So-net無料ブログ作成

エルニーニョすでに?終息 [気象]


エルニーニョ「夏超え」が・・

「やはり冷夏」では秋にかけて続く可能性があると予想されていたエルニーニョ
現象が、すでに終息したと10日発表された。

まるで
海を温める予定を変更したか、目標海面水温に達しないかのような気象庁の発表。
mimicで見る電磁波が、いかに頑張ってもブロックされていることの証左か
基準値に近い値に推移しているという。

太平洋赤道域の東部の海面水温は今後しばらく平年並で推移すると・・

---
やはり冷夏

エルニーニョ現象が9月にかけて続く可能性は80%、
10月まで続く可能性は70%というエルニーニョ「夏超え」

西日本の日本海側では雨が多くなる傾向

日照時間も平年並みか少なくなる予想で
農作物への影響が懸念される

--
ウェザーニューズによる今年の台風の傾向が出ており
7〜8月の夏台風は「縁辺流」に乗って沖縄や大陸、朝鮮半島に向かい
9月以降に台風は東寄りに進路を変え、本州付近に近づくと。ヤルキ満々。

---
2019/07/10
エルニーニョ現象 予想に反してすでに終息
tenki.jp

気象庁は10日、エルニーニョ監視速報を発表しました。秋にかけて続く可能性が
あると予想されていたエルニーニョ現象ですが、すでに終息したとみられます。
一方、インド洋熱帯域は海面水温の高い状態が続いています。

6月の実況 エルニーニョ現象が終息したとみられる

6月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差は+0.3℃で、基準値に近い
値でした。エルニーニョ現象発生の判断に使用している5か月移動平均値の4月の
値は+0.6℃となり8か月連続して+0.5℃以上でした。

太平洋赤道域の海面水温は、日付変更線付近を中心に平年より高く、東部で平年
並でした。海洋表層の水温は中部で平年より高く、東部で平年より低くなりまし
た。

太平洋赤道域の対流活動は西部で平年より活発で、中部の大気下層の東風(貿易風
)は平年より強くなりました。これらの海洋と大気の状態は、エルニーニョ現象が
終息したことを示しています


今後の見通し 平常の状態が続く可能性高い

5月に太平洋赤道域の中部に見られた海洋表層の暖水は6月下旬に解消したことか
ら、東部の海面水温は今後しばらく平年並で推移すると考えられています。

エルニーニョ予測モデルは、今後秋にかけてエルニーニョ監視海域の海面水温が
基準値に近い値で推移すると予測されています。

以上のことから、今後秋にかけてエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生して
いない平常の状態が続く可能性が高いとみられます。


西太平洋熱帯域及びインド洋熱帯域の状況

西太平洋熱帯域:6月の西太平洋熱帯域の海面水温は、基準値に近い値でした。
今後秋にかけて基準値に近い値で推移すると予測されます。

インド洋熱帯域:6月のインド洋熱帯域の海面水温は、基準値より高い値でした。
今後秋にかけて基準値に近づき、高い状態は解消していくと予測されます。


6月の日本と世界の天候への影響

日本: 6月の日本の天候にはインド洋熱帯域高温時の影響は明瞭には見られません
でした。

世界: フィリピン、インドシナ半島、インドネシア及びインド南部の高温はイン
ド洋熱帯域高温時の特徴に一致していました。

※ちなみに、インド洋熱帯域が高温時の日本の夏(6~8月)の天候の特徴は、
多雨傾向です。

平均気温は沖縄・奄美で高い傾向。降水量は北日本の日本海側、東日本の太平洋
側で多い傾向。

北日本の太平洋側、西日本の日本海側で並みか多い傾向。
日照時間は北日本で少ない傾向です。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本企業が不法に輸出? [国際]


韓国の公表によると
不適切な事案の波紋に拡がりを見せるなか、日本の複数の企業も不法に
輸出していた疑いが浮上している。

制裁対象の戦略物資で一儲けしようとする日本の複数の企業は
1996年辺りから検挙されたりしている。

--
まだまだ応酬が止むことがなく波紋が拡がって行きそうな気配があるが
今回の対韓輸出規制とは時期も違い、話をすり替えようとする意図が見えみえ
の感じもあるのだが・・

---
日韓関係の緊張増大

2019年07月11日
韓国が公表 日本企業が制裁対象の戦略物資を北朝鮮に密輸
jp.sputniknews

日本の複数の企業が朝鮮民主主義共和国(北朝鮮)向けに不法に戦略的物資を
輸出していた疑いが浮上した。

輸出品のリストには、韓国が不法に北朝鮮に供給したとして日本の対韓制裁の
原因となったフッ化水素も含まれている。

韓国の野党「正しい未来党」のハ・ヘギュン党員は議会のブリーフィングで
こうした声明を表した。


ハ・ヘギュン氏は、日本の輸出状況を監視する安全保障貿易情報センター(CIST
EC)の発表を根拠にこうした声明を表している。

聯合ニュースは1996年、 大阪港で50キロのフッ化ナトリウムを北朝鮮に秘密裏
に輸送しよ うとしていた船舶が摘発され、同年、 神戸港でもフッ化水素酸50
キロを積んだ北朝鮮船が発見され、 取り押さえられた事実を列挙している。

