So-net無料ブログ作成

具体的な方策が待たれる認知症 [健康]


「認知症は運動不足、高血圧、喫煙、うつ、社会的孤立などが、リスクを高める
要因である可能性が高いとみられるが、実は予防法がまだ確立されていない」

--
「寝たきり老人の数は社会の高齢化とともに増え続け、現在約200万
人。欧米と比べ人口比で約5倍も多い」

血圧を下げる薬に頼る今の医療、製薬会社との結託か、更に認知症にとって
よくない方向に舵をとっている。

---
2019/5/29
政府は、70代の認知症の人の割合を10年間…
vpoint

政府は、70代の認知症の人の割合を10年間で1割減らすとした新たな大綱の素案
を発表した。認知症の人数に関する数値目標を定めるのは初めてだ。

認知症は運動不足、高血圧、喫煙、うつ、社会的孤立などが、リスクを高める
要因である可能性が高いとみられるが、実は予防法がまだ確立されていない。

従って素案でも対策は、高齢者が地域で交流できる「通いの場」の活用の拡大、
教育の場の提供などが挙げられている。

しかし漠然とした感のある対策では、実効は上がらないのではないか。
かつて旧厚生省は「寝たきり老人ゼロ作戦」を展開したが、寝たきりは症状では
ないということもあって、この時も実のある手だては取られなかった。

その結果、寝たきり老人の数は社会の高齢化とともに増え続け、現在約200万
人。欧米と比べ人口比で約5倍も多いと言われる。

欧米では、脳卒中などになった高齢者を決して寝たきりにさせず、自分で起き、
立つことを目標に、リハビリを行って成果を見ている。

認知症対策で、高齢者の意に沿わないやり方でやれというのではないが、より
具体的な方策を取ることが必要だ。今回の大綱に寝たきり老人の解消を付け加え
ることも提案したい。

厚生労働省などの推計では2012年時点、認知症の人は65歳以上の高齢者の約
7人に1人(約460万人)に上っている。症状が見えにくく、当人がいつの間
にか社会的孤立を深めている場合も少なくない。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。