So-net無料ブログ作成

数多くの災害・異例な現象が目立った2018年 [気象]

今年も残りわずか、拙いブログを有難うございます。よい年をお迎えください。m(_ _)m

数多くの災害・異例な現象が目立った2018年

早すぎた桜の開花、早すぎた梅雨明け
そして台風7号の接近や梅雨前線の停滞で西日本を襲った豪雨

今年の漢字は「災」と言われるように甚大災害が相次ぎ
早すぎた桜の開花から始まって「なんだかおかしい」と感じる平成最後の1年だった。

露骨に気象操作されていたとすれば、その証左でもあり

人工地震,原発事故,気象改変 は米国の災害ビジネス!とも言われている。

---
2018/12/31
日本が亜熱帯に?
2018年は太平洋高気圧の強さが目立つ1年
weathernews

豪雨、台風、猛暑など記録的な気象現象が起こった2018年の日本列島。
様々な要因があるなかで、特に目立ったのが「太平洋高気圧の強さ」でした。

太平洋高気圧が例年より勢力拡大

平年では沖縄が梅雨入りする5月後半から日本の南海上まで勢力を広げる
太平洋高気圧ですが、今年は冬の間から時々日本の南海上に姿を見せ、
5月には台湾から先島方面まで広がってきました。

盛夏期の8月は平年より大きく北に勢力を移しています。秋になって衰退はしたものの、
10月の段階でも平年より大きく西に張り出して、小笠原近海まで勢力を残しました。

---
数多くの災害・異例な現象が目立った2018年
weathernews

2018年も残すところあと1か月を切りました。”1年”という区切りでは、
平成最後の1年となった2018年。

流行語大賞2018に「災害級の暑さ」「計画運休」といった関連する言葉がノミネート
しましたが、記録的な気象や地震によって甚大災害が相次ぎ、
さらには「なんだかおかしい」と感じるほどの異変も数々起きました。

【災害編】
1.西日本豪雨

台風7号の接近や梅雨前線の停滞により、7月3日から8日にかけて、西日本や東海地方の
非常に広範囲で長時間の記録的な大雨となりました。

72時間降水量は広島で444mm、呉で465mm、愛媛県の松山で360.5mmと観測史上1位を記録。
気象庁は合計11府県に「大雨特別警報」を発表しています。

長時間の豪雨により、河川の氾濫や浸水害、土砂災害が多発し、死者数が200人を超える
平成最悪の豪雨災害となりました。

ウェザーニュースの独自調査によれば、国や各自治体が定めている水害リスクが高い地
域(浸水想定区域+低位地帯)のうち、最大で約80%の広域で浸水・冠水被害が発生した
とされています。


2.大阪北部地震
6月18日7時58分ごろ、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生。
最大震度6弱を大阪市北区・高槻市・枚方市・茨木市・箕面市の5市区で観測しました。

揺れの大きかった大阪市を中心に家屋の被害が相次いだほか、大阪府を中心とした関
西地方の多くの交通機関がマヒして、多くの帰宅困難者が出ました。

また小学校の道路沿いのブロック塀が倒壊、児童が犠牲になるという被害も発生。
ブロック塀の設置基準について課題が浮き彫りとなりました。


3.北海道胆振東部地震

9月6日3時7分ころに、北海道胆振地方中東部を震源とした、マグニチュード
6.7の地震が発生。

最大震度は、震度階級で最も強い震度7の揺れが北海道では初めて観測されました。

強い揺れによって厚真町を中心に広い範囲で土砂崩れが発生、家屋の下敷きになるなど
多くの犠牲者が出ています。

さらに道内全域が長時間に渡って大規模停電。管内のほぼ全域で電力が止まる
「ブラックアウト」が史上初めて起こってしまいました。


4.台風直撃で広域被害
関空水没・停電・塩害

今年は平年よりも多い29個の台風が発生(例年は24.9個)し、日本への接近はそのうち
15個、上陸は5個という状況です。

特に影響が大きかったのが、9月のはじめに近畿を直撃した台風21号、そして同じ月の
月末に再び直撃した24号でした。

両方ともに「非常に強い」勢力で上陸。1シーズンで2個の「非常に強い」台風の上陸は
史上初めての事です。

【台風21号】は徳島、兵庫に上陸しながら近畿を縦断、猛烈な暴風によって大阪など
都市部で屋根の一部が吹き飛んだり車の横転が多発。

さらには記録的な高潮で関西国際空港では滑走路などが大規模浸水するなどインフラに
大きな被害が出ました。

一方【台風24号】は和歌山に上陸した後、東日本にかけて本州を横断。

首都圏の交通機関が事前の計画運休を実施したほか、暴風によって巻き上げられた海水
が内陸へ飛散、関東から東海の広範囲で塩害が発生しました。

電線から火花が出たり、沿岸部の街路樹が枯れ、桜の狂い咲きが見られるなど、
普段では見られないような被害が各地で目撃されました。


5.福井で37年ぶり記録的豪雪

2月5日から8日にかけて、北陸西部では福井県嶺北地方・石川県加賀地方を中心に
記録的な大雪に。

特に福井市では、7日に積雪深が147cmとなり、1981年の昭和56年豪雪以来、
37年ぶりに140cmを超える積雪が観測されました。

この大雪の影響で、石川県と福井県を結ぶ国道8号では一時約1,500台の車が立ち往生。
自衛隊による除雪作業が行われ、9日未明に全ての滞留車両が解消するまでに
約3日要しました。

また、鉄道や航空の便への影響が長期化し、店頭の商品が品薄になったり、
ガソリンスタンドの給油がストップするなど物流に大打撃。
大雪がおさまった後も生活に大きな影響を与えました。