このほか、2002年、 2008年にも日本から北朝鮮へ不法に凍結乾燥機、 タンクロ
ーリーが輸出されている。

10日夜、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、米国のマイク・ポンペオ
国務長官と電話会談を行い、日本政府が韓国へハイテク資材の輸出を規制したこ
とについて懸念を表明した。

康京和外相によれば、貿易規制は韓国企業に損失をもたらすおそれがあり、世界
の貿易秩序、また、米国の企業に対しても否定的な影響を与えかねない。

世界的なサプライチェーンに混乱を与え、韓国と米国、日本の間の技術的協力の
観点から、望まれるものではない。

日本は今月1日、韓国向け半導体材料の輸出管理を強化すると発表した。新たな
規則によると、日本企業は、サムスン電子、SKハイニックス、LGディスプレイな
どの企業を含む韓国向けの半導体材料の輸出について、契約ごとに許可を得なけ
ればならない。

日本政府は、こうした措置は、韓国政府が北朝鮮に対する国連の制裁を遵守しな
かったことに関連していると表明した。

韓国政府によれば、 今回の措置は、韓国の裁判所が日本企業に賠償を命じた元徴
用工訴訟を巡り、日韓間の信頼関係が崩れたことが背景にあるとされている。

韓国は、従軍慰安婦問題にも、徴用工問題にも、ピリオドを打つつもりはなく、
むしろこれらの問題を国際化している。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワニを飲み込む大蛇 [動物]


人間丸呑み出来る世界最大の蛇 オオアナコンダ」がいるかと思えば
ワニを飲み込む大蛇、阿鼻叫喚のド迫力!

豪州最大のヘビの一種「オリーブパイソン」というニシキヘビ

「これだけ大きな獲物を消化するにはおそらく何カ月もかかるだろう」と

--
アメリカアリゲーターがワニを飲み込む映像もあった。

---
2019年07月11日
阿鼻叫喚のド迫力!大蛇がワニを飲み込んだ!豪州(閲覧注意)
hazardlab

大蛇がワニを飲み込んだ.JPG


ハザードラボではこれまでも、自分より体が大きなヘビや夜鷹をはじめ、時には
スリッパやテニスボールまで丸呑みするヘビのニュースをお届けしてきたが、
今回の獲物はこれまでで最大のワニだ。

オーストラリア北東部クイーンズランド州のマウントアイザで先月初め、カヤッ
クで川下りを楽しんでいたマーティン・ミュラー(Martin Muller)さんが、
沼へ差し掛かった際に、この異様な光景を目撃。

あまりの迫力にパドルを手放しそうになったが、焦る気持ちをなんとか押しとど
め、カメラのシャッターを切り続けた。

川や池など淡水に生息する豪州原産の「オーストラリアワニ」を丸呑みしているのは、オリーブパイソンと呼ばれるニシキヘビだ。


オリーブパイソンも豪州最大のヘビの一種だが、通常はコウモリや野ネズミ、
野鳥などの小型動物を獲物にすることが多く、自分の体に匹敵するくらい大きな
ワニを相手にすることはめったにない。

一方、成長すると最大2メートル近くになるオーストラリアワニは、ノソノソ動く
イメージが強いワニのなかでも俊敏な動きで知られ、短距離であれば体を持ち上
げて飛び跳ねるようにピョンピョンと走る。

その速度は最高時速60キロと素早いため、おとなしくヘビの餌食になることは非
常に珍しく、ケガや病気で体が弱っていた可能性も考えられるという。

この写真を見た専門家は、ヘビと同じくらいあんぐりと口を開けて「これだけ大
きな獲物を消化するにはおそらく何カ月もかかるだろう」と驚いている。

---
ojatro
Pythonの食事アメリカアリゲーター

ワニを飲み込むアメリカアリゲーター

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海外安全指南 外務省/ゴルゴ13 [国際]


ホワイト国からブラック国へ変わった国とその関係国など
在外邦人もテロの標的になるのか、予断を許さない国際情勢の今日。

安全対策のため、外務省、海外安全ホームページでゴルゴ13に指南してもら
おうと協力を要請。「最低限必要な安全対策」の指南任務を開始

--
在外邦人のみならず海外への旅行者も知っておくのがいいでしょう。

リンクページ
第1話~第13話 各話とも本編と解説編、マニュアル(漫画+解説編)がある

---
ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル
外務省
海外安全ホームページ

【あらすじ】
この数年,テロが中東や北アフリカのみならず,欧米やアジアに拡散し,今や在
外邦人もテロの標的になっている。

このような状況下,外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴル
ゴ13)に協力を要請。

ゴルゴは大臣の命を受け,世界各国の在外邦人に対して,「最低限必要な安全対
策」を指南するための任務を開始した・・・。

※このマニュアルの劇画部分はフィクションであり,実在する人物,地名,団体
とは一切関係ありません。


動画版予告編

ゴルゴ13x外務省 海外安全対策マニュアル


各話とも本編と解説編、マニュアル(漫画+解説編)がある。

第1話 最近のテロ情勢と安全対策
第2話 「たびレジ」
第3話 外務省 海外安全情報
第4話 情報収集
第5話 中堅・中小企業海外安全対策ネットワーク
第6話 海外渡航の基本的心得
第7話 安全のための三原則
第8話 オフィスの安全対策
第9話 企業の心構え
第10話 平時の危機管理
第11話 有事への備え
第12話 有事への対応
第13話 まとめ

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感