So-net無料ブログ作成

ヒトの「内臓」が宇宙とつながっている神秘 [人体]


ヒトの体の真ん中には口、胃、腸、肛門と1本の管がデンとあって、
それが吸収し消化し排泄(はいせつ)するという生命の営みの中心。

と、人体の不思議を「内臓」が宇宙とつながっている神秘として
ヒトの体の原点を語る。

---
2017/05/14
ヒトの「内臓」が宇宙とつながっている神秘
驚くべき生物進化の痕跡
toyokeizai

ヒトの体の原点

──ヒトの体内を植物性と動物性とに区分して見るのですね。

元は古代ギリシャのアリストテレスです。植物性器官とは栄養やエネルギーを
体内に取り込み、吸収→循環→排出という流れで生きる力の働きをする部分、
つまり内臓を指します。

一方、動物性器官というのは知覚→伝達→運動という一連の機能を担い、餌を
知覚する目や耳、それをとらえるための指令を出す脳と、指令をキャッチして
動く骨や筋肉を指します。

──全体を通して三木先生は、植物性器官こそ生の営みの根源である、と強調
されています。

そうですね。魚以前からの生命の歴史を考えてみると、基本は植物的なものなん
ですね。ナマコのような無脊椎動物、1本の内臓の管が生物の体の始まりで、そ
こに手足や目玉などが後からくっついてできたのがヒトの体。

そう考えると本来の中心というか原点は植物的な部分にある。ところが現代文明
、現代社会が人体の中で圧倒的優位に置いているのは脳です。

ヒトの体の真ん中には口、胃、腸、肛門と1本の管がデンとあって、それが吸収
し消化し排泄(はいせつ)するという生命の営みの中心。
そこを意識しなくなっていることに、三木先生の強い違和感がある。


──ヒトの体と魚時代の痕跡との関係性が新鮮でした。

上陸して空気呼吸を始めるとエラは不要となり退化して、くびれ、つまり首がで
きた。筋肉は上に移動して哺乳(ほにゅう)のため口周辺の筋肉が充実し、顔の
表情筋、のどの筋肉、耳に進化した。

顔面に集まっていた味覚細胞は乾燥を防ぐため口の中の舌へ逃げ込んだ。ヒレは
伸びて手足となり、呼吸器という新しい器官が付け足された。

ヒトの耳の奥には液体があって、空気の振動が耳の中で液体に伝わり、液体の
波に変換されて脳に伝わる。

これも海の名残ですね。太古の海で単細胞の生物は海水中の栄養を全身から吸収
していたが、陸に上がっても液体の便利な特性を捨てられず、体の中に血液など
の形で液体が残った。これも生命進化の記憶です。


──胎児の世界でも、生命の進化が繰り返される──。

ヒトの胎児は「受胎から30日を過ぎてわずか1週間で、1億年を費やした脊椎動物
の上陸誌を夢のごとくに再現する」という言葉を三木先生は残しています。

受胎32日目の顔には魚の面影があり、エラ孔の列があって、手はヒレの形をして
いる。34日目になると両生類のカエルの顔に、36日目に爬虫類の面影になる。

心臓には隔壁ができ、つまり空気呼吸の準備が整った「上陸」の再現ですね。
体が水中仕様から陸上仕様になるという生命進化上の劇的変化に必死で対応し
耐える苦闘が、ちょうどその時期、つわりとなって母体に表れる。
そして38日目にようやく哺乳類の顔になる。

先ほど、血液という形で本来海の中にあった何かを体内に持ち込んだという話を
しました。実際に母胎の中にマイクを入れて音を拾うと、血管を流れる血の音が
まさに波の音に近いんです。ザーッと寄せてヒューッと引いていく。


