So-net無料ブログ作成

"借金漬け"で社会に出る米国の私立大学生 [社会]


米国経済に潜む巨額な「学生ローン」
米国では4470万人が学生ローンを抱えている

学生ローンの大半は米国連邦からの借り入れであるため、
日本と異なり、自己破産を宣言しても返済義務は消滅しない

米国はケタが違うローン地獄
学生ローンの総額は2006年から2016年にかけ、2.7倍の145兆円

・・と米国経済に影を落としている。


---
2017/04/17
教育大国アメリカはローン地獄に悩んでいる
toyokeizai

4月1日、日本で初めて「給付型奨学金」が創設された。しかし、給付額は、私立大学で
1人当たり月3万~4万円、年間でも数十万円にとどまる。


一方、米国の私立大学生は、授業料と生活費の全額に相当する数百万円の奨学金が受け
られることもある。しかし、それ以外の学生の負担額は大きい。このため米国では、
大多数の学生が学生ローンを組み、"借金漬け"で社会に出る。

まったく異なる日米の大学制度についてみていこう。


米国では4470万人が学生ローンを抱えている

「米国経済は何かが間違っている」――。
JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOが、4月4日付の株主への書簡にこう
書いた 。堅調な米国経済に潜む問題点の1つとして触れられていたのが巨額な「学生ロ
ーン」である。

米国では、私大生の75%が、平均400万円もの学生ローンを抱えている。2000万円以上の
人も41万人を超える。米国の成人人口の4人に1人、4470万人もの人々が学生ローンを抱
えて暮らしているのである。

しかも、これらの学生ローンの大半は米国連邦からの借り入れであるため、日本と異な
り、自己破産を宣言しても返済義務は消滅しない 。

ちなみに日本の政策金融公庫の教育ローン残高は2017年2月末で8800億円にすぎない。
民間銀行の教育ローンの残高統計はないが、仮に住宅ローン以外の貸し出しの5分の1が
教育ローンだとしても3兆円程度にしかならない 。米国とはケタが違う。

米国の学生がここまで借金漬けになったのは、この10年のことだ。学生ローンの総額は
2006年から2016年にかけ、2.7倍の145兆円になった。


借金膨張の背景にあるのは、大学の学費の高騰だ。米国では、ハーバード大学をはじめ
とする有名校は私立が圧倒的に多いが、これらの大学の学費は年間400万~500万円とべ
らぼうに高い 。

さまざまな奨学金や学費の割引制度はあるものの、これに下宿代や参考書代が上乗せさ
れるため学生の負担は大きい。

私大の学費は20年前には米国と日本で大差なかった。しかし、この20年間で米国の私大
の学費は2.8倍にハネ上がり、上昇率が年1%にも満たない日本の学費の5倍になっている。
これほどの格差は物価上昇率の違いだけでは説明できない。


米国は学費も授業の質も高い

授業料高騰の背景はさまざまだ。理工系学部の設備は高度化しているし、少人数制の双方
向の授業形式のため学生当たりの教員の数も多い 。

たとえばハーバード大やイエール大学では学生4人につき1人の教員がいるのに対し、日本
の国立大学のトップは6人に1人の割合である。日本の私立大の包括的なデータはないが、
教員数はさらに少ないといわれている 。

加えて教員の給料も上昇している。有名教授は大学間の争奪戦になるためだ 。学部によ
っては教授の年収は数千万円に上る。日本の有名私立大の教員の年収は1100万~1300万円
。国内の平均給与よりは高いが、米国よりはるかに低く、給与格差も小さい。

米国では、こうした少人数制によって、あのマイケル・サンデル教授の「白熱教室」並み
の、教授と学生の双方向の授業が一般的である。そのような濃密な授業に備えるため、
米国の学生は勉強で毎日忙しく、学外でアルバイトをする余裕はない。1週間当たりの授
業の予習時間は米国の13.3時間に対し、日本では5.7時間だ(2016年の名古屋大学の調査
による)。

米国ではまず存在しない「まったく勉強しない」という学生も、日本には1割程度存在す
る。その一方で、日本の学生は、アルバイトに学習時間の2倍近くの時間を費やしている。


米国の教育熱の高さは大学だけでなく、初等教育から見られる。たとえば、米国では、
優秀な公立小・中学校がある地域は地価にプレミアムがつくといわれる。成績不振の子
供の親には、ほかの親から「この地域の住宅価格が下がるから、お宅の子供をちゃんと
勉強させてくれ」というクレームまで来るという。

