So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

怪物投手二人のフォーム [スポーツ]


高校史上最速の163キロをマークした投手と
センバツで完成度の高い投球をした投手。

・両右腕をともに逸材と高く評価
・両投手とも大谷より上だろうとの声。
・2人ともタイプは違うが何年かに1人の逸材だと断言
・心配なのはダイナミックなフォームからくる体への負担

---
2019/04/09
佐々木と奥川高3投手実力は大谷より上西本聖分析
headlines
怪物二人.JPG


これが怪物のフォームだ。選手のプレーを連続写真で分析する「解体新書」。
今回は国内高校史上最速の163キロをマークした大船渡(岩手)・佐々木朗希投手
(3年)と、センバツで完成度の高い投球を披露した星稜(石川)・奥川恭伸投手
(3年)を日刊スポーツ評論家の西本聖氏(62)が分析。
両右腕をともに逸材と高く評価しながら、さらなる伸びしろとなりうる箇所を指摘した。

現時点において、両投手とも今年のドラフトで1位指名されるのは間違いない。
身長(佐々木190センチ、奥川183センチ)に比較すると、まだ線の細さは気になるが、
これだけの長身でありながら、体をダイナミックに使える投手はなかなかいない。

2人とも何年かに1人の逸材だと断言できる。ただ、投げ方を見ると、同じ右の本格派で
もタイプは違う。

両投手とも、セットポジションからの投球。<1>(1)の立ち姿を比べると、奥川の方
が右足の上に頭の位置があり、軸足にしっかりと体重を残そうとする意識が強いように
感じる。<2>(2)から左足を上げ始め、<3>(3)が1番高い位置。

ここまでの奥川は完璧。プロで何年もやってきた投手のような“どっしり感”がある。
頭がホーム側に流れそうだった佐々木も、スパイクを三塁側に放り出すように高く上げな
がら、<4>ではスパイクを体に近づけるように引いている。

これだけ高く上げ、動きも大きいのに軸足がブレていない。足を大きく動かしても、
軸足に真っすぐに体重が乗ることを確認しているのかもしれない。



両投手とも、高校3年での投手としてだけの実力ならば、大谷より上だろう。
特に佐々木は、今まで見たことがないほどのスケールの大きさを感じる。

奥川のいる星稜は甲子園の優勝を目指せるチームで、佐々木のいる大船渡は甲子園出場を
目指しているチーム。ある程度の連投は課せられるだろう。心配なのはダイナミックなフ
ォームからくる体への負担。大きなケガがなく、プロ入りしてくれることを願っている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凛とした歌声 選抜高校野球国歌独唱 [スポーツ]


第91回選抜高校野球大会の開会式で、国歌独唱を披露した
千葉県立幕張総合高校3年の菅谷茉友さん(18)

選抜高校野球開会式で君が代・独唱の歴代高校生は
全日本学生音楽コンクールの声楽部門(高校の部)で1位に輝いた方々。

---
2019/03/23
千葉高校スポーツ応援団
甲子園で千葉県の女子高生が国歌独唱


静寂に包まれた甲子園球場(兵庫県西宮市)に艶やかな歌声が響き渡った。
第91回選抜高校野球大会の開会式で、国歌独唱を披露した千葉県立幕張総合高校普通科
3年の菅谷茉友さん(18)は開会式後、「良い機会を与えてもらえた感謝を込めて歌う
ことができた」と口元を綻(ほころ)ばせた。  

菅谷さんは昨年12月、全日本学生音楽コンクールの声楽部門(高校の部)で1位に輝き
、今回の大役の座を射止めた。国歌を歌う重みを感じたが、「こんな機会はめったにない
」と一念発起し練習を積み重ねた。  来月、東京芸術大学に進学し、オペラ歌手を目指
す菅谷さん。「人前で歌う仕事ができるよう頑張りたい」と笑顔を見せた。

---
君が代・独唱 歴代高校生まとめ[野球]選抜高校野球開会式(甲子園)
youtube


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タッチテニスが面白そう [スポーツ]


