So-net無料ブログ作成

狙われてるF35A墜落機の残骸 [国際]


「中国とロシアにとって、この日本で失われた飛行機の残骸を入手するために、
どんな大金をかけて惜しまないだろう」とし

「日本のF-35戦闘機の太平洋墜落によって、冷戦以来最大の水中のスパイ活動および対ス
パイ活動が展開される可能性がある」と。

中国とロシアはどちらも優れたリバースエンジニアリングを所有しており、
「特に中国はこの技術を習得している」と警告。

---
F-35はアメリカの軍事史上最も高価な兵器プロジェクト。
その残骸を他国に渡さないという意思表示かグアムから米軍の大型爆撃機B52が出動した。

発表によると、防衛省はパイロットとF35の残骸捜索のために、自衛隊から8軍機、艦艇5
隻、海上保安庁は巡視船3隻、米軍からは哨戒機などが参加している。

一方反応が早いもので、トルコがロシア製戦闘機購入をほのめかしている。
ボーイング、ロッキードと痛手を被る中、ほくそ笑むのは何処か・・。

---
2019年04月11日
トルコ、米国がF35供給中止ならロシア製戦闘機購入示唆
大紀元

トルコと米国の間で武器購入を巡る駆け引きが続いている。トルコ政府は10日、
米国が地対空ミサイルシステム「パトリオット」と最新鋭ステルス戦闘機F35を売却
できないなら、ロシア製の戦闘機購入やミサイルの追加調達に動く可能性があると警告
した。


F35の供給が受けられなければ、トルコとして必要な戦闘機を別に調達するまでで、
ロシア製のSU34やSU57などが候補になるとの見方を示した。

---
2019年04月11日
戦闘機F35A墜落 専門家「中ロが残骸狙っている」
大紀元

防衛省は10日、前日に青森県三沢基地所属のF35Aステルス戦闘機が、太平洋で墜落した
と発表した。日本とアメリカは、パイロットと航空機の残骸を探している。米軍関係者
は同時に、中国とロシアが、米最新兵器であるF35の残骸を入手するため、潜水艇などを
使って探査すると見て警戒している。

元米空軍中将デビット・デプトゥーラ氏は米メディア、ビジネス・インサイダーの取材に
対して、ロシアと中国は行方不明となっているF-35を発見するためにあらゆる手段を取る
だろうと語った。

米FOXニュース4月10日付によると、F-35はアメリカの軍事史上最も高価な兵器プロジェク
トで、高度な技術と武器を装備し、ステルス能を持つ第5世代戦闘機。報道によると、日
本は今後10年間で147機のF-35戦闘機を購入する予定。その大半がF-35A。

ロッキード・マーティン社が中心となって開発されたF35は、米国で2006年に初就役して
以降、事故は今回を含めて2度。米軍や防衛省によると、今回墜落したF35は、三菱重工の
小牧南工場(愛知県豊山町)で組み立てられ、2017年末に航空自衛隊に配備された。

米上院の外交委員会で上級顧問を務めた、ロシア兵器拡散専門家トム・ムーア氏は、SNS
で「中国とロシアにとって、この日本で失われた飛行機の残骸を入手するために、どんな
大金をかけて惜しまないだろう」と書いた。

米国のメディア・ワーゾーンの編集者テイラー・ロゴウェイ氏は、「日本のF-35戦闘機の
太平洋墜落によって、冷戦以来最大の水中のスパイ活動および対スパイ活動が展開される
可能性がある」と書いた。

中国とロシアは太平洋の軍事優位性を高めている。もし、両国にF35の機体が発見されれ
ば、リバースエンジニアリング(逆工程技術)で、F35の再現を試みて、自国製のステル
ス戦闘機を作成すると考えられる。

ロイヤルユナイテッドサービス研究所の戦闘機専門家ジャスティン・ブロンク氏は、CBC
の取材に対して「再現できるかどうかは、戦闘機の損傷具合による。F35の形状は良く知
られている。このため、レーダーやその他のセンサー、コンポーネントが再現の対象とな
るだろう」と述べた。