太古の海辺のリズム

──ヒトの呼吸にも、太古の海辺のリズムが刻まれているとか。

太古の昔、海の中の生き物が上陸し、海の浅瀬に転がって長い暮らしを送ってい
たとき、呼吸は寄せては引く波のリズムとともにあったに違いない。

海辺では数十秒ごとの潮の満ち引きに加え、月の引力によって1日2回の干潮・
満潮があった。それが1年で約700回、1億年なら700億回起きてきたわけですね。

1本の管にも当然何らかのリズムが記憶され、対応力を備えないと生きていけな
い。さらに太陽と地球の関係で昼と夜が繰り返される。そして太陽に対する地軸
の傾きで春夏秋冬の四季がある。

つまり海辺には干満が昼夜が四季が作り出すリズムというか繰り返しがあって、
1本の管にその変転のリズムが刻まれないはずがない。その1本の管が現代の私た
ちの体の真ん中に残っている。


───内臓という1本の管に刻まれた海辺のカレンダーで、春になると何となく
ウキウキする?

そうですね。無意識の中で繰り返し刻まれたリズムに人間は支配されていて、
そのときに起こる“そこはかとない感覚”みたいなものを三木はこころと表現し
た。

それは地球と月と太陽と、もっと大きな宇宙と対応しているわけで、そこがとて
も大事なのです。結局バランスですよね。動物的な体が持つ意識と植物性器官で
ある内臓が持つこころのバランスが崩れてしまって、内臓のこころみたいなもの
がないがしろになっている。でも人間とはそんなものじゃないというのが三木先
生の考え方。


内臓が宇宙とつながっている

──こころとは体にある、と。

脳で考える意識とは別ですし、感情とも別。喜怒哀楽は脳にスイッチがあり、
ある種の無意識も脳の働きですけど、でも人間が持つこころには、それではすく
いきれない、もっとそこはかとない何かがある。

緊張すると胃がキリキリしたり、お腹の具合が悪いと落ち着かなかったり。
つまり内臓がつながってる。

そもそも体ができてきた由来を考えたときに、先程話した波のリズムと体のメカ
ニズムが対応してるのと同じで、すべての内臓が宇宙とつながっていると三木成
夫は考えた。




コメント(0) 

舌は「健康のバロメーター」 [健康]


実は、口腔内は体調の変化が現れやすい場所。
なかでも、舌は身体の不調が真っ先に出るんです。
大病だけでなく、乾燥・むくみなどの体質まで、舌にハッキリと現れますよ。

ですから、“舌チェック”を行うことは非常に有効。

--
「舌は、毛細血管が多く集まる粘膜組織であるため、血流や体液の変化が真っ
先に現れる場所。

さらに、舌の筋肉運動は自律神経にも大きく影響を受けていますから、舌の状態
を見るだけで、血流・体液・自律神経の働き具合が1度に把握できるのです」


---
2017/05/20
体調が丸わかり"危険な舌"の状態はこれだ
舌は「健康のバロメーター」
toyokeizai

「舌は、健康のバロメーターです。毎日、自分の舌を見てほしい」

そう話すのは、舌や口臭など口腔内の変化から不調を見抜き、“なぜか全身の
病気まで治る”と評判の歯科医師・中城基雄先生。舌を見るだけで、脳卒中や心
筋梗塞(こうそく)という大病の予兆までわかるという。

「実は、口腔内は体調の変化が現れやすい場所。なかでも、舌は身体の不調が真
っ先に出るんです。大病だけでなく、乾燥・むくみなどの体質まで、舌にハッキ
リと現れますよ。

ですから、セルフメディケーションのひとつとして、“舌チェック”を行うこと
は非常に有効。舌の変化に気をつけて、健康生活を送れば、大きな病気も自然と
避けられるはずです!」

でも、どうして舌を見るだけで身体の変調がわかるの?その理由と舌チェック
の方法、気をつけておきたい“不調舌”を解説します!


健康状態&体質が舌でまるわかり!

