So-net無料ブログ作成

根強いニーズ ガラ携 [IT]


日本ではまだまだガラケーのニーズがある。
2台持ちが主流とか、「ガラケー、根強いニーズ」。

なのに、ガラケーユーザーもしくは購入希望者は中古端末を買うしかないらしい。
中古のガラケーのニーズが高まっているのに。

5G対応でそれどころではない?
ニーズはそっちのけでメーカー主導??
儲からないものには手を出さない?

---
2019年4月11日
ガラケー、根強いニーズ
mainichi

<くらしナビ・ライフスタイル>

スマートフォン(スマホ)が普及するなか、従来型のガラパゴス携帯電話(ガラケー)
と呼ばれる端末の人気も根強い。

利用料金の安さのほか、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が面倒と
いった「スマホ疲れ」も背景にあるようだ。

2台持ちが主流

「月平均で200~300台売れています。スマホとの2台持ちで、通話でガラケーを
使いたいという人が多いですね」。

東京都千代田区の中古ガラケー専門店「携帯市場神田本店」を運営する中古携帯買い取
り・販売会社「携帯市場」(東京都)の店舗事業部マネジャー、横山朝美さん(34)が
説明する。2017年11月の開店以来、販売台数は右肩上がりで伸びている。

主な購入者は40~50代の男性。仕事用や、子どもにスマホは持たせたくないが
連絡用に、と購入する人が…


---
2017/06/29
中古ガラケーが人気の理由 (1/2)
itmedia

日本国内で、特有の進化を続けてきた従来型携帯電話(ガラケー)。
スマートフォンの急速な普及により、存在感は失いつつあり、キャリアショップではほ
とんど販売されなくなりました。

そんな中、中古のガラケーのニーズが高まっています。
今回は、中古ガラケーの人気の秘密に迫ります。


米国、英国、ドイツ、韓国、中国のどこ国を見ても、日本のガラケー利用率
(全体加重平均)が全世代で特に高いことが分かります。その裏返しで、スマホ利用率
が6カ国で一番低くなっています。
また、タブレット普及も各国より断トツで遅れています。

年代別に見ると、スマホ利用率では、20代では 87.0%で全世代トップ。年代とともにス
マホ利用率は下がり、60代は35.0%。逆にガラケーは年代と利用率が比例しています。
日本ではまだまだガラケーのニーズがあることが一目瞭然です。

これだけガラケー利用率が高いにもかかわらず、旧機種はキャリアショップでは購入で
きません。そのため、ガラケーユーザーもしくは購入希望者は中古端末を買うしかあり
ません。


いまだにガラケーを使う理由

実際にどのような層が中古ガラケーを購入しているのでしょうか? 
当社(携帯市場)では、月間数千台のガラケーを販売しています。
データによると、ガラケー購入ピーク層は2つあります。

1つ目が30~40代のサラリーマン男性で、仕事で利用するためです。
2つ目がシニアで、熱心なガラケー利用者かつスマホを持っていないため、
メイン端末として利用しています。


コメントから、中古ガラケーが売れている理由をまとめると、
以下の通りになります。

・シンプルな機能で十分
・ボタンが付いている
・スマホを使いこなせない
・スマホよりもガラケーの方が安い
・キャリアショップでスマホしか売っていない

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。