So-net無料ブログ作成

大規模なリストラ [経済]


2019年上半期、上場企業による早期・希望退職の募集状況から
将来を見越して好業績のうちに実施する「先行型」の例も目立つ。

人員削減を実施した企業は17社で、募集・応募人数は計8178人

上半期だけで18年年間の4126人(12社)の約2倍。
最多は富士通の2850人で、経営再建中のジャパンディスプレイ(1200人)、
東芝(1060人)も大規模なリストラ

年齢条件付での募集では、45歳以上が10社で最多

--
年齢構成から見た社畜による利益率を重視か、
募集年齢の若齢化も目立つ。

---
2019/07/18
上場企業の早期退職8千人 1~6月、18年年間の2倍
headlines.yahoo

東京商工リサーチは18日、2019年上半期(1~6月)の上場企業による早期・希望
退職の募集状況をまとめた。人員削減を実施した企業は17社で、募集・応募人数
は計8178人に上り、上半期だけで18年年間の4126人(12社)の約2倍に達した。

理由は業績不振による合理化が過半を占めるものの、将来を見越して好業績の
うちに実施する「先行型」の例も目立つという。

最多は富士通の2850人で、経営再建中のジャパンディスプレイ(1200人)、東芝
(1060人)も大規模なリストラに踏み切った。

業種別では業績がさえない電気機器が5社、経営環境が厳しい製薬は4社だった。

---
2019/07/18
2019年上半期(1月-6月) 
上場企業「早期・希望退職」実施状況
17社が募集実施、業績堅調な企業も「先行型」募集へ
headlines.yahoo

2019年上半期(1-6月)に希望・早期退職者を募集した上場企業は17社に達し、
すでに2018年(1月-12月)の実施企業数(12社)を上回った。
 
業種別では、業績不振が目立つ電気機器が5社でトップ。

次いで、薬価引き下げや国外メーカーのライセンス販売終了などを控えた製薬が
4社と続く。

年齢条件付での募集では、45歳以上が10社で最多だったが、40歳以上が2社、
35歳以上も1社と、募集年齢の若齢化が目立った。

中小企業は、求人難と退職で人手不足が深刻さを増している。

一方、上場企業の一部では事業の選択と集中、人員構成の是正のため、好調な
業績のうちに将来を見越した「先行型」の募集を実施した企業も出ている。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。