So-net無料ブログ作成

クモの巣の強さの秘密 [科学]


クモの巣の強さの秘密は2つの糸の絡み方にあると
蜘蛛の巣の秘密について、また一つ解明されたようだ。

クモ類の糸は絹のように見えるが、実は鋼鉄や、防弾チョッキに使われる
繊維よりも強いことで知られることに加え、衝撃に強い構造を探し求める時の
重要な知見として注目を集める。

--
「エンジニアリング構造物は通常、大きな負荷に対し、限られたダメージ
で持ちこたえるよう設計されている。しかし極端な負荷の場合には、

それはいっそう難しい。クモは高い負荷がかかった場合、その部分だけが落ち
る仕組みにして巣の一部を犠牲にすることで、この問題を解決している」と

--
⇑このようなことを知ってか知らずか、理にかなった構造になっていることが
分かったわけだが、このような構造に作るクモの頭脳は、そのDNAによるもの
なのか、そちらの神秘性の方に惹かれてしまう。


---
2012年2月2日
クモの巣の強さの秘密2つの糸の絡み方にあり MIT研究
AFP

クモの巣はなぜ、あちこち破けても、ハリケーンが来ても壊れないのか――? 

その謎の答えは巣の構造にあったとする報告を、米マサチューセッツ工科大学
の研究チームが1日、発表した。

衝撃に強い構造を探し求めるエンジニアたちの関心を集める発見だろうと
述べている。


クモ類の糸は絹のように見えるが、実は鋼鉄や、防弾チョッキに使われる繊維よ
りも強いことで知られる。しかしそれだけでは、裂けた場合にも持ちこたえる理
由の説明にはならない。

では、引き裂かれた後もクモの巣全体が落ちずに済むのは、どうしてなのだろう
か。MITのマーカス・ビューラー(Markus Buehler)氏率いるチームは、研究室
での実験と観察、コンピューター・モデリングを用いてこの謎を解明した。


まず、クモの糸の分子構造を詳細に調べたところ、不定形タンパク質と、秩序立
って並んだナノスケールの結晶という独特の組成が分かった。

ここに木の枝が落ちるなどの圧力がかかると繊維が伸びるが、その状態は4段階に
分かれる。すなわち、最初は直線的に引っ張られ、次にタンパク質が変性して糸
が引き伸ばされる。

さらに衝撃を吸収して硬化する段階があり、最後に摩擦によって引き起こされる
切断点に至る。


クモが出す糸には2種類あり、耐久性の秘密はその2つの糸の関係にある。1つは
巣の中心から外へ向かって螺旋状に張られている「横糸」(粘着糸)で、伸縮性
が高く湿り気があってべとべとしており、獲物を捕らえる役割を果たす。

一方、車輪のスポークのように巣の中央から放射状に伸びる「縦糸」(しおり糸
、引き糸)は、乾いていて堅く、巣の構造を支えている。


研究チームは、この横糸と縦糸が衝撃吸収の際に異なる役割を持ち、2つの絡み
方によって巣の一部が破れても穴が広がらないことを発見した。

この性質のためクモの巣は、加わった力に耐え切れない場合でも、局地的な部分
を「犠牲」にすることで巣の他の部分の機能を守れる構造になっていた。

論文の主著者でMITに所属するスティーブン・キャンフォード(Steven Canford)
氏は、「エンジニアリング構造物は通常、大きな負荷に対し、限られたダメージ
で持ちこたえるよう設計されている。

しかし極端な負荷の場合には、それはいっそう難しい。クモは高い負荷がかかっ
た場合、その部分だけが落ちる仕組みにして巣の一部を犠牲にすることで、この
問題を解決している」と述べた。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

貿易戦争で苦境、米の大豆農家 [社会]


激化する米中貿易戦争は、とくに大豆生産者にとっては深刻な状況だ。
トランプ支持者が多いアメリカの農家にも打撃を与えている。

--
関税の報復合戦が始まり、農家にとっては終わりの見えない悪夢

蓄えに手をつけ、借金をし、株を売り払って繋いできたと述べ、
業界全体が同じ状況だと嘆いている。

---
May 15 2019
貿易戦争で苦境、米の大豆農家 
終わらぬ痛み、揺らぐトランプ氏への信頼
newsphere

アメリカは中国からの2000億ドル(約22兆円)の輸入品に対し、関税を10%から
25%に引き上げた。これに対し、中国はアメリカからの600億ドル(約6.6兆円)
の輸入品に最大25%の関税を課す報復策を打ち出した。

ところが、アメリカはさらにまだ関税を上乗せしていない3000億ドル(約32.9兆
円)分の輸入品に対しても、関税を引き上げる動きを見せている。

激化する米中貿易戦争は、トランプ支持者が多いアメリカの農家にも打撃を与え
ており、とくに大豆生産者にとっては深刻な状況だ。


◆大豆価格低迷 農家の疲弊深刻

大豆はアメリカの農産品輸出では稼ぎ柱だが、2018年の中国への輸出は16年ぶり
の低さとなった。他国への輸出でカバーすることもできておらず、5月13日には
大豆先物は2008年以来の最安値を記録している(ロイター)。                                                           

