So-net無料ブログ作成

日本を滅ぼす「ムダな医療」 [健康]


日本でも今後増えていくとされる「ムダな医療」の見極め。
米国ではこれをリスト化して「ムダな医療」を激減させている。

2019年現在、およそ300項目が追加され、計550項目ほどになっている。

日本の検査、薬漬け医療を減らす突破口になればいいが・・

--
高齢者の医療費を無料化とは医師が無料で医療行為をしている分けではない。
無料に釣られた患者に「ムダな医療」を施す機会を与えてはならない。

---
2019.4.12
日本を滅ぼす「ムダな医療」米国では激減のワケ
もはや世界では常識の「チュージングワイズリー」とは何か?
jbpress

米国で進む「チュージングワイズリー」の動きをご存じか? 
近年、医療分野において増加している「メリットよりもデメリットが
上回る医療行為をリスト化する活動」のことを、そう呼ぶのだという。

最前線をいく米国では、世界的に権威のある医学会などが率先してリスト化に
協力している。2014年に250項目程度だったリストは、5年経った2019年現在、およそ
300項目が追加され、計550項目ほどにまで増えた。


医療情報が氾濫するネットの海

私はかれこれ20年近く、医療分野の取材や記事執筆を重ねてきた。
そうした経験もあって、身近な人から医療について相談を受けることも多い。
病気になると大抵の人はまず、インターネットを使って医学的な知識を深めようとする
はずだ。

いま、インターネット上にはあらゆる情報があふれている。
だが、玉石混交の膨大な情報の海の中から、正しいものを見つけるのは至難の業だ。


ムダな医療の見極め方とは?


医療のムダを3つのパターンに分けると

では、ムダと考えられる医療行為とは何か。私が考える整理の仕方では、
「ムダな医療」とは次の3つのパターンに分かれる。


(1)デメリットがメリットを上回るものは、ある意味ではすべてのムダな医療行為に
当てはまるだろう。たとえばCT検査の問題。検査によって得られる情報の価値よりも、
放射線被ばくによる発ガンリスクの上昇の方が問題視されるケースは、じつは数多くあ
る。

さらに検査後の診断が誤っていたりすると、患者は不必要な精密検査や治療を強いられ
ることにもなる。一見すると有用に思える検査であっても、場合によってはムダになる
というわけだ。


(2)メリットがないものの場合も、メリットよりデメリットの方が大きいわけで、
ある意味において1つ目と重複する。だが、分かりやすく考えるためにあえて分けている。

たとえば、細菌にしか効かない抗菌薬を、ウイルス感染の治療に使うようなケースが
これに該当するだろう。この場合、抗菌薬を使うメリットは皆無である。
よく勘違いされるのだが、抗菌薬、いわゆる抗生物質は、細菌に効果を発揮するもので
ウイルスには無効だ。


抗菌薬を必要以上に使うと、耐性を持つ細菌を増やす恐れもあり、海外では
「スーパーバグ」という名で問題視されている。日本でも院内感染による死者の原因が、
スーパーバグであることも多い。抗菌薬を多用して院内感染が広がったなら、
それはムダな医療が患者を苦しめたとも解釈できる。


(3)デメリットが大きすぎる場合。こちらもやはり、メリットをデメリットが大きく
上回るという意味では(1)と重なる。しかし、この場合はムダという言葉のニュアンス
がより強いと考えて(2)と同様に分かりやすさの観点から、別にしている。

たとえば、良かれと思って行った医療が、結果として患者に無視できない負担を強いる
ような場合だ。典型例は延命治療だろう。患者が口から食事をできなくなったとき、
本人が希望していないのに胃に管をつないで、栄養液を定期的に注入して生きながらえ
させるようなケースである。

これは(1)、(2)よりも、ただただデメリットが大きいと見られる医療行為で、
人間の尊厳が置き去りにされたまま、命をつながれる高齢者は日本でもじつに多い。



なぜ広がる?米国での「ムダな医療」排除の動き

米国ではいま、医療行為の「価値」に目を向ける動きが強まっている。
これは「バリュー・ベースド・メディシン」、すなわち価値に基づく医療と呼ばれる動
きで、医療行為が実際に利益を生むかどうかを重視するというものだ。

さらには、その価値と医師の給与を結びつける動きが、米国では始まりつつある。
ムダな医療を指摘するばかりではなく、医療行為が利益を生んだときに、医師の受ける
利益も増やすという「アメ」が用意されているのだ。