年配の方なら知っているかも、昔流行ったテニポンにも似ている。

--
2019.03.24
イギリス発祥コンパクトすぎる“タッチテニス”が面白そう
mag2

2002年にイギリスで発祥したテニス系のスポーツ“タッチテニス”
通常のテニスコートよりもコンパクトなサイズになっている。

どんな風に試合が行われているか、早速こちらをご覧いただこう。



だいたい、バトミントンのコートサイズと同じくらいかもしれない。
特殊なふわふわした発泡ボールを使うので当たっても痛くないようだ。

相手プレイヤーとの距離も近いので、スマッシュを打たれた時のスピード感が凄い。

コートがコンパクトな分、瞬発的な動きが鍛えられそうなこのスポーツ。
狭い場所でもプレイできる点では、これから日本でも流行るのかもしれない・・・!?

この動画を見た視聴者からは「デカい卓球だな」「バドミントンでよくね?」
「軟球よりソフトなのかな。」などのコメントが寄せられている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ボールが見えていないとの指摘 [スポーツ]

「実戦から遠ざかっていた分、感覚が戻っていないのでは」
「イチロー、ボールが見えていない印象」

「以前の調子が良い頃なら一発で仕留められるだろうが、・・」

--
守備、バッターボックスは真剣勝負の場。実戦から遠ざかっていたら
ボールも見えなくなる。それだけ厳しい世界だ。

自分では引退の時期は分からないというが、分かっていたと思われる。

---
2019年3月17日
イチロー、華麗な守備は健在
mainichi

来日初打席は二回無死一、二塁。フルカウントから真ん中の直球を打ったが捉えきれず、
中飛に倒れた。その後、2度の打席も内野ゴロで凡退し、六回の守りで交代。「今日しか
来られない人もいるはずだから、結果を出したかった」と悔しがった。

米国でのオープン戦からの連続打席無安打は21(2四球を含む)に伸びた。
昨年5月に会長付特別補佐に就任。今年、選手として再契約するまで実戦から遠ざかって
いた影響は大きいのだろう。

ただ、華麗な守備はさび付いていない。一回1死、巨人・坂本勇のフェンス際への大きな
飛球に対して反応すると、ダッシュしながら好捕してみせた。

マリナーズのサービス監督も「ファウルになったが、良い当たりもあった。素晴らしい
守備もあったし、何も心配していない」と信頼は揺るがない。

アスレチックスとの開幕戦(20日)までに、残る実戦の機会は18日の巨人戦のみ。
だが、米国でのプレー19年目という経験を生かして、必ず調子を上げてくれるはずだ。

---
2019年3月19日
「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
mainichi

プロ野球の巨人と18日まで東京ドームでプレシーズンゲーム2試合を戦った米大リーグ、
マリナーズのイチロー(45)。

米国内でのオープン戦から24打席無安打と打撃の調子が上がらないでいるが、日本人初
の大リーガーの村上雅則氏(74)は「ボールが見えていないという印象」と指摘する。

その典型として、村上氏が挙げたのは、18日の試合の四回、巨人の左腕・戸根に三振を
喫したシーンだ。イチローは追い込まれた状態で、真ん中付近のスライダーを見逃した。

村上氏は「実戦から遠ざかっていた分、感覚が戻っていないのでは」と言い、こうアド
バイスする。「空振りになってもいいから、1球目から積極的に振ることが大事」

巨人との2試合では、よく見極めようとするあまりか、なかなかスイングしない打席が目
立った。「以前の調子が良い頃なら一発で仕留められるだろうが、今は無理。過去のイ
メージに引っ張られている」という。

だからこそ、「振っていけば、少しずつタイミングもつかめてくる」と村上氏。
「日本で何とか1本打ってほしい。ほんのちょっとのきっかけで変わってくれるのでは」
と期待を込めた。

---
2019年3月16日
引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた
mainichi 
イチロー一問一答

米大リーグのアスレチックスとの開幕2連戦(20、21日、東京ドーム)のため来日し、
16日、東京都内で記者会見したマリナーズのイチロー外野手(45)と菊池雄星投手(27)
。イチロー外野手の一問一答は次の通り。