F35は、内部の機密システムは解除されたり復元を難しくするようあらかじめ設計され、
模造防止の機能があるとされている。

しかしブロンク氏は、航空機の特殊なステルス(レーダーに探知されない)塗装技術、
レーダー反射器、吸気や排気部分は狙われるとみている。

ブロンクス氏は、中国とロシアはどちらも優れたリバースエンジニアリングを所有して
おり、「特に中国はこの技術を習得している」と警告している。

元中将デプトゥーラ氏もブロンクス氏も、中ロがF35の残骸を入手しようとみている。

世界中の飛行機の動向を伝えるSNSアカウントによると、事故発生の青森沖に10日、3000
キロ以上南に位置する米領グアムから米軍の大型爆撃機B52が出動した。専門家は、日米
以外の他国に残骸を渡さないという意思表示だとみている。

防衛省は4月10日付けの発表によると、航空幕僚長は墜落事故を受けて、9日から15日ま
で予定していた米国出張を取りやめた。別の発表によると、防衛省はパイロットとF35の
残骸捜索のために、自衛隊から8軍機、艦艇5隻、海上保安庁は巡視船3隻、米軍からは哨
戒機などが参加している。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F35Aの事故は欠陥によるものか? [政治]


米 政府監査院(GAO)
「F35開発計画完了で前進した」と認めた上で、「ただゴールを急ぐあまり機体の
性能や信頼性、今後数年間の保全性に影響を与えそうな決定を下した」と指摘。

--
・「明白な欠陥」966件の欠陥のうち、110件超が第1カテゴリーに属するものの
19件の欠陥が、第1カテゴリーから第2カテゴリーに移された。

・「F35」の重大な欠陥の修正をフル生産開始の決定後まで先送りす
る米国防総省の方針

・「未解決の欠陥」が966件のうち少なくとも180件は国防総省の現行計画では
「フル生産前に解決されない」見通しという。

--
「信頼性、安全性、またはその他の重大な要求に損害を与える可能性がある」という
こんな状況でも、ライセンス生産にしろ買わなければならないところに日本の今の姿が
見えてくる。

このようなニュース記事でも分かる様に重大な欠陥もあり
国産化の声も当然ながらあったが・・・


---
【報ステ】最新鋭戦闘機『F35A』墜落と断定(19/04/10)



---
2019/04/10
空自の不明F35回収に「中ロが関心」米軍事専門家が懸念-報道
headlines
太平洋上で消息を絶った航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aをめぐって、
中国やロシアが機体回収に乗り出すという懸念が米軍事関係者から出ている。

米ニュースサイトのビジネス・インサイダーが9日、伝えた。

米ロッキード・マーチン社製のF35Aは、三沢基地(青森県)の東約135キロの洋上で
消息を絶った。兵器拡散の専門家のトム・ムーア氏はツイッターで
「中国、ロシアにとってこれ以上価値があるものはない。
もし彼らが先に手に入れれば一大事だ」と懸念を示した。 

---
2019/04/10
不明F35、墜落と断定海上で尾翼発見-直前に「訓練中止」・防衛省
jiji

太平洋上で消息を絶った航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35A
の捜索で、同機がレーダーから消えた現場海域の周辺で尾翼の一部が見つかり、防衛省は
10日、墜落したと断定した。

墜落した機体は三菱重工業が組み立てを担当した国内製造の初号機だった。
2013年度に約140億円で取得し、18年5月に同基地へ配備された。

三沢基地には同型機13機が配備されており、防衛省は残る12機について、当面は
飛行を見合わせることを決めている。

---
2018年08月30日
米国防総省は、戦闘機F-35の欠陥およそ20件を書類上で「修正」した
sputniknews

第5世代戦闘機F-35製造計画の進展を評価した米国防総省の員会は、明白な根拠なしに、
一連の重大な欠陥を二次的なものとした。非営利組織「政府監視計画Project On Gover
nment Oversight」が、軍の文書をもとに発表した。