米国民はなぜそこまで教育におカネをかけるのだろうか。米国人の学歴と将来の収入に
は相関があり、失業率も高学歴者ほど低くなっているためだ。親子ともに、良質な教育
を求める気持ちは極めて切実である。

このように、良質な教育の需要が学校運営費を上昇させ、ひいては、先に挙げた総額145
兆円という学生ローンの膨張を招いた。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

火砕流は空気のクッションの上を滑る [火山]


火砕流があれほど早く遠くまで流れ下るのは、エアホッケーの原理が働いている
ということが分かった。

奔流の温度は約700℃、スピードは時速80キロを超える。

--
活火山から約100キロ圏内には現在、約8億人の人々が暮らしており
命を奪う火砕流の猛スピードの理屈などはコミュニティ支援のために生かされる

---
2019/04/10
命を奪う火砕流、猛スピードの原因を解明、最新研究
headlines

エアホッケーのように空気層の上を滑っていた

火山が噴火した際に、多くの死者が出る原因の一つとなっているのが火砕流だ。
高熱のガスや灰、岩屑などが混ざり合って斜面を流れ下る現象で、その奔流の温度は
約700℃、スピードは時速80キロを超える。

予測することも逃げることも難しい現象だが、火山に近いコミュニティを守るうえで、
火砕流の仕組みを理解することはきわめて重要だ。たとえば、火砕流は想定以上に遠く
まで達することがよくあるが、その原理はこれまでわかっていなかった。

この疑問への答えを提示する新たな研究成果が、4月8日付けで学術誌『Nature Geoscie
nce』に発表された。


空気の層で摩擦を回避

論文によると、火砕流があれほど速く、あれほど遠くまで移動できるのは、それらが
空気のクッションの上を滑っていくためだという。

適度に細かい灰やガスなどがぎゅっと凝縮された火砕流は、なめらかな空気の土台に乗
って前進する。この空気は、火砕流が斜面を下ったり、水平な地面を進んだりするとき
の摩擦を減らし、また十分な勢いがあれば、斜面を登ることも可能にする。

実際の火砕流を分析するのは困難だし、極めて危険だ。そこで研究チームは、ニュージ
ーランドで2000年前に起こった大噴火による堆積物を大量に用いて、屋内で再現実験を
行うことにした。

彼らは堆積物を熱してから12メートル弱の滑り台を滑らせ、小規模ではあるが驚くほど
現実に近い火砕流を作り出した。

さらにコンピューター・シミュレーションを用いて、この実験結果から実際の規模の
火砕流を再現した。すると、得られたデータは、前述の摩擦を回避するメカニズムが噴
火の最中にも働いていることを示していた。

「実験と数値モデルを組み合わせることで、複雑な自然のプロセスをより深く理解でき
るという好例です」と、今回の研究には参加していない米国立自然史博物館の実験火山
学者、ベン・アンドリューズ氏は語る。


エアホッケーの原理

今回の論文の著者であるニュージーランド、マッセー大学のガート・ルーブ氏らのチーム
は、火砕流を安全に研究するため「火砕流噴火大規模実験(PELE)」と呼ばれる装置を
開発。実験をハイスピード撮影すれば、滑りをもたらす空気層の発達など、火砕流の活
動を詳細に観察することが可能になる。

火砕流の内部には空気が存在する。火砕流の底にある空気が地面とぶつかると、空気が
もつエネルギーの一部が運動エネルギーに変化し、圧力(気圧)が低下する。すると、
火砕流の底に気圧の低いゾーンができ、その上に気圧の高いゾーンができる。

この圧力差によって、火砕流内部から底への空気の流れができ、潤滑クッションができ
あがる。そこには別の原理も働いているが、このクッションは、エアホッケーのテーブ
ルから送り出された空気が、その上を走るパックの摩擦を減らすのと同じ効果を発揮し
ている。

この空気のクッションによって「大きな違いが生まれます」と、ルーブ氏は言う。
なぜなら、さまざまなものが混ざりあった火砕流内部には、非常に高い摩擦力があるか
らだ。潤滑の役割をはたす空気がなければ、「火砕流内部はトラックに積んだ砂程度の
可動性しかないでしょう」

