So-net無料ブログ作成

海の異変、魚の異変 [環境]


・大量のハリセンボン、これまでも冬場に増えることはあったが、余村義治社長
 (69)は「ここまでは経験したことがない。明らかに異常」と話す。

・初記録ではないが、キタマクラ、ヤセハリセンボン、コショウダイ、
 ツバクロエイなど、南日本の珍しい魚が網などにかかり、漁師たちも首をかしげ
 ている。

・「ふだん北から南下してくる魚が全然来ない。
 一方で、南から名前の分からないような魚が入り込んでいる」

・研究者は温暖化による海水温の上昇を指摘。漁業者からは「魚の
 動きがおかしくなっている」との声

・「理由の一つは海水温の上昇。年々、温暖化傾向が強まっており、南方の魚の
 北限が北上している」

---
2019年4月13日
大量のハリセンボン、定置網に 島根の漁業者に被害
asahi

島根半島(松江市、出雲市)沖の定置網に大量のハリセンボンがかかり問題にな
っている。島根県によると、2月中旬から県東部の定置網に入り始め、4月も続い
ているという。

19トンと5トンの2隻の定置網漁船を持つ「笠浦大敷網漁業」(松江市美保関町
)は、3月だけで約58トンのハリセンボンが定置網にかかった。これまでも冬場
に増えることはあったが、余村義治社長(69)は「ここまでは経験したことがな
い。明らかに異常」と話す。

同社によると、ハリセンボンの針によって、網にかかった魚の表皮がはがれて商品
価値が落ちたり、網の中で死んで鮮度が落ちたりする被害が出ているという。
業者に有償で引き取って処分してもらっている。

 県水産課によると、ハリセンボンによる漁業被害が報告されているのは松江市島
根町や出雲市の平田町、大社町などの漁港。ハリセンボンは暖流の影響で近海まで
流れ着いたと見ているが、例年より多い原因は不明という。

---
2019年2月28日
南方の魚、茨城沿岸に続々 漁師困惑「名前分からない」
asahi

千葉県以南の沿岸部に生息する南方の魚介類が近年、茨城県沿岸で見つかるケース
が増えている。研究者は温暖化による海水温の上昇を指摘。漁業者からは「魚の
動きがおかしくなっている」との声も上がっている。

県環境アドバイザーで、ミュージアムパーク県自然博物館(坂東市)の研究協力
員、舟橋正隆さん(71)は県の魚類リストを作っている。その作業の中で、近
年、南方の魚の北上が目立つという。

一方で、北から下りてくるサンマやサケなど北方の魚が、最近は南下の動きが鈍
って採れなくなっているという。舟橋さんは「理由の一つは海水温の上昇。
年々、温暖化傾向が強まっており、南方の魚の北限が北上している」と話す。

2017、18年に県沿岸で初めて見つかったことが記録されたのは、いずれも
南方性魚類のクマサカフグ、クエ、アラレフグの3種類。昨年8月、ひたちなか
市沖で確認されたクマサカフグは、通常は房総半島以南から屋久島、台湾、西沙
諸島付近に生息する。マダイ釣りの遊漁船が、水深26メートルから37センチ
の大きさのクマサカフグを釣り上げた。

同時期、舟橋さんは日立市の久慈漁港で、相模湾以南に生息するクエが籠網に入
っているのを確認。一昨年6月には日立市の会瀬沖でアラレフグが定置網に入っ
ているのが確認された。

このほか、初記録ではないが、キタマクラ、ヤセハリセンボン、コショウダイ、
ツバクロエイなど、南日本の珍しい魚が網などにかかり、漁師たちも首をかしげ
ている。

平潟漁港(北茨城市)の第3隆栄丸の船長、鈴木隆志さん(70)は「魚の動き
がおかしくなっている。ふだん北から南下してくる魚が全然来ない。

一方で、南から名前の分からないような魚が入り込んでいる」と困惑気味だ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

移動オービスによる青切符での検挙 [社会]


生活道路での取締を皮切りに全国展開が始まっている移動オービス。

警察のこの所業については、「プライバシーの侵害問題」はどーなってるんだ?
という疑問が残るところだが・・

犯罪を犯したわけではない(反則行為)のに本人の許諾を得ず勝手に写真を撮った
ことになり、警察は不利になるはず・・

しかし驚くべき報告内容に、その答がうっすら見えてきた!

