So-net無料ブログ作成

インド北部で50.3℃ [気象]


夏のモンスーンが始まる直前の5月頃が一年のうちで最も暑い時期だという
インド北部では10日に50.3℃を記録。

今年はモンスーンが遅れていること、さらにエルニーニョの影響も加わっ
て、6月中旬になっても記録的な熱波。

水を巡る争い
殺人事件
熱中症のサルなどが起きている。

---
インド北部で50.3℃ 
ニューデリーでは6月史上最高記録も
news.yahoo

インドでは記録的な熱波が続いており、
10日には北部ラジャスタン州チュルで50.3℃まで気温が上がりました。

水をめぐるトラブルが発生し複数人が死亡、さらに熱中症が原因と見られる
サルの死体も発見されています。

10日インド北部ラジャスタン州の町チュルで、50.3℃まで気温が上がりました。

インドの国内史上最高気温は2016年に観測された51.0℃なので、この記録に0.7℃
と迫る高温です。チュルは今月1日にも、50.8℃まで気温が上昇しています。

一方ニューデリーでは10日、6月の最高気温記録となる48.0℃を観測しました。
この時期の最高気温の平均は約40℃ですが、先月26日から毎日のように平均を
上回る暑さが続いています。

インド北部では、夏のモンスーンが始まる直前の5月頃が一年のうちで最も暑い
時期です。

しかし今年はモンスーンが遅れていること、さらにエルニーニョの影響も加わっ
て、6月中旬になっても記録的な熱波が起きています。


水を巡る争い

こうした暑さが原因で、各地で水をめぐるトラブルが発生しています。

殺人事件

5日タミルナデュ州では、公共水道の水を大量に持ち帰ろうとした親子を注意し
た33歳の男性が、殴られて死亡しました。

同様にジャールカンド州でも、水を多く持ち帰ろうとして叱責された男性が6人
を刺殺するという、悲惨な出来事が起きています。

熱中症のサル

一方で、46℃を記録したマディヤプラデーシュ州ではサル15匹の死骸が
見つかりました。

サルの集団が水を巡って闘争となり、敗れた方のサルが水を飲むことができず
熱中症になって死に至ったのではないかと考えられています。

暑さはいつまで?

この暑さはいつまで続くのでしょうか。

インド気象局によると、11日までは北部を中心に厳しい暑さが続くものの、
12日からは和らぐとのことです。


気温が下がる原因の一つが、アラビア海に発生しているサイクロン・バユ(Vayu)
の存在です。

アラビア海の海水温は30℃以上と、高温になっています。このためサイクロンは
強まりながら北上し、13日にはインド北西部に最接近または上陸するもようです。サイクロンに伴う雨の影響で暑さは和らぐものの、かわって洪水や土砂災害などの被害が心配されます。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。