【異例編】
2018年は暮らしや経済に多大な影響を与えた例年とは異なる現象も複数発生しました。
ウェザーニュースの気象予報士が特に異例だと感じたのは以下のニュースです。

6.41.1℃…記録的猛暑に

7月23日(月)、埼玉県熊谷市で41.1℃まで気温が上昇。
2013年8月12日に記録した高知県江川崎の41.0℃を上回り、日本歴代最高を5年ぶりに
更新しました。

歴代の最高気温を上位から並べてみても、今年は他の地点でも記録に残る暑さとなった
ことがわかります。

今年は東京(青梅)でも都内初となる40℃超えを記録したほか、全国のアメダス観測点
927地点のうち、202地点で観測史上最高気温を更新しました。

7月に熱中症で救急搬送された人は全国で5万4220人と過去最多を記録(消防庁)、
夏場以降の農作物が高騰、さらには清涼飲料水の供給が追いつかなくなるなど災害級の
暑さとなりました。


7.東から西へ、異例の逆走台風12号

2018年7月24日に発生した台風12号は、7月最後の週末(28〜29日)に本州の東側から
接近、上陸しました。

気圧の谷や寒冷渦という上空の様々な要素が絡み、西日本を西へ横断するという異例の
逆走ルートをたどりました。

そのため、隅田川花火大会が延期になるなど、週末のイベントに大きな影響が出ました。


8.首都圏大雪 4年ぶり東京で積雪20cm超

1月22日から23日未明にかけて、本州の南海上を低気圧が通過し、2014年2月以来、
4年ぶりに東京で20cmを超える積雪を観測するなど、関東地方を中心に大雪となりました。

この積雪の影響で、高速道路では通行止めが相次ぎ、東京都内では雪の影響とみられる
交通事故が800件以上発生しました。

また、鉄道のダイヤ乱れや特急列車の運休が発生し、帰宅時間帯には混乱が見られま
した。空の便については、22日から23日の2日間で成田・羽田空港を中心に国内線の
400便以上が欠航となり、成田空港では滑走路が閉鎖して約9,900人が空港で一晩を過
ごすなど大きな影響が出ました。


9.早すぎた桜の開花

3月中旬以降に気温が平年よりも高い日が続いた影響で、桜の開花が昨年より1週間ほど
早く進みました。

例年と比べても、ほぼ全国でソメイヨシノの開花が早い傾向に。(山口県と秋田県以外)

気象台の観測によると、大阪城公園(大阪府)のほか、山陰や東海、関東などで観測史
上もっとも早い満開となった標本木が多くありました。

このため各地で花見イベントの繰り上げや計画変更を余儀なくされるなど混乱が続き
ました。


10.早すぎた梅雨明け 梅雨期間が短く、降水量は少なめ

今年の関東甲信地方の梅雨明けは6月29日でした。

<関東甲信地方 梅雨明けが早かった年>
★2018年 6月29日
 2001年 7月1日
 1978年 7月4日
 1973年 7月5日

関東甲信地方でこれまでに最も早い梅雨明けは、2001年の7月1日。今年は過去最も早く、
6月中に発表されるのは初めてのことです。

梅雨の期間は23日間で、こちらは1978年と並ぶ最短記録となりました。今年の梅雨期間
中の降水量は東京で155.5mm。
平年の梅雨期間における降水量の平均と比較すると、6割程度に留まりました。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人気を博す映画「万引き家族」 [社会]


1週間で観客動員数100万人を突破。興行収入45億円
オバマ前大統領がお気に入りにリストアップ

・・などから映画「万引き家族」はパルムドールを受賞を受賞しただけあって
人気を博し、世界で認められた「万引き家族」になっていることがわかる。

最後の出演作となり亡くなった樹木希林さんも喜んでいることでしょう。

--
「万引き家族は、社会の隅っこで置き去りになっている、"犯罪でしか繋がることの
できない"登場人物たちを通して、家族や共同体の意義を問いかけた作品」で、
人と人との「絆」のありかたを問う作品でもある。

---
2018年12月29日
映画「万引き家族」、
オバマ前大統領の「2018年のお気に入りリスト」に選ばれる。huffpost
日本作品で唯一

アメリカのオバマ前大統領が12月28日、2018年のお気に入り曲、映画、書籍リストを
Facebookで紹介した。「映画リスト」の中には、是枝裕和監督がメガホンを撮った
日本映画「万引き家族」が選ばれた。

23の音楽作品、15の映画、29の書籍がリストアップされたが、「万引き家族」は唯一の
日本作品となった。

オバマ氏はこれまでにも定期的に「お気に入りリスト」を公開しており、
大統領在任中にはホワイトハウスの公式サイトでも公表していた。
好きな音楽リストの中には、 音楽ストリーミングサービス「Spotify」で配信されて
いるプレイリストもある。

今回のリスト公開にあたり、オバマ氏は以下のように思いを綴った。

2018年の年の瀬に、自分の大好きな恒例行事として、
今年のお気に入りリストを紹介します。

リストを作っていると、自分を深く考えさせたり、インスパイアしたり、
あるいは単にすごく大好きになったりした書籍、映画、音楽を通して、
今年はどんな年だったのかを一呼吸おいてじっくり考えることができます。

また、才能ある作家やアーティスト、ストーリーテラーたちをきちんと強調する
機会にもなります。中には、皆さんがすでにお馴染みの人もいるだろうし、中には
全然聞いたこともない人もいるかもしれません。

