So-net無料ブログ作成

創世記から考える害人?とは [環境]


「害」とか「益」というのは、「人間にとって」が判断の基準になっています。
ということは、人間も地球上の動植物等に対して「害」や「益」になっているこ
ともたくさんあります。

経済の繁栄を求めるが故の人間活動が地球上の動植物等に対して「害」や「益」
になっていることもある。

--
現代は車社会であり、それによる「害」や「益」もある。人間の生活に直接また
は間接に害を与えることがあっても、それを用いる人間、社会、環境の問題とし
て対処してきている。

車の事故がやけに多い今日、人間の考えて作ったものがブーメランとなって
人間に害をもたらしているが
この創世記の文言を改めて考えさせられる昨今の世の中である。

---
2019/5/17
害人?  vpoint

神は彼らを祝福して言われた、
「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、
地に動くすべての生き物とを治めよ」。
(創世記 1:28 口語訳)


「害虫」の定義は

「人間の生活に直接または間接に害を与える昆虫。蚊・ノミ・ハエ・ウンカ・
アブラムシなど。ダニや人体寄生虫など昆虫でないものも含めていうこともある」

一方、害虫防除に役立つ寄生蜂やトンボ・カマキリ、花粉を媒介するミツバチな
ど、人間の生活に直接・間接に利益をもたらす昆虫を「益虫」といいます。

同様に、「直接・間接に人間に有益な生物,特に農作物,果樹,養魚などを食べ
る鳥」として害鳥もあれば、逆に、ムクドリ・ツバメなどのように害虫を捕食す
る鳥など、人間の生活に直接・間接に役立つ鳥」として「益鳥」もあります。

「害」とか「益」というのは、「人間にとって」が判断の基準になっています。
ということは、人間も地球上の動植物等に対して「害」や「益」になっているこ
ともたくさんあります。

うちの庭に体長0.2〜0.5mmぐらいの小さな赤いアリが無数にいることに先週気づきました。
あまりにも小さいので家の中にも入ってきます。
ネットで調べると「アリメツ」という殺蟻剤がよく効くとあったので、早速取り寄せて昨日試してみました。
アリが行き来しているところ数か所に置いたのですが、なかなか寄ってきてくれません。
しばらくして何匹か近づいてきましたが、とても用心深くてなめません。そのうち、液の上に登り上を歩き回るのですが、やはりなめないのです。
「失敗!」

アリにしてみれば、自分たちを「害虫」として殺そうとする私は「殺蟻者」、いわば「害人」です。
以前このブログでも一度取り上げた動画を紹介します。



動植物や自然を平気で破壊している人間の傲慢さを象徴している、考えさせられ
る動画です。

それでは冒頭の聖書の言葉、神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、
地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物
とを治めよ」はどうなんでしょう?

ここで言われている「治めよ」は、自分たちの思いどおり好き勝手にほかの生き
物を「支配」し、殺してもいいと言っているのではありません。
言い換えると「管理せよ」という意味です。

ということは、私たち人間は地球上の生き物(動植物すべて)を賢く管理する責任が神から与えられているということです。
その前の創世記1:27に「神は自分のかたちに人を創造された」とありますが、この「神のかたち」というのは、「姿かたち」という意味ではありません。
「神は霊である」(ヨハネによる福音書4:24)とあるからです。

神の「ご性質」というような意味です。
神は天地宇宙万物の創造主ですから、被造物を支配する特権をお持ちです。

ですから、地球上のみならず宇宙に存在する一切の被造物を管理する責任が私た
ち人間に与えられているのです。

私たち人間には私利私欲で被造物を支配、搾取、破壊することは決して許されて
いません。

地球を、さらに宇宙を汚すこと(たとえば宇宙ゴミ)も許されていません。
「害人」になってはいけないのです。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死亡原因トップ10 [国際]


虚血性心疾患と脳卒中は
過去15年の世界の主要死亡原因であり続けている。

道路交通傷害は、低所得国、低中所得国、高中所得国で
死亡原因トップ10の中に入っている。

---
2018.12.10
交通事故死、世界の死因の8位に 子どもと若者は1位
CNN.co.jp

2016年に交通事故で死亡した人は世界で135万人に達した。
死者の数はHIV・エイズや結核を上回って全体では8位に上昇、5~29歳の
子どもと若者では1位だった。

