So-net無料ブログ作成

荒れ果てた土地に400万本の苗木 [環境]


無計画な森林伐採、環境破壊により、日々、無数の動植物が生息地を失っている。

荒れ果てた土地に400万本の苗木を植えた
1組のブラジル人夫婦。

--
「赤ちゃんを育てるように、木々を育ててきた」と話すセバスチャンさん。
約20年という長きにわたる森林復活への道のりは、決して容易ではなかった。

最近になって 私有自然遺産保護地区に指定された。


---
2019年04月29日
荒れ果てた土地に400万本の苗木を植え、
20年近い年月をかけ、見事な森を復活させた夫婦の物語(ブラジル)
karapaia

国連食糧農業機構の調査によると、1990年以降、地球上から1億2,900万ヘクタール
の森林面積が失われているそうだ。

無計画な森林伐採、環境破壊により、日々、無数の動植物が生息地を失っている。
地球温暖化の原因の一つとされている温室効果ガスも濃度を増している。

壊すのは簡単でも、それをもとに戻すのは至難の業だ。莫大な資金や年月と揺る
ぎない情熱と忍耐力が必要となってくる。

だが熱い思いでそれを達成させた人がいる。1組のブラジル人夫婦は、20年近い
年月をかけ、森林伐採による荒れ果てた土地に森を蘇らせたのだ。


故郷に帰り、荒廃した森林を見てショックを受ける

ブラジル・ミナスジェライス州出身の写真家セバスチャン・リベイロ・サルガド
さんは、フォトジャーナリストとしても活躍し、複数の本を出版している世界的に
有名な人物だ。

1990年初めにルワンダ虐殺の取材をし、現地の惨状に心身ともに疲れ切ったセバス
チャンさんは、妻のレリアさんとともに、1994年、癒しを求めて、緑豊かな熱帯雨
林に覆われたブラジルの故郷に戻った。

ところが、わずか数年で美しかったリオドース渓谷の大西洋岸森林は、不毛の荒れ
地と化し、野生動物の姿が消えていた。

2015年に英メディア『The Guardian』で、セバスチャンさんはこのように語って
いる。

私が当時心身ともに病んでいたように、故郷の土地も病んでいたことを知って、
大きなショックを受けました。木々は土地の0.5%ほどしか生えておらず、全てが
破壊されていたのです。


自然はきっと蘇る。再び森を蘇らせる活動を開始

ただただ悲しい。その感情だけで止まってしまう人もいるだろう。だがセバスチ
ャンさんは違った。

母なる自然は強い魂を持っている。正しい条件の下で正しい方法を行えば、きっと
生命を取り戻し復活させることができる。


妻のレリアさんと共に、故郷の森を必ず復活させることができると信じたのだ。

夫婦は、1998年に非営利団体『Instituto Terra』を立ち上げ、本格的に森林への
復活を求めて動き出した。

夫妻は、24人の従業員や大勢のボランティアと一緒に、木の1本1本を植える作業に
尽力。とはいえ、森を再生するとなると莫大な費用がかかる。

『Instituto Terra』は、財団や民間企業、更に国や州政府などから寄付を集めた
だけでなく、しばしば自己資金で補いながらプロジェクトを続行させてきた。

資金不足となった2005年には、セバスチャンさんは写真家にとって命ともいえる
大切なライカM7のカメラをオークションにかけ、107,500ドル(約1,200万円)で
売れると、3万本以上の植林資金に充てた。


20年近くかけ、400万本の苗木を植える

「赤ちゃんを育てるように、木々を育ててきた」と話すセバスチャンさん。
約20年という長きにわたる森林復活への道のりは、決して容易ではなかった。

最初の植え付け後、5分の3の種子が地面の中でアリに食べられ死んでしまった。
セバスチャンさんたちは、試行錯誤を重ねながらアリによる被害を防いで種を守り
、本来の土地に属していない森林の種子や苗木は植えずに、土地固有の原生林のみ
の苗木を植え続けた。