さて、これが私の2018年のベスト作品リストです。ぜひ、楽しんで読んだり、観たり、
聞いたりしてほしい。


世界で認められた「万引き家族」

第71回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」。
2018年7月に劇場公開されると、1週間で観客動員数100万人を突破。興行収入45億円を
超えた現在でも全国の劇場で上映が続いている。

アメリカ、イギリス、フランス、中国など海外でも公開されている。


2003年公開の「誰も知らない」以降、様々なアプローチで家族のあり方を
描いてきた是枝監督。

「万引き家族」は、社会の隅っこで置き去りになっている、"犯罪でしか繋がることの
できない"登場人物たちを通して、家族や共同体の意義を問いかけた意欲作だ。

9月に死去した樹木希林さんは、是枝監督作品の"常連"だったが、「万引き家族」が
最後の出演作となった。

なお、村上春樹さんの短編小説「納屋を焼く」が原作の韓国映画「Burning」も
「お気に入り映画」に選出された。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホームレスの男性患者を見守っていた4匹の犬 [動物]

夜勤の看護師のクリスさんは
思いがけない形で心が震える光景に遭遇

男性患者はたくさんの犬友だちに恵まれて
犬たちに慕われその絆の深さに胸を打たれる。

--
2018年12月21日
ホームレス男性の診察が終わるまで、
入り口で心配そうに見守っていた4匹の犬たち(ブラジル)karapaia

心無い人間に虐げられる犬の悲しいニュースはさまざまな国で問題になっているが、
今月初め、貧しくても犬たちと素晴らしい関係を築いている男性のエピソードが
大反響を呼んでいる。

 先日、ブラジル・サンタカタリーナ州の病院で夜勤をしていた看護師のクリスさんは
思いがけない形で心が震える光景に遭遇した。

 深夜にたった一人でやってきたホームレスの男性。
 
 その姿を見て「孤独な患者」とばかり思った彼女だが、
すぐにそれが思い違いだったことを知る。
実は彼にはたくさんの頼もしい付き添いがいたのだ。


病院を一人で訪れたホームレスの男性

 その日の午前3時ごろ、クリス・マンプリムさんが同僚と夜勤をしていると、
セザルというホームレスの男性が訪れて持病の診察と薬の処方を申し込んだ。

セザルさんはこの病院は初めてで、クリスさんが健康状態などを問診した。

 夜更けに一人でやってきたセザルさんは寂しそうに見えた。
しかし次の瞬間、クリスさんはそれが思い込みだったことを知る。


セザルさんに付き添い、辛抱強く待ち続けた犬たち

 ふと見ると入口で立ち止まり、セザルさんを一心に見つめる4匹の犬がいた。
なんと彼は犬の付き添いを伴っていたのだ。

 セザルさんは貧しい暮らしをしているが、
たくさんの犬友だちに恵まれていたのだ。

犬たちは病院まで付き添い、
玄関前で大好きな彼の帰りをけなげに待っている。


犬たちに食べ物を分け与えきちんと面倒をみていたセザルさん

驚いたクリスさんはセザルさんと話すうち、
彼がいかに犬たちを大切にしているかを知った。

なんと彼は食べ物をほとんど食べずに犬たちに与えていたのだ。

「その犬たちはきちんとお世話されていて健康そうで、
ぽっちゃりしてる子もいました。その全員がドアのところで待ってたんです。
セザルさんをとても心配してるのが手に取るようにわかりました」
 

犬たちはそこからほとんど動かずに、
彼の診察と薬の処方までの数十分を辛抱強く待っていた。

そしてようやくセザルさんの診察が終わった。

おとなしく入り口で待つ犬たちの様子をずっと見ていたクリスさんは、
同僚と話し合い、お行儀の良い彼らを招き入れる許可をもらった。

そして、セザルさんと犬たちみんなに手持ちの食べ物をふるまったのだ。


貧しくても愛がある。幸せそうなセザルさんと犬たち

そして1時間後、セザルさんは楽しそうに尾を振る犬たちと一緒に病院を去っていった。
クリスさんは万感の思いで彼らを見送った。

「私はセザルさんの半生を知りませんし、どんな事情でホームレスになったかも
わかりません。でも犬たちに慕われて愛されている彼に尊敬の念を抱きました」
 
自身も動物好きなクリスさんは、心無い人の犬への虐待に心を痛めてきた。

だが、この日で出会った犬たちのいきいきとした表情や、セザルさんへの愛が
ひしひしと伝わる立ち居振る舞いを見て、その絆の深さに胸を打たれた。


「たとえ貧しい暮らしでも、彼と犬たちはとても幸せそうでした。
すべての人が彼のように動物を愛し、動物と通じ合えれば虐待なんて無くなるはずです」
 
 クリスさんがこの出来事をフェイスブックで明かすと
8万ものいいねがつき、セザルさんと犬たちの仲睦まじい姿に多くの人が感嘆や
称賛の声を寄せている。

 自分よりも大切な犬たちを優先する優しいセザルさん。
そして犬たちもセザルさんを思い、常にそばに寄り添い彼を守ろうとする。

 海外ではひょんなことから普通の人が簡単にホームレスに陥ってしまう人も多い。
セザルさんが健康になって、仕事を得て、犬たちと一緒に暮らせる
暖かい家が得られることを心より願わずにはいられない。
thedodo.com

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人類が改めるべきUFO観 [宇宙]