「舌は、毛細血管が多く集まる粘膜組織であるため、血流や体液の変化が真っ
先に現れる場所。さらに、舌の筋肉運動は自律神経にも大きく影響を受けてい
ますから、舌の状態を見るだけで、血流・体液・自律神経の働き具合が1度に把
握できるのです」

また、舌を出して見るだけという手軽さも、体調管理法として優れているとい
う。

「何も道具を必要としませんし、継続しやすい。毎朝、あっかんべーして、
舌の状態をチェックしてほしいですね」

“舌チェック”のメリット

◎あっかんべーするだけで手軽
◎1人でもしっかり確認できる
◎家族間で気軽にチェックしあえる

■血流の状態がわかる

舌上には多くの毛細血管が集まっているため、全身の血流の変化が真っ先に現
れる。また、身体の血管で直視できるのは舌下静脈のみ。

■体液(水分量)の状態がわかる

口腔内は、唾液の分泌によって常に湿潤した粘膜組織。なかでも、舌上の組織は
、体液の損耗でいち早く潤いや乾きの変化を受ける。

■自律神経の状態がわかる

過緊張やストレスで、舌の筋肉運動がうまく働かなくなり言葉がつまるなど、
舌は自律神経の影響も大きく受けている。


舌の5大チェックポイント

舌に力を入れずに“あっかんべー”。鏡で自己確認するだけでなく、家族に見て
もらっても◎。チェックする前は、コーヒーやカレーなど、舌に色がつきやすい
食事の後は避けること。また、蛍光灯などは色の影響を受けてしまうため、自然
光の下で見るのが望ましい。

(1)色

血流の動態や身体の温度がわかる。色の基準がわかりづらい場合は、家族などほ
かの人と比べてみるとよい。

(2)大きさ、形

体液(水分量)の状態、つまり乾燥ぎみかむくみぎみかがわかる。シワが濃くな
っていないか、いつもより大きくなっていないかなどを確認。

(3)舌苔(ぜったい)の状態

体液の粘張度がわかる。舌苔の量や色、まだらになっていないかを見ること。

(4)舌の裏の血管

身体のなかで唯一、直視できる静脈(舌下静脈)を見て血流の疎通状態を確認。
形や色、左右差の有無をチェック。

(5)舌の動き

自律神経の働きを確認。リラックスした状態であっかんべーをし、まっすぐ出せ
るか、余計な力が入らないかがポイント。

自分の舌をチェックして、これらの状態に当てはまっているようなら、
要注意!


■表面が白い→身体の冷え、胃弱

表面が白いのは、舌苔が増えすぎている状態で血流不足のサイン。
黄色がかった場合は、胃や肝臓のトラブルを抱えていることも。

■舌苔がまだら→免疫力低下

過度のストレスなどで身体のバリア機能のバランスが悪くなっている証拠。
昼夜逆転など生活リズムが整っていないときや不安障害の兆候にも。

■表面が割れている→水分不足

地割れのような亀裂がある場合、身体は乾燥傾向。不眠や便秘、さらに体内の
塩分濃度も高まるため、高血圧や脳卒中の危険も。

■赤い→高血圧

血流が悪く、血管に炎症を抱えている可能性も。特に、舌先の先端が赤いとき
は、要注意。常に身体が熱くなりがちという特徴も。

■ふちがギザギザ→慢性疲労、むくみ

水分代謝が悪く余剰水分がたまって舌がむくんで肥大化→歯形に沿ってギザギザ
に。下痢やめまい、慢性疲労に陥りやすい。


当てはまったら病院へ“危険舌”


■舌苔が黒い(こげ茶)→胃潰瘍・胃がんのキケン

消化管、特に胃・十二指腸に何らかの潰瘍(かいよう)、炎症性病変が隠れて
いる兆候。1度、病院を受診したほうがいいでしょう。

■まっすぐ出せない→心筋梗塞のキケン

筋肉を正常に動かす神経が侵されたり、血管が詰まりかけている可能性あり。
舌の表面が細かく波打つのも危険シグナル。

■舌の裏の血管がボコボコ→脳卒中のキケン

血液が悪く、血管が詰まりやすい状態。紫や青黒く見える場合も要注意。
左右差が顕著なときは、すぐに病院に行ったほうがよいレベル。

コメント(0) 

直面する6回目の大絶滅の危機 [環境]