---
2018/09/04
ついに来た? 移動オービスによる青切符での検挙がいよいよデフォルトに!?
motor-fan

当情報局に読者から、可搬式移動オービスにより25km/hオーバーで呼び出しをくらい
検挙されたというメールが届いた。愛知県警による青切符での検挙事例はすでに、この
7月に確認しているが、今度は秋田県からの発信だ。いよいよ全国展開が始まった?

いずれにしろ警察のこの所業については、「プライバシーの侵害問題」はどーなってる
んだ? という疑問が残るところだが、今回の驚くべき報告内容に、その答がうっすら見
えてきた!


写っていた顔は真っ黒!
ってことは、根拠はやはり「警察官の現認」だった?

可搬式移動オービスの取り締まりにより、後日、呼び出しを受け、25km/hオーバーとい
う反則行為で青切符を切られた、秋田県の「さい」(HN)さんの報告は以下の通り。
場所は県道112号線、秋田県秋田市上新城の市立上新城小学校付近。文字通り、通学路を
含む生活道路エリアというわけだ。

ちなみに、秋田県では昨年中に48カ所のゾーン30を整備し、今年、さらに4カ所が追加
されるとか。秋田県警はかなり熱心に生活道路での取締を実施しているので、地元民は
もちろん、県外ドライバーは要注意!


「金曜日朝7時15分頃、30km/h制限道路を約55km/hで走行中、赤い光が一瞬でパシャリ。
後日(1週間後)自宅へ電話があり地元の警察署へ出頭してくださいとの呼び出しがあり
ました。取り調べ室へ入れられ、調書を取られ速度超過25km/hの青切符をもらいました。

取り調べの時「どうして30km/h制限道路で取り締まりをやるのか」と質問してみました。
返事は「子供の安全を守るため」とのこと。「どうして30km/h制限道路の2/3を走行して
から捕まえるのか、道路の入口で警察官が立っていたほうが、みなゆっくり走行するので
安全ではありませんか?」と問いかけてみました。

返事は「それも一つでしょう」言われ
ました。写真を見せてもらいましたが、自分の顔は黒くて判別できませんでしたが、その
日、その時間にそこを通行していたのは間違いなかったので反則金を支払いました」



注目ポイントは、
「写真を見せてもらいましたが、自分の顔は黒くて判別できませんでした」という一文。

なにしろオービスによって速度違反者を検挙するには、違反車と運転手が特定できること
が必須条件。そのために高性能カメラと赤外線ストロボを使い顔とナンバーをはっきり
写せるようなセッティングがなされている。

撮影しても何らかの事情で特定にいたらなかった場合は、呼び出しを中止することもあ
るくらいだ。が、今回は、「判別がつかない」レベルで検挙に踏み切っているのだ。

前回、愛知県の事例で、写真を正式な証拠として使う意志はなく、あくまでも「警察官
の現認」を検挙の根拠証拠としていのではないか? と推測したが、この今回の事例を
見る限り、その推測がなおさら現実味を帯びてくるというものだ。

もし、「さい」さんが写真を見て、これは自分では無いと証言したら、警察は一体、
どうするつもりなのか? 「これは自分です」と素直に認めた場合、逆に、犯罪を犯した
わけではない(反則行為)のに本人の許諾を得ず勝手に写真を撮ったことになり、警察は
不利になるはずなのに、だ(憲法13条違反)。

まさか、それをうやむやにするために、わざと黒く加工したのでは? と勘ぐりたくな
るというものだ。あくまでも現認を盾にするのならば、写真など撮らなければいいのに
とすら思ってしまう。

