So-net無料ブログ作成

ダイヤよりも高価になる可能性の新鉱石 [ビジネス]


カーメルタザイトと呼ばれる鉱石

結晶構造の中に微量のスカンジウムやカルシウム、マグネシウムを含むこの石は、
ジルコニウムとアルミニウム、チタニウムが複雑に絡まって生まれた鉱石だ

1969年2月8日にメキシコに落下したアエンデ隕石によく似ている
この鉱石が生まれたのは今から6500万年前のことと推定

---
2019/01/18
ダイヤモンドよりも高価になる可能性の新鉱石イスラエルで発見
forbesjapan

地球上には現在、5500種類以上の鉱石が存在し、毎年約100種類の新たな鉱石が
発見されている。しかし、新たな種類の大半は見た目が冴えないため宝石には向
かない。また、稀少すぎて経済的価値につながらない鉱石も多い

そんな中、国際鉱物学連合が新たに認定したカーメルタザイト(carmeltazite)
と呼ばれる鉱石が注目を集めている。カーメルタザイトという名前は、この石が
イスラエルのカルメル山(Mount Carmel)で発見されたことに由来している。

また、この石はチタニウムやアルミニウム、ジルコニウムなどを含んでいる。

カーメルタザイトはイスラエル北部のハイファの火山岩の、コランダム(非常に
固いアルミニウムの結晶)の中から見つかった。

結晶構造の中に微量のスカンジウムやカルシウム、マグネシウムを含むこの石は、
ジルコニウムとアルミニウム、チタニウムが複雑に絡まって生まれた鉱石だ。


興味深いことに、カーメルタザイトの化学組成は1969年2月8日にメキシコに落下
したアエンデ隕石によく似ている。この鉱石が生まれたのは今から6500万年前の
ことと推定されている。

カーメルタザイトやその母体であるコランダムは、地表から約30キロメートルの
深部にあるマントル層で形成されたものだ。地下の高熱と非常に高い圧力を受け
て、岩が液状化し、新たな種類の鉱石が生まれた。

その後、カーメルタザイトを含むコランダムは、火山活動の影響を受けて地表近
くまで押し上げられてきた。

カーメルタザイトは、火山岩のなかに埋まった状態で発見された。大きなブルー
サファイアに似たメタリックな輝きを放つ、ほとんど黒に近いグリーンの石とし
て見つかったという。

これまで見つかったなかで最大のカーメルタザイトは、33.3カラットのものだ。

採掘企業のShefa Yamimは、この石を「カーメル・サファイア」という名で市場に
送り出そうとしている。現状では今後どの程度のボリュームのカーメルタザイト
が採掘可能であるかは定かではないが、Shefa Yamimはカルメル山の火山岩の中か
ら、さらにこの鉱石を採掘可能だと考えている。

宝石の価値は一般的に、その鉱石の稀少性を反映するものだ。カーメルタザイト
が将来的に、ダイヤモンドよりも高値で取引される可能性もある。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

纏まりのない台風5号 [気象]


選挙日の21日は広く曇りですが、台風が予報円の東寄りに
進むと、西日本を中心に雨となる可能性

--
台風情報に衛星写真を重ねて見ると台風の雲が分かれている。

崩壊台風.JPG

台風の勢力は上昇しないけれども、この台風が壊れたような
状態で北上しても梅雨前線が活発化して大雨を降らす。

--
電磁波がブロックされ台風の様をなさなくても
梅雨前線を活発化させ大雨を降らすことになる。

こんな意図を感じさせる纏まりのない台風5号


---
2019年07月17日
18日から20日 九州 台風と梅雨前線に警戒
tenki.jp

18日(木)から20日(土)は、台風5号の北上に伴い、梅雨前線の活動が活発になる
見込みです。九州は20日(土)にかけて、台風と梅雨前線に伴う梅雨末期の大雨に
警戒して下さい

---
2019年07月17日
週間 台風北上で大雨も 選挙への影響は?
tenki.jp

今週いっぱいは広い範囲で曇りや雨が続きそうです。
台風の進み方や梅雨前線の活動によっては、沖縄や西日本で大雨となるおそれも。

また、21日(日)は参議院議員通常選挙の投票日ですが、当日の天気が気になる
ところです。



沖縄は台風の影響を受ける

台風5号は、今後発達しながら北上する予想です。
あすからあさって19日(金)にかけて、先島諸島に接近するでしょう。

先島諸島や沖縄本島では雨や風が強まり、あすは先島諸島では最大瞬間風速30メ
ートル、沖縄本島でも25メートルの暴風が吹くおそれがあります。


西日本で大雨のおそれも

この先も北海道を除いて、曇りや雨の続く所が多いでしょう。

台風5号の北上だけでなく、台風周辺からの暖かく湿った空気が本州付近に
流れ込む影響で、20日(土)頃にかけては西日本付近で梅雨前線の活動が活発化し、
大雨となるおそれがあります。


