So-net無料ブログ作成

葉っぱ一枚で巨大魚を狙え! [趣味]


化け物サイズの川魚が釣れる
利根川水系に生息する『ソウギョ』という魚

アシの葉を一枚ひっかけ、餌場の水面に垂らしておく
だけで釣れてしまう。

--
『ソウギョ』は水草や藻類、落水した果実を食うばかりか、増水時には水面に
浸ったアシの葉も大喜びで噛みちぎり、むさぼる。


---
2019.04.11
葉っぱ一枚で東京の巨大魚を狙え!江戸川のソウギョ釣り
discoverychannel

ソウギョ釣り.JPG

釣り人にとっての夢といえば、やはり『大物』。これに尽きる。
だが体長1m、体重20kgを超えるような巨大魚、しかも淡水魚を狙うとなるとそれ

こそアマゾンだのナイルだの、海外へ足を伸ばす必要が出てきてしまう。
…と思いきや、実は東京都内でもそんな化け物サイズの川魚が釣れてしまうのだ。


その大物とは江戸川をはじめとする利根川水系に生息する『ソウギョ』という魚である。

ソウギョは中国を原産とする魚で、本来は日本に分布する種ではない。だが外来魚とはいえ国内で、しかも首都・東京都内
でこれほど大きな魚が見られるとは驚かざるをえない。

さらに面白いのがその釣り方で、なんと使用する餌がただの葉っぱ1枚なのだ。
ソウギョは漢字で『草魚』と表記し、その名の通り草食性の魚である。

水草や藻類、落水した果実を食うばかりか、増水時には水面に浸ったアシの葉も
大喜びで噛みちぎり、むさぼる。

ゆえに釣り針にアシの葉を一枚ひっかけ、餌場の水面に垂らしておくだけで釣れ
てしまうのだ。

とはいえ、ソウギョ釣りならではのコツも必要である。まずソウギョの餌場の
見分け方だが、利根川水系の場合は水際のアシを見て回るとすぐに判別できる。

先端が不自然にちぎられているアシの葉があれば、それこそがソウギョの食事痕。
索餌に際しての回遊ルートの一端である。

そこに葉を浮かべればいいのだが、葉っぱ一枚だけでは気づかずに通り過ぎてし
まう可能性がある。

そこで、足留めのために即席の『食堂』を作ってやるのだ。アシを数本切って束
にして水際に浸すと、ソウギョは空前のチャンスとばかりに夢中で食い漁る。
そこに針つきの葉が仕込まれているとも知らずに…。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。