いずれにしても、今回の事例で、警察による移動オービスの運用に関する疑惑が、ます
ます深まったということは間違いない。今後、青切符で検挙される人は続々と増えるこ
とが予想される。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本で起きている差別のリアル [社会]


4月1日から、外国人労働者の受け入れ拡大を目指す改正出入国管理法が施行されたこと
も踏まえ「行政が、日本で起きている外国人への差別の調査を行い、差別を禁止する法
の整備をすることが必要」と強調。

--
外国人労働者の受け入れ拡大に伴いますます増えそうな差別。差別実態は現場でないと
分からないが、職場での差別、客による差別と肩身の狭い思いをしている。

「外国人ダメ」、入店拒否など日常的に差別に直面している外国人
「相談する窓口や、差別を見た時に第三者が止めたりすることが重要」と話す。

---
2019/04/17
中国人の女性が心を痛めた言葉 日本で起きている差別のリアル
headlines.yahoo

「中国人だからそういうことをするんだ。人の金を取るんだ」

都内の日本語学校に留学中の李さん(仮名・18歳)は2018年夏、アルバイト先のスーパ
ーで、酔っ払った日本人男性客にいきなり、こんな言葉を投げかけられた。

李さんは、このスーパーでレジ係としてバイトしていた。60代ぐらいの男性客が酔っ払
って来店し、支払い時にレジ前で小銭をばらばらと落とした。李さんが小銭を数えるの
を助けた際に、怒鳴りつけてきたという。【冨田すみれ子 / BuzzFeed 】

「仕事中だから客には丁寧に接さなければと思っていたけど、ショックも大きく、とに
かく怖かったです。店長が対応してくれているけど、どうしたら良いか分からずに謝り
続けたら、どんどん差別発言をしてきました」


スーパーの店長が、すぐその場にやってきた。すると、客は「金をとられた」と自分で
警察を呼んだ。だが、やってきた警察官が「ちょっとこちらに」と署に同行を求めたの
は、李さんではなく、その客の方だった。

その後店側は、非常時用に社員のいる事務所につながる呼び鈴をレジに設置した。
しかし、李さんは差別的な発言をされた時のショックもあり、バイトを辞めた。

李さんは高校生の頃から日本に憧れて、日本語を学び、都内にある日本語学校で勉強す
るために一人で渡航した。事件が起きたのは、来日して半年余りすぎた時のことだった。


「日本は素敵な国。みんな優しいです」

李さんはそう話す一方で、電車で中国語を話していると差別的な言葉を投げかけられる
など、日常的に差別に直面している。

「歴史問題があるのも分かるし、実際にマナーが悪い中国人がいるのも分かる。けど良
い人もいる。私は日本が好きで日本にきた。国籍だけで決めつけないで欲しい」

李さんは、BuzzFeed Newsにそう語る。


外国人の半数が差別を経験

NPO法人「反レイシズム情報センター(ARIC)」は4月16日、東京都内で行った外国人留学
生や外国人労働者への差別実態調査の結果を発表し、外国人留学生ら340人中167人の49%
が、なんらかの差別を受けていたことが分かった。

うち167人中100人がアルバイト先など職場、67人がそれ以外の場所で差別を受けたと回
答した。

アンケート調査は今年2~3月に、日本語学校が集まるJR高田馬場、新大久保両駅周辺で
行われた。

340人中285人が日本語学校などに通う留学生で、それ以外が留学以外の労働者、技能実
習生などの外国人。回答者のうち83.8%がアジア出身で、8.5%がヨーロッパ、3.8%が
北米出身だった。


職場での差別の多さ、浮き彫りに

アルバイト先などの職場で、最も多かったのは客から受けた差別だった。

次に多かったのが、上司や同僚からの差別。以下の様な職場での差別を指摘する声が集
まった。

・コンビニでバイトしていた時、客に「外国人の店員はいらない」という内容の発言を
受けた。(ミャンマー出身の男子留学生・滞在期間5年)

