So-net無料ブログ作成

一時停止癖をつけるべし!横断歩道 [社会]


JAFが信号機のない横断歩道で調査を行ったところ、なんと90%以上のクルマが
一時停止しなかったという。

東京オリンピック&パラリンピックに向けて訪日外国人観光客の安全を守るべく
「信号機のない横断歩道における歩行者優先等を徹底するための広報啓発・指導の
強化について」という通達が全国に向け、発せられた。

--
増々取り締まりが強化されるであろう横断歩道!一時停止。

---
2018/12/01
年末~2019年の要注意取り締まりポイントは、ズバリ、横断歩道!
今のうちに一時停止癖をつけるべし!
motor-fan

年末の流行語大賞ならぬ、2018年の交通取り締まりに関するキーワードNO.1は、
なんと言っても「移動(式)オービス」。
そして、それに続くのは「あおり運転」と言ったところだろう。

その理由は、もちろん、2018年に警察がやけに力を入れて一般にアピールし、
実際に熱心な取り締まりを行ったからだ。では来年は?というと、それはズバリ!

「横断歩道」になりそうな予感がたっぷり。何故かというと、この10月末、2020年の
東京オリンピック&パラリンピックに向けて、「歩行者優先」意識の高い訪日外国人
観光客の安全を守るべく、「信号機のない横断歩道における歩行者優先等を徹底するた
めの広報啓発・指導の強化について」という通達が全国に向け、発せられたからだ。


実はドライバーの9割が日常的に違反しているのだ!

横断歩道を横断している、あるいは横断しようとしている歩行者がいたら、
車両は手前の停止線で必ず一時停止しなければならないというのは、運転免許を持って
いる誰もが知っているはずの、いわば、常識だ。

ところが、特に信号のない横断歩道で横断しようとしている歩行者がいるにも関わらず、
ちゃんと停止するクルマは数えるほどしかいない。中には警笛を鳴らして横断を阻止す
るならず者もいるほどだ。


「歩行者が渡っている、あるいは渡ろうとしている」横断歩道は「赤信号」と同じ意味
を持っているのだ。さらに、手前に駐車車両がある場合は、歩行者が渡っていようがい
まいが、あるいは渡ろうとしていようがいまいが、車両には一時停止義務が課せられて
いる。

が、それをちゃんと守っているドライバーなど、めったにいない。事実、JAFが信号機の
ない横断歩道で調査を行ったところ、なんと90%以上のクルマが一時停止しなかったとい
うことだ。

道路交通法が制定されて以来、もはや半世紀以上が経っているが、今さら警察が重い腰
を上げたきっかけは、やはり、東京オリンピック。外圧がないと動かない日本の行政の
悪い一面とも言えるが、交通事故死車ゼロを目指し、ぜひ適正な取り締まりを実行して
欲しい。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凶暴になった愛犬たちを救う訓練士 [動物]


ペットブームの陰で
なぜ?凶暴になった愛犬たち

危険行動にはしる犬たちは殺処分されている

こんな犬たちの命を救うため真正面から向き合う
一人の男がいる。

社会復帰困難とされる犬を専門に受け入れる訓練士
更生した犬たちは20年間で700頭に及ぶ

とことんやらなかったら
命が終わってしまうと・・・

この方は過去、警察犬を訓練していた方だ。

--
何かが切っ掛けで凶暴化し
それがトラウマとなって人を寄せ付けなくなり
危険行動にでるそんな愛犬たち。
--

Professional ワンちゃんSP 訓練士



コメント紹介

星ヒカル

鞭打ち、体罰訓練の批判はまともな判断が出来る人間なら
噛み犬の末路がどうなるか?
答えがすぐにわかる問題。この人は愛情深いと感じる。

ここまで噛み癖が酷い犬を
放棄せず全力で、犬が好き過ぎる人間でしか出来ない。

この人を尊敬出来る一番の素晴らしいと感じる事は噛み癖が治らなかった場合、
引き取って天命を全うするまで自身が飼育する。

大半が飼い主が問題犬にしたのに、飼い主が天命を全うするまで飼わないに対して
何の責任も無いこの人が飼うのは犬への愛情以外何者でも無い。

批判する人はそれなら貴方が噛み犬を里親として迎えて飼えば良い。
それさえ出来ないのに口だけ出して批判は理にかなわない。


豚汁

言葉のわかる人間ですら教育難しいからな


花田光喜

この人は自分が、むかついたから暴力をふるっているわけではないです。
そこが虐待との大きな差だと思います。


latias314

まめ蔵の飼い主もいい人だよな。
捨てるんじゃなくてどうにかしてやりたいから調べて中村さんに
辿りついたんだろうな。
こんな飼い主が増えればいいのにな。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人は本当は何もわかっていない [生活]