――7年ぶりに日本でプレーする。

「大きなギフト。当たり前のように結果を出して当たり前のようにここにいる状態をつ
くりたかったけど、実際には大変苦しんだ。キャンプの結果を踏まえてここにいるのは
本来ありえないと思う。やはり日本人でいることは勝ち組なんだなと思う」

――自分でいつ引退するときだと分かるか。

「いつかは僕にも分からない。こういう質問には慣れてないな。2012年にトレードされ
て、その後は毎日その日を懸命に生きてきた。厳しい世界なのでいつチームからそうい
う通達がくるか分からない日々を過ごしてきた。そして今日ここにいる状態ということ」

――時差ぼけ対策は。

「時差は19年でも慣れない。記者からの質問にも慣れず、アメリカ人のいいかげんさに
も慣れていない」

――菊池投手に対する期待を。

「まず3年しっかり結果を残す。その年のエースは毎年生まれる。3年やってしっかりエ
ースになるのは、なかなかできることではない。雄星はその力が十分ある」

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分が夢中になれるもの [スポーツ]


「妻と一弓には感謝の思いしかないですね」と家族の支えに最大限の感謝を表し

「結果を残すために自分が頑張ってきたこと、自分なりに頑張ってきた
と言えるので」と胸を張った。

イチローが残してきた足跡は永遠に色あせることはない。

--
質疑応答で子どもたちへのメッセージを問われると、
「メッセージか…苦手なのだな」と前置きし、

「自分が夢中になれるものを見つけてくれたら、それにエネルギーを注げるので、
それを早く見つけてほしい」と

引退後は「僕はゆっくりしないと言いましたが・・」の言葉、
現役引退後の「夢中になれるもの」、果たして・・

---
2019年3月22日
イチロー「一番頑張った」弓子夫人に感謝 
おにぎり2800個で支え「3000個握らせてあげたかった」
sponichi

マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、アスレチックスとの開幕2戦目終了後に
都内で会見を行い、現役引退を表明した。

日付が変わる数分前に会見場に姿を現したイチローは、「日本で9年、アメリカで19年目
に突入したところでしたが、現役生活に終止符を打ち、引退することになりました」と
現役引退を表明。
そして、長年に渡って現役生活を支えた弓子夫人に対し
「感謝の思いしかない」と話した。

「いやー、頑張ってくれました。一番頑張ってくれたと思います」と弓子夫人への感謝を
明かしたイチロー。本拠地での試合前には夫人が握ったおにぎりを食べることを明かし、
「それが(合計で)2800個くらいなんですね。

(夫人は)3000個いきたかったみたいですね。そこは3000個握らせてあげたかった」と
食での支えに感謝。引退後は「僕はゆっくりしないと言いましたが、妻にはゆっくりして
もらいたい」とねぎらった。

そして愛犬の柴犬「一弓(いっきゅう)」が今年で18歳になることを明かし、「さすがに
おじいちゃんでフラフラなんですけど、懸命に生きている。

その姿を見ていたら俺も頑張らなきゃなあと。まさか僕が現役を終える時まで一緒に過
ごせるとは思っていなかった 妻と一弓には感謝の思いしかないですね」と家族の支え
に最大限の感謝を表した。

---
2019年3月22日
長嶋一茂 引退のイチローに「“残念です”とかっていうコメントもできない」
sponichi


番組冒頭、一茂は「僕は次元が違うので、イチロー選手の気持ちは言えないんだけど」
と断った上で「とにかく本当に僕は下の方からイチロー君をあがめている状況ですよね。
神様だと僕は思っているし、本当に今回のことも称賛、賛辞しかないし、“残念です”
とか“まだまだできるんじゃないの”とかっていうコメントもできないです」と話した。

そして、イチローの引退を
「彼の独自の哲学があって、彼の人生の中で野球があって、野球を貫くためにどうやっ
てビジョンを立てて、どうやって自分が進化進歩を遂げて、どうやっていくかというと
ころの中で彼の判断、決断が引退というのがあったわけじゃないですか。これはもう彼
しか分からない。気持ちとかっていうレベルでじゃないと僕は思ってます」と語った。


