So-net無料ブログ作成

ソシオパス [健康]


「反社会性パーソナリティ障害」

「ソシオパスはは他人から反感を買う、他人を操る、他人に対する態度がひどい、
あるいは冷淡なまでの無関心といった傾向がある。そうした行動に対する罪悪感は
見られない。」

--
多かれ少なかれその傾向があるにしても定義されるほどのものなのか、
サイコパスは先天的なもの、ソシオパスは後天的なものと言われるが・・
世の中の歪として現代社会では意外と多いのかも知れない。


---
2017年09月22日
ソシオパス(社会病質者)である可能性を示す7つの兆候
karapaia

サイコパスは知っていてもソシオパスを知らないという人もいるだろう。
医学用語ではどちらも「反社会性パーソナリティ障害」という位置づけだが、
サイコパスは先天的なもの、ソシオパスは後天的なものと定義されており、
他にもいろいろ違いがあるようだ。

サイコパスとソシオパスの違いはこちらの記事を参照していただくこととして、
まあとにかくやっかいな人物であることには間違いない。

衝動的に嘘をつくのはもちろん、周囲の人たちを振り回していく。
ここではソシオパスである可能性を示す7つの兆候を見ていこう。


ソシオパシー(社会病質)およびソシオパス((社会病質者)の定義

反社会的人格障害の一種で、アメリカ有数の総合病院メイヨー・クリニックに
よれば、「善悪に頓着しない、他人の権利を侵害し、相手の気持ちを無視すると
いった、ある個人が一貫して示す精神状態のことを言う。」

「ソシオパスは他人から反感を買う、他人を操る、他人に対する態度がひどい、
あるいは冷淡なまでの無関心といった傾向がある。そうした行動に対する罪悪感は
見られない。」

「ソシオパスとサイコパスは密接に関連しているが、両者には違いがある。
重複する要素もあるが、ソシオパスは通常、暮らしの中で様々な問題を作り出す
特定の振る舞いや行動によって定義される」とのことだ。


1. 衝動的に嘘を吐く
 特に理由もないのに息を吐くように嘘をつく。ソシオパスには衝動的な嘘と
 病的な嘘があり、どちらもその人物が抱えている根深い問題を示す兆候だ。


2. 感情的無関心
 これはソシオパスに顕著な特徴だ。ソシオパスは自分の行動から感情的な側面を
 取り除けるために、普通の人なら躊躇するようなことでもやってのける。
 彼らは悪事を働いたり、誰かを傷つけたりしても何も感じていない。
 すなわち共感がないのである。


3. ナルシシズム
 肥大したエゴもまた社会病質者の特徴の1つだ。彼らは自意識過剰で、他人と
 交わることよりも自慢したり、自分のことを話すことに感心があるようだ。
 それは自己中心性とも関連がある。こうしたことは同僚や友人、家族ならすぐに
 感じることができるだろう。


4. 見境なし
 ソシオパスの特質や行動は連鎖的な影響を示す。例えば、共感に乏しく、
 自惚れが過ぎるゆえに見境のなさがある。それはあらゆる行動の中に見られるが
 、困ったことに彼らは自分の行動とその結果の関連性に気づいていない。
 また自惚れゆえに、何かをやらかしても逃げおおせる、あるいは処罰を免れられ
 ると考えている。


5. キレやすい
 物事が思い通りに進まないとカッと頭に血がのぼる。ちょっとしたことでキレる
 人を見たことがあるだろうか? そこから察するべきだ。その怒りは、意にそぐ
 わない周囲の出来事に対して心の中のナルシシズムの自制がきかなくなっている
 ことに起因するようだ。


6. 他人を操作しようとする
 ソシオパスは自分の操り人形を作ろうとする。問題の人物がソシオパスであると
 多くの人が気づき始めたとき、彼らが自分の欲求を実現するために周囲の人の背
 後で糸を引こうとしていたことが明らかになることがよくある。

 ここでも彼らがそうしたことを平然と行えるのは、自惚れゆえに何をやっても
 お咎めなしで済むと思っていたり、その帰結にまったく関心がなかったりするか
 らだ。


7. 友達が次々と変わる
 他人を操りたがり、嘘つきで、キレやすく、分別に欠けるとなれば、当然周囲の
 人間は離れていく。このために社会病質者はいつも新しい面々に囲まれている。
 本性がバレると周囲から友達は去っていくが、また新たな友達を獲得するのも早
 い。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「いずも」が南シナ海へ出航 [国際]