ルーブ氏はまた、火砕流ではこの空気による潤滑のメカニズムが発生するが、火砕サー
ジと呼ばれるガスの多い現象では、この仕組みは働かないと指摘する。


火砕流の「指紋」を探して

今回の論文は、火砕流のモデルに組み入れるべき重要なデータを提供していると、英ハ
ル大学の火山学者、レベッカ・ウィリアムズ氏は述べている。

実験室で火砕流を再現することは、最近よく行われている。「実験では、実際の火砕流の
活動のごくわずかな断片を垣間見るだけです。しかし、そうした断片の一つひとつは、
あの恐ろしい火砕流についての知識を構築するうえで重要なのです」

カナダ、ブリティッシュコロンビア大学のジョハン・ギルクリスト氏は、今回の研究を
評価しつつ、これまでにも火砕流がなぜあれほど遠くまで到達するのかを説明する有力
な研究があると指摘する。

また同氏は、研究チームのコンピューターモデルによる推測は簡略化されたものだとも
述べている。今回の新たなシミュレーションは最先端のものではあるが、これを最も大
規模で、最も破壊力の強い火砕流に対して、どこまで適用できるかはまだわからない。

研究の次のステップは、まずモデルの精度を上げること、そして同じく重要なのは、現
場に戻ってみることだろう。

空気のクッションの上を滑る火砕流から途中でこぼれていった岩屑の中に、特徴的な
“指紋”が残っている可能性があるからだ。火山学者がそうした痕跡を探せれば、火砕
流が空気の上を滑るという説を補強できると、ギルクリスト氏は言う。

謎は完全に解明されたわけではないが、今回の研究が「重要な前進」であることは間違
いないと、スミソニアン研究所のグローバル火山活動計画の火山学者、ジャニーン・ク
リップナー氏は述べている。

活火山から約100キロ圏内には現在、約8億人の人々が暮らしており、「火砕流はこうし
た地域の人々の命を奪う大きな要因となります」と、クリップナー氏は言う。「わたし
たちが行う研究はすべて、コミュニティ支援のために生かされます」

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノートルダム寺院 尖塔が崩壊 [国際]


「ぼろぼろのノートルダム寺院の栄光を再び」と大幅な改装、補修、修繕されるも
プラスチックや合板で代替されるなどお粗末なもの。

危機感を覚えたパリ当局は、寄付を募り修復のための動きはあったものの
「仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔が崩壊」という事態を招く。

ノートルダム大聖堂wikiには既に「2019年4月に大規模火災が発生し尖塔などを焼失」
と書かれている。

--
フランスとヨーロッパ文明の象徴でもあり
1000年近い歴史を持つ寺院の尖塔崩壊は象徴的な出来事である。

ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。

2019年は「令和」への改元を号令に、世界で歴史的な象徴的なことが起こる予感。
かっての栄光は尖塔崩壊のように崩れ去る・・

---
ノートルダム大聖堂で大火災 尖塔と屋根が崩落
bbc

「大聖堂は800年にわたりパリを見守ってきた。嬉しいことも悲しいことも、
何世紀にもわたり、ノートルダムの鐘が刻んできた」、
「目の前の光景はひたすら恐ろしい」

ノートルダムほどパリを表すものは、ほかにない。
国のシンボルとしてはほかにエッフェル塔があるが、エッフェル塔は築100年余りに
過ぎない。ノートルダムは1200年代から絶えず、パリの街を見下ろしてきた。

---
2019/04/16
仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔が崩壊
headlines.yahoo

パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で15日夕、
大規模な火災が発生した。火災により同寺院の尖塔が崩壊。1000年近い歴史を持つ寺院と
その貴重な芸術作品の数々の将来が危惧されている。


---
ノートルダム大聖堂 wiki

ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。

パリのノートル・ダム大聖堂の正面に向かって左側のポルタイユ(正面)には、聖母マリ
アの聖母被昇天の主題が取り上げられている。中段では聖母マリアが地上における生を終
える場面が描かれ、上段でキリストから祝福を授けられている聖母マリアが鎮座している
。キリストを中心にして天使や聖人たちが描かれており、過去、未来、未来という崩れた
構成となっている。

2019年4月に大規模火災が発生し尖塔などを焼失した。


---
2017年8月2日
ぼろぼろのノートルダム寺院の栄光を再び、パリ
AFP

仏作家ビクトル・ユゴー(Victor Hugo)は、今のノートルダム寺院(Notre Dame Cathe
dral)を見たら衝撃を受けるだろう──彼が愛したパリ(Paris)中心部の寺院では、
公害、天候、そして経年による劣化がひどく進んでいる。

