So-net無料ブログ作成

「持続可能な水上浮遊都市」構想 [環境]


海岸の都市化が限界に達した地域に、いくつもの“衛星都市”を
まとめて浮かべる未来型都市の構想。

これらの都市は、嵐にも耐えられる設計の、六角形をした量産型浮遊モジュール
から形成される。海岸との連絡にはフェリーやドローン。

--
・世界中の沿岸地域の都市は、極端な空間不足に直面しており、その度合は急速に
 悪化しつつある。

・地球温暖化が進行する中、氷床の融解や海水温の上昇などによって、海水面がこの先
 数百年にわたって容赦なく上昇を続けていくことはほぼ間違いない。

---
2019.04.10
水上浮遊都市が人口問題を緩和?国連計画が議論
人口が集中する沿岸地域の危機に新たなアプローチ、国連人間居住計画
ナショジオ

世界の居住地問題に取り組む国連のプログラム「国連人間居住計画(UN-Habitat)」は
このほど、「持続可能な水上浮遊都市」構想についての会合を実施した。

投資家や科学者、そしてビデオ会議システムで繋がったケニアの学生たちが、住居から
商業、教育、娯楽まで、施設が整った水上都市の可能性について話し合った。


水上浮遊都市と聞いても、現実味のない話に感じられるかもしれない。

しかし、世界中の沿岸地域の都市は、極端な空間不足に直面しており、その度合は急速に
悪化しつつある。(参考記事:「洪水で水源消滅、多くの島が数十年で居住不能に?」)

地球温暖化が進行する中、氷床の融解や海水温の上昇などによって、海水面がこの先数百
年にわたって容赦なく上昇を続けていくことはほぼ間違いない。また、世界の都市化と人
口の急増が、沿岸部が抱えるリスクの拡大に拍車をかけている。(参考記事:「氷の消失
ペースが10年で4倍に、グリーンランド」)

こうした事情を考慮すると、水上浮遊都市というソリューションを検討しないことこそ現
実味がないと、提案者である「オーシャニクス社」と、デンマークの建築家ビャルケ・
インゲルス氏らは主張する。

彼らが最終的に目指しているのは、海岸の都市化が限界に達した地域に、いくつもの
“衛星都市”をまとめて浮かべることだ。これらの都市は、嵐にも耐えられる設計の、
六角形をした量産型浮遊モジュールから形成される。

モジュールは船で所定の位置まで曳航され、水上都市を形成する大きなモジュール群に
固定される。モジュール群の上には、持続可能性を考慮して建てられた住宅、職場、娯楽
施設、宗教施設などが載っている。

海岸との連絡にはフェリーやドローンが活用される。コミュニティはできる限り、水上
都市内の太陽光などの再生可能エネルギー、循環水や雨水、地元産の食品によって維持さ
れる。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先天性心疾患の手術件数の増加 [健康]


福島原発事故後の複雑心奇形の全国的増加。

先天性心疾患の手術を受けた1歳未満の乳児の数が、14%以上急増という事実。

増えているのは複雑心奇形の手術だけではなく
睾丸の位置に異常がある精巣を持って生まれた乳児に対して行われた手術退院件数を
調べると、その数は、原発事故後は事故前と比べて平均13.4%も増加していた。

--
オオタカという野鳥、7、8割あった繁殖成功率が原発事故後は5割に。
原発事故後、オスなのに精巣がないイノシシ、先天性奇形という疾患。

これらの異変が人にも及んでいることが明らかになってきたという事実。

--
これを日本のメディアは報じないという二つの衝撃的な事実。
少子高齢化の日本社会に更に影響を及ぼす重い事実が明るみに出てきた。

---
2019/04/09
原発事故後、先天性心疾患の手術件数14%増
世界的権威が認めた衝撃の事実 日本のメディアが報じない怪
news.yahoo

平成が間もなく終わりを迎えるが、平成最大の事件というと、日本においては、
東日本大震災と福島第一原発事故をおいて他にないだろう。

その福島第一原発事故に関係した重要な事実について、平成から「令和」に変わる前に
伝えておきたい。

福島第一原発事故から8年目を迎えた数日後、アメリカ3大ネットワークTV局の一つで
あるCBSテレビが衝撃的なニュースを伝えた。


「新たな研究が、福島第一原発事故と乳児の心臓手術数急増の関連を示唆。
先天性心疾患の手術を受けた1歳未満の乳児の数が、14%以上急増」

これは、3月13日、心臓病研究の世界的権威「アメリカ心臓協会」が発行している国際
科学誌「ジャーナル・オブ・ザ・アメリカン・ハート・アソシエーション」が「福島原
発事故後の複雑心奇形の全国的増加」と題した研究論文を掲載したことを受けて、報道
されたニュースだった。 