自然とともに生活してきた人だからこそ分かること。
目をそらすことのできない、地球の危機

地球上に生活する何万種という生物たちは、互いに手を取り合い、食物連鎖を繰
り返しながら、ピラミッド状の生態系を築き暮らしていることはご存じのとおり
です。

---
絶滅危惧100万種 voice74

世界的には人口爆発、その胃袋を満たし金に換える人間活動は
地球上に絶滅危惧種という問題も引き起こす。

「日本は海洋生物の恩恵にあずかりながら、保護に対する責任感が薄い」と指摘
しているが、世界は地球上の資源を根こそぎ人間活動で乱獲している。

イナゴの大群が過ぎた後は荒れ地にと言うように、自然に対しての人間活動は
恐ろしささえ秘めており、経済活動優先の人間活動は確実に地球の自然を
蝕んでいる。


---
2019.02.05
今、直面する「6回目の大絶滅の危機」を人類はどう回避すべきか
mag2

目をそらすことのできない、地球の危機

ボランティアで約40年にわたって森林を守り続ける神座さん。自然とともに生活
してきた神坐さんは、そうした知見に基づいて、「人類は滅亡の危機に瀕してい
る」と警鐘を鳴らし続けています。

一人でも多くの人に環境問題に関心を持ってほしいと語る神座さんの話に耳を傾
けてみてください。


国家百年の計 神座侃大(森林インストラクター)

本業である糸屋の経営の傍ら、これまで私は約20名の仲間とともに毎月1回、
埼玉県所沢市周辺を中心とする約9ヘクタール(2万7,000坪)の雑木林の再生活
動に取り組んできました。

最初は市所有の雑木林の管理を委託されていましたが、私有の9ヘクタールの雑木
林が荒れ放題だったために、仲間とともにその再生に努めるようになったのです。

まず不要な木を伐採し、雑草を取り除き、コナラの木を中心とした林に戻してい
きます。

当初、植生は40種類程度でしたが、手入れを行ったことにより日光の当たり方が
変化し、もともと土壌の中に埋まっていた種が芽を出すようになって、いまでは
250種類を超えるようになりました。

1年1年の変化は僅かでも、20年以上、黙々と手入れし続けていることで、都市部
にありながら雑木林が見違えるように再生したことを実感しています。

(中略)

一方で、雑木林に長年いると、自然環境の変化をいち早く察知できるようになり
ました。

例えば、埼玉県には県の蝶であるミドリシジミが生殖していますが、ミドリシジ
ミの幼虫が食するハンノキが減少すると、ミドリシジミの姿も減少しました。

他にも、水質が綺麗な地域にしか生息しないブヨなどの生物も急激に減少してい
ます。これは水質が汚れている証であるにも拘らず、一般の住民たちにとっては
「ブヨに刺されるよりはいなくなるほうがありがたい」という程度の認識です。

このように私たちの身近なところで確実に環境は汚染されているのです。

地球上に生活する何万種という生物たちは、互いに手を取り合い、食物連鎖を繰
り返しながら、ピラミッド状の生態系を築き暮らしていることはご存じのとおり
です。


46億年の地球の歴史の中で、生命が誕生したのは38億年前。その中で生命は気候
変動、火山の噴火、隕石の落下など外的要因によって5回、大絶滅の危機に瀕して
きました。そして現在、第6回目の大絶滅が始まっていると危惧されています。

言うまでもなく原因をつくったのは人類です。

人類も初めは生態系の一員でしたが、火を使い始めた頃から生態系を外れ、
ピラミッドの頂上に君臨するようになりました。

いまはまだ生態系が何とか保たれていますが、そのバランスが一度崩れたとした
ら、一気に波紋は広がり、生命の大絶滅の危機に直面することになるでしょう。

38億年に及ぶ生命の進化の流れと比べると、人類が刻むリズムは加速度的にだん
だんと早くなっていることが分かります。

この早すぎる進化のリズムが何を意味するのか。このまま推移すれば、絶滅する
生物はさらに増加し、大絶滅が現実のものとなることは確かです。

『致知』のキーワード

46億年の地球の歴史の中で、生命が誕生したのは38億年前
人類が刻むリズムは加速度的にだんだんと早くなっている

コメント(0) 