ユゴーが1831年に小説「ノートルダム・ド・パリ(The Hunchback of Notre Dame)」
を書いた大きな理由は、このゴシック建築の素晴らしさに再び注目を集めるためだと
されている。当時、ノートルダム寺院は人々からなおざりにされ、そして大幅な改装に
よって従来の外見が損なわれてしまっていた。

双塔、ステンドグラスの窓、怪物の彫像「ガーゴイル」、フライング・バットレスなど、
壮大なノートルダム寺院が完成するまでには1世紀以上を要した。国連教育科学文化機関
(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(World Heritage Site)に登録されており、
毎年1200万~1400万人が訪れる。

フランス政府はノートルダム寺院の維持に年間200万ユーロ(約2億6000万円)を費やす
が、補修すべきところは増えるばかり。

頭を失ったガーゴイルは、見栄えのしないプラスチック製のチューブで修繕され、部分
的に消失した石の欄干は合板で代替された。また、小尖塔は崩れ、ステンドグラス窓枠の
補修状況もお粗末なものだ。

フライング・バットレスからはがれ落ちた装飾部分は回収、保管されている。空へと伸
びる高さ93メートルの尖塔も高額をかけて修復する必要がある。

危機感を覚えたパリ当局は、修復のための寄付を募っており、基金への400万ユーロ
(約5億2000万円)の拠出を明言した。


概算によると、すべてを修復するには30年以上かかり、少なくとも1億5000万ユーロ
(約195億円)が必要だという。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震「どこでも起こりうる」と警鐘 [気象・地震]


熊本地震の発生後、被災者の多くは
「熊本に地震がくるとは思わなかった」と口にした。

地震予測の最大の弊害だと考えるのは、政府の予測地図で危険とされていな
い地域が「安全」と誤解されかねない点。

日本はどこでも不意打ち地震が起こりうるので、
全国で満遍なく災害対策を行うべきだと話している。

---
2019年04月14日
地震「予測」研究、岐路に 時期、規模の特定は知見不足 
「危険性提唱」十分伝わらず 「どこでも起こりうる」警鐘
nishinippon

阪神大震災や東日本大震災、熊本地震など大きな被害を伴う震災が相次ぎ、予知や予測
を目指してきた日本の地震研究が岐路に立たされている。発生時期や規模、場所を事前に
特定する技術は確立されていない。

「今の科学の知見では予知、予測は幻想だ」という厳しい意見もあり、研究成果をどう
防災に生かすのか、地震学者の苦悩は深い。

「熊本地震後、しばらく立ち直れなかった」。九州大の清水洋教授(火山・地震学)は
語る。熊本地震を想定し、啓発活動に力を入れていたつもりだったが、それがほとんど
伝わらなかったと感じたためだ。

熊本地震に襲われた熊本県益城町周辺では、1999年にマグニチュード(M)4・2、
2000年にM5・0の地震が起き、清水教授がセンター長を務める九大地震火山観測研
究センターは臨時観測を開始。熊本地震を引き起こした「布田川-日奈久断層帯」で地震
活動が活発な一方、その一部である「高野-白旗」区間は活動が少なく、大きな地震が心
配される「空白域」となっていたという。

清水教授は、益城町も含め熊本県内で何度も講演し「震度7規模の揺れが起こる可能性
がある。建物の耐震化や家具の固定、地域の防災リーダー育成を急いでほしい」と呼び
掛けていた。熊本地震前震では実際に「高野-白旗」区間が大きく動いた。

熊本地震の発生後、被災者の多くは「熊本に地震がくるとは思わなかった」と口にした。
清水教授は「啓発活動をやった意味があったのだろうか」と無力感に苦しんだという。

「危機感が伝わらない最大の弱点は、いつ起こるか明言できないこと。明日かもしれな
いし100年後かもしれない、としか言えなかった」。それでも、防災に生かした人も
いたと知り「一人でも役に立つなら」と心を奮い立たせている。


地震のメカニズムは複雑で未知の断層も存在することから「地震予測は科学的に検証さ
れたものではなく、予測というより予言と呼ぶべきものだ」と手厳しい。

ゲラー氏が地震予測の最大の弊害だと考えるのは、政府の予測地図で危険とされていな
い地域が「安全」と誤解されかねない点だ。ゲラー氏は「南海トラフや首都直下型など
の危険性ばかりが叫ばれ、それ以外の地域で地震が起きれば『想定外』で済まされる。

日本はどこでも不意打ち地震が起こりうるので、全国で満遍なく災害対策を行うべきだ」
と話している。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感