So-net無料ブログ作成

「エアコン嫌い」欧州も限界 [環境]


欧州を襲った熱波、今後更に熱波が襲う頻度が増すとして
エアコンの需要も拡大すると見ている。

そこで影響してくる電力事情だが、当然のことながら電力消費が
増えていく。

そのためさらに二酸化炭素の排出量が増え、さらなる気温上昇を呼ぶ
という悪循環が生じる。

求められる技術革新。

エアコンは体に良くないとされ、エアコン嫌いの人が多い欧州。

そこで省エネに有効と注目されているのが、エアコンの必要性を最小化
する建物、断熱性や気密性に優れ、冷暖房の必要がほとんどないと言わ
れているが・・

さらなる気温上昇を呼ぶ悪循環がない今後の欧州の熱波対策に注目したい。

--
Jul 29 2019
「エアコン嫌い」欧州も限界……
熱波で需要増 エアコン増えると悪循環にも?
newsphere

欧州では熱波が襲来し、25日は各地で最高気温が更新された。そそもそも欧州は
夏でも涼しく、エアコン不要の地とされてきた。ところが熱波の発生頻度はここ
数年高まっており、エアコンの需要も拡大すると見られている。

最高気温記録更新 欧州の猛暑深刻

この夏2度目となる熱波の影響で、25日パリでは42度、ロンドンでは39度を記録す
るなど、異常な暑さとなっている。

ワシントン・ポスト紙(WP)によれば、欧州の家庭ではエアコンはほとんど設置
されていない。

ロンドンでは家庭どころか、公共交通機関も冷房が入っていない区間が多く残る。
脱水状態になるのを防ぐため、交通局が水持参で電車に乗るよう市民に求めたと
いう。                                                                                                              

ドイツでも、冷房が入った建物やカフェなどを示す地図が、ソーシャルメディア
上で共有され、扇風機も品切れになったという。

すでに6月の時点で、ベルリンのエアコン取付け業者は、あまりの申し込みの多
さに電話受付を一時停止していたということだ。

温暖化でエアコン需要拡大、さらなる悪循環も

ブルームバーグによれば、世界でもっともエアコンの数が多いのは中国で、全体
の35%を占める。約半数の家庭がエアコンを保有しているということだ。続いて
アメリカ(23%)、日本(9%)、EU(6%)、韓国(4%)となっている。

世帯普及率でみると、WPによればアメリカでは90%。日本でも内閣府の消費動向
調査で、90%を超えている。欧州での普及率は5%未満だが、国際エネルギー機関
(IEA)では、熱波の到来はより頻繁になると予測しており、今後20年間でエアコ
ンの数は2倍になると見ている。

エアコンの需要増加は欧州だけにとどまらない。世界のエアコンの数は、人口の
増加、収入の増加、エアコン機器の価格の下落、都市化などの影響で、今世紀半ば
には、現在の16億台から56億台に増えるだろうとIEAは指摘している。

エアコン製造会社は恩恵を受けるが、地球温暖化を促進する可能性が高いとブルー
ムバーグは指摘している。

二酸化炭素の排出は世界で増え続けているが、温暖化で気温が上昇すればエアコ
ンの需要が高まり、その結果さらに電力が必要となる。

そのためさらに二酸化炭素の排出量が増え、さらなる気温上昇を呼ぶという悪循
環が生じる。また、エアコンが増えれば、都市部のヒートアイランド現象が悪化
してしまうことも指摘されている。

ブルームバーグは、エアコンのための電気需要は、2050年までに現在の140%以上
増加するだろうとしている。


求められる技術革新 温暖化対応必須

ブルームバーグによれば、エアコンなどの建物に使うエネルギーは世界のエネル
ギー消費量の5分の1を占める。

電力を自然エネルギーで作り出すことは可能だが、日没後は安定した発電が期待で
きないため化石燃料に頼ることになるとし、効率のよいエアコンシステムの開発が
急務だとしている。

灯りの世界に革命をもたらしたLEDのように、エアコンの世界にもイノベーション
が必要だということだ。

省エネに有効と注目されているのが、エアコンの必要性を最小化する建物だ。
その一例として上げられているのが、「パッシブハウス」という30年前にドイツ
で生まれた建築だ。

断熱性や気密性に優れ、冷暖房の必要がほとんどないとされている。英タイムズ
紙によれば、世界中で3万戸がすでに建設されており、このようなグリーンな建築
物はアメリカでブームになっているという。

とはいえ欧州では熱波は今後も起こりやすいとされ、やはり当面は既存のエアコ
ンの導入が必要となりそうだ。欧州ではもともと夏でも涼しいうえに、エアコンは
体に良くないとされ、エアコン嫌いの人が多いとされてきた。

しかし繰り返す熱波を受けて、人々の考えも変わりつつあるとWPは述べている。
2003年の熱波で、フランスでは1万5000人が亡くなっており、悲劇が繰り返されな
いことを祈りたい。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界各地を襲う昆虫の大群 [環境]

気象レーダーが降水を示す程の昆虫の大群

ラスベガスのバッタの大群
ロサンゼルスのてんとう虫の大群
イングランドの羽アリの大群

--
ネバダ州では2019年1月から5月までの降水量が年平均降水量の約2倍で
このバッタは冬や春に雨が多いと個体数が増える傾向にあると言われる。

気象が関係するこれら昆虫の大群。遺伝子組み替え作物、農薬の類も
これら昆虫にも影響していることは否めない。

---
2019年7月30日
世界各地を襲う昆虫の大群 気象レーダーが捉える
newsweekjapan

<昆虫の大群が気象レーダーでとらえられるという事象が、このところ相次
いでいる......>

昆虫の大群が気象レーダーでとらえられるという事象が、このところ相次い
でいる。アメリカ国立気象局(NWS)ラスベガス気象予報事務所は、2019年7月27日
、公式ツイッターアカウントを通じ、米ネバダ州ラスベガス上空で飛翔生物が気象
レーダーに反射している様子を公開した。

バッタの大群に襲われるラスベガス

これらの多くは、アメリカ大陸の砂漠地帯で広く生息するトノサマバッタ亜科の
パリッドウイングドグラスホッパーとみられている。

— NWS Las Vegas (@NWSVegas) July 27, 2019

同時期には、ラスベガスのいたるところで、このバッタの大群が目撃されている。
ラスベガスのカジノホテル「フラミンゴ・ラスベガス」の舞台で公演するコメディ
アンのナンシー・ライアンさんは、ホテルの外の照明に群がる大量のバッタを映し
た動画をツイッターに投稿している。


