So-net無料ブログ作成

記録的日照不足 [気象]


東京は今月15日まで日照時間が19日連続で3時間未満
観測史上最長

東京の7月前半の日照時間はわずか5.6時間で平年の1割
東京は1961年の統計開始以来、初めてのこと

日照不足によるキュウリやナスといった野菜の生育不良、
コメの生育への不安もあるが、新潟県はコシヒカリの
生育は平年並みになるとの見通し

---
2019年7月16日
記録的日照不足1993年「平成の米騒動」の再来はあるか
business.nikkei

関東地方を中心に記録的な日照不足が続いている。東京都心の日照時間は6月27日
から、20日連続で1日当たり3時間を割り込んだとみられる。

日照時間が1日当たり3時間を割り込んだ日数は、1961年の統計開始以来最長とな
っている。

日照不足によるキュウリやナスといった野菜の生育不良がメディアやSNS
(交流サイト)で話題となるなか、この先も天候不順が続くとすればコメの生育
への不安も出てくる。


日本一の産地である新潟県はコシヒカリの生育は平年並みになるとの見通しを現
時点で示している。一方、北海道では6月まで順調だった水稲の生育だが、「7月
に入り降水量、日照時間ともに平年より少ない状態になっている」(北海道庁農
政部生産振興局)という。

とはいえ、我々の口に入るコメが不足したり、20年夏の東京五輪に訪れる訪日外
国人を日本産のコメで「おもてなし」できなくなったりする心配は今のところな
さそうだ。

---
2019年7月16日
東京は記録的日照不足 史上初19日連続で3時間未満
news.livedoor

東京は記録的な日照不足になっていて、統計史上初めて日照時間が19日連続で
3時間未満になっています。

梅雨前線や湿った空気の影響で、関東は日差しが極端に少ない状態が続いてい
ます。東京の7月前半の日照時間はわずか5.6時間で平年の1割に満たない状況です。

また、東京は今月15日まで日照時間が19日連続で3時間未満になっていて、
これは1961年の統計開始以来、初めてのことです。

関東は16日も断続的に雨が降り、日差しがほとんど期待できない予想です。
日差しの少ない状態は少なくとも今週末まで続く見込みで、体調管理や農作物の
管理に注意が必要です。

---
2019年7月15日
都心で18日連続記録的日照不足 西日本は“海の日日和”
fnn.jp

「海の日」の15日、北日本から東日本の太平洋側は肌寒く、東京都心では、
14日までの日照時間が18日連続3時間未満となり、観測史上最長になった。

気象庁によると、14日までの10日間の日照時間の合計は、東京都心が2.8時間で
平年の7%、さいたま市が2時間で平年の5%と、大幅に少なく、都心では日照時間
が3時間未満の日が、14日までで18日連続となり、観測史上最長となった。

梅雨寒の中、神奈川・江の島では、青いサンタに扮(ふん)した参加者が、
本格的な海水浴シーズンを前に、ごみ拾いをするイベントが開催されている。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。