そして、驚くべき成果が現れたのである。


森に命が吹き込まれ、野生動物たちが戻ってきた

1502エーカー(607万平方メートル)もの土地を、自然豊かな森に蘇らせることに
成功したのである。

沈黙の荒れ地だった土地は緑で覆われ、再び野生生物が戻ってきた。172種類の鳥
や33種類の哺乳類、293種類の植物、そして15種類の両生類や爬虫類などが生息し
、森からは鳥のさえずりや虫の鳴き声が聞こえるようになった。

CO2を酸素に変換することができるのは、木だ。植林は、地域の環境や気候に影響
を与え、より多くの降雨と涼しい気候をもたらした。それにより、枯渇していた8
つの天然温泉をも復活させることができた。


強い信念とたゆまぬ尽力が自然を呼び戻す

『Instituto Terra』は、ブラジルの中でも決して大きな団体ではない。しかし、
自然の復活という命のリサイクルを成功させたこのプロジェクトは、積極的なエコ
活動の具体例としてだけでなく、正しい方法によりいかに環境が早く回復できるか
ということを示したことで、多くの人をインスパイアした。


決して容易くはなく、長い道のりを要することは確かだ。だが、セバスチャンさん
とレリアさんの信念に沿うように、20年の月日をかけて母なる自然は活力を証明し
、実質的に死んだ亜熱帯の熱帯雨林を生き返らせることができたこのプロジェクト
は、世界最大の環境保護への取り組みの1つとなった。



これを知った人々からは、多くの称賛の声が寄せられた。

・素晴らしい努力だ。

・自分もブラジル人だが、このことをとても誇りに思う。

・地球温暖化に抗うには、植林は最も効果的な方法のひとつだ。
   彼らはそれをやってのけた。まさにヒーローだ。

・この世界には、セバスチャンさんたちのような人がもっと必要ね。

・心が温かくなった。


 現在90%の緑あふれる森に復活しているというこの地域は、最近になって
 私有自然遺産保護地区に指定された。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

辺野古移設を進める「利権村」 [政治]


核のゴミの後始末を度外視して推進された原発。

この原発村の利権と辺野古移設を進める利権が重なるという
「利権村」の正体、これに群がる欲の亡者ども。

総事業費2009年に3,500億円が「兆」のつく数字になっていきそう。

--
「アメリカに正当な主張さえできない官僚が、巨大な組織と情報収集力を駆使して、
米国の望むようにこの国を支配している。それが米国との間で摩擦を起こさず、
自己保身につながるいちばんの方法だと彼らは心得ている。」

その心理構造を作り上げているのが、日米地位協定と、日米合同委員会だ。

---
このような背景を利用し、軍備増強を図らんとしている様に映る。
カネが何千億かかろうとも・・
“辺野古利権”に群がる欲の亡者どもが居ようとも・・

---
2019.04.05
カネが何千億かかろうとも辺野古移設を進める「利権村」の正体
mag2

2月24日に行われた沖縄県民投票で実に7割の有権者が「NO」を突きつけた、
米軍普天間飛行場の辺野古地区への移設。

先だっては新基地予定地の海底に軟弱地盤が広がっていることも判明、予算も工期
も予定を大幅に上回ることがほぼ確定的という状況の中でも、政府は頑なとも言え
る姿勢で工事を続けています。何が彼らを駆り立てているのでしょうか


“辺野古利権”に群がる欲の亡者ども

美しい辺野古の海を埋め立てて米海兵隊の新基地を建設する計画。沖縄県民の投票
で反対票が7割を超えたにもかかわらず、政府は3月25日から新たな土砂投入作業を
始めた。

「なぜ県民の意思を無視するのか」と国会で問われ、安倍首相は「危険な状況にあ
る普天間の全面返還を一日も早く実現をしなければいけない」と、お決まりの答弁
を繰り返す。

