So-net無料ブログ作成

「ゴム動力」ラジコンカー [玩具]


ゴム動力はモーターに押されマイナーであるが
「ゴム動力」の模型自動車はyouTubeには沢山投稿されている。

ここにあるのは動力は「ゴム動力」でステアリングはラジコンという懲りにこった
スタイルの「Cirin」という車。
しかし北京工業大学チーム「Formula-E」にはかなわなかったらしい。

ゴムを捻じって使うにしても張力が半端でないのでそれに耐える
車体の構造など難しそうだ。


規模がちがう「2014 FE Championship China 」youTube

---
2015.02.05
最高時速48kmの「ゴム動力」ラジコンカー「Cirin」
wired

3Dプリントで成形したナイロン樹脂、カーボンファイバー、
削り出しのアルミニウム等でつくられたラジコンカー「Cirin」。
動力は、長さ約5mのゴムバンド1本だけだ。

ゴム動力の模型自動車といえば、アメリカではカブ・スカウトのジャンボリーや小学校
での工作の課題の定番だ。しかし、カリフォルニア州パサデナにある「アートセンター
・カレッジ・オブ・デザイン」の学生につくらせると、さすがにレヴェルが違う。
この凝りようと見事な出来映えには、メカ好きなら誰しも唸らざるをえないだろう。

3Dプリントで成形したナイロン樹脂、カーボンファイバー、削り出しのアルミニウムと
いった素材でつくられたこのラジコンカーは、「Cirin(シリン)」と名付けられてい
る。

車体のデザインは、1960年代のF1マシン独特のボディ形状(「葉巻型」とも呼ばれる)
と、鳥の翼の骨に見られるような中空の桁構造にヒントを得たフォルムを融合させたも
のだ。

製作グループが「バイオトラス」と命名したこの構造は、見た目にインパクトがあるば
かりでなく、驚くほどの軽さと強度を両立させており、しかもネジや金具はほとんど
使っていない。

動力は、長さ約5mの1本のゴムバンドだ。これを20cmほどの何重かの輪にして、前後1
組のフックの間に渡したものが、カーボンファイバー製のチューブに収められている。
このクルマを「チャージ」するには、まずノーズコーンを取り外し、その中にあるフッ
クの一方を手で、または電動ドリルで回してゴムバンドを巻き上げる。

ゴムを巻いた後は、レース開始の合図であるグリーンフラッグが振り下ろされるまで
勝手に走り出さないように、ブレーキの役割をするサーボモーターが駆動ギアをホール
ドしてくれる。

ノーズコーンには強力なネオジム磁石が組み込まれているので、取り付けはもとの場所
にはめ込むだけだ。そして、巻かれたゴムの反発力が解放されると、シリンは150mほど
の距離を走ることができ、最高速度は時速48kmに達する。


最初のプロトタイプの車体は、剛性はあるが脆い石膏のような材質でつくられていた。
これは予選レースでは健闘したものの、最後までは走れなかった。

「ゴムをいっぱいまで巻くと、フレームを捻じろうとする強烈な力が加わる。そのため、
粘りのない硬い材質で作った最初のクルマは、いわば走る時限爆弾だった」と、シリン
をデザインしたグループの1人、マックス・グリーンバーグは言う。「どこかに小さな亀
裂ができると、それがどんどん広がって、最後はフレームがバラバラに砕けて飛び散っ
た。それもコースの半ばあたりで」

そこでチームは、3Dプリントのナイロン樹脂で新しいフレームをつくり直した。ところ
が、今度は剛性が足りず、ゴムの反力でフレームが歪んで、動力を伝えるギアの噛み合
わせが外れてしまった。「残念ながら、レースの当日、クルマは期待通りには走ってく
れなかった」

3Dプリントのフレームにガラス繊維で強化したナイロン樹脂を使えば、ゴムの反力にも
耐えてレースで勝てたはず、とチームは考えているが、ともあれ、グリーンバーグ氏と
仲間たちは別の賞に甘んじるしかなかった。

「デザイン・製作・コンセプト賞」だ(優勝は北京工業大学チーム。
レース「Formula-E」は今年8回目で、2014年8月にアートセンター・カレッジ・オブ・
デザインで行われた)。

製作には、高精度のギア、ラジコンの電子部品、カーボンファイバー製のパーツだけで、
500ドル以上かかったという。3Dプリントのフレームは、3Dプリンティングのサーヴィス
・プロヴァイダー、Solid Concepts社から無償で提供されており、この500ドルには含ま
れていない。

フレームは複雑すぎて、もっと安く製造するのは無理だというが、もし熱心な愛好家た
ちの関心があれば、コレクターズ・エディションを製作する可能性もあるという。
2013 Formula E. Team: DT Lancers. Practice Run at Tennis Court (Video 2)


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。