— Nancy Ryan (@NancyRyanComic) July 26, 2019

ネバダ州農務局の昆虫学者ジェフ・ナイツ氏が米CNNの取材に答えたところによる
と、このバッタは冬や春に雨が多いと個体数が増える傾向にあるという。

ネバダ州では、2019年1月から5月までの降水量が年平均降水量の約2倍にのぼって
おり、個体群密度を緩和するためにこれらの大群が移動してきたのではないかと
みている。


ロサンゼルス東郊の砂漠地帯を南下するてんとう虫の大群

2019年6月5日には、アメリカ国立気象局(NWS)サンディエゴ気象予報事務所の
気象レーダーが、ロサンゼルス東郊の砂漠地帯サンバーナーディーノ上空を南下
するてんとう虫の大群をとらえた。

— NWS San Diego (@NWSSanDiego) June 5, 2019

サンディエゴ気象予報事務所の気象学者ケイシー・オズワント氏は、米公共ラジ
オ局(NPR)の取材に対し、「その日は概ね晴れで、雨や雷を予想していなかった
ので、非常に奇妙だった」と振り返る。気象レーダーでは、雨粒大の物体が大量に
現れているにもかかわらず、実際、雨は降っていなかった。

現地の気象予報士に確認し、その正体がてんとう虫の大群であることがわかった
という。


イングランド南部を移動する羽アリの大群

英イングランド南部でも、2019年7月17日、雨粒ではない物体がイギリス気象庁の
気象レーダーでとらえられた。羽アリの大群とみられている。

— Met Office (@metoffice) July 17, 2019

英BBCで気象キャスターを務める気象予報士のサイモン・キング氏は、「イングラ
ンド南部は晴れていたにもかかわらず、気象レーダーがわずかな降水を示した。

通常の降雨に見られるものとは一致しないことから、降雨ではないと考えられる」
と分析。「羽アリは雲底に向かって一定の高さで大気中を飛翔することから、
その多くを気象レーダーがとらえてしまったのだろう」とみている。

昆虫の大群が気象レーダーに反応することで、天気予報に大きな影響が出ないこ
とを望みたい。

What Happens In Vegas:
Swarm Of Grasshoppers Take Over Sin City | NBC Nightly News


A Ladybug Swarm
In California Was Big Enough To Show Up On Weather Radar | TIME
youtube

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国人狩り?、フランスで頻発 [国際]


フランスのパリ及びパリ近郊では、
アジア人を狙った若者による強盗が目的の暴行事件が頻発

ギャングの一人として認めてもらうための「通過儀礼」だとか

彼らが呼ぶ中国人は、決して私たちが思っている中国という国から来た
人々ではない。彼らにとって中国とは、アジア全般を指す言葉

中国人だけに限らず、カンボジア人女性、日本人女性と言うアジア人全般が
暴行やひったくりにあっている。

もし、被害にあってしまっても、そこで泣き寝入りせず、ぜひ警察に届
けるべきだと、安全協会の担当者は言う。

--
*たまたまフランスでの事件だが、まだまだあるこの手の事件
人前で財布など見せたら、狙われていると思うべし。国内でも・・

---
2019/07/25
中国人狩り、フランスで頻発
headlines.yahoo

【まとめ】

・仏「中国人狩り」と称したギャングの「通過儀礼」でアジア人が暴行被害。

・アジア人への暴行は昔から横行。中国系住民が「金持ちだ」という誤解も。

・仏での暴行には自衛を心がけ、被害は警察に届けるべきである。


今年に入り、フランスのパリ及びパリ近郊では、アジア人を狙った若者による
強盗が目的の暴行事件が頻発している。地元自治体のデータでは50件以上起こっ
ており、しかもその被害者の80%は女性だ。

強盗を目的とした暴行がどのようなものかは、7月12日、パリ近郊のヴァル=ド=
マルヌ県ヴィトリー=シュル=セーヌ市で起きた事件の動画を見てもらえばわか
るだろう。

この事件は、夜10時を少し過ぎたころ、自宅のあるマンションのロビーで起こっ
た。27歳のアジア人女性が帰宅し、建物内のロビーに入ったところ、肩にかけて
いたバックを狙った男に背後から襲われたのだ。

本能的にバックを守ろうとした女性を、男は引っ張り、地面に投げつけ、数々の
暴行を加えた末、最終的にバックを持ち去ることに成功した。

しかし、犯行時にドアノブに残した指紋により、2日後に、警察により特定され
捕まえることが出来たのだ。逮捕された容疑者は17歳だったという。


フランスの新聞ル・パリジャンによると襲われた女性は、腕を骨折したという。
しかしそれよりも深刻なのは、この事件がトラウマとなっていることだ。
報復を恐れて一人で外出もためらわれる状態だが続いている。

実は、7月の始めにも、ヴィトリー=シュル=セーヌ市とショアジー=ル=ロア市
の境で、同様な事件が起こり、40代のアジア系女性が襲われたばかりであった。

女性も腕を骨折し全治2ケ月の重症を負った。ル・パリジャンによると、この暴力
は大抵若い成人、あるいは10代の若者によって行われており、彼らにとって
「中国人狩り」と呼ばれるこの行為は、ギャングの一人として認めてもらうため
の「通過儀礼」だと言うのだ。
彼らは度胸試しのように、中国人を襲い金品を奪っているのである。

しかも、彼らが呼ぶ中国人は、決して私たちが思っている中国という国から来た
人々ではない。彼らにとって中国とは、アジア全般を指す言葉である。

ようするに、「中国人狩り」と言っても、狙われるのは中国人だけではなく、
アジア人全般を対象にしているのである。


アジア人に対する暴行

アジア人に対する攻撃は、今年始まった話ではない。少なからずも、昔からアジ
ア人を対象とした犯罪は発生しており、暴力に対する反対デモも2011年から行わ
れてきた。

しかし、この3,4年ほど前から、アジア人の住民が被害に遭う事件が急激に増加
しているのだ。

2016年には被害者が死亡するという大きな悲劇も発生した。パリ近郊セーヌ=サ
ン=ドニ県オーベルビリエ市に住む住民で裁縫の仕事をする張朝林さんは、友人
と道で歩いているときに、突然3人の強盗に襲われたのだ。
そして重症を負い回復することなく、5日後にこの世を去ることになった。