その論理が破綻しているのは、誰の目にも明らかだ。辺野古に新基地ができた暁に
、米海兵隊が普天間から移ってくるという。それは、一体いつのことなのか。

危険が迫っているどころか、普天間は以前から危険そのものだ。すぐにでも、仮の
駐機場を設けるなどして、海兵隊のヘリコプターを移駐させるべきなのに、何ら手
を打たない。

現在、埋め立て工事は辺野古南側の浅瀬から着手している。もとの計画では北側と
東側に広がる大浦湾の予定地から始めることになっていた。それができないのは、
大浦湾側の深い水底にマヨネーズ状と表現される軟弱地盤が見つかり、手がつけら
れないからだ。

軟弱地盤は深さ40~70メートルのところまでで、工事は可能だと政府は言う。
ところが、大浦湾東側に、水深30メートルの海底面から下方90メートルにわたって
軟弱地盤の層があることが判明している。

「水面下70メートルは地盤改良工事を行う作業船の限界深度」という沖縄県の指摘
が正しければ、深さ90メートルの地盤改良はできず、辺野古の現計画そのものが根
本から見直しを迫られる。

計画が暗礁に乗り上げていると言っていいのではないか。それでも、工事を強引に
進めようとする。軟弱地盤への対処法は未解決のままだ。核のゴミの後始末を度外
視して推進された原発を思い起こさせる。

政府の試算では、マヨネーズ状の地盤を改良するためには、砂を管に入れて締め固
める砂杭を7万6,000本以上も打ち込まねばならない。砂の量は東京ドーム5.25杯分
も必要だという。改良工事にかかる期間と費用は想像を絶する。

防衛省の当初計画では埋め立てに5年、施設整備に3年、計8年の工期だった。これ
に地盤改良工事を加えると13年以上の年月がかかるというのが沖縄県の主張だ。
いや、もっと長引くかもしれない。

事業が長期化するだけ、普天間基地周辺の住民は危険にさらされたままとなる。

総事業費について政府は、2009年に3,500億円という数字を出したが、すでにこれ
までに約1,270億円が支出されており、地盤改良を含めいくらかかるのか、見通せ
なくなっている。おそらく「兆」のつく数字となるだろう。
もちろんこのコストは日本国民が負担するのだ。


それでも、政府が頑なに工事を進めようとするのはなぜなのか。

もともと、防衛省は辺野古の陸地側に広がる米軍基地「キャンプ・シュワブ」の
敷地内に飛行場を建設する「L字案」をまとめていた。これなら辺野古の海を埋め
立てる必要もなく、工期もさほどかからない。

事情を米国政府に説明して元の計画に戻そうと思えば、エネルギーを要するが、
全くできない話でもない。それをしようとしないのは、工期が長くなっても仕方が
ないと思える事情があるからだろう。

もともと米軍にとって普天間基地返還は、老朽化した基地から近代的な施設への
移転を目的としたものだった。基地周辺住民の「危険除去」とはあくまで、米兵少
女暴行事件を契機に高まった反基地感情を和らげるため日本政府が国民向けに強調
してきたフレーズだ。

当時の事情をもっともよく知る元国土庁事務次官、下河辺淳氏が2003年、江上能義
早大大学院教授にこう語っている。

「普天間は移転しなくっちゃ防衛上の役割は果たせないというのが海兵隊の結論で
す。軍事技術上の問題、近代化の必要から移転するわけですから」

辺野古という場所に目をつけたのは米国側だった。大田昌秀元沖縄県知事は2015年
、国会で次のように証言した。

「米国立公文書館の解禁になった資料をチェックしたら、なんと1965年に沖縄を
日本に返す話が始まったときに、(米軍は)アメリカのゼネコンを招いて、西表島
から北部の今帰仁港まで(基地移転の候補地)を全部調査させて、その結果、大浦
湾が一番いいということに決定し…計画を立てた。ところが、ベトナム戦争のさな
かで、金を軍事費に使い過ぎてできなかった」