---
2019/03/21
イチロー節さく裂の85分
「元イチロー」「何かおかしなこと言ってます?」
「そろそろ帰りますか」
headlines

マリナーズのイチロー外野手(45)が21日、アスレチックスとの開幕2戦目終了後に
都内で会見を行い、現役引退を表明した。会見では「何かおかしなこと言ってます?」
を連発し、今後について問われると「元カタカナのイチローになるんですかね。
元イチローって変だよね」と話すなど“イチロー節”を炸裂させた。

---
2019/03/21
イチロー 現役引退を発表 会見で「後悔などあろうはずがありません」
headlines

マリナーズが公式サイトでイチローの引退を発表。
その後、イチローが引退を記者会見を行い、「今日のゲームをもって現役生活に終止符
を打ち、引退することになりました。

この25年間を振り返るにはあまりにも長い時間だったので、ここで一つ一つ振り返るの
は難しいのですが、ここまで応援してくださった方々への感謝の思い、球団関係者、
チームメートに感謝したい。」と話した。

また「引退を決意したことに後悔はあるか」と聞かれると「球場での出来事、あんなも
のを見せられたら後悔などあろうはずがありません。もちろんもっとできたことはあり
ますが、結果を残すために自分が頑張ってきたこと、自分なりに頑張ってきたと言える
ので」と胸を張った。

「50歳まで現役」――。
イチローが常々、口にしてきた領域にたどり着くことはできなかった。
メジャーデビューの01年から前人未踏の10年連続200安打を達成したが、


それでもイチローが残してきた足跡は永遠に色あせることはない。
オリックス時代はNPB初のシーズン200安打、
7年連続首位打者などの偉業を達成。

01年に海を渡ると、当時パワー全盛だったMLBにスピードと技術で挑み、
次々に安打記録を塗り替えた。

04年にマークしたシーズン262安打は不滅の大記録。
16年には米野球殿堂入りの基準となるメジャー3000安打に到達した。
通算安打は日米合わせて4367本だった。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最長不倒136・5メートルの大ジャンプ [スポーツ]


暖冬とはいえ厳しい冷え込みでサロマ湖の結氷が進むと共に
オホーツク海に面するサロマ湖は氷の季節へ少しずつ近づく。

ウインタースポーツのノルディックジャンプも
最長不倒136・5メートルの大ジャンプが出るなど戦いが始まっている。

ワールドカップ帯広大会 スピードスケート 女子パシュートはドイツとの
対戦で、ドイツが周回遅れとか・・

--
ワールドカップ(W杯)ジャンプ男子
男子ジャンプで日本勢初となる4連勝で今季7勝目を挙げた。

20年ぶりとなる日本選手史上2人目の偉業に向け発進

---
夕焼けに染まるサロマ湖氷上に寝そべるアザラシの姿
weathernews

北海道のオホーツク海に面するサロマ湖は、年末からの冷え込みで凍結が
進んできました。氷の上にはアザラシの姿が現れています。

真冬を迎え、湖が凍結すると、氷の上で日向ぼっこをするアザラシの姿は
しばしば見られるようです。

サロマ湖にほど近い、北見市常呂町は12月27日から9日連続で真冬日、
12月31日からは5日連続で最低気温が-10℃を下回っています。
この厳しい冷え込みで、サロマ湖の結氷が進んだと見られます。

週末は朝晩の冷え込みがやや弱まるものの真冬日が継続。
週明け以降は再び強い冷え込みが続き、サロマ湖の凍結はさらに進んでいきそうです。

オホーツク海を埋め尽くす流氷はまだ北に離れていますが、氷の季節へ少しずつ近
づいてきています。

---
2019/1/5
もはや当たり前の圧勝?W杯日本男子初4連勝の小林陵「そう見えたのは良かった」
headlines

◇ノルディックスキーW杯ジャンプ男子個人第10戦
(ヒルサイズ=HS130メートル)(2019年1月4日 オーストリア・インス
ブルック)

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は4日、オーストリア・
インスブルックで伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(ヒルサイズ=HS
130メートル)が行われ、小林陵侑(22=土屋ホーム)は136・5メートル、
131メートルで合計267点をマークし、男子ジャンプで日本勢初となる4連勝で
今季7勝目を挙げた。