この事件は、中国コミュニティに大きなショックを与えたことは言うまでもない。
中国系住民はパリ中心部のレピュブリック広場で集会を行い、中国系住民を狙っ
た人種差別や襲撃事件を抗議した。

参加者は集会の後、「すべての人に安全を」と書かれた白いTシャツを着用して、
同じスローガンを記されている横断幕を揚げてデモ進行を行った。
主催側によると、約5万人が集会とデモ進行に参加したと言う。

このようにデモを行うなど、地道にアジア人の身の安全を訴えてきているものの、
残念ながら襲撃は現在も続いている。

アジア人が特別に犯罪の標的になる理由は、活発な商業活動が目立つことによっ
て、中国系住民が「金持ちだ」との誤解からきているとも言われている。

フランス雑誌バラー・アクトゥエルでは、フランスでアジア人が襲われることに
対して、現地の生々しい声を紹介すると共に、具体的な考察がなされている。

“このアジア人種差別は、あらゆる形態の人種差別と同様に、まず第一に偏見を
持っていることもあげられますが、地域に定着しているコミュニティに対する恨
みや嫉妬でもあります。

何も求めない人たちにとっては、「アジア人」は確かに「勤勉」であり、それゆ
え必然的に「豊か」であり、同時に過度に控え目で復讐心が強いわけではないの
で、あらゆる攻撃者にとって理想的なターゲットなのです。”


今年に入り頻発する金銭目的の犯罪

5月には、短期間で18人が襲われたことも記憶に新しい。

この多発した襲撃では、5月19日に若者4人が逮捕された。加害者は17歳から19歳
の若者だった。彼らは、ヴィトリー=シュル=セーヌ市と、イヴリー=シュル=
セーヌ市と、そしてパリの13区で、一日最大4回の襲撃をしたと言う。

加害者のうち二人は、16人の女性を含む、18人を襲撃したと認めた。彼らはアジア
人はお金を持っていると思ったので、特に女性をターゲットにしていたと言う。

襲撃の方法は、バイクやスクーターなどでアジア人女性に近づき、ハンドバック
や携帯電話をはぎ取るやり方だ。

しかしながら、観光客などを狙った犯罪と違い、一般の労働者では持ち歩く金額
も低く、どのケースも被害額が数10ユーロを超えることはなかったというお粗末
さは気に留めてないようだ。

5月の時点で、今年に入ってからの犠牲者が30人ほどいたとみられるが、4人の逮
捕後も、襲撃は終息することなく継続して起きた。

同じ集団の仕業とは言いがたいまでも、パリ内では13区を中心とした地域だけで
はなく、19区でも17区でも被害は発生している。

中国人だけに限らず、カンボジア人女性、日本人女性と言うアジア人全般が暴行
やひったくりにあっているのだ。

そして今後も起きる可能性はもちろんある。パリやパリ近郊では、現在、アジア
人は特に狙われやすい状態であることは自覚しておくことが必要だろう。

しかし、こういった不意にやってくる犯罪に巻き込まれないようにどう避けるか
はとても難しい。

それでも自衛のために、少なくとも夜は出歩かない、危なそうな地域にはいかな
い、取られやすそうなバックを持たない、なるべく一人で行動しないことは心が
けるべきだ。

そして、もし、被害にあってしまっても、そこで泣き寝入りせず、ぜひ警察に届
けるべきだと、安全協会の担当者は言う。

現在、被害にあっても言葉の問題もあるせいか、届け出すアジア人は全体の3分の
2だ。しかし警察に被害届を出したおかげで、7月12日の犯人は特定でき逮捕できた
のだ。

何も行動を起こさなければ、何も解決できないままで終わっていただろう。今後、
またこのような悲劇を繰り返していかないためにも、行動することが大切なのだ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

作られたマザー・テレサ像 [国際]


メディアを使ったカトリック教会の誇大宣伝。

カトリック教会という組織の支援を受けた救済活動が
実は組織による組織のための誇大宣伝。

何らかの組織の人間、また組織の支援を受けての活動は、最初はそうでなか
ったにしろ、本人が意図しないまでも、その組織に何らかの益がなければ支援
しないだろう。

仮にも教会と名のつく組織だが、組織の維持のためにはそれなりの物が
必要であり、組織の宣伝になる広告塔が必要なのだ。

--
何にしても名前が売れるようになるには、古今東西それ相当の宣伝が
必要になる。ギブアンドテイクという構図になっていることは否めない。

広告塔になった人物は、本人の意図しない事でも組織の言うことは聞かざるを
得ない立場に陥っていくことも知っておきたい。本人も変わっていくと。

--
「実像がどうであれ、カトリックが全力を注ぎ創り上げたマザー・テレサの”
聖人としての神話”は、揺らぐことのない、不動のもの」であり、組織の力は
偉大なものと言っておきたい。

---
2013.10.29
聖女ではなかったマザー・テレサ 
「洗脳看護」「カルト施設」、その実態とは!?
tocana

去る3月2日、インドの日刊インターネット新聞「The Times of India」に、
「Mother Teresa ‘saint of the media’, controversial study says」との
タイトルで、マザー・テレサのこれまでのイメージがメディアによって作られた
ものであるという研究結果が出たと、掲載された。

マザー・テレサといえば、貧困や病気にあえぐ弱い人たちの救済活動に生涯を捧
げた、カトリック教会の修道女。

修道会「神の愛の宣教者会」の創立者でもある彼女は、”無償の愛”の代名詞の
ように伝えられており、今なお、世界中の人々から崇め、慕われている。

しかし、カナダの宗教学専門誌「Religieuses」最新号で大学の研究者が発表した
論文によると、マザー・テレサの美談や名声は、カトリック教会の誇大宣伝のため
にデッチあげられたものであり、聖人には程遠い人物だったというのだ。


これまでのマザー・テレサ像

1910年、オスマン帝国領のコソボ州で生まれたマザー・テレサは、敬虔なカトリ
ック信者の両親に育てられ、12歳のときに「修道女としてインドで働きたい」と
決心。

18歳で、ロレト修道女会に入り、インドのカルカッタに派遣され、上流階級の子
女の教育に携わっていたが、「すべてを捨て、最も貧しい人の間で働くよ
うに」という神からの啓示を受け、カルカッタのスラム街に移住。