UFOを目撃したもののさまざまな事情で話せない人々は考えられているよりも多い。
UFO目撃談は偏見を排してオープンに共有されなければならない。

軍隊に関わる者には厳格な守秘義務が課されるが
軍やNASAの退職後にUFO目撃体験をオープンに語る元米空軍パイロット。

「その時、時速640キロで飛行していたのですが、そのUFOは我々よりも10倍、
いや20倍の速度が出ていた」

--
米ソ冷戦時代の頃の情報がようやくこうして出てくるのだが、現役の軍やNASAの
パイロットの証言は守秘義務が課されるためなかなか得られることはないだろう。

特に米ソ冷戦時代や全球で電磁波が飛び交っている地球の今日、「核」なども宇宙の
異星人の監視対象となっている可能性が高いと思われる。


---
2018.12.24
「UFOとの遭遇など普通」元米空軍パイロットが断言!
空飛ぶ“豪華客船型UFO”が急上昇… 壮絶体験と人類が改めるべきUFO観を語る!
tocana

任官中のスコットランド駐留の米空軍内では“特異な航空機”という言葉が普通に
使われており、自身も軍用機からUFOを目撃したという退役軍人の話に注目が集まって
いる。UFOを目撃したもののさまざまな事情で話せない人々は考えられているよりも
多いというのだ。

夜の空に豪華客船のような巨大UFO

 軍隊に関わる者には厳格な守秘義務が課されるが、米ソ冷戦時代にはなおのこと
厳しい数々の緘口令が敷かれていただろう。

 82歳の退役軍人であるジョージ・フィラー氏もまた、主に米ソ冷戦時代に米空軍に
勤務していたオフィサーであった。フィラー氏は、軍やNASAの退職後にUFO目撃体験を
オープンに語る者のうちの1人である。


米ソ冷戦時代に英・スコットランドの米空軍基地に配属され、空中給油のミッションに
従事していたフィラー氏だったが、この基地の将官や提督の間では“特異な航空機
(anomalous aerial vehicles)”という言葉がよく使われ、彼らはその存在を熟知し
ているようだったという。

 ある夜、巨大な飛行物体が基地のレーダーにとらえられ、フィラー氏はただちにパイ
ロットとしてスクランブル発進を行い、軍用機でこの巨大な飛行物体を追ったのだ。

「近づくにつれ、遠くにいくつもの光が見えました。まるでイルミネーションライトで
飾られて夜の海に浮かぶ光り輝く豪華客船のように見えました」
(ジョージ・フィラー氏)

豪華客船ほどの大きさの巨大なUFOが空に浮かんでいたとすれば、
さぞや壮観な眺めであっただろう。はたしてこのUFOの正体は?


沈黙しているUFO目撃者は多い

「さらに近づいたところで、それでも約8キロメートルほどはあったでしょうか、
そのUFOは猛スピードで上昇して宇宙空間へと飛び去ってしまいました。
我々はその時、時速640キロで飛行していたのですが、そのUFOは我々よりも10倍、
いや20倍の速度が出ていたでしょう」(ジョージ・フィラー氏)

 10倍ならマッハ5、20倍ならマッハ10以上ということになる。我々人類の現在の技術
ではマッハ3を大きく超える航空機は設計できないとされている。
とすれば地球外文明の技術によって造られたUFOとしか考えられない。

「我々は、そのUFOが我々の文明のものではないことを確信しました。
私にはそのUFOは長いシリンダーのように見えました」(ジョージ・フィラー氏)


フィラー氏はその時のUFOをいったい誰が操縦していたのかはわからないとしながらも、
独自の持論を持っている。それによれば、もし彼らが地球外からの来訪者であった場合、
彼らはもっぱら世界中の海に身を隠しているということだ。

したがってUFO目撃情報は海岸や海で多いことが説明できると主張している。

 UFO研究は多くの人々を魅了しているが、フィラー氏によれば、UFOが“エイリアンの
宇宙船”というイメージが世間一般に刷り込まれてしまっているために、それぞれの
UFO目撃体験について深く議論することができなくなっていると指摘している。

 我々が考えている以上にUFOを目撃している人は多いのだが、それを話せば“変人”
扱いされかねないので、家族や親しい友人にしか打ち明けていない人は多いという。

嘲笑の対象になるというリスクは、UFOを目撃した人々を沈黙させるには効果てきめん
だとフィラー氏は解説している。

UFO目撃談は偏見を排してオープンに共有されなければならないということだろう。
今後も続々と寄せられるであろうUFO目撃報告をチェックしていきたい。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の漢字「災」から考える避難所 [政治]


今日の、明日の、先々の不安を抱えた被災者が
身を寄せる避難所で、我慢をして過ごさなくてはならない状況は、
体だけでなく精神も疲弊させ、災害関連死にもつながる。

「みんなたいへんなんだから我慢すべき」を前提にしない環境整備を・・と
環境整備に焦点をあてる。

「国はスフィア基準を「避難所運営ガイドライン」で参考にすべき国際基準と明記してい
ますので、本来であれば設計を始める段階でスフィア基準を意識していくべきです。」

--
避難所の環境 voice74

西日本各地が豪雨に襲われ
何時ものことで、あの劣悪な生活環境の中に身を置いて
多くの方が二次災害も覚悟して我慢しながらの避難所生活を強いられている。

これが災害時の何時もの姿で、国民も見慣れた光景となっている。

「体育館で身を寄せ合う避難生活」の光景は、
当たり前のように、あるいは我慢と忍耐の姿として報じられた。
しかし、そこには今の政治の問題点が映し出されている。

---
2018年12月29日
今年の漢字「災」から考えるこれからの避難所…
「みんなたいへんなんだから我慢すべき」を前提にしない環境整備を
huffpost

2018年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「災」に決まりました。
今年は特に多くの災害があったことから、私たちは日本という災害列島に暮らしてい
るということを痛感させられた年でもありました。

