So-net無料ブログ作成

「昭和」からのツケを引き継ぐ「令和」 [環境]


花粉症、温暖化による被害、そして放射性廃棄物の処分と
人の健康や環境問題のツケは、新時代に持ち越される。

人と自然との「調和」が一層迫られる「令和」
昭和、平成時代のエネルギー消費のツケを先の世に押し付けることになる。

--
昭和は遠くなりにけりと言うが、昭和のツケを引きずっていくことになる。

---
2019年4月12日
花粉症、温暖化、放射性廃棄物の処分
──「昭和」からのツケを引き継ぐ「令和」
newsweekjapan

「令和」の時代に期待感が高まる。とはいえ、残念なことに「昭和」「平成」とわが
国が選択してきた資源・エネルギー政策のもたらした人の健康や環境問題のツケは、
新時代に持ち越される。

典型は、花粉症、温暖化による被害、そして放射性廃棄物の処分である。

いわば自然界からのしっぺ返しとも言える未解決課題だが、その解決に向けて「令和」
の時代には、人と自然との「調和」が一層迫られることになる。


戦後の拡大造林が生んだ「花粉症」

今や「国民病」ともいわれる花粉症。気象予報によると、関東地方ではスギ花粉の舞う
ピークからヒノキ花粉の時期に移ったとされるが、4月中旬までに収まりを見せるだろう
か。

前年夏の日射量に影響されて春先の花粉飛散が増える傾向があるだけに、今年の花
粉症の発症に苦しめられた知人の声を多く耳にする。

そもそもスギ花粉症問題は、戦前・戦中の軍需や戦後の復興用の木材需要に応じるために
森林の伐採が増大し、ハゲ山になるまで山林が荒廃したことに起因する。荒れた国土を襲
う台風などの自然災害も招いた。

昭和31年から国内の木材需要に対応して、全国で針葉樹のスギ、ヒノキを積極的に植樹
する「拡大造林政策」が推し進められた。ブナなどの天然林を切り倒し、木目が真っす
ぐで軟らかく加工しやすいという経済性の理由だけで、スギ、ヒノキが選ばれた。

その後、燃料革命を迎えた昭和40年代には、生活に使用する燃料は薪炭から石油・天然
ガスに転換していった。

木材の需要もコストの安い外国の輸入材に依存した。このため、ますます山林経営が成り
立たなくなり、人工林の間伐や伐採が進まなくなった。そして育っていたスギ林は、花粉
を付ける樹齢30年以上のものが増加していった。

林野庁によると、国土の約7割を占める森林面積(2508万ヘクタール)のうち人工林は約4割(1029万ヘクタール)。この人工林のうちスギの人工林は44%(448万ヘクタール)、ヒノキの人工林は同25%(260万ヘクタール)に上る(2012年調査)。1000年を超すものもある長寿命のスギだが、仮に短く見積もって樹齢100年まで花粉を飛ばすとして、この花粉の大量飛散はいつまで続くのだろうか。

花粉症対策として林野庁は、花粉が付きにくい品種に改良したスギの苗木を開発、植樹を進め、2016年までに通常の苗木生産量に対する割合を3割に、2033年には約7割まで増やす計画だ。しかし今後、この割合が100%に達成しても、その苗木の効果が表れる樹齢30年まで成長を待つことになる。それでも樹齢30年以上100年までの通常のスギは存在し、すべて入れ替わるにはさらに70年かかる計算だ。スギ、ヒノキの利用促進が、むしろ解決策につながる。


石炭・石油の消費による「温暖化」

産業革命以降、人類は石炭、石油という地下に眠る「化石燃料」に依存した。
その燃焼による大気中の二酸化炭素の増加と、大気の温度上昇に関係があるとの警鐘が
鳴らされたのは約30年前。

国連環境計画と世界気象機関によって1988年に設立された「国連気候変動に関する政府
間パネル」(IPCC)の科学者たちの予測である。ちょうど「昭和」が終わる前年のこと
であった。

IPCCの報告によって、温暖化問題は国際政治の舞台に登場した。1992年にはブラジルの
リオデジャネイロで「地球サミット」が開かれ、気候変動枠組み条約が署名された。

その後、温暖化防止の各国の義務をめぐり、常に南北間の対立が伴ったものの、2016年
に発効した「パリ協定」ではようやく途上国との足並みがそろった。

とはいえ米国のトランプ大統領が同協定の離脱を宣言したことから、国際政治の上で先
が見えなくなった。

当初、政治家や科学者の間でも、温暖化は二酸化炭素が原因であるかとの「懐疑論」も
あった。しかし、この平成の30年間に世界では洪水や干害、山火事といった災害が多発
してきた。