宗教を問わず、貧しい人、病気の人など弱者のために働きたいとし、1950年に修
道会「神の愛の宣教者会」を設立。

ホスピスや児童養護施設を開設し、その無償の愛の活動は全世界に知られるように
なり、世界中から援助が集まるようになった。

1971年に、教皇・パウロ6世から勲章「ヨハネ23世教皇平和賞」を授章されたのを
皮切りに、ノーベル平和賞など数多くの賞が贈られた。

1997年に、87歳で亡くなった時には、インド政府が国葬を行い、死後5年目には
ヨハネ・パウロ2世が「彼女は福者である」と宣言した。

そして、なにかと問題の多いカトリック教会において、清く正しく、いつまでも
輝き続ける聖人のような存在として、マザー・テレサは人々の記憶に残ることと
なった。

明らかになりつつある、マザー・テレサの素顔!

しかし、実像は異なるのではないか、と疑問を投げかける者が現れた。
今回「Religieuses」に論文を寄稿したのは、モントリオール大学とオタワ大学の
研究員たちである。


彼らは、マザー・テレサに関する文献資料、約300件を調査し、「マザー・テレサ
が世界中に開設した517もの『死を待つ人々の家』ホスピスは、衛生状態が悪く、
医薬品も慢性的に足りず、満足な治療が施せなかったと報告されている。

しかし、彼女の修道会『神の愛の宣教者会』は何百万ドルもの多額の寄付金を受
けており、金銭的に困っているわけではなかった」という事実を突き止めたと発
表。そして、「マザー・テレサは、患者の痛みを和らげることはせず、痛みに耐
えることを賛美して癒やすという、怪しげなことをしていた。

多くの病人が、彼女の元を訪れれば、医師が治療をしてくれると思っていたにも
かかわらず、彼女は、イエス・キリストの受難のように、痛みに耐えることは尊
いことだと繰り返し言うだけだった」

「人気が低迷しつつあったバチカンは、劣悪な環境で痛みに苦しむ人たちに
『あなたは素晴らしい人間なのよ』と優しく接している、マザー・テレサのこと
をまさに“生きる聖女”だと大げさに宣伝することで、カトリックのイメージア
ップを図ろうとした」と指摘した。

また、「バチカンは異例の早さで彼女を福者だと宣言したが、“痛みに耐えろ”
という、怪しげな看護方法、問題点の多い政治家とのコネ(ハイチやアルバニア
の独裁者を支持し多額の寄付金を得たという説がある)、

多額の寄付金の管理に関する疑問点、そして、中絶、避妊、離婚に関して過度に
批判していた点などは、一切、問題としなかった」とも綴っており、

事実を知れば知るほど、マザー・テレサの神話はでたらめだということが明確に
なるとしている。

さらに、マザー・テレサの名が一気に世界に広まったのは、英BBCのマルコム・マ
ガリッジ氏の力が大きいとも指摘。

中絶反対派でカトリック右派のマザー・テレサに共鳴したマルコムは、1968年に
ロンドンで彼女と面会しており、翌年、そのミッションをたたえる映画を製作。

「初めて写真に撮られた奇跡」として、コダック社もマザー・テレサを宣伝に使
い、彼女の顔は世界中に知れ渡った。

奇跡といえば、バチカンは、「マザー・テレサは、ひどい腹痛に苦しむモニカ・
ベスラという若いインド人女性の腹部に、宗教的なメダルを置き、祈ったことで
治癒した」とし、マザー・テレサの奇跡として伝えている。

しかし、医師は、「モニカが患っていた卵巣嚢腫と結核は、投与された薬により
治癒したのだ」と証言しており、これを否定。それでも、バチカンは「奇跡だ」
と主張し続け、多くの人々を騙しているという。

なお、マザー・テレサは晩年心臓病を患い、ペースメーカーを入れる手術などを
受けていたが、自身は衛生的で設備が整った近代的なアメリカの病院で、痛みを
和らげる麻酔薬を投与されながらの治療を受けていた。

まさしく、聖人からは程遠い人間だったというのである。マザー・テレサは聖人
ではない、うさんくさい人間だという意見は、実は昔から出ていた。

2年前に62歳の若さで食道がんでこの世を去った無神論者のジャーナリスト、クリ
ストファー・ヒッチンズは、長年、マザー・テレサはとんでもない食わせ者だと
主張し続け、それに関する本まで発行。

「彼女が世界中から集めた寄付金を使えば、ベンガルにファーストクラスの病院
を建てることだってたやすいことだった。しかし、彼女はそうせず、衛生状態の
悪い、あまりにもひど施設に患者を収容し、ろくに治療を施さなかった。

痛みを和らげるなど嘘だ。死ぬこと、痛みに耐えることを賛美する、まさしくカ
ルトのような施設だったのだ」「信仰する宗教に関係なく看病したというが、
それも嘘。

朦朧とした患者に、痛みに耐えれば天国へ行けると、繰り返し言い、洗脳した」
と厳しく批判している。

今回発表された論文だが、「聖人的なイメージを持つマザー・テレサの創られた
神話が、貧困にあえぐ人々の救済を目指す人道活動家たちを励ますことになって
いるのは確かだ」「しかし、マザー・テレサに関するメディア報道は、もっと慎重
に、事実に基づいたことを伝えるべきだ」という言葉で締めくくられている。

衝撃的な論文であるが、マザー・テレサの人気は不動のものだとされており、カト
リック教会への打撃はさほどないだろうと、米メディアは見解を示している。

今から10年前、2003年にローマ教皇庁はマザー・テレサの列福式を行ったが、世界
中から25万人を超える人々が集まり祝福。実像がどうであれ、カトリックが全力を
注ぎ創り上げたマザー・テレサの”聖人としての神話”は、揺らぐことのない、
不動のものなのである。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハリウッド顔負けの映像 ロシア映画 [社会]


日本におけるロシア年、ロシアにおける日本年のイベントも
活発になっている今日

ANA、JALがウラジオストック線を開設する日も近く
ロシアへ一ッ飛びして、ついでにロシア映画の醍醐味を味わえる
日も近くなった。

---
ロシアの"いま"を知るサイト
ロシぴろ!