米NBCによれば、米中西部ではトウモロコシや大豆は作付けの時期を迎えたが、
洪水などの悪天候に見舞われ、例年の半分ほどしか作業が完了していないという。

収穫時期の秋までには、米中貿易戦争も解決するのではと願っていたが、ここに
きてさらなる関税の報復合戦が始まり、農家にとっては終わりの見えない悪夢と
なっている。

アイオワ州の生産者は、これまでは辛抱してコストを抑える努力をし、蓄えに手
をつけ、借金をし、株を売り払って繋いできたと述べ、業界全体が同じ状況だと
嘆いている。

報復関税合戦で株式市場は揺れており、これが農家の財政状態をさらに悪化させ
ることにつながるとNBCは指摘している。


揺らぐ大統領への信頼 傷つく農家のプライド

貿易戦争のあおりを食らっているにもかかわらず、実は多くの農家がトランプ
大統領を支持してきた。

中国は平等な貿易相手国ではない、という大統領の考えに共感する農家は多く、
長期的な利益のために短期の痛みに耐えるべきという考えだという(NBC)。

政権側も、中国の関税の標的となり得る農家に対し、150億ドル(約1.6兆円)の
補助金を出すとしており、支持基盤に配慮する姿勢を見せている。実は昨年も
120億ドル(約1.3兆円)の緊急援助が行われており、60%は大豆農家に支払われ
た。


余剰大豆で途上国支援? 援助は思った以上に複雑

農家を助けるもう一つの手段として、トランプ大統領は、中国製品の関税引き上
げで得た利益で大豆などの米国内の余剰農産物を買い上げ、「飢える国々」に人
道援助として送ると述べている。しかしこれに対してはかなりの批判がある。

FTによれば、2020年夏にはアメリカの大豆の在庫は2640万トンになると推測され
ている。よって海外に寄付するだけでは、これだけの大量の余剰在庫を解消する
ことは困難だ。

また、アメリカで生産されている黄大豆のほとんどは飼料や植物油用だ。これら
を貧しい国に寄付しても、大きな需要があるのか疑問視されている。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帯広で正午までに38.3℃を観測 [気象]


トランプ大統領が令和の国賓として来日している時に
「26日 令和史に刻む記録的高温に」という予想。

しかも「26日をピークに来週火曜日頃まで続く」という、
トランプ大統領の滞在期間に合わせたような記録的な暑さだ。

東京都心で3日連続の真夏日になると5月としては史上初。
令和史に刻まれるような記録的な暑さになると予想。

--
X-バンドレーダーの威力なのか米軍指揮による気象コントロールも
大忙しのようだ。令和史に刻む記録的高温を目指す?

---
20190526
北海道 帯広で正午までに38.3℃を観測 5月の全国歴代最高気温を更新
headlines.yahoo

今日5月26日(日)の北海道は、南からの暖かい空気が流れ込んでいることや、
地形と風の影響によるフェーン現象も加わって気温が高くなっています。

道東の帯広測候所では11時22分に37.4℃を観測し、全国の5月の歴代最高気温を
更新しました。正午までに、最高気温は38.3℃まで上がっています。

この気温は北海道内の観測史上最高気温記録です。体温を上回るような猛烈な暑
さです。

---
2019年05月26日
季節外れの暑さ 今後どうなる
tenki.jp

きょう記録的な暑さとなっている北海道は一週間後には
20度に届かずヒンヤリする所も。東京も火曜以降は真夏日から解放。

猛烈な暑さは一時的 北海道では一週間後にはヒンヤリ

---
2019/05/26
北海道 佐呂間で9時前に35.2℃を観測 今年の全国最高気温を更新
weathernews

今日5月26日(日)の北海道は、南からの暖かい空気が流れ込んでいることや、
地形と風の影響によるフェーン現象も加わって気温が高くなっています。

道東の佐呂間町にあるアメダス佐呂間観測所では、8時40分すぎに気温が35℃を
超えて、猛暑日となりました。全国の今年最高の気温を更新しました。

北海道で5月に猛暑日となるのは、史上初めてです。


37℃が予想される地点も

昼間は気温がさらに高くなるところが多く、道東の内陸を中心に最高気温が35℃
以上の猛暑日となるところが増える予想です。

予想最高気温の高いところでは、北見で37℃、帯広で36℃まで上がる予想です。
北見では今朝の最低気温が11.8℃だったため、朝と昼の気温差は25℃程度になる
予想です。

---
あす26日 令和史に刻む記録的高温に
tenki.jp

異例の猛暑となったきょう25日。大分県竹田市では午後2時半過ぎに35.0度を
観測し、令和初の猛暑日となりました。

今回の異例の高温はあす26日をピークに来週火曜日頃まで続くとみられます。
特にあす26日は猛暑日地点数がきょうよりも増加。令和史に刻まれるような
記録的な暑さになるとみられます。


あす26日予想最高気温
猛暑日になると予想されるのは以下の通りです。
37度:福島市
35度:帯広市、北見市(いずれも北海道)、甲府市

さらに東京都心では33度と3日連続の真夏日になる予想です。
東京都心で3日連続の真夏日になると5月としては史上初のことです。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福島復興を演出 [政治]