人は本当は何もわかっていないと分かった時
傲慢さが個人主義、唯物主義を生み、それが蔓延していることに気付く。

不思議だと思う心を封印することなく、「不思議」でいっぱいの世界に
生きたいものです。何でもわかっているという傲慢さを捨てて・・

---
人は本当は何もわかっていない
compass-point

岡潔

敬愛してやまない数学者、岡潔の言葉をふたたび紹介しよう。このたびの新元号「令和」
の発表を目にした時、なぜか頭に、この世界的数学者である岡潔が去来した。うすれゆ
く日本人の情緒に警鐘を鳴らし続けた岡の、「人の中心は情緒である」というひとつの
定義がはっきりと啓示されたような気がしたのだ。

幼いころ「不思議」でいっぱいだった世界は、成長するにつれ「不思議」では
なくなってゆく。
 
人として生きていくためには、考え理解する能力が求められるからだろう。
それゆえ、「不思議」なことは封印せざるを得なくなる。

そしてしだいに、
「不思議」だったものは「当たり前」に変わってゆく。 

ものをひとつ覚えていくほどに、偉くなったような気がした若年なころとは打って
変わって、ある程度人生を生きると、知れば知るほど知らないことが多いことに気づく。

自分にとって当たり前なことも、他人にとっては当たり前でないことや、誰にとっても
当たり前なことは何ひとつないのだということを。

「本当はわかっていない『自分』や『自然』について、勝手に『こうだ』と決めて、
わかっていると思い込む中から個人主義や唯物主義も出てきました。
それが、生きていることに対する不平不満をずいぶん生んでいるようなのです」

こういった思い込みを消してしまえば、もっと気が楽になるだろうと岡は言う。
いろいろ知っていると思っていても、付け焼き刃を落としてみれば、さっぱり何も残ら
ないのだからと。

思わぬ出来事に遭遇したとき、思わぬ自分と出会うことがある。
だとすれば、自分の一番の理解者は自分であると同時に、まったくの他人であることも
事実であろう。

自分のことすらわからないのに、他人のことなどわかるはずもない。
自分は何もわかっていないと思うからこそ、寄り添い、分かち合おうと
思うのではないか。

岡潔の論法で言えば、世の中に蔓延する「ドーダ!」の自己顕示欲や「わかってほしい」
「認めてほしい」という承認欲求は、自分は何でもわかっているという傲慢さが生み出
した個人主義、唯物主義の成れの果てとも言える。

世界は不思議で満ち溢れ、当たり前は当たり前でないと気づいた時、

本当は何もわかっていなかったのだと、

他人にも自分にも、森羅万象すべてに謙虚な気持ちになれるだろう。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

増える都会のネズミ [環境]


ネズミは人間の出すごみや食べ残しをあさって生きているのだから、そもそも
人間こそが汚いと言えるのでは・・ネズミは人間そのもの

各都市がごみの処理方法を抜本的に改めない限り、
「この闘いはネズミが勝ち続けます」 と。

人間のすぐそばで暮らす生き物であるネズミは荒廃した都会の象徴
---
2019.04.12
増える都会のネズミ、まるで人間の影
ナショジオ

ネズミは、人間の影のような存在だ。人間は都会の地上で暮らし、ネズミはたいてい
地下にいる。

世界の都市で、ネズミが増え続けている。過去10年間で15〜20%も増えたという推計も
ある。人間のすぐそばで暮らす生き物のなかでも、ネズミは最も嫌われていると言って
いいだろう。

不潔でずる賢く、荒廃した都会の象徴であり、病原体の運び屋というイメージもつきま
とう。

ロングアイランドで育ったボビー・コリガンは、都会のネズミに詳しい専門家だ。1981
年から研究を続け、世界各地の都市や企業から相談を受けている。シアトルではネズミ
が便器から姿を現す頻度が急増していると教えてくれたのも彼だ。

ニューヨークで最も数が多いのはドブネズミ(Rattus norvegicus)。ドブネズミは穴に
すむ動物で、体のなかでは頭骨が最も大きいため、それより幅の広い場所ならどこにで
も入り込める。

先日、ニューヨーク市長のビル・デブラシオが、公営住宅のネズミを徹底的に駆除する
新計画を発表した。同市は3200万ドル(約35億円)を投じ、ネズミが最も多い地区で
最大7割を駆除する予定だ。


「ネズミは人間そのものです」

だが、ネズミを根絶するのは不可能に近い。一部の地区で殺鼠剤を使って駆除しても、
生き残ったネズミがまたすぐ繁殖し、夜な夜な市内のごみをあさっていると、コリガン
は話す。

各都市がごみの処理方法を抜本的に改めない限り、「この闘いはネズミが勝ち続けます」

嫌われ者のネズミだが、本当にそれほど悪い生き物だろうか。私たちが嫌うネズミの特徴
――汚さや驚異的な繁殖力、そして不屈の生存能力は、人間との共通点でもある。

実際、ネズミは人間の出すごみや食べ残しをあさって生きているのだから、そもそも
人間こそが汚いと言えるのではないだろうか。

コリガンは言う。「ネズミは人間そのものです。人間は自分たちのすみかを清潔に保っ
ていないじゃないですか」

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感