2019-07-28
映像がすごいロシア映画のおすすめ7選【アクション・SF】
taida-wanted
怠惰ウォンテッド

ド派手な大作映画といえば「ハリウッド」が定番ですが、映像技術の進化によっ
て、ハリウッド以外でも世界レベルの作品を作れる映画界が増えてきました。

そんな中でも特に凄いのが「ロシア映画」です。ロシア映画なんてあんまり馴染
みのない人が多いかもしれませんが、ハリウッド顔負けの派手でリアルな映像を
見せてくれる作品が増えています。

そんな、ちょっとマニアックな「ロシア映画」の中から、映像がすごい作品を
まとめて紹介します。


アトラクション 制圧
youtube

エイリアンと人類のファーストコンタクトを描くロシア産SF映画。予告編のUFO
墜落シーンだけでも映像の圧倒的な美麗さが伝わると思います。

ストーリー的には「超平凡なエイリアンSF+青春アクション風味」なんですが、
UFOやエイリアンたちの造形、クライマックスの大決戦のCGだけでも観る価値の
ある超大作です。


ガーディアンズ
youtube

「ロシア版アベンジャーズ」「ロシア版X-MEN」などのキャッチコピーでちょっと
話題になったSFアクション映画です。

ストーリー面は「チープなヒーローもの」と酷評されちゃいましたが、映像は
予告編からも分かるように超一級。ド派手なアクションが目白押しで楽しめます。

ミュータントが活躍するアメコミっぽい映画が好きなら必見です。


スターリングラード 史上最大の市街戦
youtube

第二次世界大戦がテーマの戦争映画。タイトル通り、ロシアの大都市スターリング
ラードでの戦いが描かれます。

戦闘シーンがとにかく派手。これに尽きます。「バカじゃないの?」と言いたく
なるくらい大規模で派手な爆発や銃撃戦が展開されます。

特に冒頭の歩兵火だるま決死突撃のシーンは異常。地形が変わるほどの大爆発と
ともに兵士が燃えながら突っ込む姿は、戦争の悲惨さを通り越して一周まわって
「すげえ~」と感心してしまうほどの凄まじさです。


DRAGON ドラゴン
youtube

美女とドラゴンのラブロマンスを描くダークファンタジー映画。アクション的な
派手さよりも、「世界観」を重視した映像美が印象的な作品です。

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを彷彿とさせる背景描写や、しなやかで
生き生きとしたドラゴンの美麗な映像に惹き込まれます。

切ないラブストーリーとしても楽しめる良作です。


オーガストウォーズ
youtube

ロシアとグルジアの内戦をテーマにした戦争映画。

予告編で出てくる変形ロボットはあくまで「主人公の息子から見た"戦争"のかた
ち」で物語のメインではありませんが、そんな空想の中のロボットや熾烈な戦闘
シーンのインパクトが強い名作です。

予告編からSFアクションを期待すると肩透かしをくらいますが、純粋に映像が
派手な戦争アクション映画として楽しめます。


デイ・ウォッチ

特殊な能力を持つ人々の戦いを描くSFアクション。「アンダーワールド」や
「マトリックス」みたいな雰囲気の作品です。

スタイリッシュで斬新なアクションシーンの数々が見どころで、それこそ
「マトリックス」なみのインパクトの映像を楽しめます。

1作目「ナイト・ウォッチ」からの続き物なので、まずはそっちから観てみ
ましょう。


メトロ42
youtube

災害によって水没していく地下鉄の乗客乗員たちを描くパニック映画。
迫力のCGと息の詰まるような閉所サバイバルが合わさって、かなりエグい
インパクトのある作品に仕上がってます。

その大規模で壮絶なパニックっぷりはハリウッド大作さながらで、観てるこっ
ちまで心臓がバクバクするシーンの連続です。


まとめ

予告編を観てもらうと分かるように、ロシアの大作映画の映像は、ド派手なのは
もちろん「綺麗」なものが多いです。

細部まで実写のように繊細に作られたCG映像で、ストーリーの世界観や息を尽か
せないアクションに惹き込んでくれます。

ハリウッド顔負けの美麗CG映像で見せるロシア映画。映像がすごい作品が好きな
方は、一度観てみてください。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

35万本の花のじゅうたん [植物]


色とりどりの自然の色
花がかもしだす自然の色のハーモニー

北海道美瑛町の「展望花畑 四季彩の丘」

---
2019/07/29
マリーゴールド、ヒマワリ… 35万本の花のじゅうたん 北海道・美瑛
msn

花のじゅうたん.JPG


北海道美瑛町の「展望花畑 四季彩の丘」で、色とりどりの花々が見ごろを迎え
ている。

約14ヘクタールの丘陵地にオレンジ色のマリーゴールド、真っ赤なサルビア、
黄色のヒマワリなど約40種類、約35万本が植えられ、しま模様を描くように咲き
誇っている。

来場者はトラクターバス「ノロッコ号」に乗ったり、散策したりしながら、
「花のじゅうたん」に歓声を上げ、写真に収めていた。

花畑は9月いっぱいまで楽しめるという。

---
フォトジェニックな花畑63選!今、見頃の花をエリア別にチェック
マイトリップ
全国から厳選した花畑の名所をご紹介!早春から秋まで、各地で花観賞

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

JAL、ANAがウラジオストク線を開設へ [ビジネス]


極東ロシアブームが来る?

ANAは2020年3月に成田~ウラジオストク線を
開設するとのこと。JALも同様に2020年にも就航を計画

成田~ウラジオストク間には、ロシア系のアエロフロートとS7航空がすでに就航
していますが、日系航空会社の直行便の定期路線は、史上初

---
ロシアの"いま"を知るサイト
ロシぴろ!