工事の大規模化を望む建設業者と、既存米軍敷地内ではなく、その外側に新基地が
広がるのを歓迎する米側の利害が一致したのであろう。

沖縄防衛局は、ゼネコンや地元業者と、米国防省関係者、政治家をつなぐ“基地利
権村”の事務局のような役割を果たしてきた。沖縄防衛局の職員が自民党政治家の
選挙運動を手伝ってきたフシもある。

アメリカに正当な主張さえできない官僚が、巨大な組織と情報収集力を駆使して、
米国の望むようにこの国を支配している。それが米国との間で摩擦を起こさず、
自己保身につながるいちばんの方法だと彼らは心得ている。

その心理構造を作り上げているのが、日米地位協定と、日米合同委員会だ。


日米安保にかかわる問題なら、たとえ憲法に反する場合でも、最高裁は違憲判決を
下さない。そういうことであれば、日本の官僚は米国の言いなりになることこそ
保身の道と考えるだろう。

沖縄県が政府にいくら談判しても埒があかない背景には、米軍による実質的な占領
状態の継続と、複雑に絡み合った利権の構造がある。

安倍首相はトランプ大統領の機嫌を損なうことを恐れ、玉城デニー知事への冷たい
態度を崩さないだろう。自分の権力維持のためなら憲法や地方自治を無力化するこ
とさえ厭わない安倍首相に、玉城知事が対抗していくのは並大抵ではない。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

月に研究施設を建設 中国 [宇宙]


着々と進む中国の宇宙開発事業であるが
近年中により大型の恒久的宇宙ステーションの打ち上げを予定されている。

この計画が国際宇宙ステーションと連携して行われることはなく
宇宙開発において米政府と中政府の協力はほとんどなされていない。

---
2019年04月29日
時は満ちた。
中国が10年後を目処に月に研究施設を建設することを発表
karapaia

中国メディアによると、中国政府は10年後を目処に月面基地建設を計画している
そうだ。中国国家航天局が目指すのは、月の南極地域における研究施設の建設で
ある。

6度の月面着陸に成功した1969~1972年のNASAアポロ計画では赤道付近に着陸し
ていたことを考えると、少々趣が異なって感じられるかもしれない。

中国の月に関する長期的な計画はまだ概略程度のものでしかないが、国家航天局
はすでに月探査へ向けた重要な一歩を踏み出している。


着々と進む中国の宇宙開発事業

今年初めに無人探査機、嫦娥4号を月の裏側に着陸させることに成功したうえ、
実験的宇宙ステーションである天宮1号と2号に宇宙飛行士2名を滞在させた。

さらに近年中により大型の恒久的宇宙ステーションの打ち上げを予定。その最初
の段階として、2020年前半に長征5号ロケットが軌道に打ち上げられる。



なお、この計画が国際宇宙ステーションと連携して行われることはないようだ。

国際宇宙ステーションはまもなく運用終了を迎えようとしているし、そもそも
宇宙開発において米政府と中政府の協力はほとんどなされていない。

中国は、米国を除けば、世界でもっとも宇宙開発に力を注いでいる国である。


一方アメリカでは

一方、これまで宇宙開発を主導してきた米国は、現時点でロシア製ロケットに
乗せてもらわねば宇宙に宇宙飛行士を送ることができない状況にある。

スペースX社が所有するものなど、より低コストの運用ができるロケットを利用す
るなどして状況を打破しようとしているが、こちらも困難に直面している。

それでも昨年には、NASAによって再び月を目指し、より長期的に滞在する計画が
発表されており、今後の宇宙開発の展望に期待を抱かせてくれる。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「旅する蝶」が激減 入り組んだ人為的影響 [環境]


北米西部に生息するオオカバマダラというチョウ。
全米野生生物連盟によると過去20年で合計80%以上の落ち込み

最長クラスの距離を移動するこのチョウ、
オオカバマダラの大移動を困難にしているものは何なのか・・

「調査によっていくつかの原因が浮かび上がりつつある。一つは、オオカバマダラ
の幼虫が食べる唯一の餌、トウワタに起きた異変。さらには、気温上昇にともなっ
てオオカバマダラの移動が困難になっている可能性も指摘されている」