米国会計検査院(GAO)は6月、F-35プロジェクトに「明白な欠陥」が966件あると発表
した。うち110件は、機体を操縦する際に「信頼性、安全性、またはその他の重大な
要求に損害を与える可能性がある」とされる第1カテゴリーに属していた。

報告書によると、委員会の会合では、パイロットの緊急脱出のための緊急通知システムに
おけるものを含む一度に19件の欠陥が、第1カテゴリーから第2カテゴリーに移された。

その際、委員会は、重要性を低下させる観点から見直された少なくとも10件の欠陥を
取り除くプランを提案しなかった。

報告書を執筆したデン・グレズィエル氏は、プロジェクトのキュレーターらは2019年10月
に承認される予定のF-35の量産に関する決定を前に、このようなかたちで重大な欠点を
「取り除く」ことを望んでいるとの見方を表している。

---
2018/6/10
ステルス機F35の欠陥、フル生産前に改善必要 米政府監査院が国防総省に勧告
nikkan

次世代ステルス戦闘機「F35」の重大な欠陥の修正をフル生産開始の決定後まで先送りす
る米国防総省の方針について、政府監査院(GAO)はこの計画の担当部署を批判した。
決定は2019年10月より前には行われない見通し。

GAOが5日公表した年次報告書によると、F35には1月時点で「未解決の欠陥」が966件ある。
このうち少なくとも180件は国防総省の現行計画では「フル生産前に解決されない」見通
しという。

フル生産を決定すれば、向こう12年間にわたって年間77機以上(今年は70機)の生産を
コミットすることになり、ピークの2023年には105機が生産(年間コストは134億ドル)
され、その水準が6年間維持されることなる。

米ロッキード・マーティンが手掛けるF35は今年、17年越しの開発段階が終了する予定。
9月からは集中的な試験飛行に移る見通しで、終了まで1年かかる公算が大きい。ただス
ケジュールには既に1年以上の遅れが出ている。フル生産決定の承認は試験飛行が条件だ。


GAOは国防総省がこの1年、「F35開発計画完了で前進した」と認めた上で、「ただゴール
を急ぐあまり機体の性能や信頼性、今後数年間の保全性に影響を与えそうな決定を下した
」と指摘した。

F35計画担当部署のジョー・デラベドバ報道官は電子メールで「欠陥修正に加え信頼性や
保全性の基準達成に向けた手段の確認を求めるGAOの勧告への対応に既に動いている」と
説明し、試験飛行に入る前に修正などで「重大な欠陥を全て解決する見込み」だとした。
(ブルームバーグ)

---
2018年06月07日
米海軍の第5世代戦闘機に約千件の欠陥発見
sputniknews

米政府監査院(GAO)が、第5世代戦闘機「F35」の開発プロジェクトに966件の
「明白な欠陥」があると発表した。

プロジェクト実行に関する同院の年次報告では、1月に記録された966件の欠陥のうち
、110件超が第1カテゴリーに属する、つまり機体運用の際、「信頼性、安全性、ある
いはその他の重大な要請に損害を与える可能性がある」と指摘されている。

米国は既に、F35の技術的に最も単純で価格の低い派生型である「F35A」をまとま
った数で日本の航空自衛隊に納入。トルコは米国から、初の第5世代戦闘機を21日に受
領する予定だ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セブンがセブンをつぶした [社会]


24時間営業に加え、大量出店も岐路を迎えたコンビニの「飽和状態」?