・首相官邸の意向が霞が関で忖度される構図
・スーツ姿で視察ができたと繰り返し復興の進み具合をアピール
夏の参院選を前に・・・

--
しかし第一原発の汚染水やその処理水は減るどころか、
いまなおたまり続けている。

--
何だかんだと言われながらも頑強な政権を築いている。

---
2019年5月20日
福島復興を演出する政権 避難者少なく見えるカラクリ
asahi.com

安倍晋三首相が政権に復帰して6年半。権力が放つ強い磁力に吸い付けられるよ
うに、首相官邸の意向が霞が関で忖度(そんたく)される構図が強まっている。

それが社会に影響を及ぼし、さらに政権基盤を強める「磁界」を形成していく。
長期政権がもたらす政治、社会の変容について、夏の参院選を前に考える。


首相、事故現場にスーツで 
炉内の燃料、取り出し方針は未定


世界最悪レベルの事故を起こした東京電力福島第一原発。4月14日、メルト
ダウンした1~3号機から100メートルほど離れた海抜35メートルの高台に
、安倍晋三首相は防護服とマスクをつけず、スーツ姿で車から降り立った。


東電側から廃炉作業の現状について説明を受けた首相は「防護服に身を固めるこ
となく、スーツ姿で見られるようになった。着実に廃炉作業も進んでいる」。

視察後の作業員らとの懇談でも「5年前に視察した時は防護服に身を固めた。
今回はスーツ姿で視察ができた」と繰り返した。


5年半ぶりとなる原発視察。首相周辺は、防護服やマスクをつけない姿をメディ
アに取り上げさせることで見栄えを良くし、「復興の進み具合をアピールするこ
と」を狙ったと認める。

だが、1~3号機周辺の屋外で、防護服とマスクをつけないことが許されるのは
バスの車内と視察用の高台だけで、高台視察は6分ほど。

高台の放射線量は毎時100マイクロシーベルト超と高く、長居は許されない。

スーツ姿が可能になったのは、飛び散った放射性物質が舞わないように地面が
モルタルなどで覆われたことが主因で、廃炉作業の主眼である燃料デブリは炉心
に残ったまま。周辺の線量は極めて高く、取り出し方法すら決まっていない。

首相が2013年の東京五輪・パラリンピックの招致演説で「アンダーコントロ
ール(管理下にある)」と安全性を強調した第一原発の汚染水やその処理水は減
るどころか、いまなおたまり続けている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心の「感」に従って動くのじゃ [生活]


「技には「念」から出るものと「感」から出るものがある」

--
誰もが最初は転んだり倒れたりする自転車だが
倒れたくないという思いがある内は上手くいかない。

何かの拍子に、まるで自分がジャイロにでもなったかのように
倒れることを忘れて走っている。

これが「念」から「感」に変わった瞬間のように思われる。
体が「感」に従って動いているのだ。

---

ちからのある言葉【格言集・名言集】
compass-point

考えず、しようとせず、ただ心の「感」に従って動くのじゃ
『猫の妙術』より


ちょっと前に紹介した。古猫が教える武道の要諦ならぬ人生の要諦がつまった
著書『猫の妙術』から、ふたたび古猫に登場してもらおう。

折にふれページを開くと、ざわつきそうになる心がすっと軽くなる。
やっぱり猫は禅的である。老猫であればもう、全能の神といって過言でない。
 
 勝ちたい。
 負けたくない。
 生き残りたい。
 死にたくない。

武士の悩みは、そのまま現代人の悩みにあてはまる。
どんなに文明が発達しようと、人間が抱える悩みや願望に、それほど差異は
ないということだろう。

この世は弱肉強食ゆえに、強いものが勝ち、弱いものが滅びることを誰もが
知っている。だからこそ、勝ちにこだわり、あの手この手で生き残ろうとする。

 どうすれば勝てるか。
 どうやって生き残ろうか、と。


古猫いわく、
「身体は、気が動かすのじゃ。気がのびのびと働けば、何が起ころうとも
応じられ、相手に調和するのに苦労もなく、岩や鋼に当たっても挫かれる
ことはない」



そもそも、勝ち負けや生死へのこだわりがあるうちはまだまだ未熟。

勝ちたがる自分を殺し、

勝ち負けを超えろ、と古猫は言う。



こうしよう、ああしようという作為が入れば、気も濁り、動きも自然さも失う。
濁った気には、敵も服せず抵抗し、ますます打ち倒そうと向かってくる。



古猫いわく、技には「念」から出るものと「感」から出るものがあるらしい。
考える「念」と、感じる「感」。

茶道の所作は、ひたすら同じことを繰り返すだけ。
理屈ではなく、体に覚えさせるのだ。
最初はうまくいかなくても、そのうち勝手に体が動くようになる。
 

自然の動きとは、そういうもの。

古猫の言うように、道理と技は一貫しているという証拠である。

「勝てぬときは、どうせ考えたところで勝てやせぬ。
あとは技の修行を通じて、心の内の曇りを取り除くのみじゃ」

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感