21日(日)は参議院議員通常選挙の投票日です。
天気によって投票率が左右されることがあり、雨の日だけでなく、意外にも晴れ
の日も投票率が上がらないことがあるというデータも。

一説には、晴れると投票よりも行楽に出かけてしまう傾向があるため、
と言われています。ちなみに、21日は広く曇りですが、台風が予報円の東寄りに
進むと、西日本を中心に雨となる可能性があります。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本人が知らぬ現実 中国 [国際]


中国はG20で「G20は引き続きリーダーシップを発揮し、世界経済の開放的、
包括的で、バランスの取れた、恩恵を広く享受できる発展を確保しなければ
ならない」と

ソ連崩壊以降の30年余り、世界の「G1」をほしいままにしてきたアメリカを
全く無視する形で、堂々と「正論」を展開

--
絶えず報道されるのはドナルド・トランプ米大統領の動静ばかりだ。
そのため日本人の多くは、この現実を見過ごしてしまっている

--
関税を課すことは「米国の経済力を最大限に利用する最善のやり方だ」とする
アメリカと、自由貿易の担い手を宣言した中国、さて支持はどちらが多いか。

一帯一路をはじめ海洋にも進出し世界の覇権を握ろうと野心を見せている中国、
ファーウェイを叩いても、中国は2040年「世界一の大国」になるという展望を
みせている。

---
2019.7.15
日本人が知らぬ現実、今や世界は米国より中国を支持
jbpress

大阪で開催されたG20サミットはつつがなく終了し、すでに話題は日韓輸出規制問
題や、参議院選挙に移っている。しかし改めて今回のG20を俯瞰してみれば、その
裏で中国がアメリカに代わり世界の覇権国となる野心を露わにしていたことが見
えてきた。

その野心は習近平総書記によるG20での演説に如実に表れているが、その中身を知
る日本人にはほとんどいない。その演説は実に衝撃的なものだった。


習近平が世界に示した「野心」

「われわれは時代とともに前進することを堅持し、グローバルガバナンスを整備
しなければならない。現在、経済のグローバル化には若干の曲折が出現し、いか
にしてグローバルガバナンスを整備するかという時代の命題を我々には突きつけ
られている」

「G20は引き続きリーダーシップを発揮し、世界経済の開放的、包括的で、バラン
スの取れた、恩恵を広く享受できる発展を確保しなければならない」

中国はいま、関税交渉こそ落ち着き取り戻したとはいえ、ITはじめ知財分野でア
メリカとの激しい貿易戦争が繰り広げている。

ソ連崩壊以降の30年余り、世界の「G1」をほしいままにしてきたアメリカを全く
無視する形で、堂々と「正論」を展開したのである。

思い出してほしい。こうした「正論」を発信して、世界の秩序を守ると宣言して
いたのは、バラク・オバマ大統領までのアメリカだった。

その役割はいまや完全に中国が果たそうとしている。中国・習近平総書記は、
アメリカに変わって覇権を握ったのは、中国であることを内外に示そうとして
いるのだ。


世界経済のリーダーとして相応しい発言をしたのはトランプではなく習近平

実はこうした傾向は、2017年7月にドイツのハンブルクで開かれたG20から続いて
いる。しかし日本ではこの現実への論考があまりなく、絶えず報道されるのはド
ナルド・トランプ米大統領の動静ばかりだ。

そのため日本人の多くは、この現実を見過ごしてしまっているのである。

かたや米国のトランプ大統領は、多国間協議の場であるはずのG20でも、自国の
国民へ向けたアピールに余念がなかった。

「米国は我が国民すべてを力づけるデジタル貿易の未来を得るように努力する」

いつもの「アメリカ・ファースト」の主張に終始したトランプ大統領と「正論」
を堂々と述べる習近平総書記。比べるまでもなく、世界経済をけん引する大国の
リーダーとして相応しい発言をしたのは習近平総書記のほうだった。

「われわれは多角的貿易体制を強化し、世界貿易機関(WTO)に対して必要な改革
を行わなければならない」

こう発言した習近平総書記は、さらにこう踏み込んでみせた。


「自発的な輸入を拡大させる。我々はさらに、課税率の水準を自発的に引き下げ、
非関税貿易障壁の解消に努め、輸入プロセスの制度的な取引コストを大幅に削減す
る」

関税引き上げで、自国内に引きこもろうとするトランプ大統領とは対照的に、
自由貿易を推し進める姿勢を示して見せる。

20年前のアメリカのエコノミストたちがこの習近平の発言を耳にすれば、アメリ
カ大統領の発言と信じ込んでしまうだろう。

そして「アメリカ・ファースト」のトランプ大統領の発言を聞いて、腰を抜かす
ことだろう。

習近平総書記が自由貿易の担い手を宣言するのは、いまが世界経済におけるリー
ダーシップを握る絶好のチャンスととらえているからに他ならない。

むしろその好機を中国に与えているのは「俺はタリフ(関税)・マンだ」と自負
するトランプ大統領だということに気が付いているのだろう。

関税を課すことは「米国の経済力を最大限に利用する最善のやり方だ」として、
「今、何億ドルもの関税を取っている。アメリカを再びリッチにする」
(18年12月5日のツイート)