200メートルほどの間にセブンが他に4店舗、他のチェーンも3店舗
場所によってはこのように「セブンがセブンをつぶした」という現象が起きている。

---
2019年4月10日
間近にセブン、またセブン… 店主の一家は追い込まれた
asahi

コンビニのビジネスモデルが揺らいでいる。24時間営業に加え、大量出店も岐路を
迎えた。郵便局の2倍以上もの店が国内にひしめき、看板が同じ店も交えて客や人手を
とりあう。コンビニは「飽和状態」を迎えたのか。

3月31日、オフィスビルやマンションが並ぶ一角にある「セブン―イレブン東日本橋1
丁目店」(東京都中央区)が営業を終えた。

9年続いた店だが、「セブンがセブンをつぶした」と店主だった男性(60)は話す。
店から200メートルほどの間にセブンが他に4店舗、他のチェーンも3店舗。
後からセブンができて売り上げが激減した、という。

親から引き継いだ酒屋と不動産屋をたたんでコンビニ経営を志し、2010年に本部か
ら提案されたこの場所で開業した。近くに2店のセブンがあったが、売り上げは好調だ
った。

暗転したのは13年。すぐ近くの別チェーンのコンビニがセブンに代わった。
「本部に新店舗を近くに出すと言われたら、嫌だと思ってもわかりましたと言うしかな
い」と男性は言う。

地域の人口は増えていたが、1日の売上高は大幅に落ち、アルバイトの奪い合いで時給
を上げざるを得なくなった。店は赤字になり、借金が増えていった。

人件費を抑えるため、自身や妻、当時高校生だった長男が勤務に入り、長時間勤務が常態
化した。食事はもっぱら賞味期限切れの弁当。妻は「廃棄の弁当を食べる生活で人生が
終わる」と、こぼすようになった。 

翌14年9月、長男は19歳で自らの命を絶った。遺書はなく心の内はわからない。
だが、男性とともに長男もアルバイトの欠勤の穴埋めに追われており、「金銭的な理由
で大学をあきらめ、勤務も忙しくつらかったんだと思う」と男性は悔やむ。

加盟店の契約期間内での解約は高額の違約金が発生する可能性があり、閉店に踏み切れ
ず、経営努力を続けたが収支は改善しなかった。男性は次第に追いこまれた。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の真実 [社会]


普通に生活していては分からない、住んでいる所によっても分かりずらいこの世の中。
元公安調査庁 調査第二部長 菅沼光弘氏が語る日本の真実

「この国では財務省も報道も北朝鮮や韓国と癒着し、国民の大多数を裏切っている。
政治家トップは常に操り人形状態なのである。」

---
同和、在日の陰謀で作られる日本

元公安調査庁 調査第二部長 菅沼光弘氏が語る日本の真実。 
「ヤクザなしには多くの事業や企業が立ち行かない。

ヤクザの6割が同和、3割が在日。この国は反日勢力の陰謀で動いている。
ヤクザが右翼を兼業している右翼の凱旋はかなり儲かる。」  

この国では財務省も報道も北朝鮮や韓国と癒着し、国民の大多数を裏切っている。
政治家トップは常に操り人形状態なのである。
操り人形でなければ排除される。要するに取り替えのできる政治ピン芸人。

---
2019-04-09
ウヨクヤクザは文化だった
kinokokumi

これは、東日本にはわかりにくいと思う。

「在日」とか「同和」というのは
ある意味において、敗戦国の植民地では
奴隷国民をいたぶるための「行政利権」の下請け暴力装置で
警察と言うのは国家権力と法をたてに奴隷をいたぶる暴力装置で
ウヨクヤクザというのは、日本文化を守るための暴力装置だった。

どのような「組織」や社会も、全部が同じではなく
色々派閥が生まれ、葛藤や対立が生まれ
いずれ、パワーバランスで安定していく。

そうやって敗戦国日本の「治安」は
バランスをなんとか保っていたのだ。

これを無理やりどこかをつっついて
パワーバランスを崩すと、全部がドミノ倒しのように崩壊する。

「暴力団対策法」でこのややこしいパワーバランスを
全く分かっていない「警察」が
無理矢理「ウヨクヤクザ」だけを潰すと
そこに押さえつけられていた「チンピラ」が
大喜びで暴れ出す。

では、警察はその集団を押さえつける「暴力」を持っているのか?
持ち合わせてはいない。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感