そこで、今回は災害時の拠りどころとなる「避難所」の環境整備に焦点をあててみた
いと思います。


「体育館等の床の上にゴザ一枚を敷いて毛布一枚かけて寝る」が基本。

高齢者など特別な事情がある場合にはエアマット等が提供される。

というのが、多くの日本の避難所の想定であり備えです。


自然の猛威を目の前にして私たちにできることには限りがあります。
しかし、被災をした後の避難所の質の改善については、私たちが平時から準備が
できます。

「日本の避難所は難民キャンプ以下」と言われる中で、各自治体がそうした指摘に対
して、避難所の「快適な温度、新鮮な空気、プライバシー、安全と健康を確保できる
十分な空間」「安全性と利便性、衛生面が担保されたトイレ」等々へどのように改善を
図っていくか、議会や住民も含めて考えていくことが必須です。

家が崩壊や火災等によって住めなくなり、今日の、明日の、先々の不安を抱えた被災者
が身を寄せる避難所で、我慢をして過ごさなくてはならない状況は、体だけでなく精神
も疲弊させ、災害関連死にもつながることです。

災害から死をまぬがれた命・・・避難所の暮らしで命が脅かされることがあってはなら
ないことです。


備蓄品はみんなの多様な視点でチェック

文京区では、区立小中学校など33カ所ある各避難所で1,000人の受入れを基本にして
います。ですが、エアマットの備蓄は概ね200です。段ボールベッドの備蓄も進めて
はいますが、備蓄倉庫の広さの関係もあり、まだまだわずかです。

多くの方は被災して疲れた心身にありながら、木の床にゴザと毛布で雑魚寝せざるを
得ず、プライバシーもない状況になります。


学校の建て替え...避難所としての「質」を担保する設計は
学校生活にもメリット大

さて、学校の建て替えを行う際に、子どもたちのより良い教育環境を考えるのはもち
ろんのこと、避難所として「被災者が我慢しないでよい生活」の「質」を担保できる
設計を視野に入れることも不可欠です。

「学校は子どもたちのものだから、まずは子どものためを考えることが最優先」とし
がちですが、避難所の生活の質を上げるように設計することは、同時に、教育施設とし
て、子どもたちの学習と学校生活にマイナスの影響を及ぼすものではなく、
むしろ、学校生活の質の向上にも寄与するものです。


避難所の国際基準「スフィア基準」を取り入れた設計がこれからのスタンダード

建替える学校は、スフィア基準を可能な限り取り込んだ設計をすることが、今後重要だ
と思います。

文京区の場合、「改築でスフィア基準を取り入れた設計はしていない。
今後の課題とする。」という段階です。

国はスフィア基準を「避難所運営ガイドライン」で参考にすべき国際基準と明記してい
ますので、本来であれば設計を始める段階でスフィア基準を意識していくべきです。

まして、学校とは言え、建替えには70億円以上が投入されることも珍しくない公共の
施設です。学校は子どもだけのものではなく、地域の拠点でもあります。


足らない福祉避難所...まずは対象者を明確にしておくこと

避難所には「避難所」と「福祉避難所」があるのをご存知でしょうか?

避難所は誰でも避難することはできません。災害によって自宅が住めなくなった
被災者が避難できる場所です。


福祉避難所の数が圧倒的に足りない状況に目を向けたときに、避難所から福祉避難所に
移動せずに済むような避難所環境をつくることが重要です。

高齢者や障害者等に限らず、支援を要する妊婦、授乳中の人、乳児も家族と離れること
なく、誰もが安心して過ごせるように地域の避難所の環境整備を視野に入れた学校設計
はけして不可能ではないはずです。


不便や我慢を前提にした避難所から、
安全・安心を担保し再建へのステップとなる居場所づくりへ

誰もが被災者になり得ることを前提に、それぞれが自宅での備蓄を意識して整えてい
くことはもちろんのこと、避難所に避難せざるを得なくなった時に、避難所での日々が
生活再建に向かう力が湧いてくる場となるように、様々な人たちが避難してくることの
多様な視点を持って環境を整備することが自治体の責務だと考えます。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

僕がそこへ行く理由 3 [社会]


「最も弱い人たちのために働きなさい」

この仕事に自分の人生を懸けている人もいる。
---
2018年08月22日
僕がそこへ行く理由 第3回最も弱い人たちのために働く msf.or.jp

不安や孤独に迷うなか、それまでの価値観を変える言葉に動かされた加藤青年。
15年にわたって援助活動に携わってきた国境なき医師団(MSF)
日本会長の小児科医・加藤寛幸医師が、援助の現場で得た、大切な出会いや経験


医師としての進路に悩みながらも得することばかり考えていた僕が、
恩師に「損をすると思う方を選びなさい」と言われたからといってすぐに変われた
わけではありません。

ただ、少なくとも損得を離れて、好きな子どもを相手にできる仕事、小児科医の道に
進むことを決めました。損得に重点を置かないと、それまでの迷いが嘘のように消えて
とても気が楽になり、研修を受ける病院などもどんどん決まりました。

そして、医師として第一歩を踏み出す病院に向かうため、飛行機を待っていた空港で、
僕にとって大切な二つ目の出会いに恵まれました。

それは空港ロビーのテレビ画面に映し出されていた栄養失調の子どもと寄り添う医師の
姿でした。

その年は国境なき医師団の事務局が日本に開設された年でもあり、その活動を伝える
テレビ画面から目を離せなくなりました。

栄養失調に苦しむ子どもの存在はもちろん知っていましたが、それまでは自分の住む
世界とは完全に切り離されたものでした。

しかし、その映像によって彼らの住む世界と僕の暮らす世界が一つにつながりました。
わずか数十秒間の出来事でしたが、その間に僕はこの仕事に自分の人生を懸けようと
決めていました。