タイトルからわかる通り、論文は「福島第一原発事故後に、複雑心奇形という先天性心
疾患を持って生まれた乳児が、日本で全国的に増加した」という“衝撃的な事実”を伝
えている。論文の中心的な著者は、名古屋市立大学で生態情報測定学を研究する村瀬香
准教授である。


報じない日本の主要メディア

アメリカの大テレビ局が報じた重大なニュース。しかし、見たところ、日本の主要メデ
ィアでは報じられていない。不思議に思い、筆者は村瀬氏にコンタクトし、話をきいた。

村瀬氏が残念そうにこう話す。

「実は、メディアに大きく取り上げられるだろうと思い、研究チームはスタンバイして
いたんです。しかし、結局、報じてくれたのはアメリカのロイター通信やCBSニュース。

日本の大手通信社や大手新聞社の記者は取材には来たものの、なぜか報じていません。
唯一、大学の地元という縁からか、中日新聞だけは取り上げてくれました」

こういった科学研究論文は、同じ研究者から審査を受け、承認されると、科学誌に掲載
されるが、村瀬氏の論文も同じ過程を経て掲載された、研究者お墨付きの論文だ。

しかも「アメリカ心臓協会」は心臓病の研究ではアメリカ最大で、世界的にも信頼性の
高い機関である。

研究論文の結果は衝撃的だが、世界的権威が認めた重要な研究論文を、原発事故が起き
た当事国・日本の主要メディアが報じていないのは、ある意味、もっと衝撃的だ。

日本のメディアは何を考えているのだろう? オリンピックや選挙を控えて神経質にな
っているお上の顔色をうかがっているのだろうか?


複雑心奇形の手術件数が急増

村瀬氏チームの研究結果について説明したい。

研究の大本になったのは、日本胸部外科学会が日本全国の病院から集めている先天性
心疾患に関する全ての手術データ。このデータには46種類の先天性心疾患に関する手術
件数がほぼ全て含まれている。

その中でも、村瀬氏は、「複雑心奇形」という先天性心疾患に着目し、福島原発事故前
(2007~2010年)と事故後(2011年~2014年)の手術件数の変化を解析した。

複雑心奇形とは、胎児の心臓が形成される段階で生じる障害のこと。
いわば、“先天的奇形の心臓”が生じる障害と言ってもいいかもしれない。

複雑心奇形には29種類あるが、この障害を持って生まれた乳児は、治療のために、
高度な手術を受けなければならない。

村瀬氏は、複雑心奇形という先天性の障害を持って生まれた乳児(1歳未満児)の治療
のために日本全国で施された手術のデータを、原発事故前と原発事故後で解析した。

その結果、原発事故のあった2011年以降、手術数が有意に増加(偶然に起きた増加では
なく、統計的に意義のある増加のこと)していることがわかったのだ。

しかも、以下のグラフから分かる通り、その数は急増している。

乳児(1歳未満児)に対する複雑心奇形の手術件数は、原発事故後に、約14.2%の有意な増
加が認められ、調査終了時の2014年まで増加したままの状態が続いていたのである。

また、解析は、複雑心奇形の中でも、心臓が形成される早期の段階で重篤な複雑心奇形
を持つ乳児の手術が急増したことを示している。

加えて、29種類の複雑心奇形のうち、有意に減少したものは一つもなかった。つまり、
ある一つの複雑心奇形だけが大きく増加したわけではなく、たくさんの複雑心奇形で増
加が見られたのだ。


原発事故の影響以外に説明できない

チェルノブイリの原発事故後、旧ソ連や近隣諸国では先天性心疾患の発生率の増加が
報告されたが、同じ状況が今、日本でも起きているということなのか?