と述べるトランプ大統領は、それと引き換えに米国の世界経済におけるリーダー
シップを中国に献上しようとしているわけだ。


カナダではアメリカへの「不支持率」が79%に

これは何もG20での米中首脳の発言の印象論ではない。

世界のリーダーとしての評価は、米国よりも中国のほうが高まっていることは、
米国の世論調査会社ギャラップがすでに明らかにしている。

同社は世界133カ国・地域で行った調査によると、米国のリーダーシップに対する
支持率の中央値は、オバマ氏が大統領であった09年~16年まで平均して約46%で
あったのが、トランプ氏が大統領に就任した17年に30%まで急降下し、
31%の中国に逆転されてしまったのである。

トランプ政権2年目の17年には米国のリーダーシップに対する支持率はなんとか
1ポイント回復し31%となったが、それに対して中国のリーダーシップに対する
支持率は34%と3ポイントも上昇し、米中の支持率の差は拡大した。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プラスチック摂取 クレカ1枚分/週 [環境]


「2000年以降、世界ではそれまで生産された総量に相当するプ
ラスチックを生産しており、その3分の1が自然界に流出している」と指摘

最大の摂取源は飲料水だが、丸ごと食べることの多い甲殻類の消化器内に入って
いるプラスチックも一緒に食べてしまうことも、大きな摂取源

川や海に流れ出すと、魚のえさに紛れて食物連鎖に組み込まれる。

---
2019年6月12日
ヒトのプラスチック摂取毎週クレジットカード1枚分=調査
reuters

プラスチック公害は環境に広く拡散しており、人間は1週間にクレジットカード
1枚分に相当する5グラムを摂取している可能性があるとの研究結果が発表され
た。

これは、世界自然保護基金(WWF)の委託により豪ニューカッスル大学が実施
した調査で、他の52件の研究結果に基づいている。

最大の摂取源は飲料水だが、丸ごと食べることの多い甲殻類の消化器内に入って
いるプラスチックも一緒に食べてしまうことも、大きな摂取源になっているとい
う。

リポートは、「2000年以降、世界ではそれまで生産された総量に相当するプ
ラスチックを生産しており、その3分の1が自然界に流出している」と指摘。

平均的な人間が1週間に摂取しているプラスチック分子は、水からだけでも17
69個に達している可能性があるとした。

さらにリポートは、公害の程度は場所により異なるが、汚染されていない場所は
ないと指摘。

たとえば米国では、水道水サンプルの94.4%からプラスチックの繊維が検出
され、1リットル平均では9.6本あったという。欧州の水道水サンプルでは、
プラスチック繊維検出の割合は72.2%、リットル当たりでは3.8本だった。


---
2019.06.12
人間が日常生活で飲み込むプラスチック週にカード1枚分 豪研究
CNN

人間が日常生活の中で体内に取り込む微小なプラスチック片は1週間当たり5グラ
ム、クレジットカード1枚分に相当するとの研究結果が発表された。

「マイクロプラスチック」と呼ばれる5ミリ以下の小さな粒子は、食べ物や飲み
水、大気中に含まれている。オーストラリア・ニューカッスル大学のチームが発
表した研究によると、世界各地で1人が1週間に取り込むのは2000粒前後だ
という。

その元になっているのは洋服の化学繊維や歯磨き粉のマイクロビーズ、風雨にさ
らされて粉々になったプラスチックごみなどさまざま。
川や海に流れ出すと、魚のえさに紛れて食物連鎖に組み込まれる。

研究チームが過去の研究52件を分析した結果、人間が取り込むマイクロプラス
チックの中で最も多いのは飲み水が由来で、週に1769粒にも上ることが分か
った。ボトル入りの水でも水道水でも同じことだという。

ただし地域差は大きいとされ、昨年の研究では米国とインドの水道水から欧州や
インドネシアの2倍に当たるマイクロプラスチックが検出された。

2番目に多いのは貝類で、1人が毎週182粒、0.5グラム相当を飲み込んで
いる計算だ。貝が水中のマイクロプラスチックを飲み込み、人間はそれを消化器
官も含めて丸ごと食べるからだと考えられる。

チームによると、大気から吸い込む量は通常無視できる程度だが、環境によって
大きく違うという。

人体に取り込まれたマイクロプラスチックが健康にどのような影響を及ぼすか
は、今のところ詳しく分かっていない。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感