国内の気象現象も激しくなり、集中豪雨が長く停滞する「線状降水帯」による災害をはじ
め、山からの土石流や流木被害が目立つようになった。西日本豪雨、九州北部の災害は、
その象徴だ。政府も温暖化への「適応策」として防災強化などに支出するようになった。

IPCCは、2018年の報告書で「産業革命以降、地球の気温は約1度上昇し、このまま続けば
、2030~2052年の間に1.5度上昇する」と、パリ協定で決めた以上の意欲的な対策を呼び
掛けた。

人や自然は「適応」にも限界があり、1.5度を超えて2度の上昇になれば、さらに健康や
水供給、食糧、経済成長、人間の安全に対するリスクが増大すると警告した。

地球が誕生した46億年前、高温で二酸化炭素も高濃度だった大気から、生物が長い時間を
かけて地中に封じ込めた炭素の化石燃料。その消費をどう節制するか。


先が見えない原発の廃炉

常磐炭田(現在の福島県いわき市周辺)での石炭時代の繁栄と衰退を見ながら、原子力
エネルギー導入の道を選んだ福島県。昭和35年、大熊町・双葉町に原発の誘致を決め、
その東京電力福島第1原子力発電所の1号機は同46年3月に運転を開始した。

40年間運転中だった平成23年3月11日の東日本大地震と大津波に続く事故で、周辺市町村
の住民避難を強いた原子力災害を引き起こしたのだった。

拡散した放射性物質によって汚染したため、除去されて中間貯蔵施設に集積されている
土などは今後どうなるか。さらに第1原発の格納容器の底に塊となっている「燃料デブリ
」はどう処理されていくか、いずれも先が見えていない。


燃料デブリは1、2、3号機の原子炉下部に、核燃料が溶けて燃料棒から落下し、圧力容器
や格納容器の床を溶かして高い放射線を出し続けている。人も近づけないためにロボット
でデブリの状態を探っており、どのように取り出すかは探査次第である。

高いレベルの放射性廃棄物を含むだけに、取り出した後にどこに廃棄するのか決まってい
ない。東京電力は、福島原発の「廃炉には30年も40年もかかる」という。

政府がこれまで掲げてきた核燃料サイクル政策では、原発で発生した使用済み核燃料は
各原発サイト内のプールに一定期間置かれ、冷却された後に、青森県六ケ所村の再処理工
場で再処理されることになっていた。

ここで生じる高レベル放射性廃棄物はガラスで固められ、地下300メートル以上の深さの
地下に埋設、万年単位で放射線が減衰すると推定しながら長期管理する方法だが、その最
終処分地をどこにするか選定できていない。


大きな意味で言えば、昭和、平成時代のエネルギー消費のツケを先の世に押し付けること
になる。花粉症、地球温暖化、放射性廃棄物とも「昭和」時代の政策が生んだもので、
人の健康被害、生態系・環境の破壊を引き起こしたことが、人間の寿命を超える自然界の
時間によって明らかになった。

「昭和」は遠くならず、解決にはさらに明治にさかのぼる近代150年を振り返ることも
必要となる。

コメント(0) 

自然を取り戻すため人類ができる取り組み [環境]


人類は自然の資源に依存して生活し自然が人類の生存権を握っていた。

ところが現代は人類の手によって「地球の表面を作り替えてしまう」という事態
が進んでいる。

人類が自然の生存権を握ったかに見えるが、人類の驕りである。
今や自然のバランスは欠けつつあり「人類の時代」と思った時代は
長く持ちそうにない。

--
人口の爆発的発生から
世界の人口が減っていくことは、自然がバランスを取り戻すチャンスでもある。
自然に対する人類による影響を減らせば、持続可能な自然を取り戻せる。

人類は人口100万人にも満たない数から、現代では何十億人もの数に増加した。
地球の環境を保全することは、人類に必要な資源を保つということに繋がっていく。

---
2019年04月14日
美しい映像を通して自然を取り戻すために
人類ができる取り組みを解説するムービー
「How to save our planet」
gigazine

How to save our planet


「人類と自然の両方が繁栄できるような未来を作るにはどうすればいいのでしょうか?」
という疑問の提起からムービーはスタートします。

およそ2万年前、人類は人口100万人に満たず、狩猟採集生活を営んでいました。
人類は農耕などを行わず、自然の資源に依存して生活していました。
自然が人類の生存権を握っていたともいえます。