2019年7月29日
JAL、ANAが成田~ウラジオストク線を開設へ。
極東ロシアブームが来る?
tabiris


JALとANAが揃って成田~ウラジオストク線を開設します。
極東ロシアは日本から近く、電子ビザの導入で行きやすくなっており、
手軽な海外旅行先となりそうです。


極東の軍事都市

ウラジオストクはロシア沿海地方の州都です。極東ロシアを代表する都市の1つで、
旧ソ連時代は軍事的な理由で外国人は入域禁止とされていました。

日本から最も近く「欧州の街並み」が楽しめる大都市でもあります。

東京から直線距離で約1000kmで、ソウルより近いのですが、日本とロシアの国際
関係などもあり、これまで旅行先としてあまり注目を浴びていませんでした。

しかし、日露交渉で双方のビザ要件の緩和が進み、日本人は2017年から、電子ビ
ザのみでロシア極東を訪れることができるようになっています。
日本側も、ロシア人に対するビザ要件を緩和しています。


2020年就航

こうした状況で、JALとANAが相次いでウラジオストクへの就航を検討。日本経済
新聞2019年7月29日付によりますと、ANAは2020年3月に成田~ウラジオストク線を
開設するとのこと。JALも同様に2020年にも就航を計画しています。

成田~ウラジオストク間には、ロシア系のアエロフロートとS7航空がすでに就航
していますが、日系航空会社の直行便の定期路線は、史上初です。

機材やスケジュールなど詳細は不明ですが、日経によるとANAは定員200人程度の
小型機を検討しているそうです。JALも同程度の機材になるとみられます。

日本の大手航空会社が揃って就航となれば、観光キャンペーンも活発に行われ、
「極東ロシアブーム」が湧き起こるかもしれません。近くて遠かった極東の都市
が、いよいよ身近になりそうです。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハワイと沖縄、2大リゾート [ビジネス]

観光業界には観光客の動員に、目に見えない熾烈な戦いがある。

観光収入と経済の発展をつなげ、拍車がかかったのは何時の頃だったか。
今や観光業界と航空会社が凌ぎを削っている。

東京五輪にも大きな期待がかかっている日本経済、
今やリゾートとしてハワイと沖縄を比較する記事もある。

--
同じ観光地であっても、その質は異なる。
両方とも2018年の観光客数は1000万人弱、観光客1人が1日に支払う金額も2万円強
(東洋経済の試算)とほぼ同じながら、平均滞在日数はハワイの8.94日に対し、
沖縄は3.75日と大きく差がついている。

そのことが観光収入の差に結び付いており、ハワイの約1.9兆円に対し、沖縄は
約7000億円にとどまる。

観光業界がこの事に目を付けないはずはない。
沖縄のワイキキとして450年間、琉球王国として培った独特の文化が売りだと
して「ハレクラニ沖縄」ホテルが開業した。

--
京都観光は世界に広まっているが、現地ではてんてこ舞いの対応になっている
こと、環境が荒らされていることに注視したい。

またハワイのネイティブ、沖縄のネイティブという視点で見れば独特の文化が
売りとは言え、長い目で見ればネイティブが征服される途次だとも言える。

観光収入と経済の発展を結んだ活動は、形を変えた異文化の淘汰にも繋がり
世界の旅行者を呼び込むのはネイティブの征服につながることにも注視したい。

----
20190729
ハワイと沖縄、2大リゾートの意外にも大きな差
headlines.yahoo

「ウミガメだ!」

6月下旬、成田空港の搭乗ゲートの一角で、子供たちが歓声を上げていた。

窓ガラス越しに映るのは、これからハワイに向けて飛び立つ、特別なウミガメ
塗装を施された仏エアバス製旅客機「A380型機」の姿だ。

航空大手の全日本空輸(ANA)は5月24日から、2階建てで520席を誇るA380を
成田─ホノルル路線に導入し、攻勢をかけている。

ANAのハワイ路線攻勢にJALも対策を打つ

ライバルの日本航空(JAL)にとって、ハワイ路線は1959年から定期運航便を飛ばす
思い入れの強い路線。

2010年の経営破綻時もハワイ路線はリストラの対象外としていた。ANAの攻勢に対
し、ハワイアン航空との提携や、サービスを刷新するなど、対策を打つ。

星野明夫・日本ハワイ旅行業協会前会長は「ハワイには一度夢中になると、何度
も行きたくなってしまう魔力がある」と語る。

星野氏はJTBハワイなどに勤め、10年以上ハワイに住んでいる。「ハワイの魅力は
過ごしやすい気候と貿易風がもたらす風。気候風土や独自の文化に加え、歴史的に
リゾートして確固たるブランドを築いてきた」(同)。


一方、沖縄の本島西海岸にある恩納村(おんなそん)には7月26日、「ハレクラニ
沖縄」が開業した。ハレクラニはハワイのワイキキにある老舗の高級ホテルで、
三井不動産が保有している。

同社は恩納村にはワイキキと同じだけの可能性があると踏み、ハレクラニの開業
に踏み切った。

沖縄は19世紀までの450年間、琉球王国として培った独特の文化が売りだ。魔よけ
の「シーサー」が散見される那覇市のメインストリート・国際通りや赤瓦が青空
に映える首里城は、沖縄県民が「日本であって日本ではない」と語る象徴だ。

「やんばる」と呼ばれる本島北部の豊かな森林や、八重山諸島など離島の静かな
ビーチや自然も大きな魅力となっている。

ハワイはなぜ世界のトップリゾートなのか。沖縄はそのポテンシャルを生かし、
世界有数のリゾートになれるのか。7月29日発売の『週刊東洋経済』は「ハワイvs
.沖縄」を44ページにわたって特集している。


ハワイと沖縄という2つの観光地が日本で注目を高めているのは、JALとANAのエア
ライン対決やハレクラニのように両地にまたがるホテル開発が進んでいるからだけ
ではない。

両者の観光客数は1000万人弱、人口も150万人弱とほぼ同じ。複数の島々からなる
諸島で、それぞれ日本とアメリカに併合されたという歴史や米軍が大きな基地を置
いているところも似ている。

ビーチリゾートで、観光を主要な産業としているなど、さまざまな構成要素が近
しいのだ。

ただ、同じ観光地であっても、その質は異なる。両方とも2018年の観光客数は1000
万人弱、観光客1人が1日に支払う金額も2万円強(東洋経済の試算)とほぼ同じなが
ら、平均滞在日数はハワイの8.94日に対し、沖縄は3.75日と大きく差がついている
。そのことが観光収入の差に結び付いており、ハワイの約1.9兆円に対し、沖縄は
約7000億円にとどまる。