ムダな医療大国・日本の進むべき道

1980年前後、米国を含め世界が問題視する前から、日本はムダな医療の問題を先取りし
ていた。1973年から1982年の9年間、70歳以上の高齢者の医療費を無料化したときに、
不必要な入院を大量発生させた経緯があるのだ。


いまの日本は、高齢化や国民の医療費の高騰…

いまの日本は、高齢化や国民の医療費の高騰にも直面している。
足下ではベッド数の削減、入院期間の短縮といった対策が進んでいるが、
ムダな医療の削減はそうした対策の一つに入ってしかるべきものである。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最深部まで進む海洋汚染 [環境]


人類が発明した物質の中で最大の汚染物質とされているプラスチック。

毎年海に捨てられるプラスチックごみが「行方不明」になっているが
何処に行ってるのかを海流のコンピューターモデルを用いて推定。

その結果、地中海、インド洋、東南アジア周辺の海域で、水深数千メートルに及ぶ
さまざまな深さで顕著に蓄積されることが分かった。

地球の最深部であるマリアナ海溝(Mariana Trench)底部に生息する小型のエビの
消化管内から、マイクロプラスチック繊維が発見された。

---
2019年4月10日
「行方不明」の海洋プラごみはどこに? 謎解明に一歩前進
AFP

人類は毎年数百万トンものプラスチックを世界の海に捨てているが、海面上にはその
ごく一部しか見えないのはなぜか――この謎は長年、科学者らを悩ませ続けてきた。

 地球上の「行方不明のプラスチック」がどこにたどり着いているのか、という謎の
解明に一歩近づいた可能性がある研究結果が9日、発表された。

これは、人類が発明した物質の中で最大の汚染物質の一つであるプラスチックを追跡し、
移動経路の地図を作製する史上初となる国際プロジェクトの成果となる。


毎年海に捨てられるプラスチックごみ400万~1200万トンのうち、海面にとどまってい
るのはわずか25万トンにすぎないと考えられている。全体的にみると、数十年間にわた
り海に投棄されたプラスチックの99%以上が現在、行方不明になっている。


「海面にあるプラスチックですら、浮き沈みを繰り返している。常に、海のさまざまな
領域で、さまざまな深さを移動し続けている」


飛躍的進展の可能性

今回の研究で、行方不明のプラスチックの研究に飛躍的な進展がもたらされる可能性が
あるという。モントフォード氏は研究で、三つの異なる密度のプラスチックについて、
一旦沈み始めたらどこに多く集まるのかということを、海流のコンピューターモデルを
用いて推定した。

その結果、地中海、インド洋、東南アジア周辺の海域で、水深数千メートルに及ぶさま
ざまな深さで顕著に蓄積されることが分かった。

プラスチックの大半は最終的に海底に行き着く。今年発表された別の研究では、地球の
最深部であるマリアナ海溝(Mariana Trench)底部に生息する小型のエビの消化管内か
ら、マイクロプラスチック繊維が発見されたことが明らかになっていた。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何の天分もない人間は、ただのひとりもこの世におらん [生活]