世界の死者のうち、29%は車内にいた人、28%は二輪または三輪バイクの
運転者、26%は歩行者と自転車だった。


---
2018年5月24日
WHOファクトシート
死亡原因トップ10
japan-who

世界の死亡原因トップ102016年の世界全体で5690万人の死亡のうち、
半分以上(54%)はトップ10の原因によるものであった。

虚血性心疾患と脳卒中は、2016年あわせて1520万人の死亡を数え、
最大の死亡原因である。
これらの疾病は、過去15年の世界の主要死亡原因であり続けている。

慢性閉塞性肺疾患は2016年300万人の命を奪う一方、
肺がん(気管及び気管支のがんを含む)は170万人の死亡原因となった。

糖尿病は2000年には100万人以下だったのが増加し、
2016年には160万人の死亡原因となった。

認知症による死亡は2000年から2016年の間に倍以上となり、
2000年の世界の死亡原因第14位に対し2016年では第5位となった。

下気道感染症は、死亡原因となる最も多い感染症であり続けており、
2016年世界で300万人が死亡している。

下痢性疾患による死亡は2000年から2016年の間にほぼ100万人減少したが、
2016年でもなお140万人の死亡原因となっている。

同様に、結核の死亡者数も、同じ期間に減少したものの130万人が死亡し、
原因トップ10に並び続けている。

HIVエイズは、2000年に150万人だったのに比べて
2016年には死亡者数が100万人となり世界の死亡原因トップ10からは外れている。

道路交通傷害では2016年に140万人が死亡しており、
その4分の3(74%)は男性及び男児である。


経済所得グループ別の主要死亡原因

低所得国における2016年の全死亡の半分以上は、いわゆる「グループI」と
呼ばれる条件で起こっており、そこには、感染症及び妊産婦の原因、妊娠と出産
の間に生じる様々な状況並びに栄養不足が含まれる。

対照的に、高所得国ではそれらの原因での死亡は7%以下である。下気道感染症
は、全ての所得グループを通じて主要な死亡原因となっている。

非感染性疾患(NCD)は、世界全体で死亡原因の71%を占めるが、
低所得国では37%、高所得国では88%と幅がある。

高所得国では、死亡原因トップ10のうち一つを除いてすべてがNCDである。
しかしながら絶対数では、NCDが原因での世界中の死亡の78%は低所得及び
中所得国で発生している。

2016年に傷害では490万人近くが死んでいる。
それらの死亡の4分の1以上(29%)は道路交通傷害によるものである。
道路交通傷害による死亡率では、世界全体で人口10万人当たり18.8人に対して
低所得国が29.4人と最も高い率となっている。

道路交通傷害は、低所得国、低中所得国、高中所得国で死亡原因トップ10の中に
入っている。


なぜ私達は人々の死亡原因を知る必要があるのか?

毎年何人の人が死に、なぜ死んだのかを調べることは、病気や怪我が人々に
どのような影響を与えるかを測定することと同様に、国の保健システムの有効性
を評価する上で最も重要な方法の一つである。

死因統計は、保健当局が公衆衛生活動の焦点を決定するのに役立つ。
例えば、ある国で心臓病や糖尿病による死亡が2,3年の間に急上昇した場合、
その国では、これらの病気を予防するライフスタイルを奨励する積極的なプログ
ラムの実施効果が高いことがわかる。

同様に、もしある国で多くの子どもたちが肺炎で死亡し、一方でごく一部の保健
予算しか効果的な治療に充てられていないことが分かった場合には、この分野で
の支出を増やすべきであることがわかる。

高所得国には、人口の死亡原因に関する情報収集システムがある。
多くの低・中所得国ではそのようなシステムがなく、特定の原因による死亡数は
不完全なデータから推定しなければならない。

より精度の高い死亡原因データを作成することは、これらの国で健康を増進し、
予防可能な死亡を減少させるために必要である。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エコなハエトラップ [環境]


殺虫剤を使いたくない場合に
オススメのエコなハエトラップ

ペットボトルに酒、砂糖、酢をそれぞれ大さじ3杯で
エコなハエトラップを・・

---
殺虫剤よりも効果絶大 
身近な物で簡単に作れる“ハエトラップ”
weathernews

これからハエやコバエがうっとうしい季節になりますね。ハエは6~7月が発生の
ピークになるので、個体数が激増する前の今の時期から駆除することがポイント
です。

そこで、愛媛県東予家畜保健衛生所オススメの「ハエ取りペットボトル」を作っ
てみませんか。

ペットボトルを再利用したエコトラップで作り方も簡単、しかも同所によると
「トラップ設置後、2017年7月以降は都市部に近い養鶏・養豚農場のハエに対す
る近隣住民からの苦情がなくなった」など抜群の効果があったそうです。


ハエは気温上昇とともに成長が速くなる
ハエは成虫になって5日後くらいから産卵し、1度に50~100個の卵を産みます。
卵から成虫になる期間は、気温が上がると短くなります。