最後に恩師から贈られた「最も弱い人たちのために働きなさい」という言葉が頭に
浮かんでいました。

あれから25年の歳月が流れました。いつもはなかなか長続きしない僕が、
あの時と変わらない気持ちでこの活動に関わっていることに我ながら驚いています。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グローバル化の波に背中を押された「決断」 [社会]


グローバル化の波に乗らなければ生きて行けない状態を醸し出している。
そして外資の流入から始まっているグローバル化の波は否応なしに決断を迫ってくる。

グローバル化の波が非常に巧みな手法で迫ってくるのは「武田薬品」の場合も
そのようである。世界での競争に勝つためというストーリーである。

外国人従業員比率は7割という、最早日本人の会社ではなくなっていた「武田薬品」だ。
そこに来てトップに外国人を据える「決断」だった。

200年以上の歴史を持つ老舗が大胆な決断。それは日本の企業文化へのトドメの
決断でもあった。障壁となっている日本の企業文化への非常に巧みな攻略手法であった。
--

ニューヨーク・タイムズは
「長年にわたる人間関係に重点を置く、“島国根性”の企業文化が、会社を変えようと
する外国人にとって大きな障害になる」というアナリストの声を掲載。
武田の前途に立ちはだかる障壁は、日本の企業文化だと断じた。

--
これからの時代を生き抜くために voice74

グローバル化が急速に進む中で
「日本文明とは何か」「日本人とは何か」を問われ

これからの時代を生き抜くために、
日本人に求められる教養とは何かを語っている。

--
馬渕睦夫×水島総 第1回
世界を統治する者との最終戦争が始まる!」 youTube

--

2018/12/27
フランス人社長が振り返る、武田薬品のグローバル化への道 
「組織改革、精神的に辛かった それでも必要なことはやる」headlines

---
2013/12/22
「武田薬品」超大胆トップ人事の“妙”、
ライバル外資から社長をヘッドハント…
グローバル化の波に背中を押された老舗の「決断」sankei

国内最大手の製薬会社、武田薬品工業が次期トップに外国人を据えることを決めた。
長谷川閑史社長の後任に迎えるのはライバル企業の英製薬大手、グラクソ・スミスクラ
イン(GSK)のフランス人幹部、クリストフ・ウェバー氏(47)。

驚きの声など反響が大きいのは、世界でも特有な日本企業の文化の中で外国人トップ
が力を発揮できるかという疑問があるからだ。一方で、他に先駆けてグローバル化を
進めてきた武田薬品の大胆人事には期待の声も多い。


日本人幹部では動かせず…

「非常に驚いた。そういう時代になったのか。マーケットが日本より世界が広くなっ
ている中で、当然のことなのかもしれない」。

武田の人事について、大手銀行関係者はこう話す。200年以上の歴史を持つ老舗が
大胆な決断をしたことに、経済界では驚きの声が広がった。

「買収した海外企業を統治する力量が問われていたが、われわれに力がなかった」。
一部報道で、長谷川社長は大胆な人事の背景をこう説明する。

世界での競争に勝つため、ウェバー氏を「最適な人物」として選んだというのだ。

「グローバル経営」を標榜する武田は、他社に先駆けて積極的な海外展開を進めて
きた。外国人従業員比率は7割、経営幹部会議のメンバー9人中5人が外国人で、
取締役会での議論、文書はすべて英語になっている。

それでも、武田は売上高ベースでは国内最大手だが世界ではトップテンにも入らない。
本拠地であり世界でも市場規模2位の日本には、外資の参入が続く。

海外での大型M&A(合併・買収)も進めたが、2011年に1兆円超の巨額買収を
したスイスのナイコメッドは欧州・南米を中心に約1万人の社員を抱える巨大組織で、
日本人幹部ではうまく動かせなかった。

現状では乗り越えがたいグローバル化の波が、決断を促したようだ。


壁は「島国根性の企業文化」か?

来年6月に社長に就任するウェバー氏は薬学の博士号を持ち、GSKでアジア太平洋の
上級副社長を務めた後、ベルギーにあるGSKワクチン社の社長に就任。

武田がヘッドハンティングしたのは、攻略を意識する新興国での実務経験が買われたと
みられる。

日本企業のトップに外国人が就くこと自体はそう珍しくはない。だが、資本提携先から
の招へいや自社の海外法人からの登用が多く、武田のように外国のライバル企業からの
ヘッドハンティングはまれだ。

1781(天明元)年創業の武田は、平成15年に長谷川社長が就任する前は、
創業家の武田国男氏が社長。今回の人事はまさに激変であり、閉鎖的なイメージが強い
老舗日本企業の大胆人事には、海外からも注目が集まった。

ニューヨーク・タイムズは「長年にわたる人間関係に重点を置く、“島国根性”の
企業文化が、会社を変えようとする外国人にとって大きな障害になる」という
アナリストの声を掲載。

武田の前途に立ちはだかる障壁は、日本の企業文化だと断じた。


価値観の違い・即効性…成否いかに

ドラスチックな経営体制の見直しに、外国人トップは吉と出るか、凶と出るのか。
だが、これまでの日本企業をみれば、必ずしもそうとはいえない。

日産自動車のカルロス・ゴーン氏は大規模なリストラで日産を復活させたが、
ソニーのハワード・ストリンガー氏はテレビ事業を低迷から引き戻すことができないまま
退任した。