人類は挑戦の結果、「自然を手懐ける方法」を学びました。
様々な技術を開発することによって、自然から被る問題を解決していった結果、
人口爆発が発生します。

その過程で、人類の手によって「地球の表面を作り替えてしまう」という事態も
起きるようになりました。

「人類の時代」が到来したのです。
かつては自然が人類の生存権を握っていましたが、今や人類が自然の生存権を
握る時代になりました。


1つの問題があります。
今や自然のバランスは欠けつつあり、このバランスを取り戻さなければ
「人類の時代」は長く持ちそうにないということです。

「自然がバランスを欠いている」ということの意味は、要約すれば
「自然が減ってきている」ということです。

人類は3兆本もの木を伐採し、ほぼ地球上すべての海で漁業を行っています。
この50年間で野生動物の数は60%も減少しています。

その一方で、家畜として飼われている牛・豚などの哺乳類や、ニワトリなどの鳥類の
数は増え続けています。

残された自然は少なくなっており、生物多様性の消失は、人々の知る世界の
崩壊に繋がります。

地球それ自体が自然を必要としているのです。
自然が少なくなってくると、自然から得られる人類が必要とする資源が減少し……

自然によって保たれている天候や、四季なども乱れていきます。
生物多様性とは、変化に対する安定性です。安定性こそ人類が必要としているものです。

人類はこの状況を元に戻すことができるでしょうか。

状況を変えてくれる鍵となるものは、今まさに起こりつつあり、
また、それは人類史の中で生じたことのない現象です。

それは「少子化」です。
2000年以来、16歳以下の子どもの人口はほとんど変わっていません。

未だに世界の人口は伸び続けていますが、それは人類が長生きするように
なったためです。

21世紀の間には、世界人口の増加は打ち止めとなる可能性があります。
教育に投資したり、男女平等を推し進めたり、貧困問題を解決したりするならば、
世界人口はさらに早くピークに達するでしょう。

世界の人口が減っていくことは、自然がバランスを取り戻すチャンスでもあります。

自然に対する人類による影響を減らせば、持続可能な自然を取り戻せます。


持続可能な自然を取り戻すための

方法その1は、
「化石燃料の使用を止めて再生可能エネルギーに切り替えていくこと」です。
化石燃料の使用を止めると、地球温暖化だけでなく海水の酸性化や大気汚染などにも
効果があります。

方法その2は、「食料の効率化」です。食料生産の方法を効率化し、
肉の消費量を下げれば、人類が農業や畜産などに使用している土地を減らすことが
可能で、余った土地を自然のために使うことができます。

方法その3は、
「海洋資源の管理」です。海水という国際的な水資源の使用に対して条約を設ける
ことは、海水をきれいな状態に回復し、より多くの漁業ができるようになります。

方法その4は、
「自然を取り戻すことを奨励すること」になります。
海や大地を自然のままにすることや……
街中の緑化活動などを推奨する取り組みです。

人類は人口100万人にも満たない数から、現代では何十億人もの数に増加しました。
地球の環境を保全することは、人類に必要な資源を保つということに繋がっています。

自然と人類が両方とも栄えるような未来を作りあげるためには、
人類が直面する問題に取り組み、人類が得意とする「世界を変えること」にチャレンジ
するべきだ、とムービーは締めくくられていました。


また、WWFとNetflixが協力して制作した、息をのむほど美しい映像を通して
気候変動が動植物にどれほど大きな影響を与えているのかを伝えるドキュメンタリー
番組「OUR PLANET 私たちの地球」もNetflixで公開されています。

コメント(0) 

越冬ツバメの子育てライブ [動物]

越冬ツバメの子育てライブ
夫婦で越冬して子育てする珍しいケースだとか・・

今日から【ライブ配信】開始のようです。
巣立ちが近くなってきたとか
巣立ちまで楽しませていただきます。

---
鹿児島のkei
ツバメさんを見守る放送#70【ライブ配信】2019/04/15 LIVE


天気は、晴れ。巣立ちが近くなってきました。
12月から居る越冬したツバメさんです。
給餌中・・・。
音声有ったり無かったり。玄関なのでヒナの声が聞こえたらラッキーく
らいに思っておいてください・・・。

巣の中までは見えません・・・。
ネット回線が貧弱なので、たまにクルクルなる時や切断されるときがある
かと思います。

安定するまでお待ちください。
また、更新するなどしてみてください。


孵化
2〜5羽 3/29
1羽目 3/28

産卵
5個目 3/13
4個目 3/12
3個目 3/11
2個目 3/10
1個目 3/09

コメント(0) 

「ガッテン!」で柔軟剤推奨に物議 [健康]