滞在日数に大きな差がつく理由は、そもそも長期休暇を取るアメリカ人、短期休
暇の日本人という習慣の違いがある。

ただ、両者の中心地であるワイキキと国際通りを比べると、ワイキキは開放的な
空間にビーチとリゾートホテル、商業施設が集中している。

一方で、国際通りはビーチへのアクセスは遠く、小さな商店が集中し、雑多な
空間となっている。


日本人の滞在も沖縄よりハワイのほうが長い

日本人の旅行者にハワイと沖縄で評価できる点を聞くと、ハワイは「気候や雰囲気
の良さ」なのに対し、沖縄は「海の美しさ」となっている。

日本人の観光客が、ハワイという空間の中で、ハワイらしい食べ物や買物を楽しむ
というライフスタイルに旅行理由を見いだしているのに対し、沖縄は海の美しさが
好印象というレベルにとどまっているのだ。

そのため、同じ日本人の滞在でも沖縄よりハワイのほうが長くなっている。

ただ、ハワイもここまで順風満帆に来たわけではない。1990年代のバブル崩壊で
日本人観光客が激減するという苦しい時期があった。

実際、日本人の観光客数は1997年の221万人から、2018年に157万人とピークには
戻っていない。アメリカ本土からの観光客をうまく取り込み、近年は観光収入や
観光客数で成長を遂げている。

一方、観光収入では遠くハワイに及ばない沖縄にもポテンシャルがある。
琉球王国から続く、深い歴史と文化だ。

世界の旅行事情に詳しい、星野リゾートの星野佳路代表は「今、世界の旅行者が
求めているのは“地域らしさ”だ」と指摘する。

かつて欧米の有名ブランドを冠したホテルホテルチェーンであれば、どこの国で
まっても、清潔な部屋と快適な空調やシャワーが保証されていた。

しかし今では、有名ホテルチェーンでなくてもそうした快適さは当たり前に
なった。

「旅行者の洗練度が上がった結果、方言や食べ物、習慣など、地域ごとの魅力が
観光資源になる時代がきた。そうしたものを表現することは、恥ずかしいことで
はなく、格好いい時代になっている」(星野氏)。

沖縄の現在の観光振興策は空港や道路などインフラの整備が中心だ。世界の旅行
者を呼び込むには、より時代のトレンドや潮流に合わせて、洗練する必要があり
そうだ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

移民たちの厳しい現実 [国際]


密入国業者へ金を払いスペインに渡ったアフリカ移民、
故郷を離れ残してきた家族に送金している人

故郷の人々からかけられている期待もあり「手ぶらでは帰れません」と
廃墟同然の建物で寝起きして頑張っている人がいる。

--
一方中米諸国からの不法移民に対する取り締まり強化で
アメリカンドリームをつかみにアメリカを目指す移民集団に
影響を与えている。

アメリカを目指す移民集団「キャラバン」、5月までにメキシコ側
から不法入国し、拘束されたのはおよそ44万人。

---
2019/07/28
「不法移民」取り締まり強化メキシコ国境の苦悩
headlines.yahoo

中米諸国からアメリカを目指す不法移民に寛容だったメキシコが、トランプ政権に
よる圧力を受け、先月から取り締まりの強化に乗りだしています。
取り締まりの実態や影響を、メキシコの北と南、それぞれの国境近くの町で取材。

アメリカとメキシコを隔てるリオグランデ川。ここヌエボ・ラレドには連日、アメ
リカ側から戻ってくる集団が・・。「(アメリカから)強制送還された」(男性)

中米諸国からアメリカを目指す移民集団「キャラバン」をはじめ、5月までにメ
キシコ側から不法入国し、拘束されたのはおよそ44万人。去年の同じ時期と比
べ、2.5倍以上です。

「メキシコには追加関税を発動すると伝えてある」(トランプ大統領)

トランプ政権は先月、「不法移民を大幅に減らさなければ追加関税を発動する」
と迫り、メキシコ政府は2万人以上の治安部隊を配備しました。

「母国では問題が多発していて 、アメリカンドリームをつかみたいのに、取り
締まり強化は多くの移民に悪影響を与えます」


---
2019/07/28
家族にも言えない 移民たちの厳しい現実
headlines.yahoo

チャンスをつかみにスペインに渡ったアフリカ移民。しかし現実は…

アフリカのマリ出身であるユースフは、スペイン南西部に位置するレペの町に
ある、食肉処理場だった建物で寝起きしている。

同じ建物で暮らす人たちには、セネガル人やナイジェリア人もいれば、
ブルキナファソやコートジボワールの出身者もいる。

スペインに暮らして14年になるユースフはレぺの町を「岐路」と呼んでいる。
人々がやって来てはとどまる場所であり、別の進路を模索する場所でもあるとい
う意味だ。

人々の移動が激しさを増す現在、数十年前には想像もできなかったほど多くの
“岐路”が世界各地に出現している。

ユースフには、幼いとき以来会っていない10代になる娘と、写真でしか顔を知ら
ない息子がいる。ユースフがマリの首都バマコを後にしたとき、妻はその息子を
身ごもっていた。

妻も子どもたちも、彼が食肉処理場だった廃墟同然の建物で寝起きしていることは
知らない。通りの先にある墓地の一角には、移民たちが作った廃材やビニールシ
ートで作られた粗末な小屋がひしめいている。

「こんな現実を故郷の家族に話す人はいません。すべてが秘密なんです」
とユースフは言う。

レぺが移民の“岐路”になったのは、それほど昔のことではない。町があるスペ
イン南西部の地中海沿岸地帯は、この数十年の間で農場の規模が拡大した。

長時間の農作業や安い賃金でも働いてくれるスペイン人労働者が足りなくなると、
農場主たちは外国人の働き手を雇うようになった。

最初に雇われたのはモロッコ人や東欧出身の人々だった。請負業者に雇われてい
る者もいれば、不法に入国し、自ら仕事を手に入れる者もいた。
そうして何百人もの男女が町に集まってきた。


手ぶらでは帰れない

レペの農場には仕事がある、そんな噂がスペインよりも貧しい地域へと広がって
いった。

「自分の人生を探すチャンスです」。ユースフはそう言うと、少し考えてから、
次のように続けた。

「スペインへ出稼ぎに行った人たちから聞いていました。スペインには簡単にた
どり着けるし、故郷よりもましな暮らしができるって」

農場での仕事は重労働だし、途切れ途切れにしかない。それでもユースフは月に
最低でも100ユーロ(約1万2000円)は家族に送金している。娘と息子は学校での
成績も良く、食事も十分にとれている。