幸せになる4つの因子 [生活]


幸せ感は人それぞれであるが、幸せ感は4つの因子に分類。
そして4つの因子が複雑に絡み合う様相も・・

この要因を満たせば誰もが幸せになれるという、
その4つの因子とは・・

---
2018.09.27
遂に判明した、満たせば誰もが幸福になれる4つの因子―慶大研究
mag2

今でも歌われる名曲「幸せなら手をたたこう」が世に出たのは、ちょうど東京オ
リンピックの頃。「幸せはみんなの願い、幸せなら態度で示さなきゃだめ」、
そんなメッセージに多くの人が共感したからこそ、大ヒットしたのでしょう。

今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、慶應義塾大学大
学院の前野隆司教授の研究で明らかになった「幸せになる」ために必要な「4つ
の因子」を紹介しています。

幸せを総合的に捉えてみました

人間はどうすれば本当の幸せ、争いのない幸福な社会を実現することができるの
か。この問いに、一つの明確な答えを出したのが、前野隆司さんです。


幸せになる4つの因子 前野隆司(慶應義塾大学大学院教授)

まず取り掛かったのは、世界中の幸せに関する研究を調べることでした。すると
、「自己肯定感が高い人は幸せ」「感謝する人は幸せ」など、膨大な研究結果を
得ることができました。

しかし、「感謝する人は幸せ」の研究であれば、「感謝」という観点でしか幸せ
を捉えておらず、幸せを総合的に捉えた研究は少なくとも日本では行われていな
いことに気づいたのです。

一つのテーマを掘り下げていくことはもちろん大切ですが、バラバラに研究した
ままでは、その成果を社会で生かすことは容易ではありません。


それなら、自分が過去の幸せ研究を体系化しようと思い、そのために活用したの
が“因子分析”という手法でした。因子分析は、多変量解析の一つで、多くのデ
ータを解析し、その構造を明らかにするための手法です。

そう言うと難しそうに聞こえますが、統計ソフトを用いれば、因子分析は簡単に
行えます。具体的には、幸せに関する過去の研究やアンケート結果をコンピュー
タにかけ、専用ソフトで計算するということを行いました。

学生たちとともに因子分析を行った結果、2012年頃、この要因を満たせば誰もが
幸せになれるという因子が得られました。それは次の四つの因子です。

第一因子『「やってみよう!」因子』(自己実現と成長の因子)
第二因子『「ありがとう!」因子』(繋がりと感謝の因子)
第三因子『「なんとかなる!」因子』(前向きと楽観の因子)
第四因子『「ありのままに!」因子』(独立と自分らしさの因子)

第一因子の『「やってみよう!」因子』は、人生の大きな目標や日々の目標を持
ち、それを実現していくための自分の強みが分かっている、また、強みを生かす
ために学習・成長しようとしている人は幸せであることを示しています。

第二因子の『「ありがとう!」因子』は、人に感謝して、人のために何かをした
い、誰かを喜ばせたいという気持ちが強く、様々な人と交流を持っている人は幸
せであるということです。

第一因子が自己実現や成長といった自分に向かう幸せだったのに対して、
第二因子は感謝と利他、他人に向かう幸せだといってよいでしょう。


第三因子の『「なんとかなる!」因子』は、幸せには前向きさや楽観性が必要だ
ということを示しています。

自己実現や成長、他者との繋がりを育む場合にも、「よし、何とかなる!」と、
前向きで楽観的にチャレンジしていけることが必要です。そういう意味では、
第三因子は幸せになるためのスパイスのようなものだと言えます。

最後の第四因子『「ありのままに!」因子』は、周りの目を気にせず、自分らし
く生きることが幸せに繋がることを示しています。

例えば、第二因子の実現のために周囲の人と仲良くすることはよいのですが、
それが人のペースに合わせてばかりになっては幸せになれないでしょう。

人と仲良くしつつも、同時に自分らしさも持つことで幸せになれるのです。

コメント(0)