天から授かった生命は、どの生命もかけがえのないもの。
その生命の時間を大切に、精一杯、生ききること。

世の中は、さまざまな人がいて成り立っている。
もてる力を存分に発揮すれば、一隅を照らすことはできる。

---
何の天分もない人間は、ただのひとりもこの世におらん
compass-point
宮本輝『流転の海』より

宮本輝が36年の歳月を経て描き続けた『流転の海』シリーズ、第一部からの抜粋である。
激烈な存在感で読者の心をわしづかみにする主人公、松坂熊吾のセリフだ。

熊吾は著者自身の父親がモデルだという。理不尽極まりない、わがままで女好きの熊吾。
戦後の日本には、こんな男たちがたくさんいたんだろうな、とつくづく思う。


人生の早い段階で、進むべき道が定まっている人は運がいい。

道草しても寄り道しても、迷わず前へ進むことができるから。


けれど、多くの人は、まず道の選択に迷う。

自分はどの道をいくのか。

何をたよりに歩いていくのか、と。


「天分」と聞くと、ものすごく大きな、特別な才能だと勘違いする人は多い。

秀でた特技や技術があったり、頭脳明晰であったりと、誰がみてもそれとわかるものが
天分だろうと。


垣根涼介の小説『信長の原理』の中に、こういうセリフがあった。


「人間といえども、しょせんは流転する万物のひとつ。その一点においては、
牛馬や蟻と変わりませぬ。あまたを照らす彼らも、それほど暇ではありますまい」


この世に神や仏はいるかと信長に尋ねられたときの、松永弾正の言葉である。

いたとしても、人間のことに、ことさら興味も持ってはいないだろうと。


万物の創造主は、人間だけに光を注いでいるわけではない。

生きとし生けるものすべてに、まんべんなく燦々と光を降り注いでいる。

だからこそ、影も日向もできる。

そして時が過ぎれば、影が日向に、日向が影に変わってゆく。


ビジネス界でバリバリと仕事をこなす人もいれば、料理人として腕を振るう人もいる。

話し上手な人、聞き上手な人、先頭に立つ人や、背中を押していく人。

世の中は、さまざまな人がいて成り立っている。


ぶつかり合い、助け合い、パズルのピースを合わせるがごとく、互いの凹凸を埋め合わ
せながら、ひとつの世界を作っている。

相手の欠けたところ、足りない所を、自分ができることで補っていきながら。


天から授かった生命は、どの生命もかけがえのないもの。

その生命の時間を大切に、精一杯、生ききること。

特別なことでなくても、一生懸命、もてる力を存分に発揮すれば、
一隅を照らすことはできる。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

官僚は庶民の現実を把握していない 露 [社会]


・庶民の現実を把握していない官僚
・自国の貧困を信じられない?官僚
・外国メディアから指摘されるお粗末さ。

--
何処かの国でも失言で更迭など、国民の逆鱗にふれる発言が多いが
上にいけば行くほどその傾向がでてくる。

まさに「庶民の現実を把握していない」だ。

---
2019年4月12日
ロシア、新しい靴を買えない家庭が3割強、
それを「理解できない」大統領報道官
newsweekjapan

<ロシア連邦統計局の調べで、ロシア生活の現状が明らかになったが、
これを聞いた大統領報道官が、「理解できない」と発言して問題に......>


新しい靴を買えない家庭3割強、地方では下水もない

ロシアでは、3家族のうち1家族は新しい靴さえも買えないほど貧困にあえいでいるとい
うことが、このほどロシア連邦統計局の調べで明らかになった。

しかしこれを聞いた大統領報道官が、「この数値はどこからきたんだ?」といぶかしげに
記者に聞き「理解できない」と発言したため、外国メディアは「庶民の現実を把握してい
ない」と指摘している。

この統計は、ロシアの生活水準を調べるために2011年以来、年に2回実施されているも
の。今回は2018年9月にロシア全土で6万世帯を対象に調査が行われた。

英ザ・タイムズ紙によると、統計局が発表した数値は、ロシアの家庭のうち35.4%は1
シーズンに靴1足しか持てないほど貧しいというものだった。また、

家計のやりくりが苦しいという家庭は79.5%に上った。年に1週間以上の旅行(友人や家
族の家に滞在する場合も含む)に行かれると答えた家庭は約半数だった。

また英公共放送BBCは、肉か魚を毎日ではなく1日おきにしか食べられないと答えた家庭
は10%に上り、12.6%の家でトイレは共同か屋外にしかないと答えたと報じている。

さらに都市部を除く地方で限定すると、38%が屋外トイレしかなく、下水がまったく完
備していない世帯の割合は約20%に達した。


自国の貧困を信じられない?大統領報道官

ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は記者とのブリーフィングでこの統計について、
「ロシア政府はこのデータを理解するのに苦労している」と打ち明けた。「なんで靴な
んだ?なんで3家族のうち1家族?この数値はどこから来たんだ?」と記者に問いかける
一幕もあった。さらに、統計局に説明してもらいたいとも加えたという。

ザ・タイムズは靴の項目について、「ロシアは季節によって寒暖差が大きいため何足か
靴を持っている必要がある。(たとえば)モスクワは降雪、豪雨、猛暑になることもあ
り、気温はマイナス25度からプラス35度と幅広い」と説明している。

ロシアの英字日刊紙モスクワ・タイムズによると、ロシア連邦統計局はこの調査につい
て、「妥当な生活や貧富」に関する回答者の考えを主観的に反映したものだと説明。
統計には総体的に考慮されるべき要素がいくつかあり、靴の項目もその1つだとしている。

BBCは、統計結果を理解できないとしたペスコフ報道官の発言について、「官僚は庶民の
現実を把握していないことを示唆しており注目を集めている」と伝えている。

庶民との格差についてBBCは、ペスコフ報道官が履いているブーツは、ロシアの月額最低
賃金の倍近い金額だと指摘している。

またザ・タイムズは、ペスコフ報道官が2015年の自身の結婚式で6000万円近い腕時計を
していたため(同紙によると当時の同報道官の年間給与は約1350万円)、その金はどこ
から来たのか疑問視されていたと報じている

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感