So-net無料ブログ作成

本は寡黙で最も忠実な友 [生活]


「何もしなくても、何も言わなくても、そばにいてくれるだけでほっとする。
そんな友人がいてくれたら、どんなに心安らかになれるだろう」

そんな寡黙な友
「一生を共にする、人生のパートナーとも言える一冊に出会えたら、
どんなに幸せだろう」

--
「本から学ばない人」と「読書家」の致命的な差

「静かな無音の空間、ゆったりとした時間の中で他者と出会い、自分自身と
出会う。実際、海で潜った人はこの沈潜の雰囲気をよく知っているのではない
でしょうか」

「人間の精神の深いところへ沈み込み、今まで気がつかなかった
自分の無意識の世界、内面の世界を改めて発見する」

---
ちからのある言葉【格言集・名言集】
compass-point

本というのは、最も寡黙で最も忠実な友、
最も近づきやすく思慮深い相談相手、そして最も忍耐強い教師である
チャールズ・ウィリアム・エリオット

米ハーバード大学の学長を40年間も務めたチャールズ・ウィリアム・エリオット
の言葉だ。アメリカの高等教育を改革したことで知られているチャールズ・W・
エリオットは、それまで必須科目だったものを自由選択制にして話題となった。

彼のカリキュラム改革は、他大学にまで影響を及ぼしたという。
そんな彼の言葉だけに、説得力がある。


何もしなくても、何も言わなくても、そばにいてくれるだけでほっとする。
そんな友人がいてくれたら、どんなに心安らかになれるだろう。
 
何も言わないけれど語りかけてくる、何もしないけれど影響を受ける。
そんなパートナーがいれば、自ら成長していけるかもしれない。

問いかければ答え、問わなければ何年も何十年もじっと黙って待ってくれる。
そんな師がいれば、紆余曲折ある道を歩いていくのも心強い。

本は、それらを可能にする。
 
人ひとりの人生には限りがあるが、本を読むことで何倍もの人生を生きることが
できる。知り得ないことを知り、体験できないことを体験できるのが本の世界。
 
どんなにインターネットが普及しようとも、チャールズ・W・エリオットが言うような忠実で思慮深く忍耐強い相手は、そうそう見つからないだろう。

けれど本は、
憧れの偉人の、行ってみたい国の、神秘的な宇宙の、知りたい過去の、

そのどれもが手のひらにすっぽり収まり、開くたびに新しい喜びを与えてくれる。

過去の偉人たちが語りかけ、寄り添い、見守ってくれ、彼らの力を分け与えてく
れる。木から生まれた本は、植物のように呼吸をし、悠久の時を生きている。
ゆえに、懐が深く、広大無辺。

ネット社会で情報が溢れかえっている今、何をつかみ、何を信じていいかわから
ない人は、良質な本を一冊でいいから開いてみるといい。
ネット情報では得られない、濃密で深淵な世界を手に入れることができるはずだ。


一生を共にする、人生のパートナーとも言える一冊に出会えたら、
どんなに幸せだろう。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

対中債務、世界で10倍上昇 [経済]


2000~17年の間に、
世界各国の対中債務は5000万ドルから5兆ドルまで膨れあがった

途上国向け融資の半分程度は世界銀行やIMFも把握していない
「隠れ負債」。

「中国は、今はIMFや世界銀行による融資をはるかに上回る世界
最大の債権者」と例えている。

--
途上国の経済発展はいいことだが、目先の利益だけを見ず将来的な
展望に立ち債務トラップに陥らない融資を受けるべきだ。

---
2019年07月18日
対中債務、世界で10倍上昇 半分が「隠れ借金」=報告
大紀元

世界経済に関する調査によると、中国による海外融資は20年あまりで、世界経済
の1%から5%以上にまで急速に拡大した。

さらに、途上国向け融資の半分程度は、世界銀行やIMFも把握していない、公式
記録のない「隠れ負債」を抱えているという。

ドイツ拠点のシンクタンク・キール研究所(Kiel Institute)は7月13日、中国
経済について報告した。このなかで、2000~17年の間に、世界各国の対中債務は
5000万ドルから5兆ドルまで膨れあがった。

キール研究所は、1949年から2017年にかけて、対中債務を持つ発展途上国50カ国
の約2000件の融資と契約を調べ、報告書をまとめた。

その結果、債務が国内総生産(GDP)に占める割合が2015年の1%未満から、
2017年は15%以上に急増したことが分かった。

さらに、債務の半分は、国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(世界銀行)、
主要債権国会議(パリクラブ)などに記録もされていない「隠れ借金」だと報告
書は指摘した。

