So-net無料ブログ作成

注目される炭化珪素繊維 [技術]


「航空機数が大幅に増加するので、燃料費抑制のための燃費改善が極めて重要になる。
さらに燃費改善は、環境面からも対応が急務となっている。」

--
軽量化は自動車にしても大きな課題、電動化の兆しもあるがジェットエンジンの
タービンの耐熱要求をクリアしての軽量化は燃費改善に果たす役割は大きい。

---
アイJAPAN
2018/10/24
【日本の技術力】世界のジェットエンジンを乗っ取りつつある日本の素材!

日本の強み素材技術。 年5%市場規模が大きくなっている航空機業界で
どのように注目されているのでしょうか。

---
2018/01/16
航空業界の将来を左右する新素材「SiC繊維」
日本カーボンと宇部興産しか作れない
toyokeizai

日本発の新素材が航空業界の将来をも左右しそうだ。その新素材とは炭化ケイ素(SiC)
繊維。炭素とケイ素の化合物を繊維化したものだが、軽量かつ高強度で、耐熱性にも優れ
ている。

SiC繊維を作るには炭素とケイ素を結合させた繊維状の物質を焼き固めなくてはならない
が、焼き固める前の段階では飴細工のようにもろく、ほんの少しの刺激で粉状に砕けて
しまう。しかも、温度条件に過敏に反応するので同じ品質のものを作ることが難しい。

世界で製造できるのは日本カーボンと宇部興産の2社だけで、米国化学大手ダウケミカル
や米国ガラス大手コーニングなどは途中で開発を断念した。

燃費改善は喫緊の課題

現在、航空機需要は拡大が続いている。グローバル化の進展により航空機を利用する人
が増加。 日本航空機開発協会によると、全世界でのジェット旅客機の運航機数は2016年
末の2万1597機から2036年末には約1.8倍の3万8866機に伸びる見通し。同期間中に約3.3
万機(販売額は約5兆ドル)の新規納入、8.3万基(同約1兆ドル)のエンジン需要(スペ
ア用含む)が見込まれている。

航空機数が大幅に増加するので、燃料費抑制のための燃費改善が極めて重要になる。さ
らに燃費改善は、環境面からも対応が急務となっている。

国際民間航空機関(ICAO)は2010年の総会で「2050年まで燃料効率を年率2%改善し、
2020年以降CO2排出量を増加させない」と決議した。2016年の総会では加盟191カ国がCO2
排出量規制の枠組みに同意し、超過分については各航空会社が排出権購入を義務づけられ
ることになった。

「日本の航空会社の排出権購入量は2012年の十数億円規模から2035年には数百億円規模に
拡大する見込み」(日本航空機開発協会)。

燃費改善には航空機を軽量化する必要があり、翼や胴体部分では従来のアルミ合金から
炭素繊維への置き換えが進んでいる。たとえば欧州エアバス「A350XWB」では、機体の53
%に炭素繊維が使用されている。


---
炭化珪素繊維
wiki

近年、ジェットエンジンやガスタービンのように高温で高強度を要求される部品への
適用が進みつつある。ガスタービンのような熱機関は高温で運転すればカルノー効率が
高まるので燃費が改善する。


日本発の技術であり、現在でも世界市場に占める日本企業製品のシェアは高い。

宇部興産 - チラノ繊維
日本カーボン - ニカロン、ハイニカロン

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

彼らは「地球動物園」を観察しているという仮説 [宇宙]


「地球が誕生して46億年が経つが、私たちが本腰を入れて異星人を探し始めたのは、
たかだか100年かそこらのこと」

「私たちが住む銀河だけでも数十億もの惑星がありそうなのに、知的生命体を宿す惑星が
地球だけという状況は考えにくいように思える。」

--
我々が海外に行こうとする時、治安はどうかということがまず気になる。
ミサイルが飛び交うような殺戮の世界、放射能で汚染された国、治安が悪い国には
行かないのと同じことが、異星人の心的判断に影響していると考えられないか。

同じ知的生命体であっても、そのレベルがまるで違うことを考えに入れないと
この深淵な宇宙で、地球にしか知的生命体が存在しないという傲慢な考えになりはしな
いか。

---
2019年03月29日
なぜ異星人は見つからない?
彼らは意図的に姿を隠し「地球動物園」を観察しているという仮説
karapaia

宇宙は広い。その広さを想像するだけで頭がおかしくなりそうなくらい広い。
なのに宇宙に存在する生命体が地球だけであるはずはない。

我々は異星人へ熱いメッセージを送り続けているが、いまだに何の返信も得られない
ままだ。じゃあいったい、どこにいるのよ?