あるメーカー首脳も、外国人トップの“リスク”を懸念する。
「外国人は働くことへの考え方がわれわれ日本人とは異なる」とし、文化の違いを指摘。

世界でも勤勉だといわれる日本人は、会社のため、プライベートの時間まで費やして
仕事をする。とくに一流企業の役員ともなれば、その傾向は強い。

だが、外国人とくに欧米人の仕事観は日本とは正反対。仕事とプライベートはしっかり
分ける。「トップに据えたとして、あっさり辞めてしまう恐れがある」(前出の首脳)。

物事に割り切った考えをもつ欧米人は、『自分の人生は自分のもの』と、経営の道半ば
で仕事を辞めてしまう-。そんな懸念もあるようだ。

とはいえ、国内では武田薬品の人事に前向きな印象を持つ人は多い。
「即効性あるグローバル化の方法だ」
「普通なら反対がでそうだが、思い切った人事で評価できる」。

世界市場で戦うためにグローバル化を進める他の日本企業の手本となるか。
外国人をトップとする日本企業の成否が、世界から注目されている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ディープステートによるグローバル化進む日本 [社会]


グローバル化が進む世界であるが、日本にあっても
ディープステートによる日本のグローバル化が進んでいる。
その尖兵としての霞ヶ関官僚。

なし崩し的に成立した入管法改正、水道民営化など、まるで日本を
解体しようとするディープステート勢力に現政権が牛耳られているようだ。

・・と物事の本質を見極めて発言する馬渕睦夫氏。
「世界を統治する者との最終戦争が始まる!」とみている。

外資が入り込んで今度は人間が入り込んで第二の日産、武田薬品のようになる
世界を統治する者との最終戦争が始まっているようだ。

大雑把にでも今の日本の本当の姿を知るのもいいでしょう。

---
この記事はグローバル化を賛美してるかに見え、かっての日産にダブって見える。
しかし武田薬品は日本の会社だろうか、言葉を巧みに操っているようだが
完全に乗っ取られてしまった姿に思え、世界戦略の道具にされた感じがある。

2018/12/27
フランス人社長が振り返る、武田薬品のグローバル化への道 
「組織改革、精神的に辛かった それでも必要なことはやる」 headlines



私は以前から、「家」の絵を使って説明してきました。それぞれの国が地域特有の
性格を持ってはいますが、従業員が武田の世界戦略について理解している。
そんなグローバルな「家」に当初よりずっと近づけていると思います。

--
2013.12.22
「武田薬品」超大胆トップ人事の“妙”、
ライバル外資から社長をヘッドハント
グローバル化の波に背中を押された老舗の「決断」 sankei

国内最大手の製薬会社、武田薬品工業が次期トップに外国人を据えることを決めた。
長谷川閑史社長の後任に迎えるのはライバル企業の英製薬大手、グラクソ・スミスクラ
イン(GSK)のフランス人幹部、クリストフ・ウェバー氏(47)。

驚きの声など反響が大きいのは、世界でも特有な日本企業の文化の中で外国人トップが
力を発揮できるかという疑問があるからだ。一方で、他に先駆けてグローバル化を進め
てきた武田薬品の大胆人事には期待の声も多い。


---
これからの時代を生き抜くために voice74

グローバル化が急速に進む中で
「日本文明とは何か」「日本人とは何か」を問われ

これからの時代を生き抜くために、
日本人に求められる教養とは何かを語っている。

---
世界グローバル化の波 入管法改正 voice74

入管法改正の移民政策や水道民営化はグローバル化だが
管理を厳しくすることで負の面を抑えることが強く望まれている。

与党政権にもディープステートを推し進める勢力がいる。
---
世界三大水処理企業の一つ仏ヴェオリア voice74

水道民営化、日本を放射性廃棄物の最終処分場化など
グローバル化の波は列島の奥深くに浸透しつつある。

水道民営化をした国のその後の惨状が多々ある中、日本の水道民営化は
様々なことが起きることを予想させる。

グローバル企業に日本人の命を握られた感じだが、その日本の水道民営化の
旗振り役は竹中平蔵氏だという。コンセッション(運営権売却)という横文字を
振りかざして子ネズミと共に郵政民営化をも先導していた。
---

2018/12/27 に公開
馬渕睦夫×水島総 第2回「日本解体!
ディープステートによる日本のグローバル化、
その尖兵としての霞ヶ関官僚」


既成概念にとらわれない大きな視座で国際情勢を俯瞰し、
ぶれることのない日本の軸を示し続けている馬渕睦夫氏。

閉ざす門を一度解き放つことによって見えてくるものがあるように、
物事の本質を見極める言葉と思考を、対談を通じて伺います。

---
国難の正体
youTube
馬渕睦夫×水島総 第1回「世界を統治する者との最終戦争が始まる!」

コメント紹介

柳川伸之

今日馬渕先生のお話を聞いてやはり安倍総理を応援しなければいけない事を
確信しました。 菅官房長官、二階俊博、岸田、竹下、石破、小泉、全て日本国民の敵
だと確信しました。 安倍総理にはもう内政に関する権限が無いんですね。


しぶはちとみちゃん

本当に素晴らしいご教示を毎回ありがとうございます。
もし学生時代の歴史・世界史の先生が、馬渕先生の仰るような事を教えてくれたなら、
もっと自発的に歴史や世界史の勉強をしていただろうなと常々思っています。

30歳過ぎの今になって一生懸命点と点を結ぶ作業をしています。
今後も動画発信を楽しみにしていますので、ご健勝ご活躍をお祈りしております。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

身が焼かれようとも子猫を助け出した母猫 [動物]


