止、マクドナルドやコカコーラはパッケー
ジにリサイクル素材を使うことなどを決めました。

イケアは2020年までに全世界で使い捨てプラスチック用品販売を廃止。日本でも、
すかいらーくが2020年までにプラスチック製ストローの使用を廃止することを発
表しました。

ここ一年で、企業のプラスチックフリームーブメントが、急速に加速しています。

世界では、使い捨てプラスチック容器を一切使わないスーパーマーケットや、
リサイクル品だけを売る店などが次から次へとできていますが、ここインドネシ
ア・バリ島でも、野菜くずなどを堆肥として活用するなどゴミを出さない

「ゼロ廃棄物レストラン」や、プラスチック製品は売らない、使わない「プラス
チックフリーショップ」が今年、バリ島で初めてオープンしています。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハワイの海岸を覆うプラごみ [環境]


ハワイ島南端のカミロビーチ。
3時間余りで3台の車の荷台は約450キロのごみでいっぱい。

ハワイ先住民の女性は
「私のおじいさんが子どものころ、ここでごみを見たことはなかったそうです」
とつぶやいた。

浜の砂を一摑みした。
手を開くと、白、青、黄、緑……色とりどりの小さな破片がたくさん混じっていた。

--
「ハワイ島にたどり着くごみの多くは数年から10年ほどかけて中国や日本、韓国な
どの東アジア諸国からやって来たものだと推定されている。」

「地球の表面の7割を占める海に、プラスチック片の流れが生まれている。魚介類が
取り込み、それらを食べる人間の健康にも影響する懸念が高まってきた。ハワイに
は、そんな世界の海洋ごみが集まってくる。」

--
「有害物質を含むプラスチックを摂取した魚介類を人が食べることによる
将来のリスクの上昇に警鐘を鳴らす」

「経済効率優先の大量使い捨て消費社会を変えなければ、プラスチック汚染は
止まらない」と指摘」

--
2017.11.05
プラスチックごみがハワイの海岸を覆う 
いったいどこから来たのか
globe.asahi

人間が引き起こした気候変動によって地球は悲鳴をあげ、グローバル化が進むな
か、災害や戦争、テロなどで暮らしを奪われる人々が増えている。

持続可能な社会に戻るための目標として世界が合意したのが「持続可能な開発目
標」(Sustainable Development Goals:SDGs=エス・ディー・ジーズ)。

手遅れとならないために私たちができることは何か。漂流プラスチックやファス
トファッションの現場で、思いもよらないところに影響を及ぼし合っている私た
ちの世界を見た。


地球の表面の7割を占める海に、プラスチック片の流れが生まれている。魚介類が
取り込み、それらを食べる人間の健康にも影響する懸念が高まってきた。ハワイに
は、そんな世界の海洋ごみが集まってくる。

エイア マコウ イムア コウ アロ…… エ オラ イ カ アイナ オ カミロ……。

9月下旬、ハワイ島南端のカミロビーチで私は、8人のボランティアとともに大海原
に向かってハワイ語の祈りを捧げた後、作業に取りかかった。

「私たちはいまあなたの土地にいます。カミロビーチが未来永劫続くように、どうか
私たちを正しく導いてください」――という内容だそうだ。


早朝5時すぎにホテルを出てから4時間。途中で四輪駆動車に乗り換えなければなら
なかったのは、ごつごつした溶岩上の走行が続くからだ。

車がひっくり返るのではないかと思うほどの揺れに2時間耐えて、ようやくたどり
着いた。

簡単には人を寄せ付けない海岸を覆っていたのは、プラスチックごみだった。
形を残したものだけでも、ペットボトルのキャップ、漁網、弁当箱のような容器……。

ごみ清掃に参加したハワイ先住民の女性は「私のおじいさんが子どものころ、ここ
でごみを見たことはなかったそうです」とつぶやいた。3時間余りで3台の車の荷台
は約450キロのごみでいっぱいになった。

清掃を主宰するNGO「ハワイ・ワイルドライフ基金」副会長のメーガン・ラムソンに
よると、2003年から始めたハワイ島の海岸清掃で回収したごみの量は、これまでに
203トンに達する。

実際には、ごみの大半はもとの形をとどめていない、小さなプラスチック片だ。
漂着量は年々増え、今年はすでに昨年を上回っている。


プラスチックの吹きだまり

海のプラスチック汚染は1970年代、学術雑誌に初めて報告され、90年代前半に東海
大学教授(海洋物理学)の久保田雅久がハワイ諸島周辺をはじめ北太平洋の中緯
度に巨大なごみの集積海域があることを裏付けるシミュレーションを発表した。

これが「太平洋ごみベルト」の名で世界的に知られるようになった。海上の風や地球
の自転に影響される大きな海洋の循環によって、地球には浮遊物が集まってくる海
域が5カ所ある。ハワイ周辺はその一つだ。

ハワイ島にたどり着くごみの多くは数年から10年ほどかけて中国や日本、韓国など
の東アジア諸国からやって来たものだと推定されている。

東日本大震災の後には
東北地方からとみられる冷蔵庫のドアや船の一部などが打ち上げられたのが確認
されている。

こうした海洋ごみのなかで、近年国際的な注目を集めるようになったのが「マイク
ロプラスチック」と呼ばれる直径5ミリ以下のプラスチック片による海洋汚染だ。

プラスチックは、漂流するうちに紫外線や風波、魚がかじることなどによって細片
化されていく。


プラスチック・エイジ

今年6月、米ニューヨークで開かれた国連海洋会議の分科会で基調講演をした東京
農工大学教授(環境化学)の高田秀重は、有害物質を含むプラスチックを摂取した
魚介類を人が食べることによる将来のリスクの上昇に警鐘を鳴らした。

「レジ袋にペットボトル、コンビニ弁当……経済効率優先の大量使い捨て消費社会
を変えなければ、プラスチック汚染は止まらない」と指摘する。

世界の海に浮遊するプラスチックごみの総量は約27万トンと推定され、毎年約800
万トンのプラスチックが海に流れ出している。うち回収されるのは年約8万トンほ
どと言われている。

わずか100分の1だ。比重が重いプラスチックは海底へ、軽いプラスチックも漂流中
に生物などが付着して重くなるため、ほとんどは沈んでいく。

極地の氷の中や深海の泥からもマイクロプラスチックは見つかっている。世界的に
進行するマイクロプラスチック汚染は、すでに地層にもその痕跡を刻んでおり、
「プラスチック・エイジ」などという言葉も生まれている。

ハワイ島の人口は20万に満たない。自分たちが出したわけでもないごみが押し寄
せてくる現実をどう受け止めているのだろうか。


「私も消費者の一人」

ハワイ・ワイルドライフ基金はごみの量を記録し、分類や分析を続けているものの、
発生地を調べることはしていないという。その理由を尋ねると、ラムソンは「プラス
チック製品の原料、加工、流通が国境を越えてグローバル化している時代だ。

特定の国の責任を問うことにあまり意味はない。私もプラスチック製品の消費者の
一人だしね。

それに、この小さな破片には、どこからやって来たのかを探る手がかりは何にも残
っていない」と言って、浜の砂を一摑みした。

手を開くと、白、青、黄、緑……色とりどりの小さな破片がたくさん混じっていた。

17分野の目標を掲げるSDGsは、17面体のプリズムのようなものかも知れない。

このプリズムを通して見ると、マイクロプラスチックの問題は、海の環境問題であ
ると同時に、私たち一人ひとりの消費のあり方の問題でもあり、人びとの健康、食の
安全の問題でもあると考えることができる。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感