報告によると、「隠れ借金」はベネズエラ、イラン、ジンバブエなどの国々で特
に「深刻」だという。またスリランカ、ウクライナ、エクアドル、バングラデシ
ュおよびキューバなどでも、債務規模を把握できていないとしている。

報告作成者であるハーバード大学の債務専門家カルマン・レインハート(Carmen
Reinhart)氏は、「中国は、今はIMFや世界銀行による融資をはるかに上回る世界
最大の債権者」と例えた。


中国ソブリン債で 先進国も恩恵か

報告によると、中国融資の文書は不透明さや不確定要素が多く、原油のような
エネルギーの現物を担保にして返済を要求している場合も多い。

さらに「先進国など中高所得国は、中国銀行のソブリン債の購入を通じて、債務
フローを受け取る傾向がある」とした。

このため、多くの先進国は、中国が途上国に貸し付けた融資の「恩恵を受け取っ
ている」という。


中国共産党政府は、主導する現代版シルクロード構想・一帯一路で、中国から中
央アジア、アフリカ、欧州に至る広範囲で鉄道、道路、航路など大型インフラ
計画を進めている。

これらの計画は、当該国の財政規模の考慮に欠け、巨額債務を負わせることで、
現地当局や第三者機関、大手メディアから「債務トラップ外交」と揶揄されてい
る。


2018年、世界銀行は、ベネズエラへの中国融資について「中国の海外融資のほと
んどが中国国営企業を介して行われており、受益者も国営企業になっている」と
した。

その結果、債務を背負う国は、どれほどの借り入れになるのか、どのような条件
なのかを把握しきれていないという。

世界銀行によると、中国の融資先は、ラオス、カンボジアなどの中央および極東
アジアの国々、ラテンアメリカの国々が多い。

今後、東ヨーロッパへの貸付額が増加するとみている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミツバチの大量死と昆虫の黙示録 [環境]


全世界的なミツバチ大量死

大量死の原因をつきとめる研究結果が明らかになるには数か月以上かかる。
しかし、理由がわからない今現在でも、地域当局や獣医師たちは一様に、植物の
中に存在する、農薬・殺虫剤の類か、除草剤の類の、化学物質による中毒である
と確信している。

--
ヨーロッパでは毎年2割のハチの家族が消えており、米国やアジア
でも同様の現象が起きる傾向にあり
ロシアではミツバチの大量死を受けて最高検察庁が偽造化学品使用を捜査。

全世界的なミツバチ大量死を背景に最大の環境カタストロフィー 
「昆虫の黙示録」はもう始まっているとして
全体として危機的な速度で減少し始めていることが明らかになった。

---
2019年07月17日
ロシアのミツバチ大量死最高検察庁が捜査へ
jp.sputniknews

ロシア下院天然資源委員会は同国のミツバチ大量死と偽造化学品使用を捜査する
よう最高検察庁に求める方針だ。ニコラエフ委員長が発表した。

16日、ミツバチの大量死問題を話し合う専門家会議が開かれた。ミツバチの大量
死について、スプートニク日本は詳細な記事をまとめている。


---
2019年07月10日
ロシアでミツバチの大量死が観察され学者らが警鐘を鳴らす
jp.sputniknews

ロシア農業省は、非常にたくさんのミツバチが、ロシアのいくつかの地域で
死滅していると伝えた。そういった地域の養蜂場では、敷地一面が、ミツバチの
死骸で覆われている。

この災難の規模を測ることは現段階では難しく、ミツバチの死の理由については、
各地で、状況分析が始まったところで、研究は始められたばかりである。
しかし専門家たちはすでに、この事態に警鐘を鳴らしている。

ここ10年間で、ロシアにおけるミツバチの家族集団の数は、2割も減っている。
学者らが危惧しているのは、養蜂業の零落ではなく、食糧危機である。


ミツバチが死んでしまう理由は?

大量死の原因をつきとめる研究結果が明らかになるには数か月以上かかる。
しかし、理由がわからない今現在でも、地域当局や獣医師たちは一様に、植物の
中に存在する、農薬・殺虫剤の類か、除草剤の類の、化学物質による中毒である
と確信している。


全世界的なミツバチ大量死

ミツバチの大量死が全世界で観察され始めたのは2006年のことだった。
米国ではそれまで毎冬、全体の1割のハチのコロニーが死んでしまっていたが、
その割合が3割以下にまで拡大した。

この50年間で、ハチに関係する農業製品は4倍も多く作られるようになったが、
ハチのコロニー自体の数は半分に減り、1ヘクタールあたりのハチの数はなんと
9割も減少しているのである。

このような不幸は、公式的にはコロニー・カラプス・ディスオーダー
(蜂群崩壊症候群)と呼ばれており、非公式的には「ミツバチのインフルエンザ」
と言われている。

これのせいで、ヨーロッパでは毎年2割のハチの家族が消えており、米国やアジア
でも同様の現象が起きる傾向にある。

ハチが死んでいく―、人も死んでしまうのか?