この結果について、村瀬氏はこう解説する。


「原発事故との関連は不明です。また、原発事故との関連の有無を証明することは不可
能です。しかし、原発事故以外に、複雑心奇形の手術件数の急増に結びつく要因が考え
られないのです。

例えば、新たな手術法が開発された場合、その手術による手術数の増加は起きるかもし
れませんが、新手術というのは通常徐々に浸透していくものなので、このように急増す
ることはありえません。

また、グラフからわかるように、2010年は前年よりも手術数が増加しています。
同年は、妊産婦に対して行われたアンケートの回答率が99%とこれまでで一番高かった
ことから、増加しても不思議ではありません。

しかし、2011年の場合、震災の影響か、その回答率が96.4%とこれまででは最も低かったんです。それにもかかわらず、手術数は急増しました。原発事故の影響以外に説明がつきません」

確かに、村瀬氏チームの論文によると、調査した2007年~2014年では、子供の出生数は
ゆるやかに減少しているにもかかわらず、複雑心奇形の手術数は増加している。

手術件数は全国的に増加したということだが、福島県でも増加したのか? それについ
て村瀬氏はこう説明する。


「各県別のデータがないため、それは不明なのです。また、福島県の場合、心奇形の内訳
が出されていないので、どれだけが重篤で複雑な種類の心奇形であるか不明で、手術数が
増加しているのかどうかも非公開です。

また、事故後、福島県外に移住し、県外で母子手帳をもらって出産した妊産婦もいます
が、そのデータは福島県のデータには含まれていません」

しかし、全国の複雑心奇形の手術数には、福島県から県外に移住し、県外で母子手帳を
もらった妊産婦が出産した複雑心奇形を持つ乳児の手術数も含まれている。


睾丸の位置異常も増加

増えているのは複雑心奇形の手術だけではない。

村瀬氏が、35都道府県の94の病院で、「停留精巣」と呼ばれる、睾丸の位置に異常があ
る精巣を持って生まれた乳児に対して行われた手術退院件数を調べると、その数は、
原発事故後は事故前と比べて平均13.4%も増加していた。

村瀬氏がこの結果について書いた研究論文は、昨年5月、国際科学誌「Urology(ウロロ
ジー)」に掲載された。

そもそも、村瀬氏はなぜこのような研究をするに至ったのか? それについて、村瀬氏は
こう話す。


「もともと、原発事故前からオオタカという野鳥の生態を研究していたのです。
そのオオタカの7、8割あった繁殖成功率が原発事故後は5割に下がったことがわかり、
それについて論文を書きました。

この時もある大手新聞の記者が取材に来たのですが、なぜか掲載されませんでした。

また、イノシシの研究も行った結果、原発事故後、オスなのに精巣がないイノシシが
数多く見つかったのです。先天性奇形という疾患かもしれない。

そう思い、調べようと思ったのですが、イノシシではサンプル採取が難しいため、
入手可能な人のデータで調べてみようと考えたのが、停留精巣や複雑心奇形の研究に
着手したきっかけです」


原発事故と疾患の因果関係を立証することは非常に困難かもしれない。
国は、大学や企業の研究者から研究テーマを提案してもらい、優れた研究テーマに
研究費補助金(科研費)を出しているが、

福島原発事故による被曝の影響を研究する研究費枠がなくなり、今では、一般的な
放射線影響という研究費枠しかなくなったという問題もある。

しかし、政府や関係機関はこの結果を真摯に受け止めて、さらなる研究や調査をする
必要があるのではないか。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山岳氷河の融解すすむ [環境]


山岳氷河の融解はグリーンランドの氷床融解に匹敵。
それは南極の氷床融解よりも多い。

海面は年に3ミリずつ上昇しているが、研究ではその3分の1ほどが山岳氷河
によるもので、その融解水が海に流れ込んでいることが分かった。。

1961年から2016年までの間、山岳氷河の融解によって海面は27ミリ上昇。
世界の山岳氷河の多くが100年以内に消滅するかもしれないとも警告。


--
エベレストの氷河が溶けて・・・ voice74
昨年の調査で、エベレストの氷が例年以上に温かくなっていることが判明。
気候変動で氷河の融解が進むエベレスト。