もしかしたら、異星人たちは意図的に存在を隠しているのかもしれない。

それどころか、地球人は全て異星人の管理下にあり、彼らは「地球動物園」で繰り広げ
られる生命活動の様子をこっそり観測しているのかもしれないという。

そんな仮説が、フランス・パリで開催されたカンファレンスで発表された。


なぜ異星人と接触できないのか?

60名の科学者が参加したこのカンファレンスでは、いわゆる「大いなる沈黙(Great Sil
ence)」――なぜ異星人は私たちにコンタクトをとってこないのか? という疑問につい
て議論された。

このシナリオは、未知の異星文明に向けてメッセージを送り、異星人に地球文明を発見し
てもらう試みを行っている非営利団体METI(Messaging Extraterrestrial Intelligenc
e)が提唱したものだ。


フェルミのパラドックス

私たちが住む銀河だけでも数十億もの惑星がありそうなのに、知的生命体を宿す惑星が
地球だけという状況は考えにくいように思える。

それなのに、地球外知的生命体の存在を示すサインはちっとも得られない。本当に彼ら
が存在するのなら、どこにおり、いったいなぜ今にいたるまで発見できないのだろうか


この疑問は、1950年代にイタリアの物理学者エンリコ・フェルミが指摘したもので、
「フェルミのパラドックス」として知られている。

ちなみにフェルミ自身は、太陽系外惑星が本当に存在するという証拠を目にすることは
なかった。太陽系外惑星が初めて確認されたのは、フェルミの死から数十年後のことだ。
 
2014年以降、ケプラー宇宙望遠鏡によって数百もの太陽系外惑星が発見されてきた。
それどころか、ケプラーは2300以上もの太陽系外惑星が存在する可能性をほのめかして
きた。

それなのに、異星人とコンタクトがとれる日が近づいてきたとは、フェルミの時代と比
べてもまるで言えない状況だ。


「動物園観察説」―人類は異星人によって飼育・監視されている?

METIが提唱したのは、実は異星人はとっくに地球のことを知っており、姿を隠したまま
今も人類の観察を行っているという説だ――そう、私たちが動物園の動物を観察するよう
に。

こうした仮説は「動物園仮説」と知られる。 

METIの代表を務めるダグラス・バコッホ氏は、仮に本当にそうなのだとしたら、人類は
頑張って”飼育者”にメッセージを送って、私たちが高度な知性を持つ生き物であること
を証明しなければならない、と主張する。


たとえば、動物園で飼われているシマウマが、突如として素数のパターンを解明したとし
よう。そうなったら、私たちはシマウマの知性について評価を改め、彼らの声に応えねば
ならなくなるだろう。

それと同じで、私たちが異星人を感嘆させることができれば、彼らも私たちの呼びかけに
応えてくれるかもしれない。

あるいは、私たちがいるのは銀河動物園ではないという可能性もある。そう、すでに異星
人からの評価は済んでおり、今はそれに続く”検疫”の段階であるというものだ。

ならば彼らに会えるのは時間の問題ということになる。


あえて姿を見せないという可能性も

だが、異星人が私たちのためにあえて姿を見せないという可能性も考えられる。もし異星
人が本当に姿を現したとしたら、人間社会が大混乱に陥るであろうことは目に見えている

フランス国立農業研究所のジャン=ピエール・ロスパーズ氏によれば、彼らはそれを避
けるために、わざと私たちに気づかれないよう姿を隠しているのかもしれないのだ。


実は異星人にメッセージが届いていないだけという可能性も

もちろん、私たちの許にはまだ異星人からのメッセージが届いていないという可能性だっ
てある。その理由は、彼らが地下に存在する海の中で進化し、そのために氷の層で閉じ込
められているからかもしれないし、スーパーアースの巨大な重力に囚われているからかも
しれない。

あるいは、人類にもその恐れがあるように、資源を使い果たして自滅してしまったとい
うこともあるだろう。

だが、きっと異星人からのメッセージを受け取りたいのなら、肩の力を抜いて辛抱強く
探し続けるのが一番なのだろう。

なにしろ地球が誕生して46億年が経つが、私たちが本腰を入れて異星人を探し始めたの
は、たかだか100年かそこらのことでしかないのだ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コーヒーを思うだけで覚醒? [生活]