競技後、インタビュアーから「圧勝ですね」とふられた小林陵は「そんなことはないが、
そう見えたのは良かった」と余裕の表情。1回目に最長不倒136・5メートルの大ジ
ャンプを見せ、2位に10・2点の大差をつけると、2回目も131メートルを飛んで
12・8点まで差を広げての圧勝だった。

今季7勝目は所属先の監督でもある葛西紀明(46=土屋ホーム)を抜いて日本男子の
同一シーズン歴代最多勝利数を更新。年末年始恒例の伝統のジャンプ週間4連戦でも
第1、2戦に続き3連勝となり、総合優勝に前進した。

97~98年シーズンの船木和喜(フィット)以来、20年ぶりとなる日本選手史上
2人目の偉業に向け「(第4戦の開催地)ビショフスホーフェンでも良いジャンプを見
せたい」と王者の風格たっぷりに意気込んだ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界的アスリート 体はひとつ [スポーツ]


シーズンを通して記録を追って戦い続けるアスリート
肉体にとっても過酷なシーズンの始まりでもある。

過酷なシーズンを戦い通せるか、各自の体験でそれは分かっている。
世界的アスリートであっても体はひとつだから・・
 
そのひとつの体、選手は世界を見て世界での活躍を選んだ。
そんな全日本選手権「棄権ドミノ」だ。

---
2018/12/27
全日本「棄権ドミノ」高木美帆も 世界での活躍を選んだ headlines

(26日、スピードスケート全日本選手権)

「棄権することにした」

女子では500~5000メートルの4種目の合計ポイントで総合優勝を争う今大会。
3種目を終えて暫定首位に立つ高木美帆(日体大助手)が、最終5000メートルに
出場しないことを口にした。

この時点で総合2位とは約36秒差。2年ぶり2度目の日本一の座は手中にあった。
「タイトルを取りに行かないのは心苦しい。でも、(ワールドカップ4戦を戦い終えた)
過酷なスケジュールの中でこなすのは体一つでは限界だった」と理由を語った。


てんびんにかけたのは「全日本のタイトル」と「世界での活躍」だ。
今大会は高木美が2連覇を狙う来年3月の世界選手権の選考会を兼ねる。
選考対象は1500メートルと3000メートルの2種目。

最終種目に出て全日本覇者の称号を得ても、世界への道は開かれないところに
ジレンマがある。

高木美が選んだのは「世界」だった。国内最高記録で制した初日の3000メートルに
続き、この日の1500メートルは2位に3秒以上の差をつけて圧勝。
すぐに目を向けたのが、29日開幕の全日本スプリントだった。

平昌五輪500メートル金メダリストの小平奈緒との対決と、来年の世界距離別、
世界スプリントの出場権獲得もかかった重要な大会だ。

「スプリントでも結果を出す」と高木美。この日の棄権は世界で戦うことを最優先に、
体のコンディションを考えた末の苦渋の結論だった。

今大会は高木美だけでなく女子では3種目終了時点で総合3位佐藤、男子では同2位の
ウイリアムソンらが最終種目を棄権した。

一方で歴史ある全日本は今回で86回を数え、日本一のオールラウンダーの滑りを楽
しみにする観客もいる。棄権者の続出は大会の権威が揺らぐ事態だ。

日本スケート連盟スピード強化部長の湯田淳さんは言う。
「国際大会の選考を放棄してまで(大会の)歴史と伝統を重んじるのか。
選考は岐路に立つ。ただ、選手は世界を見ている」

    ◇

26日は世界選手権などの代表選考会を兼ねて明治北海道十勝オーバルで最終日があり、
女子は高木菜那(日本電産サンキョー)が4季ぶり2度目の総合優勝を果たした。
男子は1万メートルを制した土屋良輔(メモリード)が153・155点の日本新記録
で初の総合優勝。

 男女とも4種目のタイムをポイント化し、合計得点で総合順位が決まる。
この日の1500メートルを制し、3種目終了時点で女子の総合得点トップだった
高木美と、3位だった佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は最終種目の5000メートルを
棄権した。

