So-net無料ブログ作成

日本を滅ぼす「ムダな医療」 [健康]


日本でも今後増えていくとされる「ムダな医療」の見極め。
米国ではこれをリスト化して「ムダな医療」を激減させている。

2019年現在、およそ300項目が追加され、計550項目ほどになっている。

日本の検査、薬漬け医療を減らす突破口になればいいが・・

--
高齢者の医療費を無料化とは医師が無料で医療行為をしている分けではない。
無料に釣られた患者に「ムダな医療」を施す機会を与えてはならない。

---
2019.4.12
日本を滅ぼす「ムダな医療」米国では激減のワケ
もはや世界では常識の「チュージングワイズリー」とは何か?
jbpress

米国で進む「チュージングワイズリー」の動きをご存じか? 
近年、医療分野において増加している「メリットよりもデメリットが
上回る医療行為をリスト化する活動」のことを、そう呼ぶのだという。

最前線をいく米国では、世界的に権威のある医学会などが率先してリスト化に
協力している。2014年に250項目程度だったリストは、5年経った2019年現在、およそ
300項目が追加され、計550項目ほどにまで増えた。


医療情報が氾濫するネットの海

私はかれこれ20年近く、医療分野の取材や記事執筆を重ねてきた。
そうした経験もあって、身近な人から医療について相談を受けることも多い。
病気になると大抵の人はまず、インターネットを使って医学的な知識を深めようとする
はずだ。

いま、インターネット上にはあらゆる情報があふれている。
だが、玉石混交の膨大な情報の海の中から、正しいものを見つけるのは至難の業だ。


ムダな医療の見極め方とは?


医療のムダを3つのパターンに分けると

では、ムダと考えられる医療行為とは何か。私が考える整理の仕方では、
「ムダな医療」とは次の3つのパターンに分かれる。


(1)デメリットがメリットを上回るものは、ある意味ではすべてのムダな医療行為に
当てはまるだろう。たとえばCT検査の問題。検査によって得られる情報の価値よりも、
放射線被ばくによる発ガンリスクの上昇の方が問題視されるケースは、じつは数多くあ
る。

さらに検査後の診断が誤っていたりすると、患者は不必要な精密検査や治療を強いられ
ることにもなる。一見すると有用に思える検査であっても、場合によってはムダになる
というわけだ。


(2)メリットがないものの場合も、メリットよりデメリットの方が大きいわけで、
ある意味において1つ目と重複する。だが、分かりやすく考えるためにあえて分けている。

たとえば、細菌にしか効かない抗菌薬を、ウイルス感染の治療に使うようなケースが
これに該当するだろう。この場合、抗菌薬を使うメリットは皆無である。
よく勘違いされるのだが、抗菌薬、いわゆる抗生物質は、細菌に効果を発揮するもので
ウイルスには無効だ。


抗菌薬を必要以上に使うと、耐性を持つ細菌を増やす恐れもあり、海外では
「スーパーバグ」という名で問題視されている。日本でも院内感染による死者の原因が、
スーパーバグであることも多い。抗菌薬を多用して院内感染が広がったなら、
それはムダな医療が患者を苦しめたとも解釈できる。


(3)デメリットが大きすぎる場合。こちらもやはり、メリットをデメリットが大きく
上回るという意味では(1)と重なる。しかし、この場合はムダという言葉のニュアンス
がより強いと考えて(2)と同様に分かりやすさの観点から、別にしている。

たとえば、良かれと思って行った医療が、結果として患者に無視できない負担を強いる
ような場合だ。典型例は延命治療だろう。患者が口から食事をできなくなったとき、
本人が希望していないのに胃に管をつないで、栄養液を定期的に注入して生きながらえ
させるようなケースである。

これは(1)、(2)よりも、ただただデメリットが大きいと見られる医療行為で、
人間の尊厳が置き去りにされたまま、命をつながれる高齢者は日本でもじつに多い。



なぜ広がる?米国での「ムダな医療」排除の動き

米国ではいま、医療行為の「価値」に目を向ける動きが強まっている。
これは「バリュー・ベースド・メディシン」、すなわち価値に基づく医療と呼ばれる動
きで、医療行為が実際に利益を生むかどうかを重視するというものだ。

さらには、その価値と医師の給与を結びつける動きが、米国では始まりつつある。
ムダな医療を指摘するばかりではなく、医療行為が利益を生んだときに、医師の受ける
利益も増やすという「アメ」が用意されているのだ。


ムダな医療大国・日本の進むべき道

1980年前後、米国を含め世界が問題視する前から、日本はムダな医療の問題を先取りし
ていた。1973年から1982年の9年間、70歳以上の高齢者の医療費を無料化したときに、
不必要な入院を大量発生させた経緯があるのだ。


いまの日本は、高齢化や国民の医療費の高騰…

いまの日本は、高齢化や国民の医療費の高騰にも直面している。
足下ではベッド数の削減、入院期間の短縮といった対策が進んでいるが、
ムダな医療の削減はそうした対策の一つに入ってしかるべきものである。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。