・新宿のドラッグストアで働いていた際、「外国人が担当するレジは嫌」と言われた。
外国人だからという理由で、実際にミスをしていないのに、ミスをしたと文句をつけて
くる客がいた。(ネパール出身の男子留学生・滞在期間4年)

・バイト中に中国人客から道を聞かれたので中国語で答えたら、日本人の同僚から「仕事
中に中国語を話すな」と言われた。(中国出身の男子留学生・滞在期間2年)


不動産屋での差別や飲食店での入店拒否

一方、職場以外での差別の中で最も多かったのは、不動産屋での差別。次に飲食店やコ
ンビニなど店での差別だった。店での差別は、特に飲食店などへの入店拒否、予約拒否
が多かった。

・東京で飲みに行くとき電話で予約しようとしたら「外国人ダメ」と言われた。北海道
の富良野でも電話予約で出身地を聞かれ、答えたら「(来訪)ダメ」と言われた。(ネパ
ール出身の専門学校男子留学生・滞在期間4年)


差別の後の泣き寝入りを防ぎ、行政も対策を

差別実態調査をした反レイシズム情報センターは、「差別とは何か」「差別を見たときに
どう対応するか」などを掲載し、主に大学生向けにまとめたガイドブック(上写真)を
作成したり、差別を受けた外国人が相談できるオンラインの窓口も設けている。

今回の調査でも、差別を受けた後の対応として「職場の人に相談した」が19%、「友人
に相談した」は15%だった。一方で59%は「何もしなかった」と答えており、同センター
代表の梁英聖さんは「相談する窓口や、差別を見た時に第三者が止めたりすることが重
要」と話す。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

葉っぱ一枚で巨大魚を狙え! [趣味]


化け物サイズの川魚が釣れる
利根川水系に生息する『ソウギョ』という魚

アシの葉を一枚ひっかけ、餌場の水面に垂らしておく
だけで釣れてしまう。

--
『ソウギョ』は水草や藻類、落水した果実を食うばかりか、増水時には水面に
浸ったアシの葉も大喜びで噛みちぎり、むさぼる。


---
2019.04.11
葉っぱ一枚で東京の巨大魚を狙え!江戸川のソウギョ釣り
discoverychannel

ソウギョ釣り.JPG

釣り人にとっての夢といえば、やはり『大物』。これに尽きる。
だが体長1m、体重20kgを超えるような巨大魚、しかも淡水魚を狙うとなるとそれ

こそアマゾンだのナイルだの、海外へ足を伸ばす必要が出てきてしまう。
…と思いきや、実は東京都内でもそんな化け物サイズの川魚が釣れてしまうのだ。


その大物とは江戸川をはじめとする利根川水系に生息する『ソウギョ』という魚である。

ソウギョは中国を原産とする魚で、本来は日本に分布する種ではない。だが外来魚とはいえ国内で、しかも首都・東京都内
でこれほど大きな魚が見られるとは驚かざるをえない。

さらに面白いのがその釣り方で、なんと使用する餌がただの葉っぱ1枚なのだ。
ソウギョは漢字で『草魚』と表記し、その名の通り草食性の魚である。

水草や藻類、落水した果実を食うばかりか、増水時には水面に浸ったアシの葉も
大喜びで噛みちぎり、むさぼる。

ゆえに釣り針にアシの葉を一枚ひっかけ、餌場の水面に垂らしておくだけで釣れ
てしまうのだ。

とはいえ、ソウギョ釣りならではのコツも必要である。まずソウギョの餌場の
見分け方だが、利根川水系の場合は水際のアシを見て回るとすぐに判別できる。

先端が不自然にちぎられているアシの葉があれば、それこそがソウギョの食事痕。
索餌に際しての回遊ルートの一端である。

そこに葉を浮かべればいいのだが、葉っぱ一枚だけでは気づかずに通り過ぎてし
まう可能性がある。

そこで、足留めのために即席の『食堂』を作ってやるのだ。アシを数本切って束
にして水際に浸すと、ソウギョは空前のチャンスとばかりに夢中で食い漁る。
そこに針つきの葉が仕込まれているとも知らずに…。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感