消防士のひとりが火事現場から、
燃え盛る炎の中、子猫を一匹づつ運び出している猫を目撃

炎の中に5回飛び込み5匹の子猫を助け出した母猫
--

動物の母性は計り知れないものがある
その無償の愛は人間の想像をはるかに超える。

人々の心に無償の愛を感じさせ、見せてくれた
この母猫、スカーレットの話は人々の心の中にずっと生き続けている。

---
2018年12月29日
例えその身が焼かれようとも、
炎の中に5回飛び込み5匹の子猫を助け出した母猫の物語(アメリカ)karapaia

ブルックリンの廃工場から火が出たとき、ひとりの消防士が目撃したものは、
多くの人の心を打った。

例えその身が焼かれようとも、5匹の子猫を救い出すため5回も炎の中に飛び込んで
いった猫、スカーレットは、ときに動物は人間よりもずっと勇気ある心の持ち主で
あることを身をもって証明したのだ。

その真実の物語は今でもネット上で多くの人々に語り継がれている。


炎の中、5匹の子猫を運び出していた母猫

1996年3月30日のできごとだ。
ニューヨーク州ブルックリンの廃ガレージから、原因不明の出火があった。
緊急通報をうけた消防員たちは迅速に火を消し止めた。

その間、消防士のひとり、デヴィッド・ギアネリは、火事現場から、
燃え盛る炎の中、子猫を一匹づつ運び出している猫を目撃した。

猫はとにかくひどい火傷を負っていた。
全身の毛や手足、耳が特にひどく焦げていて、塞がってしまっていた。

子猫たちを安全な場所へ避難させると、
この猫は生存を確認するかのように自分の鼻で一匹一匹に触れた。

全員を確認すると猫は意識を失ってしまった。

ギアネリは胸がいっぱいになった。
そして倒れた猫と子どもたちを、ニューヨーク州のポートワシントンにある
ノース・ショア・アニマルリーグの動物病院に連れていった。

 懸命に子猫を助けたこの母猫はスカーレットと名づけられだ。

 残念なことに、一番弱っていた子猫が一匹、火傷が元で死んでしまったが、
スカーレットは奇跡的に一命をとりとめ、3か月の治療の後、
里親を募集できるまで回復した。

母子ともに安住の家が決まる

自分の命も顧みず、子猫たちを自ら救ったこの勇敢な猫の話は、
またたく間に広まった。

オランダ、日本、南アフリカなどからも賞賛の声が寄せられ、善意の人たちから、
猫たちを引き取りたいという手紙が7000通もこの動物病院に届いた。

病院は、子猫たちを2匹づつ里子に出すことにした。

スカーレットは、カレン・ウェレンという女性に引き取られた。

彼女自身、交通事故の被害者で、自分の飼い猫を亡くしたばかりだった。
カレンは、特別なケアを必要とする動物を引き取ることに人生を捧げていた。

2011/02/20 に公開
Scarlett The Cat 1


そしてスカーレットは星になった

それから約12年後の2008年10月11日、穏やかな日々を送っていたスカーレットは
亡くなった。推定年齢は13歳前後だったという。

ノース・ショア・アニマルリーグは、彼女の名前にちなんだ
「勇敢な動物のためのスカーレット賞」を創設した。
他者のためになる英雄的な行いをした勇敢な動物に贈るものだ。

スカーレットは本にもなり、『スカーレット、家族を救う』という話の中の
主人公になっている。

スカーレットが虹の橋を渡ってから10年がたったが、彼女の話は人々の心の中に
ずっと生き続けている。

動物の母性は計り知れないものがある。
おそらく本能的なものなのかもしれないが、その無償の愛は人間の
想像をはるかに超える。

どうか、安らかに、スカーレット。
あなたの愛と勇気にあふれたその物語は、これからも、何度も語り継がれて
いくだろう。

それこそが我々人間ができる精一杯の追悼である。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金魚でも巨大魚に [動物]


「金魚鉢の中で飼っている限りは可愛い小さな魚だが、自然に放てばサイズや餌の制約
がなくなり、種によってはとてつもなく巨大化する」と話す。

人間も今の諸々の制約があって今の大きさ、身体能力・・
生きる環境に適した身体になっている。

金魚の例を見ると、生き物が環境に順応していく能力は意外と大きいのかも知れない。

---
2015.06.26
金魚を川に放したら巨大魚に カナダ cnn

金魚鉢で飼っていた小さな金魚を川に放したら、大皿のような巨大魚になった――。
カナダでそんな現象が観測され、当局がペットの魚を捨てないよう呼びかけている。

カナダ・アルバータ州環境公園当局の専門家によると、川などに放たれた金魚は、
水温も酸素濃度も低い同州北部の過酷な環境の中でも繁殖していることが確認された。

金魚には天敵がなく、こうした環境に置かれても繁殖できるといい、
「捕獲した中で最も大きな個体は夕食用の大皿ほどの大きさがあった」と専門家の
ケイト・ウィルソン氏。

「金魚鉢の中で飼っている限りは可愛い小さな魚だが、自然に放てばサイズや餌の制約
がなくなり、種によってはとてつもなく巨大化する」と話す。

当局は同地で4世代にわたって繁殖し、巨大化した魚の写真を公表した。

川などに放された魚は推定で何十万匹にも上ると見られ、ウィルソン氏は
「その方が人道的だと思っているのかもしれないが、そうした誤った考え方は改めて
もらう必要がある」と強調する。

生きた魚を川へ捨てたり別の水場へ移したりすることは法律で禁止されている。
飼えなくなった魚は引き取り先を探すか、獣医に相談して人道的に処分する
必要がある。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感