バマコにとどまっていれば、妻や子どもたちと一緒に暮らすこともできた。
だが、マリで稼げる賃金と、親から受け継いだわずかな土地だけでは、とても
満足な暮らしはできないのだ。

ヨーロッパに見切りをつけ、金をためてマリへ帰ることもできるだろう。
だが、ユースフはまだそうしようとは思わない。背負っているものがあまりにも
大きいのだ。

密入国業者へ払った金もあるし、故郷の人々からかけられている期待もある。
「手ぶらでは帰れません」と彼は言った。

※ナショナル ジオグラフィック8月号「新天地の苦しい現実」では、地中海を
渡りスペインに渡ったアフリカの人々の苦しい現実をレポートしています。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハンカチとは日本特有の文化だった [伝統文化]


子どもたちがいま知っているハンカチはハンカチ型のタオル、
子どもにとってハンカチの常識が変わってきていた。

ハンカチのタオル化の波は、大人の世界にも押し寄せている。

--
デザインがされていて、素材もいろんなものがあるハンカチは世界でも 
日本だけと、ハンカチは日本特有の文化だった。

そんなハンカチだが、従来の布ハンカチにタオルハンカチが加わり
日本特有の文化のハンカチに広がりをみせている。

---
ハンカチ wiki

ハンカチ(handkerchief)とは、主に身だしなみとして日常的に用いられる、
通常は四辺を一にする正方形の布のことで、ハンカチーフの省略形である。
手巾(しゅきん)とも書く。

元は発音そのままにハンケチーフと呼ばれ、ハンケチと略称されていた。
日本におけるハンカチの普及は、洋装が導入された明治時代以降である。

---
2019/07/28
外国人はなぜ使わない?
ハンカチとは日本特有の文化だった
news.goo

ハンカチを“知らない”子どもたち

夏も本格化し、汗拭きのためのハンカチやタオルを手放せない季節になった。
忘れようものなら大変なことになる。

そもそも日本では小学校の頃から、「ハンカチとポケットティッシュは忘れない
ように」と毎日のように携帯することを確認されたものだ。

もちろん今の子どもたちも常にそう注意されているのだろうが、ある日、小学生
になる私の子どもにハンカチを見せると「なにこれ?」と言われた。

「これがハンカチなんだよ」と諭すと「えーこんな薄い布じゃふけないよ」と
笑っていた。

そう。子どもたちがいま知っているハンカチはハンカチ型のタオル、いわゆる
「タオルハンカチ」なのだ。

いつのまにか子どもにとってハンカチの常識が変わってきていたのである。

実際、記者もいわゆるタオルハンカチや若干おおぶりのフェイスタオルをかれ
これ15年は日常的に持ち歩いている。

ハンカチは持っているのだが、ほぼ持ち歩かない。数えてみたら現役のタオルハ
ンカチは20枚近くあった。

突如として芽生えたエコ意識により、会社のトイレで紙タオルを使用しない方針
にしたので、ハンドタオルを常備することにしたのがきっかけである。

もちろんハンカチのタオル化の波は、大人の世界にも押し寄せている。

かつては会社員に高級なハンカチやネクタイをプレゼントするのは定番だったも
のだが、最近はハンカチと同じくらいの厚さでスーツのポケットに入れても恥ず
かしくないタオルハンカチも広く売られている。


布地よりタオル地に売上は逆転

 ――特定社の意見に偏らないようにとハンカチの業界団体の方に話を聞こうと
したのですが、見つからなくて。

「大手メーカーは私どもともう一社ありますが、販売に関するデータはあまり変
らないと思います」

 ――そうですか。それでは、子どもたちの間でハンカチに対する認識が変わっ
てきたという認識はおありでしたか。

「百貨店などのハンカチ売り場においてある商品は私たちが考える布帛(ふはく、
布)ハンカチというものと、タオルのハンカチがあります。

以前は布帛のハンカチが多かったのですが、タオル地の扱いが多くなっており、
枚数で言いますとタオルのほうが多くなっている実感はあります」

 ――やはりそうなんですね。業界では布ハンカチではなく布帛ハンカチと言う
のですね。

「ただ幼稚園から小学校にあがるくらいのお子さんだと、まだ布の小さなハンカチ
のほうが出ています。メンズでもやはりまだ布帛ハンカチのほうが数は出ていま
す。ただ傾向としてはタオル地が増加しています。

10年前の2008年では布ハンカチが51%、タオルハンカチが49%でしたが、
2018年はタオルが53%、ハンカチが47%と逆転しています。タオル地に流れて
いることは強く実感しています」


ハンカチはガラパゴス文化だった

 ――文化としてのハンカチを残さなければならないという理屈はすべての文化
に言えてしまうわけですが、ハンカチを残さなければならない合理的な理由とし
てどのようなものがあるのでしょうか。

「やはり文化です。もともとヨーロッパで生まれたハンカチが日本に渡ってきて
日本の文化として根付いています。

日本には手ぬぐいがあって、日本人には手を拭くという習慣があります。手ぬぐ
いでモノを縛ったりとか。

その手ぬぐい文化が西洋の文化と結びつきました。キレイ好きな日本人のたしな
みの一つになったんですね」

 ――ハンカチって海外でも使われている思うのですが、日本ではかなりガラパ
ゴス的に進化したということですか。

「そうです。西洋では鼻をふいたりする場合に使われているだけですが、日本で
はどうしても手を拭きたいとなったんですね。

手ぬぐい文化からの流れもあって、紙でふくよりも布でふくとなったんです。
当時は紙も貴重だったのでしょう。

あと、日本ではお世話になるとちょっとしたものを贈るという独特の贈り物文化
がありますので、ちょうどハンカチの価格帯やサイズ感がはまったということが
普及した理由としては一番大きいのでしょう」

 ――繰り返してお聞きしてしまうのですが、ハンカチって西洋と日本ではず
いぶん違う扱いのようですね。

「はい。ロンドンやパリでもスカーフ売り場の隅に小さくハンカチ売り場がある
だけで、一般市民の方で使っているかたはほとんどいません。

使うとしても、ちょっとだけ縫製している布切れを鼻紙代わりに使うためにポケ
ットに突っ込んでいるくらいです。

デザインがされていて、素材もいろんなものがあるハンカチは世界でも 
日本だけです」




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感