洗剤などがもたらす弊害を知ってか知らずか、安易に化学物質を含むもの
を推奨するのは頂けない。

花王の柔軟剤に含まれる「ポリオキシエチレンアルキルエーテル」は政府が
〈人の健康を損なうか、動植物の生育に支障を及ぼすおそれ〉がある物質と判断し、
監視している462物質の一つ。

--
それにしても古着業者が
「古着業者が大量の柔軟剤を使って古着を新品のようにして店頭に並べている」には
ビックリ、何処に流れていくか分からない古着、皮膚への影響も人により千差万別、
化学物質に敏感な人たちには脅威である。

生活の知恵として柔軟剤推奨のNHKの番組。
明らかにあの手この手で物を買わせようとする意図が見え隠れしている。

---
2019/04/10
NHK「ガッテン!」で柔軟剤推奨 「香害」拡大に加担
headlines

3月13日に放送されたNHKの番組「ガッテン!」に、「香害」の被害者たちから怒りの
声が上がっている。香害をもたらす元凶である「柔軟仕上げ剤」の使用を推奨する内容
だったからだ。

被害者が問題にしているのは、番組の後半部分。傷んでヨレヨレになった衣類を復活さ
せるワザとして、大矢勝・横浜国立大学教授が次のような方法を紹介した

――10リットルの水に、およそキャップ1杯分の柔軟剤を溶かし、傷んだ衣類を浸して
繊維の奥まで浸透するよう30秒程度もみ込む。衣類の形を整え、軽くたたんで洗濯機で
脱水する。すすぎはしない。


表示の使用量の目安は65リットルの水にキャップ1杯だから推奨の方法の濃度はその6倍
になる。

画面には柔軟剤の容器が何度も鮮明に映し出され、古着業者が大量の柔軟剤を使って古
着を新品のようにして店頭に並べていることも紹介された。ゲストの「ゆすがないで皮
膚は大丈夫か?」との質問に、大矢教授が「この程度なら大丈夫」と答える場面もあっ
た。

派手なCMで大量に販売されている柔軟剤は、日本消費者連盟が一昨年実施した「香害110
番」で原因のトップだった。その理由は成分を見れば理解できる。

花王の柔軟剤「フレア フレグランス」を例にとると、有効成分は
(1)エステル型ジアルキルアンモニウム塩だ。
このほか(2)ポリオキシエチレンアルキルエーテルや
(3)香料が含まれている。

このうち、(1)は「陽イオン型」の界面活性剤で、洗剤などに使われる「陰イオン型」
の界面活性剤より皮膚などへの刺激性・毒性がはるかに強い。(1)は別の分類では
「第4級アンモニウム化合物」になる。この化合物は生物の細胞膜を不安定にして細胞を
殺す作用をもち、アレルギー・皮膚炎・角膜障害などの原因になる。

(2)は、政府が〈人の健康を損なうか、動植物の生育に支障を及ぼすおそれ〉がある
物質と判断し、監視している462物質の一つだ。

(3)の「香料」は、3000以上もある成分(物質)からメーカーが複数(数種~数十種)
を選んでブレンドした調合香料(個々の物質名は明らかにされない)。香料成分の中に
は、アレルギーや喘息の原因になる成分、ホルモン攪乱作用や発がん性のある成分など
のあることが明らかになっている。

「ガッテン!」が教えたワザを使った衣類が増えれば、どうなるか。まず着用した人に
皮膚炎などを起こす可能性がある。

もっと心配なのは、繊維にくっついた上記の成分が気化し、周囲に放散されることだ。
これを化学物質に敏感な人たちが吸い込めば、喘息や化学物質過敏症を発症したり、
症状を悪化させたりする。

番組では「柔軟剤の香りが気になる方」向けに「もう一度洗濯する」「無香料の柔軟剤を
検討する」などの注意が流されていたが、これは何の意味もない。香りが気になる人たち
は、他人の使う柔軟剤で健康被害を受けているからだ。

番組が放送されると、ツイッターなどには「NHKにクレームを!」「柔軟剤を広めるのは
やめてほしい」などの声が飛び交った。

日本消費者連盟は3月15日「抗議文」をNHKに送った。抗議文は「番組は、香害という公
害被害の拡大に加担しているに他なりません」「香害が社会問題となっているこの時期に
、その元凶である柔軟剤を推奨する番組を放送したことの責任は重大」とし、「番組内容
の訂正、撤回を求めます」としている。

「ガッテン!」は、2017年10月18日の「なぜか出るホコリ!原因はソコだった!?」でも、
柔軟剤をしみ込ませた「除電ぞうきん」で床・壁・棚などを拭く方法を推奨している。

コメント(0)