除草剤耐性のあるトウモロコシと大豆の指摘もされている。
チョウにとって不可欠な植物トウワタが・・

---
【動画】オオカバマダラの大群が毎年やって来る越冬地
この頁に動画あり

---
2018.12.31
「旅する蝶」が激減、入り組んだ人為的影響
北米を数千キロにわたって大移動するオオカバマダラ、西部個体群は86%減少
ナショジオ

オオカバマダラというチョウは、毎年秋に大移動をすることで知られる。
夏のすみかである米国北部とカナダから、冬の生息地であるカリフォルニア州と
メキシコへ集団で移動するのだ。

だが、最長4800キロにも及ぶ壮大な渡りは、過去のものになるかもしれない。

2018年11月にオオカバマダラの西部個体群(北米西部に生息)を調査したところ、
カリフォルニア州で冬を越す個体数が、わずか2万456匹にまで急減したことがわか
った。昨年と比べて86%も減少している。

また全米野生生物連盟によると、今年メキシコで越冬している東部個体群(
北米東部に生息)は、昨年に比べて15%減り、過去20年で合計80%以上の落ち込み
だという。


昆虫の渡りとしては最長クラスの距離を移動するこのチョウをめぐっては、近年、
悪いニュースが相次いでいる。2018年の計数結果はその最新版でしかない。

減少した原因は、人間にある。人間の活動による気候変動と生息地の喪失という2
つの圧力が、北米のオオカバマダラを絶滅の危機に追い込んでいる。

調査によっていくつかの原因が浮かび上がりつつある。一つは、オオカバマダラの
幼虫が食べる唯一の餌、トウワタに起きた異変。さらには、気温上昇にともなって
オオカバマダラの移動が困難になっている可能性も指摘されている。

「環境上の多くの脅威が重なり合うことがありえます」と、米ウィスコンシン大学
の昆虫学者で、同大学の植物園園長でもあるカレン・オーバーハウザー氏は話す。

しかし専門家らは、まだすべて失われたわけではないと言う。
気候変動へのさらなる対策はもちろん、トウワタをうまく増やしてやれば、旅する
チョウに欠かせない食料と居場所を提供できるかもしれない。


トウワタはどこへ消えた?

米カンザス大学の昆虫学者チップ・テイラー氏がオオカバマダラの危機に気付いた
のは、2004年、ある農家からのメールがきっかけだった。

除草剤耐性のあるトウモロコシと大豆が生み出されたことで、トウワタなどの雑草
や低層植物を農家が根絶できるようになったのだ。

オオカバマダラを研究していたテイラー氏は、不安を覚えた。中西部の渡りルート
に生えたトウワタは、このチョウにとって不可欠な植物。だが新しい作物品種の
出現は、トウワタの死を意味した。


その後数年にわたるデータは、テイラー氏が最も恐れていたことを裏付けていた。
オオカバマダラの数が急激に減り始めたのだ。「ごくわずかな期間でオオカバマダ
ラは大打撃を受け、重大な影響が出ました」

農場からトウワタが消えたことに加えて、干ばつも悪影響を及ぼした。
テキサス州では2013年に干ばつでトウワタが大幅に減り、その年のオオカバマダラ
減少につながった。

トウワタの消失で、愛する美しいチョウがリョコウバトやマンモスと同じ絶滅への
道をたどるかもしれない。人々のそんな不安が見当違いでなかったことが、この数
年に出た数々の論文から明らかになりつつある。

気候変動を引き起こしているのは、化石燃料の燃焼による大気中のCO2(二酸化炭
素)濃度の上昇だ。

米スタンフォード大学の生態学者レスリー・デッカー氏は、CO2濃度の上昇によっ
て、トウワタによる化合物生成に異変が起きている可能性を指摘する。

トウワタは、毒性をもつ化合物カルデノリドを生成するが、オオカバマダラはこの
毒にある程度まで耐えられるように進化してきた。そしてカルデノリドを体内に
蓄えることで、捕食者を遠ざけている。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感