---
2019.04.11
海面上昇の3分の1の原因は山岳氷河の融解、研究
世界各地の山岳地帯にある氷河の融解が進む。流れ出た水が海に流れ込んでいる
ナショジオ

まるで暑い夏の日の氷のように、世界中で多くの氷河が縮小している。
(参考記事:「ベネズエラ最後の氷河、十数年で完全に消滅か」)

2019年1月に学術誌「Nature Communications」に発表された論文によると、現在、
世界の氷河は人類が登場してからというもの一番小さくなっている。氷が解けて露出し
た物質を調べてみると4万年前のものだった。

そして2019年4月8日付けの学術誌「Nature」に、世界中で融解した氷河が海面上昇にど
のくらい影響を与えているかを数値化した研究が発表された。

研究によると、1961年に記録がつけられるようになってから2016年までの間、南極とグ
リーンランドを除く氷河(山岳氷河)の融解によって海面は27ミリ上昇したという。

氷河の融解が海面上昇の一因になっていることは以前から知られていたが、この研究で
は、その量と融解の速度を総合的に計算して明らかにした。
(参考記事:「水の都ベネチアが洪水で水没 悪天で高潮が発生」)

NASA(米航空宇宙局)の観測では、1993年以来、全体として海面は年に3ミリずつ上昇し
ている。そして今回の研究では、その3分の1ほどが山岳氷河の融解水によるもの、とい
う結果が出た。

これはグリーンランドの氷床融解による海面上昇に匹敵するもので、南極の氷床からの
融解水よりも多い。研究ではさらに、世界の山岳氷河の多くが100年以内に消滅するかも
しれないとも警告している。
(参考記事:「未曾有のペースで進むグリーンランド氷床融解」)

加えて、海水温上昇による熱膨張で、海面はさらに上昇すると考えられている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サンルーフからドローンを飛ばし確認 [社会]


ネブラスカ州やアイオワ州の
2010年のエルクホーン川の壊滅的な洪水と、2011年の記録的な洪水を合わせたような
狂気の洪水が発生したのは記憶に新しいが、共に人口密度が低い、田園部の過疎化
している地域での大規模な洪水であった。


このような洪水で道路の冠水している状況を確認しないと動けない、移動出来ない状況
で車のサンルーフからドローンを飛ばし、空からの映像で洪水の状況を確認している。

情報を待つのではなく自ら情報を得なければならない事態は、過疎化している
農園の環境を見せてくれている。

---
2019/03/14
Flooding - Dodge County, NE - March 13, 2019



道路の冠水している状況を確認

--
アメリカ中西部で大規模な洪水
voice74

ネブラスカ州で洪水 一部地域に壊滅的被害】
大雨と雪解け水の影響で、ネブラスカ州をはじめ近隣の複数の州で川の水が氾濫し、
大洪水が起きました。

--
ネブラスカ州およびアイオワ州での狂気の洪水
voice74

一晩でいくつかの河川が記録的なレベルに達し
2010年のエルクホーン川の壊滅的な洪水と2011年の記録的な洪水を合わせたような
狂気の洪水がネブラスカ州とアイオワ州を襲い最も壊滅的な年に匹敵していると。


ネブラスカ州 wiki

人口(2016年)全米第37位
- 総計 1,907,116人
- 人口密度 9.5人/km²

気候
ネブラスカ州は2つの気候区分に分かれ、季節による寒暖差が激しいことで知られる。
東部は湿潤大陸性気候(ケッペンの気候区分Dfa)であり、西部は亜乾燥気候(同BSk)
である。

田園部の過疎化

ネブラスカ州の都市の89%が人口3,000人未満である。中西部のカンザス州、オクラホマ
州、南北ダコタ州およびアイオワ州も同様な傾向にある。数多い町は人口1,000人未満で
ある。

経済

ネブラスカ州は広大な農牧地を抱え、牛肉・豚肉・トウモロコシ・大豆の生産で、国内
のトップである。他の重要な経済的部門は、貨物輸送(鉄道及び貨物自動車)・製造業
・電気通信・情報技術・保険が挙げられる。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感