今大会の1500メートルと3000メートルのタイムに基づき、来年3月の世界選手権
(カナダ・カルガリー)の代表に2連覇がかかる高木美らが決まった。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウイングスーツで飛ぶ [スポーツ]

スカイダイビングの延長で、ウイングスーツで揚力を得て飛ぶ。
命がけだが一度爽快感を味わうと止められなくなるだろう。

2015/08/02
信じられません


スーツの研究も・・
こちらヘリから飛ぶ
2013/01/25
Dream Lines IV - Wingsuit proximity by Ludovic Woerth & Jokke Sommer



スピードも凄い、
うまくコントロールを間違うと事故も起きる。
うまく着地できず事故も起きる。

ウィングスーツ 事故映像

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

20歳の新女王 [スポーツ]

日本勢で初めて臨んだ決勝
わずか11度目の四大大会本戦で7試合を勝ち抜いた
20歳の新女王
優勝賞金は380万ドル(約4億2180万円)

「子供の頃から決勝でセリーナと戦うことを夢見てきた。
でも負けるような夢は見ていない」
人種差別ブーイングにも負けず夢を実現させた20歳の新女王

「みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。
こんな終わり方ですみません。ただ試合を見てくれてありがとうございます。
本当にありがとう」

セリーナが全米制覇を期待していた観客
メンタルなスポーツで荒れてしまったセリーナ

AbeShinzo
大坂なおみ選手、全米オープンの優勝、おめでとうございます。
四大大会で日本選手初のチャンピオン。
この困難な時にあって、日本中に、元気と感動をありがとう。

2018 US Open trophy ceremony


2018.9.9
大坂なおみの優勝にブーイング 20歳の新女王が涙の謝罪
「こんな終わり方ですみません」

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間9日)、
元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を
6-2、6-4のストレートで破り日本選手として初優勝を飾った大坂なおみ(20)
=日清食品=に、客席からブーイングが浴びせられた。

 「子供の頃から決勝でセリーナと戦うことを夢見てきた。
でも負けるような夢は見ていない」。

そう語っていた大坂は、日本選手初の四大大会制覇の偉業を成し遂げると、
憧れのS・ウィリアムズから抱きしめられ祝福された。

母親やコーチが見守る客席に駆け寄った。コートサイドのベンチに戻ると、
しばらく頭からタオルを被って優勝の喜びをかみ締めた。

 しかし、試合は客席からのコーチング(指導)の疑いで警告を受けた
S・ウィリアムズが、主審を「嘘つき! 謝れ!」などと罵るなど荒れた
展開となっていた。

表彰式が始まると、S・ウィリアムズの出産後初の全米制覇を期待していた
客席からブーイングが起こった。

 大坂の目から涙がこぼれ落ちた。

S・ウィリアムズに肩を抱かれても表情は硬いまま。
偉業達成の感想を問われた優勝インタビューでも涙をこぼし、
異例の言葉を口にした。

 「ちょっと質問じゃないことを語ります。
みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。
こんな終わり方ですみません。ただ試合をを見てくれてありがとうございます。
本当にありがとう」

 そして、S・ウィリアムズにお辞儀をして
「プレーしてくれてありがとう」。

プレー中とは正反対の弱々しい大坂の姿に、
ブーイングを浴びせていた客席が一瞬、固まった。

---
2018.9.9
大坂なおみ、日本勢初の四大大会制覇! セリーナ・ウィリアムズ破る

女子テニスの大坂なおみ(20)=日清食品=が8日、
ニューヨークで行われた全米オープンのシングルス決勝で元世界ランキング1位の
セリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4で破って初制覇し、
四大大会シングルスで日本テニス史上初の快挙を成し遂げた。

アジア勢初の全米制覇となり、優勝賞金は380万ドル(約4億2180万円)。
 第20シードの大坂は準決勝で昨年準優勝のマディソン・キーズ(23)=
米国=を下し、同種目の日本勢で初めて臨んだ決勝で憧れの存在だった
四大大会23度優勝のS・ウィリアムズに快勝した。

わずか11度目の四大大会本戦で7試合を勝ち抜き、
大会後の世界ランクで7位に浮上して初のトップ10入り。
目標に掲げる2020年東京五輪に向けても弾みをつけた。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

