So-net無料ブログ作成

ファーウェイへの事実上の輸出規制 [ビジネス]


ファーウェイはグーグルが開発する基本ソフト(OS)「アンドロイド」の
アップデートができなくなり、同社の中国国外のスマートフォン事業に打撃

ファーウェイ、早ければ今秋にも独自OS投入に動き出す。

--
華為に対する輸出規制によって
「Gメール」や「ユーチューブ」、閲覧ソフト「クローム」など
Huawei端末使ってる多くの人が影響を受ける。


---
2019/05/21
ファーウェイ、独自OS投入か アンドロイド更新版の提供停止で
headlines.yahoo

中国メディアによると、米国が排除を進める中国通信機器大手、華為技術
(ファーウェイ)の幹部は21日、スマートフォンなどに使うファーウェイ独自の
基本ソフト(OS)を早ければ今秋にも市場に投入するとの方針を明らかにした。

米グーグルがソフト提供を停止すると報じられており、早期に対抗する構えを示
したとみられる。

---
2019/05/20
米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋
headlines.yahoo

米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルは、中国の通信機器大手、華為技術
(ファーウェイ)[HWT.UL]へのソフトの提供など一部ビジネスを停止した。

関係筋が19日にロイターに明らかにした。米政府がファーウェイへの事実上の
輸出規制を決めたことを受けた。

これにより、ファーウェイはグーグルが開発する基本ソフト(OS)「アンドロ
イド」のアップデートができなくなり、同社の中国国外のスマートフォン事業に
打撃が及ぶ恐れがある。

ファーウェイが今後新たに発売するアンドロイド版スマホはアプリ配信の「グー
グルプレイ」が使えなくなり、グーグルプレイで提供されているメールソフトの
「Gメール」、動画投稿「ユーチューブ」、ブラウザー「クローム」などのアプ
リが消滅する可能性がある。これらのアプリは無償公開されておらず、グーグル
との契約が必要となるためだ。

ただ、グーグルの広報担当者によると、同社のアプリが既に搭載されたファーウ
ェイ製スマホの利用者は引き続きグーグルが提供するアプリをアップデートする
ことが可能になる。


---
2019年5月20日
ファーウェイ製はGメール不可に? グーグルが制限検討
asahi

米トランプ政権による中国・華為技術(ファーウェイ)への輸出規制に関連し、
米グーグルが自社製の一部アプリについて、華為が今後発売するスマートフォン
には搭載させない方向で検討していることが19日、わかった。

人気アプリの「Gメール」や「ユーチューブ」が対象になれば、日本や欧州など
の利用者にも影響しそうだ。

米グーグルの広報担当者は朝日新聞の取材に対し、米政権が17日に発動した
華為に対する輸出規制について、「我々は命令に従っており、その影響について
検証している最中だ」と説明。

グーグルが提供するアプリや安全対策ソフトについては「既存の華為の機器上で
は、機能し続ける」とする一方、詳細についての言及は避けた。

グーグルのアプリを継続利用できる機器を「既存」のものと限定した表現として
おり、今後発売される機器を対象にした対応を検討しているとみられる。

グーグルが提供する「Gメール」や「ユーチューブ」、閲覧ソフト「クローム」
は、世界全体の月間利用者がそれぞれ10億人以上に達している。

具体的な対応は明らかにされていないが、機能の制限につながればスマホの販売
にも影響しそうだ。ただ、中国国内ではこうしたグーグルのアプリは禁じられて
いるため、影響は限定的とみられる。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。