気温20℃では約20日かかりますが、気温30℃では7~10日で成虫になります。
放っておくと、どんどん増えていきます。

ペットボトルと家庭にある調味料だけで作れる
ペットボトル(1L程度のもの)は、できれば凹凸のない、炭酸飲料用が丈夫で
作りやすいようです。誘引剤として酒、砂糖、酢を同量で用意します。
ハエトラップ.JPG


【ハエ取りペットボトルの作り方】

(1)ペットボトルにカッターで縦2cm、横5cm程度、下側の横一辺を残して切り、
   残った一辺を折り返してハエが止まれるようにする。

(2)誘引剤の匂いがより拡散するように、ボトルの何ヵ所かに千枚通しなどで
   穴をあける。

(3)酒、砂糖、酢をそれぞれ大さじ3杯を混ぜ合わせ、ボトルに入れてフタをし
   てできあがり!

殺虫剤を使いたくない場合にオススメ
飛び回っているハエに殺虫剤を吹きかけるのでは、一時的に減らすだけで、
次々と発生するハエと追いかけっこをしているだけです。

また赤ちゃんやペットがいるご家庭では、できれば殺虫剤は避けたいところ
ですね。

ハエ取りペットボトルは、家にいるハエを安全に駆除できるオススメの方法です。
ハエにお困りの方は、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

数十年で最も危険性が高い 日向灘 [気象・地震]


スロー地震はプレート境界の強度が弱まっていることを示すという。

山下助教は「この状態でM7級の地震が起き、境界の浅い部分も連動して滑れば津
波を増幅させる恐れがある」と指摘。

「普段から日向灘単独の地震や津波のリスクを意識し、命を守る行動を取ってほ
しい」と訴えている。

---
2019/05/20
日向灘の周期地震警戒を M7.1級
30~40年周期で発生 「ここ数十年で最も危険性高い」専門家が警鐘
headlines.yahoo

日向灘で地震が頻発している。10日午前には最大震度5弱の地震が発生し
「南海トラフ巨大地震」との関連を危ぶむ声が上がったが、気象庁や専門家は
否定的な見解を示した。

ただ、日向灘には30~40年周期で「必ず起きる」とされるマグニチュード(M)7
級の単独地震と津波の脅威も潜んでいる。

津波が増幅する恐れのある現象も観測されており、専門家は「日向灘は、ここ
数十年で最も危険性が高い」と警鐘を鳴らす。


西日本の太平洋側では、フィリピン海プレートが西北方向に年間数センチ動き、
陸側のプレートの下に沈み込んでいる。

この二つのプレートの境目が南海トラフだ。日向灘は西の端に当たり、今年は震
度1以上の有感地震が28回発生。半年足らずで年間の最多発生記録を更新している。


10日のM6・3の地震は深さ約25キロのプレート境界付近で発生。国土地理院の解析
で、宮崎市内の基準点が東南東に約1センチ動く地殻変動が確認された。南海トラ
フ巨大地震と同じ「逆断層型」だが、気象庁は「直ちに巨大地震にはつながらな
い」との見解。

岡村真・高知大名誉教授(地震地質学)も「M6・3程度ではプレートを大きく破壊
する力はない」と説明する。


一方、日向灘ではM7以上のプレート境界地震が周期的に発生している。政府の地
震調査研究推進本部によると、M7・6前後の地震の発生確率は「30年以内に10%程
度」、M7・1前後は「30年以内に70~80%」とされる。

日向灘の地震に詳しい京都大防災研究所宮崎観測所の山下裕亮助教(観測地震学)
は「日向灘のプレート境界地震の震源域は、宮崎県延岡市沖の北部と、宮崎市沖
の南部に分けて考えるべきだ」と提唱する。

北部震源域は1662年と1968年にM7・6前後の大地震を起こしており、46年の南海地
震(M8・0)の震源域にも近い。

今年3月27日にM5・4の地震が発生しており、岡村氏も「この震源域で大地震が起
きれば、南海トラフにつながる可能性を簡単には否定できないかもしれない」と
話す。

山下助教は、1899年▽1931年▽61年▽96年-と30~40年周期でM7・1級の地震が
起きている南部震源域に注目する。

この震源域で発生した10日の地震以降、さらに南東側のプレート境界の浅い部分
で、揺れを感じない程度に地殻が変動する「ゆっくり滑り(スロー地震)」が活
発化しているからだ。

スロー地震はプレート境界の強度が弱まっていることを示すという。

山下助教は「この状態でM7級の地震が起き、境界の浅い部分も連動して滑れば津
波を増幅させる恐れがある」と指摘。

「普段から日向灘単独の地震や津波のリスクを意識し、命を守る行動を取ってほ
しい」と訴えている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感