露骨な圧力 [スポーツ]

ついに直接的に台湾に圧力
「スポーツへの政治介入」と非難する声明
---
台湾で「日本に感謝」の声。国際大会を中止させた中国の大誤算

7月24日、台湾中部の「台中市」で2019年に開催予定だった
国際スポーツ大会「東アジアユースゲームズ」が、
中国の圧力によって中止になりました。
この決議の多数決で唯一賛成に回らなかった国が、ほかならぬ日本です。


台湾での国際スポーツ大会中止 
中国が圧力 総統府「スポーツへの政治介入」と非難

世界各国に「一つの中国」を押し付け、ホテルや航空会社など
民間企業の表記にまで「台湾」や「香港」といった表記を削除するよう
要求している中国ですが、ついに直接的に台湾に圧力をかけてきたようです。

2019年8月に台湾中部の台中で開催予定だった国際スポーツ大会
「東アジアユースゲームズ」が、7月24日、中国の反対で中止されることになりました。

同日、日中韓やマカオ、モンゴル、北朝鮮など、9カ国・地域でつくる
委員会による臨時理事会が開催されましたが、
中国が一部の台湾独立派らによる政治活動を問題視し、大会の中止を提案、
賛成多数で可決されたのです。

台湾総統府はこれに対し、「スポーツに対する粗暴な政治介入だ」と
非難する声明を出しました。

この大会の前身は東アジア各国・地域のオリンピック委員会が共同で開く
「東アジア競技大会」だそうです。
これをリニューアルした第1回大会として、来年、台中で開かれ、
台湾で初めて開かれるオリンピック関連のスポーツ大会になるはずでした。

開催予定地だった台中は、すでに大会準備のために4年間かけて
約6億7000万台湾ドル(約24億円)を投じたそうです。

それを突然中止と言われても、はいそうですかと簡単に引き下がれる
ものではありません。


台湾・台中市が異議申し立て 東アジアユース競技大会中止で反発

中国が、この大会の中止を申し出た理由は、2020年の東京オリンピックに向けて、
一部の政治的な団体が台湾の選手を「チャイニーズ・タイペイ」ではなく、
「台湾」名義での参加を目指している活動をしているからというものでした。

ここでも、「一つの中国」の押しつけです。

そして、中国のそうした実に政治的な理由による大会中止の要求に対して、
参加各国は賛成票を投じたというわけです。

参加予定国は、第1回開催権を獲得していた
台湾、中国、日本、香港、マカオ、韓国、北朝鮮、モンゴル、そして、
オブザーバーとしてグアムです。

反対は台湾の1票、棄権は日本の1票、賛成はその他の国の7票でした。


台湾開催の東アジアユース競技大会、中国の反対で中止に

同日の会議には、委員長の劉氏と
中国、台湾、韓国、北朝鮮、日本、モンゴル、香港、マカオの委員の計9人が
出席していた。劉氏の発言で委員たちはざわついた。

台湾の委員は、「来年の大会は台湾が初めて五輪ルールを適用して開催する大会だ。
東アジアユース競技大会の参加の機会を奪ってはならない」と反発した。

日本の委員は、『14年に台中市の開催が確定した。開催権の剥奪はやり過ぎだ』との
意見を出した。

会議は圧倒的多数で中止が決定したわけですが、日本が棄権したことについて
台湾では「感動」の声が多く挙がっているということです。

ネット上では、「大国の中国を前に反対することはできなくても、
棄権という方法で抗議を示してくれた」「棄権してくれた日本に感謝する」
などといった声が多く寄せられたといいます。

これに対して中国側の報道は、日本は保身のために棄権したまでだ。
日本は台湾を助けることはできなかった、などといった
批判的な言い方になっています。

中国政府は長年、各国の内政に干渉するようなやり方を繰り返し、
なりふり構わずに国際社会における台湾及び台湾住民の生存圏に圧力を加えてきた。

それは、外交上のさまざまな圧力だけでなく、各国航空会社への台湾に関する
表記変更要求、民間のこども向け美術イベントへの圧力、
そして近年はスポーツイベントにまで干渉している。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - スポーツ ブログトップ