「コーヒーを思い起こさせるような何かを目にした場合、人はコーヒーを飲んだ時と
同じように生理的に覚醒するのか、コーヒーと覚醒には関係があるのか」

--
「コーヒーを思い起こさせるものを見るだけ」でも脳は刺激を受ける。

覚醒したイメージや経験がそこまで強くないと、コーヒーを思い起
こさせるものを見てもそこまで覚醒しない

--
酸っぱいものを思っただけで唾液が湧いてくるように、このことを思えば
なんら不思議でない。思い起こすだけで生理的に覚醒することも頷ける。

そこには覚醒したイメージや経験が影響しているようだ。

---
2019年04月01日
コーヒーを思い起こさせる「何か」だけで人は覚醒する
newsweekjapan

<カナダのトロント大学が行った実験で、実際には飲まずに「コーヒーを思い起こ
させるものを見るだけ」でも脳は刺激を受けることが分かった>


実際に飲む必要はなし

コーヒーはカフェインの作用等もあり、飲むと目が覚めるのはよく知られている。
しかしこのほど、実際には飲まずに「コーヒーを思い起こさせるものを見るだけ」でも
脳は刺激を受けることが分かった。必ずしもコーヒーそのものを見る必要はなく、
またコーヒーを飲む必要もないようだ。

カナダのトロント大学が行なった実験で、結果は科学専門誌「コンシャスネス・アンド
・コグニション」(意識と認知)に発表された。

トロント大学の発表文によると、この実験は「プライミング効果」と呼ばれる現象を調
べたもの。何かを思い起こさせるようなもの(この実験の例でいうとコーヒー)を人間
が見た時に、思い出すレベルが非常に些細であっても、それが人の考えや行動に影響す
るという。

医療や健康の情報サイト「Medical Xpress」(メディカル・エクスプレス)は例として
、2013年にトロント大学で行われた別の実験を紹介している。実験では、単にマクドナ
ルドのロゴを見ただけで、人生に起こる楽しい経験をゆっくりと味わう能力が低下する
可能性が示唆されたという。

今回の実験の共著者で消費者行動を専門にしているサム・マグリオ准教授はトロント大
学の発表文の中で、「コーヒーを思い起こさせるような何かを目にした場合、人はコー
ヒーを飲んだ時と同じように生理的に覚醒するのか、コーヒーと覚醒には関係があるの
か」を確認したかったと述べている。


お茶文化の人にはそこまでの効果なし

マグリオ准教授らは、コーヒーとお茶をそれぞれ思い起こさせるようなものを使って
4つの実験を行なった。西洋の文化的背景を持つ人と東洋の文化的背景を持つ人に参加し
てもらった。

コーヒーを思い起こさせるものを見せられた参加者は、時間を短く感じ、物事をより
具体的かつ詳細に考えたという。コーヒーそのものを飲んだのではなく、コーヒーを
思い起こさせるものを見たことによる「プライミング効果」だとマグリオ准教授は述べ
ている。

ただしコーヒーを思い起こさせるものを見た時の覚醒の度合いは、東洋の文化の中で育
った人では、そこまで強くなかったという。マグリオ准教授は、コーヒーと覚醒の関係
は、コーヒーがそれほど主流ではない文化ではそこまで強くなかったと説明する。

「北米では、会社のエグゼクティブがトリプル・エスプレッソを片手に重要な会議に駆
け込む......といったイメージがあり、カフェインと覚醒の関係は他の文化にはないほ
ど強いものがあるのかもしれない」と分析する。

つまり、コーヒーで覚醒したイメージや経験がそこまで強くないと、コーヒーを思い起
こさせるものを見てもそこまで覚醒しないということのようだ。

マグリオ准教授は次のステップとして、人はさまざまな食品や飲み物にどんなイメージ
を抱いているかを今後調べたいとしている。例えばエネルギー飲料や赤ワインについて
考えただけで、まったく異なる反応を示す可能性もあるという。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6歳のクレアが歌うエルヴィスのカバー [教育]


ウクレレでCan't Help Falling In Love


Can't Help Falling In Love - Elvis Cover by 6-Year-Old Claire Crosby


Can't Help Falling In Love
- 6歳のクレア・クロスビーによるエルヴィスのカバー


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感