「いずも」は護衛艦「むらさめ」とともに横須賀基地を出港
「インド太平洋方面派遣訓練」と題した南シナ海への長期派遣

マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナムなどを訪問し、共同訓練。
航海中は、周辺海域で米海軍やフランス海軍とも共同訓練が計画され
7月10日に帰国

---
2019/04/30
海自護衛艦「いずも」が南シナ海へ出航 中国牽制の狙い
news.goo

事実上の空母とするための改修が決まっている海上自衛隊最大のヘリコプター
搭載型護衛艦「いずも」が30日午前、南シナ海やインド洋への長期航海のため、
海自横須賀基地(神奈川県横須賀市)を出港した。

周辺各国への寄港や共同訓練を通じて、中国を牽制(けんせい)する狙いがある。
今回は「日本版海兵隊」と言われる陸上自衛隊の水陸機動団の隊員約30人も初
めて乗艦した。

午前9時過ぎ、「いずも」は護衛艦「むらさめ」とともに、乗り組み隊員の家族
ら約250人に見送られながら横須賀基地を出港した。

「インド太平洋方面派遣訓練」と題した南シナ海への長期派遣は今回で2回目。
マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナムなどを訪問し、共同訓練を
実施する。

7月10日に帰国する予定という。航海中は、周辺海域で米海軍やフランス海軍
とも共同訓練が計画されている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

令和元年「初日の出」 [歴史]


平成に続く令和の時代が始まった

---

2019/05/01
令和元年「初日の出」 
高度1万4千メートルから見えた
headlines.yahoo
初日の出.JPG

---

2019/05/01
天皇陛下お言葉全文 「即位後朝見の儀」
news.goo

天皇陛下が1日、「即位後朝見の儀」で述べたお言葉は次の通り。


日本国憲法および皇室典範特例法の定めるところにより、
ここに皇位を継承しました。

この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。

顧みれば、上皇陛下にはご即位より、30年以上の長きにわたり、世界の平和と
国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御心
をご自身のお姿でお示しになりつつ、一つ一つのお務めに真摯に取り組んでこら
れました。上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を
申し上げます。

ここに、皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、
また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に
国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国および日本国民統合
の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして
世界の平和を切に希望します。


---
2019/05/01
新天皇陛下即位国民に最初のお言葉-戦後生まれ初、令和始動・皇位継承
headlines.yahoo

新天皇陛下が1日、皇位に就かれ、平成に続く令和の時代が始まった。

新陛下は同日午前、皇居で国民の代表と会う儀式「即位後朝見の儀」に臨み、
即位してから最初のお言葉を述べる。

新天皇陛下は1960年2月23日生まれの59歳で、お名前は徳仁(なるひと)。
戦後生まれの初めての天皇となる。



今回の皇位継承は、2017年6月に成立した「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」
に基づく。宮内庁の記録によると126代目の天皇となり、現行憲法が規定する
象徴天皇としては3代目、現憲法下での即位は2人目。

退位した陛下は上皇、皇后さまが上皇后となり、皇太子妃の雅子さまが新皇后と
なった。

政府は即位儀式として、1日午前10時半から皇居・宮殿「松の間」で皇位の証し
とされる剣と勾玉(まがたま)、国の印である国璽、天皇の印である御璽を受け
継ぐ「剣璽等承継の儀」を実施する。

剣や勾玉は鏡とともに、いわゆる「三種の神器」と呼ばれ、皇室経済法で
「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」と位置付けられる。

儀式には安倍晋三首相ら三権の長や閣僚らが参列。同席する皇族は前例を踏襲し、
成年男性に限定された。

続いて午前11時10分から即位後朝見の儀が行われ、政府、国会、裁判所の要人や
地方代表ら約300人が参列。新天皇陛下のお言葉に続き、首相が国民代表の辞を述
べる。

皇位継承順位は、皇嗣になった秋篠宮さま(53)が1位、
秋篠宮さまの長男悠仁さま(12)が2位、上皇さまの弟の常陸宮さま(83)が3位。
皇位継承資格者の減少により、安定的な皇位継承に向けた検討が急務となる。

儀式に先立ち、政府は1日午前の臨時閣議で、二つの即位儀式を国事行為と位置付
けることを決定した。 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツバメの子育てライブ [動物]


昨年紹介したツバメの子育てライブ。
今年も巣立ちまで見守っていけそうです。

平均5個くらい卵を生むツバメ
抱卵2週間位で次々と孵化し
育雛に入る。

このライブでは5個抱卵中、5月11日に孵化予定となっている。

---
swallow_lover
2019/04/21
メイン ★ Swallow Live 24 hours ★ 5個抱卵中 ★ 5/11ふ化予定




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感