アルベルト・アインシュタインは、もしミツバチが絶滅すれば、その4年後に人間
も絶滅すると説いた。もしかするとアインシュタインは誇張していたかもしれな
い。

ライ麦、小麦、米は風により受粉する。しかしそれでも、人間が食べる世界の
食糧リソースのボリュームの3分の1は、昆虫が受粉してくれるおかげで栽培でき
るものだ。

そしてそれらの昆虫による受粉のうち、8~9割は、ハチのおかげなのである。

---
2019年07月04日
恐竜絶滅以来、最大の環境カタストロフィー 
「昆虫の黙示録」はもう始まっている
jp.sputniknews

独クレーフェルト昆虫学協会の調査で昆虫の大量死滅がすでに始まっていること
を示す証拠が明らかにされた。昆虫の死滅は恐竜が絶滅して以来、最大の環境カ
タストロフィーとなる恐れがある。ポータル「Phys.org」が伝えている。

同協会は昆虫の死滅の速度は危機的レベルに達しており、これが食物連鎖や生息
環境にカタストロフィー的な影響を及ぼしている。

同協会では過去30年にわたり、ライン川沿いの63か所で昆虫採集による観測
を続けてきた。

捕獲された8千万匹を超える節足動物を研究した結果、節足動物のバイオマスは
全体として危機的な速度で減少し始めていることが明らかになった。

一例をあげると、昆虫がつまった採集瓶は1994年の時点では1400グラムの重量が
あったが、2019年の最近の採集ではわずか300グラムたらずに落ちている。

飛行する昆虫の総バイオマスが76%減少するという、こうした減少過程は
「昆虫界の黙示録」と名付けられた。

研究者らの発表では、「昆虫界の黙示録」のためにオランダに生息し、ライン川
の谷合でハエや甲虫を捕獲していた鳥の数は減少している。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幼鳥が飛ぶこと覚える時期 [動物]


そして餌をとる技を習う時期

公園などでも若い鳥が餌をついばんでいるのを
よく見かける時期

巣立った直後の若い鳥は、カラスやワシ・ハヤブサなどに狙われるため、
生きていくのに必死

この時期を表す「鷹乃学習」(たかすなわちわざをならう)
大きな一歩を踏み出した若い鳥を見守りたい

---
Swallow Live 24 hours
無事に5羽が巣立ち ★ ホンマにどっか行っちゃったなー
youtube

---
一人立ちする時期 身近な鳥の成長期
weathernews

18日からは七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)」の期間と
なります。

季節の変わり目にさしかかるこの時期は、様々な生き物が一人前になるべく
奮闘している時期なのです。


鷹だけではない 私達の身近な鳥も…
鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)とは、鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える
ということです。

なぜ鷹が起用されているのか、その理由は明示されていません。
もしかすると「幼鳥が飛ぶこと覚える時期」ということを強調する
狙いがあったのかもしれません。

もっと身近な鳥だと、ツバメの幼鳥もこの時期に飛ぶことを覚えます。
それも関係してか、ウェザーニュース会員からはツバメの報告がたくさん
届いています。

ということで今回は、鷹ならぬ「ツバメすなわちわざをならう」というテーマで
お伝えしていこうと思います!


ツバメの生態

ツバメが関東地方にやってくるのは、だいたい3月下旬~4月上旬頃です。
また、ツバメが卵を産む時期は4月末~7月末頃で、一回に3~7個の卵を産みます。

しかし、これらがすべて巣立つことができるのは稀なケースです。
巣立った直後の若い鳥は、カラスやワシ・ハヤブサなどに狙われるため、
生きていくのに必死です。

そんな環境下で見事生き残り、一人前となったツバメだけが、南に渡ることが
できるのです。


物件探しは慎重に!?

「ツバメは毎年同じ巣に戻ってくる」とも言われていますが、必ずしも全て
のツバメがそうというわけでもありません。

体の小さなツバメには天敵がたくさんいるため、物件探しは慎重です。
あえて人目の多いところに巣を作り、スズメやカラスなどを近づけない工夫を
します。

他にも駅のスピーカーの上など、雨風に当たらない場所をうまく利用し、
巣作りをしています。

力が弱い分、非常に賢いです!

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感